« 「でも頑張る『週刊ポスト』『週刊現代』 | トップページ | 「九州三大名遣欧使よりヴェネツィア政府に呈したる感謝状」 »

2017年11月30日 (木)

「注文を間違える料理店」~小国士朗著

Img_20171130_0001

「ハンバーグ」を注文して「餃子」を出されたら、誰だって怒りますよね。
といっても、このレストランでは誰も怒らない。「注文を間違える料理店」だから。

思いついたのが、テレビディレクターの小国さん(本の著者)。で、あることから、取材をしたのが、首都圏を中心に20カ所以上を経営する認知症の施設。

統括するのがマネージャーの和田さん。このとき、小国さんは認知症をまだ、非常にネガティブにとらえていたそうです。

ある日の献立が、「ハンバーグ」。買い物も、調理も入所者の方がしますが、出てきたのが、「餃子」。でもって、誰もが文句も言う人もなく、うまそうにほおばっていたそうです。このとき思いついたのが、「注文をまちがえる料理店」

いろんな方に声をかけ、協力を求めながら、「注文をまちがえる料理店」を開催したそうですが、今のところ、イベント型で、一年に2.3回、2,3日、開催しているそうです。場所もまだ特定していないみたいです。

もちろん、調理場、ホールにもプロもいるわけですが、ホールスタッフは、全員、認知症施設のおじいちゃん、おばあちゃん。ですから、「注文をまちがえ」、ハンバーグを頼んだのに餃子がでてきたりするわけです。

というと、間違うのが楽しみになったりしますから、2つのルールを作っています。

①料理店としてのクオリティにこだわる(オシャレであること、料理がおいしいこと)
②間違えることは目的でない。だから、わざと間違えるような仕掛けはやらない

ネット、SNSなどで、「いじめ」、「陰口」、「仲間はずれ」。子供も大人もギスギスした社会になってきています。この、「注文をまちがえる料理店」のように、「『ま、いいか』という寛容さ」をもった社会が必要かと思います。

私の近隣の所に、3カ所ばかりこのようなレストランがあり、知らずに入ったのですが、普通のレストランと一緒の感じでした。いい雰囲気をしていました(前にも紹介したかな?私も最近、認知症気味で・・・)。

なお、本の前半は、「『注文をまちがえる料理店』で本当にあったものがたり」で、スタッフの方、お客さんとして来られた方の話が書いてありますが、これには笑えます(泣けるところもありますが)。あと、認知症について考えさせられます。

何となく住みにくい世の中、人と人とのつながり、認知症の理解のためにも、ご一読を。


« 「でも頑張る『週刊ポスト』『週刊現代』 | トップページ | 「九州三大名遣欧使よりヴェネツィア政府に呈したる感謝状」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66106614

この記事へのトラックバック一覧です: 「注文を間違える料理店」~小国士朗著:

« 「でも頑張る『週刊ポスト』『週刊現代』 | トップページ | 「九州三大名遣欧使よりヴェネツィア政府に呈したる感謝状」 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ