« 「やっと落ち着いて『週刊ポスト』『週刊現代』」 | トップページ | 平成29年度 「第47回千々石町文化祭(展示の部)」~雲仙市千々石町 »

2017年11月 2日 (木)

「クリスマスを探偵と」~井坂幸太郎著;マヌエーレ・フィオール絵

Img_20171102_0001

実を言えば、井坂幸太郎さんの本、一冊も読んでませんでした。

で、昨日、本屋さんに行ったら、上の本がドンと並んで、けっこう売れているみたいでした。それで、また衝動買い。

主人公は父親の画材屋という地味な職業を嫌い、探偵まがいの仕事を選んだ、あまりさえないカール。

クリスマスの日、女性から夫の浮気調査を頼まれ、男性のあとをつけ、女性が住むアパートへ。

で、時間があるので公園のベンチへ。そこに、もうひとり若い男が座っていて、なんとなく、クリスマスの事、カールの人生などを話しているが、若い男は二人の男から誘われ、仕事に。そして、その男の正体は・・・・

そのうち、浮気をしていた男がアパートから。ここで、カールと男の関係、男が女のアパートに入っていった理由、そして、浮気を調査を依頼した女性との関係が明かされます。

と、これ、私のブログ読んでも、何が何だか分かりませんよね。内容を知って読んでも面白くないから、詳しくは書きませんが、家族の事、人生の生き方が感じ取られます。ただ、子供向きの本ではないかもしれません。最後は、ドンデン返しに次ぐドンデン返しです。

クリスマスの日、彼女または彼氏がいない方、自分の部屋で一人で読むのもいいかもしれません。少しは、心が温まります。



« 「やっと落ち着いて『週刊ポスト』『週刊現代』」 | トップページ | 平成29年度 「第47回千々石町文化祭(展示の部)」~雲仙市千々石町 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/65994552

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスマスを探偵と」~井坂幸太郎著;マヌエーレ・フィオール絵:

« 「やっと落ち着いて『週刊ポスト』『週刊現代』」 | トップページ | 平成29年度 「第47回千々石町文化祭(展示の部)」~雲仙市千々石町 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ