« 「日航機123便 墜落の新事実 目撃者から真相に迫る」~青山透子著 | トップページ | 「注文を間違える料理店」~小国士朗著 »

2017年11月29日 (水)

「でも頑張る『週刊ポスト』『週刊現代』

Img_20171129_0001 Img_20171129_0002

最近、雑誌の売り上げが落ちているそうです。新聞もそうですが、ネットの影響でしょう。ということで、「でも頑張る『週刊ポスト』『週刊現代』」。といっても、最近少し元気がないような・・・・

■「大きく変わる『税と社会保険』今から準備しないと損をする」

「配偶者控除、介護保険、一番得をする方法を教えます」。前から書いているように、私、この分野ほとんど分かりません。まして、残り少ない人生の時間、読んで理解して実践するより、もっと有効な事をします。

■「貴乃花『反撃の肉声』と『裏切りのX親方』」

今日、日馬富士が引退をしました。貴乃花もまだはっきりしたことは公表せず、詳細は分かりませんが、刑事事件になるなら、真実が分かるのはまだ先でしょう。

よく、モンゴル力士が、といいますが、相撲は練習と根性と才能です。相撲が「国技」の上にあぐらをかいたのが、いまの相撲界を作っていったのだと思います。

■「朝日VS産経『死ね死ね』論争」

他人の喧嘩は面白いもので、地方新聞しか読んでませんが、少し別の新聞でも読みますか?

■「林真理子の日経連載小説『愉楽にて』君はよんでいるか?」

日経新聞というと思い出すのが、昔は銀座のママは必ず「日経新聞」を読んでいたとか、しかも、「人事欄」。「あ~ら、ご出世おめでとうございます」。男は、鼻の下が長くなりますね。

林真理子さんの小説。少しばかり中身が紹介されていますが、「朝から心拍数が上がる」。こんなの朝から読んでたら、「心拍数が上がる」ではなく、「あそこが○ちます」ね。新聞、変えようかな。

■「日本一の朝ごはん」

「食通の京都人が集まる朝食専門店 京都祇園『喜心』」
あなたも行ってみますか?お値段は、2,500円。私、「食通」ではないので、行きませんが・・・

■「『人工透析』は、もう要らなくなる」

「慈恵医大が腎臓再生に成功」だそうですが、「33万人の患者が救われ、1・4兆円の医療ビジネスが消滅する」

「透析」は知り合いに訊くと大変で、「週3回、一回4時間」かかるそうです。おまけに、一回始めると死ぬまで治療が止められないそうです。この、記事が本当なら、多くの人が助かるのですが。

費用がかなりかかり、患者の方は、1級障害者に認定されるため、月1万ですむそうですが、不足分はもちろん国が負担をしています。その金額が1・4兆円。これが、国費として浮くわけですが・・・

「・・・透析用血液回路、穿刺針、ダイアライザーなどの透析装置を手がける医療機器や、生理食塩液や造血剤で稼いでいる製薬会社。これまで『透析権利』に群がってきた関連業者も打撃は免れない。」ということで、政府、医師会がどう動くか、見つめていきたいものです。

■「『逃病』か可能か?」

「逃病」。新しい言葉ですね。「病院にも行かず 手術も受けない 薬も飲まない」「『闘病』の辛さから逃げられたら、どれだけ気楽でどれだけ苦しいのか そして最期はどうなるのか」。

「(闘病に対し)必ずしも正面から向き合うこばかりが病気との闘い方ではない。自分の人生を最後まで自分らしく生きるために治療を拒否する『逃病』という選択をする人がいる。」ということですが、お医者さん、家族の方がどう対応していくか、まだまだ考えることが多いと思います。

■「その食べ方は間違っている」


例えば、「納豆」。アツアツのご飯と納豆を一緒に食べると、「ナットウキナーゼ」という酵素の動きが弱くなるそうです。ほか、たくさん書いてあるので、「味噌汁」「枝豆」「ヨーグルト」「豆腐」「ゴマ」「牛ヒレ肉」「アジ」「カツオ」「ゴボウ」「サトイモ」「ジャガイモ」「ショウガ」「ニラ」「ミカン」「シメジ」の健康に正しい食べ方が書いてありますので、ご一読を。

■ 「あるぞ!イチローオリックス復帰 キーマンは”相部屋のエイジさん”」

まだ、メジャーからはオファーが来ていないみたいで、ひょっとすると日本に帰って来るかもしれません。帰ってきてほしいですね。って、張本勲さんも言っているじゃありませんか。

■「紀州ドン・ファン、4000個の『女○器』をかたる」

4000ですね。私がだいたい25000日生きていますから、4000というと6、2日に一回ですね。私だって、若いころはそれ以上していましたよ。カミサンだけがお相手でしたが・・・

■「死ぬまで死ぬほど〇E〇」シリーズ

「『溢れる自信!漲る〇力』「60すぎても70になっても『これを使えば』〇E〇できる」。

私、前立腺の治療で女性ホルモンを3か月に1回していますが、この方面、まったく興味がなくなりましたが、2年間治療をするということで、あと、1年半。そのあとは、頑張るぞ。

■グラビアですね

今のところ、見ても面白くありません。あと、1年半の辛抱、辛抱。



« 「日航機123便 墜落の新事実 目撃者から真相に迫る」~青山透子著 | トップページ | 「注文を間違える料理店」~小国士朗著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/66102156

この記事へのトラックバック一覧です: 「でも頑張る『週刊ポスト』『週刊現代』:

« 「日航機123便 墜落の新事実 目撃者から真相に迫る」~青山透子著 | トップページ | 「注文を間違える料理店」~小国士朗著 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ