« 「今宵は『中秋の名月』」 | トップページ | 「聖書と歎異抄(たんにしょう」~五木寛之・本田哲郎著 »

2017年10月 5日 (木)

2017年10月5日 コスモス園二つばかり~「干拓地のコスモス畑」・「白木峰高原コスモス園」

Photo_2

今日は曇り天気。いつもは10月10日頃にコスモス園を見に行くのですが、天気が崩れそうなので、早いかなと思いながらも、二つほどコスモス園を回ってみました。

回った所は、「諌早湾干拓地のコスモス畑」と「白木峰高原のコスモス園」。上の写真は白木峰のコスモス園です。

最初に行ったのが、「諌早湾干拓地のコスモ畑」。まだまだですね。料金徴収所も閉まったまま。コスモスの苗もまだまだ。


Dsc_0030 Dsc_0026

こちらは、少し伸びたコスモスですが、花はまだまだ。向こうに見える山が雲仙岳。コスモスが咲けばロケーションとしてはいい場所なのですが。

花は咲いていないといっても、天候次第では一斉に咲くことがありますから、要注意です。


Dsc_0025

次に行ったのが、「白木峰高原のコスモス園」。便所近くのパネルで、一年の手入れの様子が展示してありますが、何年も前から変わっていませんね。

ここ、料金徴収所はありませんが、「協力金」として、大人100円入れるようになっています。


Dsc_0033 Dsc_0034

で、こちらはボチボチですが、先のほうがまだ咲いていません。


Dsc_0056_3

あちらこちら咲いていますが、まだまだですね。ざっとみて、4~5分咲きか。

Dsc_0048 Dsc_0094

Dsc_0097 Dsc_0048_2

ブロブで花の情報を書いていると、行ってみたけれど、たいしたことはなかったというコメントをいただくことがあります。

俳句の季語に「探梅」という言葉があります。早春、まだ梅が咲いていない時分、山野を歩き回り梅が咲いていないか、梅の花を探すという事です。

某句会で、「探梅」のお世話を、俳句を知らない若い人が、バスの手配、昼食の会場など頼まれたとき、「え!まだ梅なんて咲いていませんよ」、「いいのよ、探梅は梅が咲いていても、いなくても。」と言われたそうです。

山の中で咲く一輪の梅の花、梅林で咲く何千という梅の花。さて、どちらの方が感動的なのでしょうか。

一輪の花の中に、千の花の美がある。といったのは、私の師匠ですが、一輪の花をじっくり見るのも楽しいものです。一輪の花しかなくても、花の「美」を楽しんで欲しいものです。


Dsc_0122




« 「今宵は『中秋の名月』」 | トップページ | 「聖書と歎異抄(たんにしょう」~五木寛之・本田哲郎著 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/65878294

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年10月5日 コスモス園二つばかり~「干拓地のコスモス畑」・「白木峰高原コスモス園」:

« 「今宵は『中秋の名月』」 | トップページ | 「聖書と歎異抄(たんにしょう」~五木寛之・本田哲郎著 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ