« 出た~!★「千々石ミゲルの墓と思われる墓碑」 | トップページ | 忘れておりました「週刊ポスト」「週刊現代」 »

2017年9月 1日 (金)

「千々石ミゲルの墓とみられる墓石」~遺構出現!

Photo

昨日、墓の石ぶたと思われるものが発掘されました。下は「長崎新聞」に載った写真ですが、大きな石が3個あることが分かると思います。

私たち見学者は一段高くなっているところから見ているので、土嚢と基壇の石のため、新聞の写真の一番向こう側の石は、まったく見えません。という事を頭に置いておいてください。


Dsc_1000

新聞写真で見る一番手前の石。意外と軽いのか、4,5名で持ち上がりました。右の写真は取り除いた後の様子です。

2_3 3

真ん中の石の撤去です。重たいので、チェーンブロックで持ち上げて移動。

4

すぐに見られるかと思ったら、責任者で確認。その後、板を撤去。すると、穴が現れ、一番上の写真です。

5 6

あと、説明がありましたが、木棺を埋めた後土を被せ、三枚の石を置き、また土を被せのではないかという事でした。

多分、木棺が腐り、水や土が流れ込んで、空間ができたのではないかと思います。

なお、木棺には、タンスにあるような金属製の取っ手が付いており(まだ片側だけの確認でしたが)、木棺はその目的のために作られたのか、ほかの入れ物を転用したのかは今の所不明だそうです。

墓の上などに石を置く、また、その規模等から考えて、時代的には庶民の墓ではないことは言えるという事で、かなり身分が高い人の墓だといえるという事でした。

新聞社の質問に答えていましたが、墓の形は日本型であるが、まだ、調べてみないと分からない。日本型だと六文銭(三途の川の渡し賃)が入っているかも。キリシタンの墓なら、副葬品はほとんど何も入れなく、身に着けていたもの程度のもので棺に入れるそうですから、これから何が出てくるのか見守りたいものです。

なお、骨が出てきた場合は、一応ストップして、骨関係の専門家に調査を頼むそうです。

まだまだ昼は暑い中、調査は続きますが、ほとんどの方が、長期のボランティアという事で、大変だとは思いますが、「千々石ミゲル」の謎が解けるかもしれず、あと一息頑張っていただきたいと思います。





« 出た~!★「千々石ミゲルの墓と思われる墓碑」 | トップページ | 忘れておりました「週刊ポスト」「週刊現代」 »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/65738366

この記事へのトラックバック一覧です: 「千々石ミゲルの墓とみられる墓石」~遺構出現!:

« 出た~!★「千々石ミゲルの墓と思われる墓碑」 | トップページ | 忘れておりました「週刊ポスト」「週刊現代」 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ