« お盆明けの「週刊ポスト」「週刊現代」 | トップページ | 昔の話~今、アミュプラザ »

2017年8月23日 (水)

あと2回~「浮浪雲」★ジョージ秋山著

Img_20170823_0001_3

今週号の「浮浪雲」の最後のページです。

「ジョージ秋山」の「浮浪雲」。44年間にわたり連載され、あと2回で終了になるそうです。

ここ数か月、浮浪雲のオーラが段々薄くなり、「おねえちゃん、あちきと遊ばない?」の声にも、なんとなく生気が無くなってきたな、と思っていましたが、いよいよ終わりですか。「こち亀」も終わったばかりで、なんとなく時代の転換期かなと思います。

漫画の主人公は、サザエさんみたいに、歳をとらないのですが、浮浪雲は外見は変わらないものの、精神的には加齢をしていたのかな?

私も、第1回から読んでいて、この44年間を振り返ると、青春後期からですから、恋愛あり、失恋あり、結婚あり、子供の誕生あり、子供の就職、結婚、退職、手術、両親の死、と数えれば、結構なにやかやとありました。残念ながら、不倫はありませんでしたが・・・まだ、希望は捨ててませんが・・・

さて、「浮浪雲」の最終回は、どのように
終わるのでしょう。「浮浪雲」だから、浮浪雲みたいに、人知れずどこかへ行くのか、おねえちゃんに囲まれながら終わるのか、「明日のジョー」みたいに、感動的に終わるのか。
いずれにしても、あと2回・・・・・・・44年ですか。


「勧 酒」~干武陵

勧君金屈巵(コノサカズキヲ受ケテオクレ)
満酌不須辞(ドウゾナミナミトツガシテオクレ)
花発多風雨(ハナニアラシノタトヘモアルゾ)
人生足別離(「サヨナラ」ダケガ人生ダ)・・・・・・・・井伏鱒二「厄除け詩集」より


さよならだけが 人生ならば また来る春は 何だろう はるかなはるかな 地の果てに 咲いている 野の百合 何だろう ・・・・寺山修司


おーい雲よ
悠々と
馬鹿に呑気そうじゃないか
何処まで行くんだ
ずっと磐城平の方まで行くんか・・・・山村暮鳥


どの言葉が、浮浪雲の最後にふさわしいのかな?と思うのでありますが。





« お盆明けの「週刊ポスト」「週刊現代」 | トップページ | 昔の話~今、アミュプラザ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/65701705

この記事へのトラックバック一覧です: あと2回~「浮浪雲」★ジョージ秋山著:

« お盆明けの「週刊ポスト」「週刊現代」 | トップページ | 昔の話~今、アミュプラザ »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ