« ぶらっと「唐比ハス園」~諌早市森山町 | トップページ | 「臨終ここだけの話★志賀貢著」「なんとめでたいご臨終★小笠原文雄著」 »

2017年7月24日 (月)

「センゴク権兵衛 第6巻」「センゴク権兵衛 第7巻」~少し御不満

Img_20170724_0001 Img_20170724_0003

入院をしていたら、いつの間にか第6巻と第7巻が出ていました。

という事で、第5巻で四国は無事平定。下記のごとく四国は分割され、我が主人公、センゴク権兵衛も城主になるわけです。


Img_20170724_0004

で、後は、九州の島津を撃つか、徳川を撃つかになるわけですが・・・

Img_20170724_0005

当然九州に出向けば、徳川が待ってましたとばかり来るし、二方面同時に攻めるのは戦力から見て、当然無理。ここは、思案の所。

という事で、第七巻は、大友宗麟と島津の戦から始まりますが、圧倒的に有利な大友宗麟が島津氏に敗れ、佐賀龍竜造寺隆信が勢力を伸ばします。


Img_20170724_0006_3

で、よせばいいのに龍造寺氏は、有馬晴信が治める島原地方(赤丸印)にチョッカイを出します。

この時、有馬氏は島津氏に応援を頼みますが、援軍は1,500~3,000名ほどだったといわれています(諸説あり)。人数が少ないのは、大軍を送ると後ろから大友宗麟が狙っています。

結局は「沖田畷の戦い」で竜造寺は討ち死にをしますが、ここの所、地元の人間としては、もう少し詳しく書いてほしい所です。「五日も経ず戦地から報告が来た『竜造寺隆信始数千騎討捕』かの『沖田畷(おきたなわて)合戦』の始末である。」で済ませてありますが、少しでなく、大いに不満ですネ (・_・)エッ....? という感じ。

話変わって、この後、秀吉は九州平定に向かいます。家康は大丈夫っかって?そこは、秀吉と家康の密かな打ち合わせがありますが、後は、買って読んでね。さすが、天下人です。

この後、秀吉が九州に来て、各諸侯を集めますが、諌早を治めていた西郷氏だけは参加をせず、龍造寺家に領土を奪われますが、ここの所、多分漫画では又省かれるだろうな。村山等安も出して欲しいが、無理だな。

主人公センゴク権兵衛も、勿論、九州に向かうことになります。


 



« ぶらっと「唐比ハス園」~諌早市森山町 | トップページ | 「臨終ここだけの話★志賀貢著」「なんとめでたいご臨終★小笠原文雄著」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/65575862

この記事へのトラックバック一覧です: 「センゴク権兵衛 第6巻」「センゴク権兵衛 第7巻」~少し御不満:

« ぶらっと「唐比ハス園」~諌早市森山町 | トップページ | 「臨終ここだけの話★志賀貢著」「なんとめでたいご臨終★小笠原文雄著」 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ