« 前立腺がん放射線治療日記 1 | トップページ

2017年4月15日 (土)

前立腺ガン放射線治療日記 2

Photo

入院2週間目になりました。今日は家に一時帰還。
桜はほとんど散って、桜の満開は見られませんでした。

繰り返しになりますが、以前にも書いたように、男性の前立腺ガンが増えているとかで、ひょっとして前立腺ガンになって、入院される方もいるとかと思いますので、自分も日記がわりに、時々、blogにしたいと思います。

まづ、入院が決まったら、入院生活の準備ですが、最近の総合病院には、コンビニがあったり(酒、たばこ類はありません)、コインランドリーがあったリ、病院によっては美容室、ベーカリー、整体屋さんまであって、便利なので荷物は最小限でいいですね。病院によって違いがありますから、前もって下見を。

でもって、病院に行って入院手続き。その前に、医療費が高額になるので、国保の方は、「国民健康保険限度額適応認定書」を役場で貰ってきておいてネ。社会保険等の方はそれぞれ違うので、病院で指示があるかと思います。なかったら、聞いてネ。

さて、入院手続きが終わったら、お医者さんの説明があります。

前立腺ガンの治療は、ホルモン治療、手術、放射線治療があるそうですが、ホルモン治療(女性ホルモンのお注射ヨ!
)では、一応ガンは抑えられるそうですが、5~10年位で悪化していくらしく、高齢者の方以外は、勧められないそうです。

放射線治療の場合は、放射線を使うので微妙なところがあるようで、一度に強い放射線は当てられず、私の場合は37回放射線を当てるそうです。土曜、日曜、休日は治療がお休みで(病院によって違いがあるかもしれません)、その分、入院日数が伸びます。

気が短い方、思いっきりのいい方、仕事の都合で長期入院は不可能な方は手術の方が良いかも。です。

説明が終わったら、治療室に入って、体が一定になるように、型どりをしますが、これは横になっているだけ。で、一番上の写真のように印を左右の太ももあたりに付けられます(ちなみに、写真は私の美しき太ももです)。あと、オヘソあたりににもこの印を。お風呂に入った時、こすると印が消えるので、こすらないようにネ、との注意でした。この印にレーザー光線をあて、体の位置を確実に一定にするような感じです。

いよいよ、部屋に入りますが、大部屋(4~6人程度)、個室(トイレ、冷蔵庫、テレビ、シャワー付などありますが、お値段はそれぞれ違います)。個室が良いか、大部屋が良いかは各自の性格、フトコロ具合、同室者との相性にもよります。大イビキをかく人もいるので要注意。

なお、個室はしゃべる人もなく、見舞い客、家族が来ない限り、寂しいものです(カミサンは2週間に一度しか来てくれませんでした。さみしいナ~、という気持ちでいっぱい)。

看護師さん、お医者さんは回って来ますが・・・ ただ、何か勉強してみようと思う方には、個室は最適です。

さて、実際の治療、感想については次回に・・・・・

あ!現在飲んでいる薬、持っていれば「お薬手帳」は持って行ってください。これは、入院した時必ず聞かれ、絶対必要です。なお、別の病院でお薬を貰っている方は、足りなくなったら、
入院先の病院で出してくれます。多分。ただし、バイアグラは出してくれません。



« 前立腺がん放射線治療日記 1 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/65093428

この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺ガン放射線治療日記 2:

« 前立腺がん放射線治療日記 1 | トップページ

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ