« 「出揃いました『週刊ポスト』『週刊現代』」 | トップページ | 2017 橘神社「鏡開き餅振舞い」~雲仙市千々石町橘神社 »

2017年1月10日 (火)

「キマイラ 12巻・曼荼羅変」発売(朝日新聞出版・ソノラマノベルス)

Img_20170110_0002

やっと出ました、「キマイラ 12巻」。11巻が2015年11月30日発刊。今回が奥付を見たら、2017年1月30日で、今日が1月10日なのですが、Amazonに出版予定が載っていたので予約をしていたら、昨日届きました。

実は先日本屋さんで、沢木耕太郎さんの「春に散る」という本が並んでおり、帯を見ると、「ボクシング」という文字が目に入り、もちろん買いました。

沢木耕太郎さんのボクシングを題材にしたものに、「一瞬の夏」があります。1981年の作品ですが、カシアス内藤、エディ・タウンゼント、そして沢木氏自体も絡んで、世界チャンピオンを目指すというノンフィクション作品でしたが、感動ものでした。で、「ボクシング」という文字を見ただけで、上下2冊買ってきたわけですが、そしたら、「キライマ 12巻」も家に届いていて、まずは、短い方から読もうかと。

「キライマ」は確か1982年に初出版で、今年が2017年ですから、35年書き続けられているという事になります。

あとがきによれば、「あと、3~4巻で、『キマイラ』は完結する(させる)つもりで、毎月書いているのだが・・・」と書いていますが、この本は朝日新聞社の「一冊の本」で毎月連載され、一回分が二五枚。

本にするのが一四回分で、一年二カ月で一冊の本になるそうですから、あと4,5年はかかるという計算になりますが・・・・・

but、しかしですね。前号からすれば、キマイラの歴史と伝説が語られるはずでしたが、なんと、今回は数ページばかり前の話の続きがあり、その後すぐに、中学生の九鬼麗一と九十九三蔵が、真壁雲斎の所で出会い、同じ高校に入る所から始まるという、いわば前に戻っており、しかも、西条学園を陰で支配しているという、柔道部に関係にある「もののかい」とか黒堂雷とか、トランシルバニア症候群とか、新しい人物、団体等がでてきて、話が段々ふくらんでいくようで、これじゃ、4.5年では終わりませんよ。

とはいっても、やはり、夢枕獏さんの作品は面白いですね(短期間で終わってくれれば)。
あとがきによれば、「次の『キライマ堕天使変』で、”現在”に戻るはずである。」と書いてありますが、是非そうあってもらいたいのです。「おお、もう百年生きたい。」とは書いてありますが、こちらが先にくたばってしまいますよ。

今日は、マニアのための話で、分からない方には (*_ _)人ゴメンナサイ







« 「出揃いました『週刊ポスト』『週刊現代』」 | トップページ | 2017 橘神社「鏡開き餅振舞い」~雲仙市千々石町橘神社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/64747495

この記事へのトラックバック一覧です: 「キマイラ 12巻・曼荼羅変」発売(朝日新聞出版・ソノラマノベルス):

« 「出揃いました『週刊ポスト』『週刊現代』」 | トップページ | 2017 橘神社「鏡開き餅振舞い」~雲仙市千々石町橘神社 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ