« 「Apple Watch (Series2)」使って一週間 | トップページ | 「千々石 温泉神社鳥居『貫』改修之事」~千々石町温泉神社 »

2017年1月16日 (月)

「絶望名人カフカの人生論」~カフカ・頭木弘樹 編訳

Img_20170116_0001

皆さんも、いろんな失敗、人生に絶望を覚えたこと、失恋したこと、今センター試験中ですが、落第した人等あると思います。

その時、他の人から、「頑張れよ」とか、「なんとかなるさ」とか、「時間が解決するよ」とか、激励の言葉をかけられたと思います。

さて、それで立ち直れる人もいれば、かえって、落ち込んだ人もいるかと思います。

某オリンピック選手が、「頑張れ」と声をかけられ、「これ以上、何を頑張ればいいの」と言っていましたが、言葉のかけ方一つにもいろいろあるもので・・・・

「カフカ」というと、村上春樹さんの「海辺のカフカ」がありますが、読んではいませんが題名はどうも、フィリップ・グラス(作曲家)の「Einstein On the Beach」から取ったのかな・・・・?余談ですが、2月に「騎士団長殺し」という本が出版されるそうで、Amazonあたりで、予約受付中ですが、ファンの方は早めにお申し込みを。ファンではありませんが、気になるので、私も予約しました。

カフカというと一時ブームがあり、私も、「城」、「審判」等を読んだのですが、とても重い小説だったことを覚えています。現在、この種類の本が、あまり読まれていないようで、少し寂しい思いですが・・・・

話を元に戻して、編訳者の頭木氏の前書きに「悲しいときには悲しい音楽を」というのがあり、ピュタゴラスに「ピュタゴラスの逆療法」というのがあり、「心がつらいときは『悲しみを打ち消すような明るい曲を聴く方がいい』」と言ったそうです。

逆に、アリストテレスには、「アリストテレスの同質効果」というのがあり、「『そのときの気分と同じ音楽を聴くことが心を癒す』と主張しました。つまり、悲しい時には、悲しい音楽を聴くほうがいいというのです。」という事だそうですが、

どちらが正しいかと言えば、どちらも正しく。

(1) まず最初は、悲しい音楽にひたる=アリストテレス「同質の原理」
(2) その後で、楽しい音楽を聴く=ピュタゴラスの「異質への転導」

とするのがベストだそうです。さて、この本には、「頑張れ」とか、「大丈夫」とかいうような、ポジティブな言葉はなく、ネガティブな言葉ばかりです。右のページにカフカの言葉、左のページに頭木氏の解説が入っていますが、カフカの言葉を少しばかりご紹介を。


将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。
将来にむかってつまずくこと、これはできます。
いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。(フェリーツェへの手紙)


バルザックの散歩用のステッキの握りには、
「私はあらゆる困難を打ち砕く」と刻まれていたという。
ぼくの杖には、「あらゆる困難がぼくを打ち砕く」とある。
共通しているのは「あらゆる」という所だけだ。(断片)


生きることは、たえずわき道にそれていくことだ。
本当はどこかに向かうはずだったのか、
振り返ってみることさえ許されない。(断片)


ぼくの人生は、
自殺したいという願望を払いのけることだけに、
費(つい)やされてしまった。(断片)


だれでも、ありのままの相手を愛することはできる。
しかし、ありのままの相手といっしょに生活することはできない。(日記)


まだまだあるのですが、人生に失敗した時、絶望した時、失恋した時など読んでいただきたい一冊です。




« 「Apple Watch (Series2)」使って一週間 | トップページ | 「千々石 温泉神社鳥居『貫』改修之事」~千々石町温泉神社 »

人生」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/64770960

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶望名人カフカの人生論」~カフカ・頭木弘樹 編訳:

« 「Apple Watch (Series2)」使って一週間 | トップページ | 「千々石 温泉神社鳥居『貫』改修之事」~千々石町温泉神社 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ