« 「中国嫁日記 第五巻」「中国嫁日記 第六巻」~井上純一著 | トップページ | 今日はこんな所へ! »

2017年1月26日 (木)

寒くても「週刊ポスト」「週刊現代」

Img_20170126_0001 Img_20170126_0002

今年は、暖かい冬かと思ったら、今日この頃の寒さ。寒さに弱く、暑さに弱く、季節の変わり目は体調を崩す、私。

今日も、車に霜が張り付き寒かったのですが、本屋さんに行くと、ポストと現代が並んでいたので、「寒くても『週刊ポスト』『週刊現代』」で~す。


■「小池百合子 もう豊洲移転は無理!で、どうするの?」
■「森、与謝野、内田を次々バッサリ!小池百合子の『ジジイ口撃』はなぜ受ける?」

豊洲にオリンピックに新党。威勢は良く"和製トランプ”みたいだったのですが、最近はちょっとね。都政についてもっとビジョンを持って欲しいのですが、なんとなく不透明なような。最も、私、東京都には税金を納めていないので、何とも言えないのでありますが。

■「日経平均2万5000円時代が来る『上がる理由のある株』を買え」
■「『トランプ恫喝』を吹き飛ばす日本経済の『独り勝ち』7つの根拠」

トランプさんのTwitterで、世界中てんやわんやのようですが、トランプさん、自意識過剰で、皆さん、それに引きずられ投票したみたいですが、「人々はその自信が”張り子の虎”だったことに気づき、失望していくだろう」。その時、日本経済がどうなるかですが、週刊誌さんは自信満々に書いていますが、リーマンショックの余波の時を考えると、お気楽にして良いのかな?

■「退職後も家で『管理職』の父って・・・」

読売新聞「人生案内」への投書の話題として、下のような投書があったそうです。

「同居する父が、管理職だった有名企業を数年前に退職後、家でも管理職のように振る舞い、困っています」

男というのは、バカで、頭の切り替えが悪く、人にチヤホヤされたがるので、まあ、あきらめたがいいでしょう。場合によっては、縁を切るか、夫婦だったら離婚しましょう。熟年離婚が増えてきた理由がわかります。オトウサン、ちゃんと考えて行動しましょう!というのが、私の考えですが・・・自分を振り返りつつ。最も、私は最後まで、カミサンにへばりつく考えですが。


■「『自動運転』でなくなる仕事ランキング」

昨日TVで、「自動運転」で事故の時、誰の責任になるか放送していましたが、田舎で、足の不便な高齢者にとっては(なにせ、バスが30分に一本とか、一時間に一本)、早く「自動運転」になって欲しいと思うのですが。

「免許センターも教習所もいらない」、「交通警察官は必要なくなる 白バイも」(自動運転だと、車は違反運転はしません)、「ガソリンスタンドとコインパーキングが消減」、「トラック運転手はなくなるが、個人タクシーは最後まで残る」、らしいですが。

■「入ってはいけない大学」~「有名だけど就職できない」大学一覧

要するに、一流の会社に入って、楽しようと思うから「就職できない」のです。中小企業は、あなたの優秀な頭脳を待っています。あなたが、会社を一流にすれば良いだけの話です。

なお、千々石にはいくらでも農地が余っています。農家は、頭と体を使った努力次第です。是非、千々石に移住を。

■「手術は成功、でも死んじゃった」

医者から手術を勧められ、「無事終わりました」と言われたそうですが、麻酔から目覚めることなく3日間。医者の説明は、「手術は成功したけれど、高齢なので体力が奪われた」。結局、脳梗塞の合併症を起こし、一週間後に亡くなられたそうです。

なだいなださんが、数十年前、移植手術に対して、「手術は成功せり、しかして、患者は死ねり」と言っていましたが、「医者にとっての『成功』が患者の幸せとは限らない」。まったく、その通りです。

■「『国宝級茶碗』『ニセ物、本物』騒動の”鑑定”や如何に!」

「開運!なんでも鑑定団」で、世界に3点しかない「曜変天目茶碗」に、中島氏が”4点目”が見つかったと鑑定しました。私も見てはいたのですが・・・・

つけたお値段が、2500万円。これに対して、各専門家から贋物だとの指摘があっているそうです。目利きと言うのは難しいもので、私の目利きも悪くて、カミサンと一緒になりましたが、独身の方は、見る目を養ってください。

■「巨人軍『30億円補強』で『派閥バトル』大相関図」

30億円といったら、1球団できそうな。昔は、「巨人」「大鵬」「卵焼き」といって、3種の神器みたいなものだったのですが。

「主流『阿部派』VSオレたちイケてる『坂本派』VS崩壊寸前『内海派』ーヨシノブ監督のガバナンス危うし」、ですって。「大型補強で超フクザツに!巨人軍人脈図」が載せてありますが、芸能人の相関図より複雑ですね。

■「死ぬまで 死ぬほど〇E〇」シリーズ

「飛び出る〇E〇がエロすぎる!」、「秋葉原7時間待ち『エ〇BOX』」、「プロが厳選オススメ6作品誌上体験」、「私の『飛び出る〇ロ動画』見てください」。

だから、前にも書いたように、飛び出してもさわれないの!試してみたから!ご忠告申しあげます。

■「『昭和の〇E〇』をもう一度」

「『はじめての女性〇器を見た感動』が忘れられない」

別府の温泉で、行商のおばさんが、荷物の下から”あの写真”を取り出し、「兄さん、これ買わない?」。「初めて見て、感動」し(写真ですが)、すぐに買いました。

思えば、あの頃は白黒写真でしたが、今のカラーの無修正動画〇ル〇のより、エ〇かった!

「昭和の妻はこんなに〇E〇が好きだった」。ウチのカミサンも昭和生まれですが、それが、何か?





« 「中国嫁日記 第五巻」「中国嫁日記 第六巻」~井上純一著 | トップページ | 今日はこんな所へ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/64813109

この記事へのトラックバック一覧です: 寒くても「週刊ポスト」「週刊現代」:

« 「中国嫁日記 第五巻」「中国嫁日記 第六巻」~井上純一著 | トップページ | 今日はこんな所へ! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ