« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | トップページ | 2016年2月28日 - 2016年3月5日 »

2016年2月21日 - 2016年2月27日

2016年2月27日 (土)

2016「鍋島邸緋寒桜」&ぶらり~雲仙市国見町神代小路(くうじ)

Photo

今年は暖冬かと思ったら、急に冷え込んだり、また暖かくなったりで、多少散り加

減の緋寒桜。「第8回緋寒桜まつり」が2月20日~3月6日まで開催中。


今日は、お琴と、胡弓の演奏会が開かれるとかで午前中行ってみたら、私の間

違いで、昼からでした。ということで、ぶらりと・・・お近くでは、「わが店一番」という

事で、お野菜が安いですね。国見は、かんぼこ(かまぼこ)作りが盛ん。

Photo_3 2

いつも、表門の写真ばかりですが、大体こんな感じのお家です。増改築がかなり

おこなわれているそうです。

しばらくしたら、お琴の皆さんが集合。開演がお昼からだということで、腹が減っ

てたまりませんから、準備風景の写真だけでも。でも、聞きたかったナ、ここでお

琴を聞くと、風情があるんですが。

Photo_4 Photo_5

裏側に回ってみたら、真ん中の茅葺き屋根の所が、お殿様のプライベートルー

ム。奥の方が倉で、本来はつながってなかったそうです。

で、手前の方のところ、なにかありそうだなと・・・

Photo_6 4

で、よせば良いのに、開けてみたら(悪い子の皆さんは絶対しないように)・・・

こんな感じで、手を入れて上の方を写真で撮ると。若い皆さんは分からないでし

ょうが、昔、ウンチをするとお釣り(下から水気がはね返ること)がくる便所でし

た。今は、使われていませんから、ご安心を。

2_2 3

さて、蔵の下の方も開かるようになっていて・・・これひょっとしたらと思って、担当

の方に聞いてみたら通気口ということで、雨が降る時は閉めておいて、天気が良

い日などには開けておいたのでしょう。良く考えたものだと思います。

Photo_9

で、分からない物が二つばかり。

左側が舟形になった物体。担当者の方の話では、鍋島様が舟がお好きだったみ

いで、作らせたのではないかと。良く見ると、西洋の浴槽にもよく似ており、ひょ

としたら、舟好きな鍋島様が、お湯を入れて入浴していたのでは?


もう一つ、石に合わせるようにして切ってある壁板。この石が柱などの礎石なら、

それに合わせて切るのは理解できますが、単に石ころがあって、わざわざ、それ

に合わせて、なぜ板を切ったのでしょう?この程度の石なら、除ければ良いもの

を。ごく普通の石です。30分ほど調べましたが、分かりません。

皆さん方も、観光に行かれた時、しつこく観察しましょう。面白い物があるかもよ。

2_4 Photo_10







2016年2月26日 (金)

「今治焼豚玉子飯」★B-1グランプリ公認商品

Dsc_0329_2

今日もカミサンが行方不明で、飯を作るのも面倒臭いし、どこかないかと車を走

せていると、お弁当屋さんに、なにやら看板がチラリと。

Dsc03581_2 Dsc03580

良く見ると、「今治焼豚玉子飯」(注:玉子か卵か、種々説があるようで・・・・)。しか

も、「B-1グランプリ公認商品」。これを見て、通り過ぎるわけにもいかず、買って

きました。


調べてみると、「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」から出品され、第6回姫路大

会で第5位。第7回北九州大会では「ブロンズグランプリ」。上に「ゴールドグラン

プリ」と「シルバーグランプリ」がありますから、多分3位になるのでしょう。


なお、この7回大会の時は、「対馬のとんちゃん」が、シルバーグランプリで、前に

書きましたが、私が対馬にいた時、お世話になった「とんちゃん」です。


第8回豊川大会では第4位。第9回郡山大会では「ブロンズグランプリ」。第10回

十和田大会では第4位。


なお、十和田大会では、来場者数334,000人、経済波及効果約21億3000

円といいますから。B-1とはいえ凄いことになったものです。


十和田大会では、ゴールドグランプリが「熱血!!勝浦タンタンメン船団」、

シルバーグランプリが、またもやりました、長崎は対馬の「対馬とんちゃん部隊」、

ブロンズグランプリが「津ぎょうざ小学校」、そして、第4位が「今治焼豚玉子飯世

界普及委員会」。


ということで、この「今治焼豚玉子飯」、常に上位にいるということで、実力は充

分。一番上の写真のように、ご飯の上にたっぷりの焼豚と、とろ~りとした、半熟

の目玉焼き。あ~、また太るなと思いながらも完食。お味ですか、B-1グランプリ

の上位常連さんですよ、アナタ。自己責任で買って、食べてみてください。多分、

期間限定だと思いますので、見かけたら興味のある方は、ご試食を。お値段は、

ワンコインでした。


ところで、この系列のお弁当屋さん、いつも注文が多いんですね。

Dsc03578

なんといいますか、昔は、家で作ってくるお弁当が多かったのですが、皆さん忙し

くて、お弁当を作るヒマがなくなったので、弁当屋さん、総菜屋さんが増えたの

か、弁当屋さん、総菜屋さんが増えたので、弁当を作らなくなったのか?もっと

も、片方では、キャラ弁なんて流行っていますが・・・


ウチですか?どういうわけか、雨の日も風の日
も、機嫌が悪い時も、弁当だけは

カミサンから作っていただきました。いまだに感謝をしておりlovely


もっとも、カミサンの体調が悪い時は、私が、自分と子ども2人分、3個の弁当を

作りましたが・・・あの頃は、キャラ弁はありませんでしたが、作ってみたかった

ナ。残念。


2016年2月25日 (木)

「ガラパゴス」~相場英雄著

Img_20160225_0001_3 Img_20160225_0002

入院中に、本でも読もうかと思って持っていった本です。前に入院した時は、難し

いのを持っていったので、今回はエンターテイメント系を。


相場英雄氏は前作、「震える牛」で、BSE(一時問題になった、狂牛病)を取り扱

い、食肉流通業界の問題を書いていましたが、今回の、「ガラパゴス」は、派遣問

題に切り込んでいます。主人公は、前回と同じ警視庁捜査一課継続捜査担当の

田川信一。


身元不明、
自殺で処理されていた男の現場写真から、自殺ではなく殺人と断定。

現場を丹念に探し「新城 も」「780816」のメモを発見し、それを手がかりに地道

な捜査。


調査していくうちに、派遣会社、自動車メーカー、派遣の実態などが明らかにな

り、殺された男が優秀な人物でありながら、派遣労働者として、日本中を転々と

し、社会の底辺へ。これ以上書くと中身が分かりますから、止めますが、思い出

したことが少しあるので少々。


「企業は人なり」と言ったのは、故松下幸之助氏でしたが、いつの間にか、「企業

は金なり」になり、社会の格差は広がるばかりになりました。


「文藝春秋 3月号」に、歴史人口学者のエマニュエル・トッド氏が「世界の敵はイ

スラム恐怖症だ」のなかで、次のように書いています。


「グローバリゼーションによって利益を引きだしているエリート層はどの社会にも

存在します。高学歴者と高齢者から成る支配的な中産階級です。彼らこそ、各国

で君臨している”シャリル”に他なりません。ときに彼らは、社会の周辺に追いや

られている労働者や移民二世に対して自分たちの特権を守ることも厭いません。

・・・従来の宗教に代わる価値としてお金や株価を追いかける空虚な文化がはび

 こるのです。」(下線はsugikan)


また、CNNニュースによれば、「世の中の人口の1%の富裕層がもつ資産の総

額は来年までに、残る99%の人口を資産を合わせた額と同程度になるという推

計を、国際支援団体のオックスファムが19日(注:2015年1月)に発表した。ま

た、世界の富裕層上位の80人の資産総額は、貧困層35億人の資産総額に匹

敵するという。・・・・」


いつの間にか、資本主義が勝ち、社会主義が負けた、という事になりましたが、

アメリカの大統領選挙のトランプ氏の活躍を見るにつけ、「資本主義」も見直す時

期が来たと思います。


「コンピューターが仕事を奪う」(新井紀子氏著)の「ロボットは東大に入れるか」

に、倉庫の商品を降ろして積むという作業について、「『え、そんなこと?なぜ、ロ

ボットにさせないんですか?』と聞かれます。もちろん、やろうと思えば機械化で

きるんですけれども、まだ機械化していない。なぜだと思います?商品が年中

入れ替わるので、そのつどデーターを入れ替えてロボットの動きを変化させるた

めのコストより、人を使ったほうがいまのところ安いから。単にコストの判断から、

機械より人が選ばれているんです。」(注:下線はsugikan)


ロボットを使う方が安ければ、人は職場を奪われ、派遣にもなれないという事に

なります。また、現在、派遣制度などと口ざわりの良い言葉を使っていますが、要

するに昔の、「タコ部屋」です。


今から、多くの人が、当たり前に学び、当たり前に就職し、当たり前に家庭を持

ち、当たり前に死んでいく(老々介護による殺人があります)世界を考えなけれ

ば、「ガラパゴス」に描かれる世界より、もっと酷い世界が待ち受けていると思い

す。

2016年2月24日 (水)

久しぶりの「週刊誌」

Img_20160224_0004 Img_20160224_0005

昨日書いたとおり、病院からやっと出てきて、今日本屋さんに行ったら、いつもの

週刊誌が並んでいたので、「久しぶりの『週刊誌』」で~す。また、いつもように気

ままに。


■「とんでもないことが始まる マイナス金利 『預金封鎖』」

数日前のニュースで、金庫が売れていることが報道されました。マイナス金利に

伴い、銀行の利息が減り、ATMで引き出すには手数料は取られるし、ということ

で、いっそ自分の金庫にということですが、「預金封鎖」が起こったら、まさに、「金

庫」に入れて置いた方が安全。

いまや、マイナス金利政策で、何が起こっても不思議は無い時代。「預金封鎖」

の危険性も十分にあります。私も、金庫は持っていますが、大きい物に買い替え

るかな。もっとも、「預金封鎖」が始まると、各地で暴動ですよ。


■「あなたの年金がどんどん減らされる」

GPIF(年金積立金管理運用独立法人)で年金の運用をしていますが、株で運

用。株は暴落。民主党の山井議員によれば、年明け以降、9兆円くらいの運用

損。年末まで株価が今の水準で低迷すれば、さらに5兆円の運用損。合計20兆

円の年金資金が消える可能性があるそうです。

で、このGPIFの、理事長・三谷隆博氏は日本銀行OB、総務・企画担当理事の

藤原禎一氏は厚生省OBの天下り、最高運用責任者の水野弘道氏は民間の金

融機関出身ですが、世耕官房副長官のお友達で、何十兆円という株を動かした

経験はないそうです。

アメリカのウォール街などで、丁々発止と腕を研いてきた人とは違うわけです。要

するに素人集団で、何の責任もなく、止めるときは、高額の退職金をもらうでしょ

う。皆さんの税金から。


■「『100歳まで生きる』のにお金はいくら必要か」

上のように、年金はどうなるか分かりません。預金も不安です。

「2000万では足りない」「90歳で貯金がなくなる」「小金持ちが危ない」「思わぬ

出費、認知症にどう対応するか」「年金だけではど貧乏に!持ってる資産はどう

するか」。

私も、試しに銀行で資産運用を少額ながらしてみましたが、ダメですね。銀行員

の方は、安値のとき買って、高値で売ると儲かる、といいますが、言われなくても

子供でも分かる話。


■「『介護疲れ』で妻を殺した夫達の『憤懣』と『悔恨』」

詳しい数字は避けますが、加害者が男性になることが多いそうです。仕事中心

で、介護の負担を独りで抱え込む方が多いそうです。現役のときから、家の周囲

の人と仲良く、どんな所に相談にいけば良いか知っておきましょう。市報、町報な

ど良く読めば、丁寧に書いてあります。最近は、本当に悲しい国になりました。


■「超名門ゴルファー場のバンカー『安倍首相が怒って埋めさせた』というメンバ

  ーの声」

とまあ、上の事を知らない知らない、偉い方がなにかやっているようですが・・・


■「噴出が止まらない『2012年議員問題』自民若手議員『あ~ヒマすぎる』」

不倫、暴言、失言。こんなやつらに税金から歳費(給料)を出しているかと思うと、

怒!を越します。


■「中国の原発がヤバいことになっている」

黄砂ならまだしも、PM2.5とか、この上放射能ですか?困った隣人です。


■「10年前に封印した『爆弾証言テープ』公開」「シャブはドームの男子トイレに

   隠した。」

■「名指しされてビビる長淵剛と巨人の元4番打者」

どこでも報道しているので、書きませんが、今度は「長淵剛」さんですか?


■「松坂慶子これが伝説の『ヘアヌード』と『濡れ場』だ」

お~、これはすごいですね lovely


■「こんな時代でも探せばみつかる『お宝定期預金』」

金利がとにかく安い。ところが、支店オープン時に出るキャンペーン定期預金の

利率が良いそうで、三菱UFJ信託銀行「成城支店開店記念 円定額預金特別キ

ャンペーン」。世田谷、狛江市、調布市在住で、五百万円の条件で、一年モノ定

期預金が年0.714%だったそうです。ほかにも情報が書いてあるので、該当す

る方はお読みください。雲仙市にも、どこか支店を出してくれると、ありがたいの

ですが・・・


■「ウチの子はなぜ天才に育ったか」

大谷翔平、藤浪晋太郎、萩原公介、桐生祥秀等々書いてありますが、参考のた

めには良いようですが、まあ、私の家でも天才には育てきれませんでしたが・・・


■「大場久美子55歳のビキニ」

熟年夫婦の夫の方は絶対見ないように。見ても、奥様とは見比べないように。


■「『全身がんだらけ』の樹木希林はそれでもなぜ元気なのか」

この間「クローズアップ現代」に出演し、とてもガンとは思えない元気さでした。

04年に乳がんが発覚、05年に右乳全摘出、07年に同じ部位など13か所で再

発、09年には副腎、脊髄に移転が見つかったそうです。

なお、希木さんは「四次元ピンポイント照射治療」を受けているそうですが、詳しく

はお読みください。


■「『3億円』の赤字を出した『ガリガリ君ナポリタン味』は社員が食べても『マズか

  った』」

ガリガリ君、食べていますが、「ガリガリ君ナポリタン味」ってあったんですか?

ナポリタン味を提案したのは、入社2年目の社員たっだそうですが、「当社には挑

戦した人を評価する仕組みがあります。失敗に対してはペナルティがある。しか

しそれはあくまでその挑戦に対する純粋な賞罰であり、その後の人事考課などに

は影響しないようになっている。・・・」ということで、現代まれにみる良い会社。


■「死ぬまで●E● 自分史上最高の『●起』にびっくりポン!」

「死ぬまで●E●」というと、「腹●死」まで、やるってことですか?


■「●E●は最高の冒険だ」「60すぎたら、まずやってみる!試してみる!みん

  な許してくれる!」

まあ、本当にこの「あの素晴らしい●E●をもう一度」シリーズ、よく続きますね。




2016年2月23日 (火)

「心房細動カテーテルアブレーション手術体験記」 当日・後日 

Photo

ドクターヘリで、カッコ良いですね。とは言っても、重傷の病人を運ぶわけですか

ら、無責任に、カッコ良い、とは言えないのですが・・・


前回、カテーテルアブレーションの前夜の事を書きましたが、今日は当日と、その

後の事です。


腹はくくっているもの、はやり、私、小心なのか朝食を食べる時、箸を逆さまに持

ったり、眼鏡を掛けたままで顔を洗ったりで。やはり、ドキドキ。


朝8時間から、手術用の衣服にお着替え、手術後は動けませんから、オチンチン

から導尿。要するに、尿道から管を入れるわけですが、4~5回経験をしていま

すが、はやり慣れません。記念写真は忘れました。初めての方は、辛いでしょう。

世の中には、これを好む方もおられるようですが・・・


で、寝台に寝たまま手術室へ。なんと近未来的な部屋か!そこへ私を待つ5,

6名お医者さん。せめて、2,3名かと思ったのですが。その後、何のためか知り

ませんが背中やお腹にシールの大きいのをペタペタと。点滴、これにはとで睡

薬を入れます。あと、カテーテルを入れるところの、首のあたりと、足の根元あ

りに、消毒とか麻酔とか。


そのまま、状況を見れるかと思ったら、残念ながら顔の所に手術が見えないよう

に、遮られました。


全身麻酔でなく、局部麻酔でしたが、これは全身麻酔にすると、イビキをかいて

る方がおり、横隔膜が上下し、それに伴い心臓が安定しないとか。といっても、

識がほんの少しばかり残る程度に麻酔はします。私の知人にも聞くと、うつらう

つらしていると、終わっていたよと。


ところが、私、麻酔が効きにくいのか、最初のほうはお目々パッチリで、足からの

カテーテルが入るのは分かりませんでしたが、首あたりから、喉の横を通って心

臓あたりまで来るのが分かって、気持ち悪かった。あとで、傷口を見ると、本当に

小さなものでした。

Photo_2 Photo_5

左が首の部分、上だったか下だったか?ここから、心臓にカテーテルを一本、右

が足のつけ根あたりのカテーテルの跡です。もう少し左に写真を振ると、私の

可愛いチ●コが写っているのですが、見せるほどの物ではなし、カット。


なお、心臓にカテーテルが入って、2回ほど熱で焼くのが分かり、全身が、カァ~

ときて、思わず、「私のハートに火を付けて」という歌など思い出しました。その後

「意識はありますか?」「はい、バッチリです」「麻酔薬増やします」という事でした

が、それでも、あと2,3回は焼くのが分かり、これは辛かった。心臓が止まるの

ではないかと思うくらい。


それからあとは、麻酔がきいたのか、コロリと眠りましたが・・・「終わりましたよ」

声で目が覚め移動用のベッドで、再び病室へ。それからあとの、辛いこと。とに

かく6時間は、止血できるまで上を向いたまま身動きできません。結局は、朝まで

その姿勢のままにしていたら、背中の痛いこと、痛いこと、一時間おきに目が覚

め、次の日は、熱が出てフラフラ。


次の日、お医者さんから、夜勤の看護婦さんから、寝ている時の呼吸が浅く、ひ

ょっとしたら睡眠時無呼吸症候群で心臓に影響があるのではとのことで、あと一

泊のお泊まり。心電計やら、簡易の睡眠時無呼吸を調べる機器を取り付け、左

手人差し指にセンサー、胸には電極を取り付けていますが、寝た気がしませ

ん。ついでに、病院で違いがありますが、今回入院した所は、丁寧に薬を飲む箱

があり、薬の種類が多い方には便利ですね。ただ、看護師さんが準備をするの

で、一人や二人の患者さんの事ではなく、大変だとは思いました。

Photo_6 Photo_7

なお、術後の感じですが、不整脈は大体治まった感じですが、三ヶ月程して筋肉

が元のに状態に戻ってくる時、焼いてなかったところ、焼いても焼きが足りなかっ

たところ(ウエルダンではなく、ミディアムレア)があると再発の可能性があり、三

ヶ月は状況を見ていくそうです。2回目は1回目よりは楽だそうです。


心房細動は70代で5%、80代で10% 起こるといわれる病気で、無症状の人も

いるそうですが、私のように若くして起こる人間もあり、胸の不快感、胸の痛み、

息切れ等を感じたら、一応疑って24時間の心電図計などで調べてみてもらってく

ださい(循環器の病院に置いてあります)


心房細動で怖いのが、心房の中に血栓(血の淀み)が生じ、これが脳の血管に

詰まり、脳梗塞になること。


とにかく、煙草は止め、酒は適度に、女遊び、男遊びは問題にならない程度に、

おかしいと思ったら専門の病院へ。お互いに健康には注意しましょう。なお、この

分野の治療法は年々進歩しているそうですから、進んで病院へ行きましょう。

この病気は、特に脳梗塞の問題があるので、参考に書いて見ました。




« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | トップページ | 2016年2月28日 - 2016年3月5日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ