« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

2016年10月9日 - 2016年10月15日

2016年10月15日 (土)

「音羽山瀧右衛門」~おらが村さの関脇どんは★雲仙市吾妻町

Photo

おらが村さの関取どん、といっても残念ながら、あまり強くはなかったようで・・・

某日、某氏より、吾妻町に音羽山という相撲取りがいて、それに関する書状が出てきたので分からないかと。

こちらも、名前も聞いたことがないので、吾妻町の知人に聞くと、「大熊郵便局があって、その前に墓地があり、入り口に大きな墓がありますよ」ということで行って見たら、よく通る道で、以前から目にしており、何かの記念碑かと思っていたのですが。(下の写真はGoogleのストリートビューからです。)


Photo_2

行ってみたら、記念ではなく、大きな墓で、二基並んでいました。下の写真左側が、音羽山のもの、右側が今神楽と刻んであります。

墓所はきれいに掃除してあり、箒なども置いてあり、吾妻町の知人に調べてもらうと、墓掃除は、今神楽の子孫の方がされておられるとか。今神楽も相撲取りで、残念ながら詳細は分からず。音羽山についても知らないとのとこでした。


Photo_3 Photo_4

「音羽山」の墓碑には

文化十一年甲戊十二月廿一卒(注:1814年)
音羽山瀧右衛門墓(滝は瀧になっています)
行年七十有六歳

下のほうには建立年月日、世話人の名前。


Photo_5

弘化二乙巳天
香(?)正三月(注:香正については古語辞典、漢和辞典にもなし)
穀旦造立(注:穀旦は天気のいい日、めでたい日、吉日。~三省堂漢辞海)

世話役
二代
音羽山□右(?)門
島内太
満汐上八
白藤要吉
三迫桂
蒐(かけずか)□中(注:「蒐」は地名、「中」は集団を表す語の後ろに用い、その成員全員を指す語。
御中氏子中など。~ウイキペディアより)

Photo_6 2

となるのですが、知人よりの再びの連絡で、昭和29年の「山田村史」に載っているということで、以下の文です。

「山田村字中熊に『音羽山滝右衛門之墓 文化十一年甲戊十二月二十一日卒行年七十有六』『今神楽彌五郎乃墓 天保七年丙丑九月三日卒』」と刻んだ二つの墓がある。これは当村から出た力士として名を成し、横綱までなったと言う。音羽山は中年頃から故郷に帰りアミ漬けを売りあるいていたが横綱免許の巻物を持っていたので子孫の代まで頭取の資格を持ち地方における相撲興行のある場合は親分気取りであった。」

ここで、ふと疑問があり、当時は確か「大関」が最高実力者であり、「横綱」は吉田家が免許として与えたもので、どうなのかと相撲関係の本をあたると・・・

(株)ベース・ボールマガジン社発行の「大相撲人物大辞典」には

「音羽山滝右衛門(関脇)1739~1814
長崎県出身の九州力士。はじめ大阪で明和4年5月、西大関で登場、同年6月の京都でも西大関にあり、同8月に再度大阪で西上取筆頭に出た。江戸出場は同年10月の東関脇で、2勝6敗の成績。江戸はこの一場所限り。翌5年の大坂で、「島原」筆頭の東取4枚目を最終とした。当時としては珍しく長寿を保った。

出身地   長崎県南高来郡吾妻町永中名
生年月日  元文4年
所属     嶽所ケ浦(九州)
初土俵   明和4年10月場所関脇付出
上段昇進  明和4年10月場所関脇付出
最終場所  明和4月場所
最高位   関脇
上位在位  1場所
勝率     0、250
没年月日  文化11年12月21日(76)

なお、別本、(株)日本図書センター発行「写真図鑑 相撲百年の歴史」の中の「宝暦から現代までの二百十三間の入幕歴史略歴一覧」には

力士名    音羽山滝右ェ門
入幕場所   明和4年10月
部屋      御所ノ浦
最高位    関脇
出身地    九州
最終場所   この場所限り

となっており、「横綱」ではなかったような。

さて、江戸時代、現雲仙市の有名力士としては、以前紹介した、愛野町の大関玉垣額之助、小浜町の大関玉垣額之助が有名で、特に小浜町の玉垣額之助は、幕内在位数25場所、119勝27敗23引き分け、勝率0,815であり、当時の柏戸利助の勝率が0,810と両者ダントツの強さで、人気を二分しています。

音羽山滝右衛門さんは、あまりパットしなかったみたいですが、それでも関脇を張った人物で、江戸相撲では一場所限りの出場で、引退の理由はわかりませんが、それなりの実力を持った相撲取りだと思われます。墓を見てもわかるとおり、故郷に帰ってからは、地方の有力力士として活躍したものだと思われます。
なお、今の「吾妻町史」には載ってなく残念なことです。

(江戸時代の、一年間の場所数、取り組み日数などは、現在と違っておりますので、そのつもりで)


 

2016年10月12日 (水)

代打「週刊文春」君、代走、少しひねって「ビッグコミック」君

Img_20161012_0001 Img_20161012_0002 Img_20161012_0003

連休のためか、「週刊現代」「週刊ポスト」さん、両方とも本屋さんには出ておりませんでした。何か、両誌、不倫旅行の匂いがするのですが・・・大スクープの感じですね。
という事で、「代打『週刊文春』君、代走、少しひねって『ビッグコミック』君」です。

■「ドン内田一派の『政活費』を暴く!」
■「五輪のドン森喜朗の『暗部』」

とにかく、小池百合子さんの戦略次第でしょうが、「ドン内田」に対しては、完全勝利できるでしょうが、問題はオリンピックで、IOCとの対応になり、森さん、多分裏から手を回していくでしょう。小池VS森で、古人曰く「他人のケンカは面白い」。
ボート会場は最初69億円が461億に膨れ上がり、おまけに、一社入札で、落札率99,9パーセント。「官製談合疑惑」まで。あと、いろいろ書いてありますが、なぜ、あの森元首相が「五輪組織委員会」の会長なんでしょう???

■「横浜点滴殺人捜査上に浮かんだ『黒い看護師』の正体」

事件が起きてかなりになりました。病院という中ですぐ犯人が分かると思ったら、意外に長引くような感じです。
「文春」によれば、以前から問題があったようで、「背後には”女帝”と呼ばれる看護師の存在がある。」らしいですが、捜査関係者によれば、「当時、院内に防犯カメラは設置されておらず、押収した注射器や点滴袋の指紋も客観的証拠になり得ませんでした。容疑者自らの出頭を待つか、間接証拠を積み上げていくしかありません」、という事で、まだまだ解決は先になりそうな。

■「受けてはいけない検診・検査」

「検診を受けてがんを早期発見することは、一見、絶対に正しいことに思える。しかし、前立腺がんや乳がんなどでは、本来は治療しなくてもいいがんまで見つけてしまうことが分かってきた。その結果、余計な手術を受け、体にダメージを残してしまうことも多いのだ」という事で、該当者の方でご心配な方は、一読を。

■「『女性大臣の涙』で終わらせるな」
■「辻井清美に泣かされた稲田明美早くもポスト安倍から脱落」

国会を見ていましたが、国会で質問され、涙流しちゃダメでしょう。特に防衛大臣ですよ。いざというとき、メソメソしてどうなるの。以前タカ派女性議員と言われた方が。記事は、「防衛大臣として、守るべきものの判断だけは、誤れることのなきよう─」と結んであります。


さて、「ビッグコミック」ですが、「医者を見たら死神と思え」という題のマンガで、食道がん手術で”神の手”と呼ばれた真藤隼人が、あるきっかけで手術を封印し放射線治療を学ぶことになります。
この物語の監修者は、Amazonの解説を見ると、「『患者よ、がんと闘うな』で日本の医療の常識を覆し、数多くの著書・発言を通して日本の医学界と世間を挑発し続ける、医学界の異端児・近藤誠氏全面監修!!」となっていますから、この立場から描かれているものです。

さて、一番上の右のマンガの丸印の所、「次回は男性なら誰でも気になる『前立腺がん』の話。手術を勧められた患者が隼人のもとに・・・!?」と書いてあります。

が、私も「前立腺がん」の宣告を受け、現在ホルモン治療で、がんを抑えている最中ですが、手術をするか放射線治療にするかという所なのですが、よく、世間では「セカンドオピニオン」と言っていますが、こちらではなかなか機会がありません。という事で、このマンガをセカンドオピニオン代わりに読んでみようと思っているのですが、次回の出版が待たれます。






2016年10月11日 (火)

『文庫X』入手!


Photo_2

「文庫X」。

少し話題になっていますが、題名も分かりません、作者も分かりません、内容も分かりません。

今日入手しましたが、しっかりとビニールで包まれ、中身は覗くこともできません。裏表紙、左上にバーコードがありますが、これで、題名等分かることがあるので、消しました。

この「文庫X」、いくら内容が感動的であっても、題名を見るだけで、手に取る人もいないのではないかということから、写真で見るように、文庫担当の長江さんが自分の思いをカバーに綴り、それをビニールで包んで、「文庫X」と名付けて売り出しだわけですが、何か分からないと、なんだろうと好奇心が湧くもので、興味を持って買ってよかったという方もおられるとか。

本の内容については、下の表紙を読んで、感の良いかたには、どのような種類の本かはわかるのではないかと思います。内容については、人好き好きがあり、「三国志」が好きな方、「エロエロおじさんエロ日記」が好きな方、「純粋理論批判」が好きな方等おられますので、読んでいただくより、ほかはないと思います。
お買いになるときは、自己責任で・・・・なにせ、ツイッター、ブログで紹介するときは、書名、内容等については書かないのがお約束になっています。

この情報化時代、ともすれば、本を売るため、あるいは図書館で本を読んでもらうため「最後の一行、逆転の感動の涙」とか、「人の頭では考えられないトリック○○賞受賞作品」とか、「おかあさんと一緒に楽しめる本」、また、内容の紹介とかしてありますが、この本、これが全然分からない。

インターネットが発展して、知ろうと思えば、ほとんどの事が分かる時代。この本のように、時代とは真逆の方法があったのかと、しばし唖然としたのもでした。

なお、現在、長崎の本屋さんには並んでおりません。で、どのような方法で入手できたかというと、ブログの写真、ネットで「文庫X」で検索するとヒントがあると思います。考えなくとも情報が手に入る時代、たまには、頭を使って考えるのも良いものかと。


Photo_3 Photo_4





2016年10月10日 (月)

2016「白木峰コスモス高原」~長崎県諫早市

Photo

毎年の「白木峰コスモス高原」です。昨日、島原の芝桜公園の横にある、コスモス公園が満開だとか、で、白木峰コスモス高原はどうかとなと思い今年もやってきました。

いつもは、平日、朝早く行きますが、人がいつもより多いなと思ったら、今日は連休の最終日でした。やはり、休日だと朝早くても、人出が多いですね。

Photo_2 3

右はカメ女(カメラ女子)さんですが、私の現品処分デジカメより、はるかに高いもので、最近、皆さん良いカメラばかりで、おじさんナントナク恥ずかしいですね。

4 Photo_3

こちらは、某高校のボート部です。Tシャツの前の部分、桜の花が可愛いですね。顔はゴツイので、撮りませんでしたが、みんな明るく、話してみると、青春しているという感じで、好感持てます。私も、こんな時代があったのかと思うと・・・

Photo_4 2

本来は、丸印のところまで、びっしり花が咲き、有明海、雲仙半島、雲仙岳と眺められいい風景なのですが、今年前半、雨があまり降らなかったせいか、これから花が咲くのか、少し、花付きが悪いみたいで、残念。

Photo_5

花を見て、腹を立てる人間はいない、といった人がいますが、本当ですね。

Photo_6 3_3


2_2

たぶん、もう少ししたら、もっと花が咲くと思うので、ぜひご覧を。高台にあるので、空気も澄んで、気持ちが良い事・・・ ヽ(´▽`)/


【追伸】
今日、10月20日の情報です、記事中
>島原の芝桜公園の横にある、コスモス公園が満開だとか
と書いておりましたが、一昨日行った方の情報によると、まだ、1~2分咲きだそうです。
某TV局で島原のコスモスも十分鑑賞できるような放送があっていたので、上のように書いたのですが・・・・
はやり、なんでも自分で確認する事、必要ですね。
昨年、10月23日頃行ったときは満開だったのですが、ウチのコスモスも今年は花付きが悪いようで、異常気象のせいでしょうか。


« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ