« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »

2016年9月11日 - 2016年9月17日

2016年9月17日 (土)

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」最終回

Img_20160917_0001

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が40周年を迎え終了になりました。40年前といえば、1976年(昭和51)になります。

今日が最終回の出版という事で、皆買いに来るな、と急いで本屋さんへ行ったら、うっこづんでありましたが、だれも見るものもなくという状態で(田舎だから)簡単に買えました。(うっこづむ、東京の方言でいえば、たくさん積んである)。単行本は入荷なし。

1976年というと、私が社会に出てしばらくでしたが、あの頃は、少年マガジン、少年チャンピオン、少年サンデー、少年ジャンプ、少年キングがあり、ビッグコミック、プレイコミック等々、毎週15冊マンガを読んでいて、「こち亀」が載った時は、作者名が「山止たつひこ」となっており、当時「がきデカ」で有名だった「山上たつひこ」さんが名前を変えて出したのかな?とは思ったのですが、画風が違い、作者名をもじったのだと思ったのですが、いつの間にか「秋山治」になっていたことを覚えています。

そのうち、仕事も忙しくなり、読まなくなって数十年。
左が、1976年、「少年ジャンプに」に4月期「Y・J(ヤングジャンプ)賞入選作品」の作品、右が今週号ですが、両さんの顔が随分変わっているのが分かります。

Img_20160917_0003  Img_20160917_0004

水戸黄門、男はつらいよなど、毎回、同じようなストーリーですが、誰だったか、水戸黄門は最後に印籠を出し、男はつらいよは最後に振られる、と同じように安定して、その安定感が良いんじゃないか、といった人がいましたが、こち亀も多分そのジャンルに入るのではないかと思います。

1976年といえば、意外といろいろなことがあり、「徹子の部屋」が放送開始、ロッキード事件、アップルコンピューターの設立、「四畳半襖の下張り」の罰金判決、日清食品の「U.F.O」「どん兵衛きつねうどん」の発売、アントニオ猪木とモハメド・アリの異種格闘技戦、モントリオールオリンピック、ピンク・レディーの「ペッパー警部」、王選手の715本塁打、およげたいやきくんのヒット、太田裕美の「木綿のハンカチ」、山口百恵の「横須賀ストーリー」、桜田淳子の「夏にご用心」、山口くんちの
ツトム君、イルカの「なごり雪」等々書けばきりがありませんが、元気な時代だったような記憶があります。

さて、秋本治氏は最後に次のように書いています。


「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載終了によせてー

あの生真面目でいい加減な両さんが
40年間休まず勤務したので、この辺で
有給休暇を与え、休ませてあげようと思います。
作者にとっての両さんは
「あの子は悪いから付き合ってはダメよ!」と
注意されたのに、
誘われてしまった悪友のような存在ですね(笑)

でも、そのおかげで数えくれないほどの話を
描くことができました。
両さんの悪い事に走ってしまう部分も含め、
人間的な面を描けた気がします。

あまりにも長期の作品なので、終了しても
その物語は自分の中の時間では
まだ動き続けているみたいです。

だからまたいつか・・・・
逢えることを信じつつ。
読者のみなさま、本当に長い間
ご愛読ありがとうございました

                   2916年9月 秋山治


とは、書いてありますが、有給休暇で、まだ退職したわけではなさそうなので、ひょっとしたら、皆さんの町の派出所に、異動してくるかもですよ・・・







2016年9月16日 (金)

「おひるの森」★ワンコインランチ~雲仙市小浜町


Dsc05748

千々石方面から、小浜温泉に入る途中、上のような看板があり、いつも気にはかかっていたのですが・・・とにかく500円ランチですよ。で、今日もカ
ミサンさんがいなく、ちょうど昼時だったので、入ってみました。

左が入り口、右が「おまかせ洗車場」と書いてあり、何だろうと考えると、ホースがあったので、自由に洗車して良いということだろうと。でも、車がぬかるみ道を走って(田舎だから、ぬかるみ道はいくらでもあります)車輪などが少し汚れたときは、いいですね。

Photo Photo_2

入ってみたら、意外と明るい食堂。ご飯、お漬物、水はお代わり自由で、コーヒーも無料。右のところに、揃えてあります。

Photo_3 Photo_4

パンフレットを見ると「就労者継続支援B型事業所」。「就労支援事業所」はAとBがあり、A型は障がい者と雇用関係を結ぶ「雇用型」、B型は契約を結ばず、利用者が比較的自由に働ける「日雇用型」。

食材にはこだわっているようで、お味噌汁は”いりこ”で出汁をとったもので、ご飯は長崎県米。

Photo_5 2

メニューはどういうわけか、懐かしの対州(対馬)そばとか、壱岐の郷土料理が並んでいましたが、「じげもん(地元)海鮮丼」を注文。

2_2 Photo_8

少し、油物がほしかったので、「から揚げ」100円也を追加。おでんもあります。

Photo_6 Photo_7

ちょうど、今日から「iPhone 7」の発売があるので、ニュースで放映していましたが、私もソフトバンクオンラインショップで「JB(ジェットブラック)128G」を頼みましたが、JBの色が人気があるらしく、昨日、人気がある機種で後日連絡しますとのメールが入ったばかりで、品物の予測がつかないような、人気に胡坐をかいた商売はするなよ、ソフトバンク(野球)は絶対応援しないぞ!などと、思いました。野球は巨人、相撲は大鵬、おかずは卵焼きの世代ですが・・・・

このお店、おばまの森というところが経営しているらしく、ほかに、あ~との森、ふくしの森があるらしく、多分、あ~との森で作ったものでしょう。いろいろ並べてありましたが、お二人の女性が邪魔でゆっくり見られませんでした。

Dsc05708 Photo_9

帰りがけ、スタンプカードをいただき、20回スタンプを集めると、1食タダになるそうです。
お味は、自己責任で、自分で食して、ご判断を。お客さんは、結構入っていました。

Photo_10 2_3





2016年9月15日 (木)

「プリニウス」ヤマザキマリ★とり・みき著~気になるマンガ

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_5

作者は、ヤマザキマリさんと、とり・みきさん。ヤマザキマリさんがネームと人物画、とり・みきさんが仕上げと背景を書いたそうです。原作者+漫画家ではなく、漫画家+漫画家ですが「2人で描いたら10倍大変になった」そうです。

ヤマザキマリさんは、ご存じのように「テルマエ・ロマエ」を描いて、ヒットし、映画にまでなりました。これ、読んで笑い転げてしまいましたが、某日、本屋さんに行くと、この「プリニウス」が出ておりました、ついつい手が出て・・・・・ついでに、「プリニウス完全ガイド」まで置いてあったので・・・・


Photo_6

「プリニウス」というと、ご存じない方が多いと思います。私も知りませんでしたが・・・・説明によると、いや、すごい人物ですね。

完全ガイドから引用すると、「われらが主人公、プルニウスは紀元23年頃生まれの古代ローマ人。軍人(注:艦隊の司令長官)であるが、博物学者として名高い。・・・・膨大な著書があったとされるが、今日まで残っているのは『博物誌』だけ。しかし、紀元79年のウェスウィウス火山の大爆発を観察しながら息絶えるという、劇的な最期が記録に残されたため、歴史に名を残した。・・・・『博物誌』は、伝聞から書物の引用など、ありとあらゆるホントとウソが膨大に集成されている天下の奇書で、シェークスピアや澁澤龍彦なども愛読者だった。どこか、南方熊楠を思わせる。・・・・

この、「火山の大爆発を観察しながら・・・・」というのが、すごい。究極の観察者ですね。
「神学者のフェレキュデスはしらみに全身喰い荒らされて死んだし、知り合いのレピドゥスなんぞ足の親指を部屋の敷居にぶっつけただけでぽっくり逝った」、「調べてみると水を湛えた池 人間の体でも火が噴出するという記録が残っている 頭からいきなり火がひらめき出した者もいる」、と科学が今のように発達してなかったので、少し変なことも言いますが。

学識豊富、地震がこようが、火山が爆発しようが、ゆうゆうと食事をして、風呂に入ってと、実に愛すべき人物です。ネロ、ネロの愛人ポッパエア、セネカなども出てきます。

この本を読んで、「博物誌」を読んでみようとは思ったのですが、かなり膨大な量みたいなのでやめました。マンガの方はまだ続きますので、第5巻が待たれるところです。





2016年9月14日 (水)

ピンチヒッター「サンデー毎日」君

Img_20160914_0001 Img_20160914_0002

3連休が来るせいか、「週刊ポスト」はお休みで、考えると「週刊ポスト」さん連休の時は良くお休みするようで・・・来週は「週刊現代」の休みの番かな?
という事で、「ピンチヒッター『サンデー毎日』君」を初めて買ってみました。


■「今上天皇の生前退位はいかに世論に受け入れられたか」

天皇陛下のビデオメッセージがあったのが、7月13日。ほぼ、2か月ばかり過ぎましたが、国民の理解も得られたようです。
御高齢、2回の手術。今度は新しい時代の天皇のあり方を検討すべきでしょう。

「週刊現代」では、「ズルズル引き伸ばし天皇陛下の『お言葉』に安倍が答えない理由」という事で少し触れてあります。一つは、「特措法制定か皇室典範まで取り組むか」。二つ目は「・・・本気で皇室の議論をすれば、女性・女系天皇や女性宮家をどうするかという話になり、党内はさらに混乱します・・・・」。三つ目は、安倍総理が念願の「憲法改正」を優先したいという事。少しは、天皇陛下の事を考えては如何なものかと思うものでありますが。

■「『おそ松くん』名場面&名台詞」

「んなこと言っても、どうせイケメンがしゃべりかけた時と、俺がしゃべった時じゃ、女の子のリアクションが違うでしょう?」。子供とはいえ、よくご存じなことで、私も60年過ぎて、やっと悟った言葉ではあります。

■「カンの良い人、悪い人」

「観」、「感」、「勘」。いろいろありますが、「人生を左右する『不思議な力』の正体。」、たしかに、カンの悪い人は損をしてますね。
「女性のカンが鋭いのには理由がある」。そうなんです。だから、浮気なんかやるとすぐにバレるんです。記事を読んでカンを磨きましょう。

■「不味すぎる学校給食 こんなものを子供に食べさせていいのか」

問うのは、ミシュラン三ツ星料亭「菊乃井」店主、村田吉弘氏。
私も小・中は給食で、自分の学校で給食を作る「自校方式」で、今はほとんどが、「給食センター」で作り、各学校に配達するものですが、いつも出前じゃあるまいし、と思っていたのですが。

「献立も給食もおかしい」、「文部省に一蹴された」、文部省に色々提案しても、拒否されたそうです。

「給食費と材料費の差額」、文部省に代わって実質的に学校給食を牛耳っているのが「全国学校給食会連合会」。所在地が「国立代々木競技場」、会長が元Jリーグチェアマン、現日本スポーツ振興センター理事長 大東和美氏。食とはまったく関係ない方。

記事によれば、給食費に260円を支払っているそうです。で、大体、食堂などで食べると、3分の1が純材料費だと聞いたことがありますから、260円×3=780円の昼食を食べることになります。780円の昼飯代といえば、お父さんのワンコインランチより良い食事ができますが、「現場で働いている管理栄養士の先生に『どれくらいの材料費で作っているのか』とこっそり聞いてみたんです。そうしたら思いがけない答えが返ってきました。『150円です』と。」、母さん!残りの「110円はどこに行ったのでしょう?」。

■「『暮らしの手帖』の商品テスト 本当はどうだったのか」

今週は「とと姉ちゃん」で、商品の公開テストの事をやっていますが、実際も厳しかったようです。

■「奈良県医師会長が警告 もう見過ごせない!医療崩壊6つの盲点」

「6つの盲点」とは、「湿布薬は『市販品』を薬局で買うハメに!?」、「本当に大丈夫なのか『ジェネリック8割」、「過剰なブームが怖い薬よりサプリ頼み?」、「医師増員でも質は?不足より偏在が問題」、「地域連携で淘汰危機 小規模病院の”受難”」、「TPPとは無関係!?皆保険”崩壊”の脅威」。という事で、全部説明したら、時間がないので、各自お読みください。読んでおいたほうが良いと思います。

■「そこが知りたい!ジェネリック」

「成分、効き目、品質は先発薬と同じなのか」「『安かろう悪かろう』の後発医薬品はこう見分ける」など、毎日さん、ライバル誌を意識してか、冷静な書き方。「独自工夫をしたジェネリックもある」。だそうです。

■「連続追求第14弾 医療界のタブーを打ち破る!」

そうですね。国民の皆様も、お医者さん、薬を見る目も「週刊現代」のこの記事でずいぶん変わってきたと思います。
で、そろそろ別のネタを捜したほうがいいのでは、と思うものであります。

■「鉄旅 満腹記 第11回大村線(長崎県) 長崎弁当 坂本屋角煮弁当」

皆様も、長崎に旅行の折は、是非、お買い求めを。私も、ときどき食しております。

■「あの有名タレント『AVデビュー』衝撃映像」

「あの有名2世タレントが・・・」。昨今、マスコミを多少賑やかしましたから、ご存知だと思います。「衝撃映像」まではいかないでしょう。○首も見えるか見えないか。あそこは、まったく見えません。それでもという方は、ご自由にご覧ください。





2016年9月13日 (火)

「ゴム銃大図鑑」~日本ゴム銃射撃協会・中村光児著

Img_20160913_0001

昔は、チャンバラゴッコとか椎の実鉄砲、ビー玉、コマ、女の子はゴム飛び、ケンケンパ、おはじきなどで遊んでいたのですが・・・

その中で、ゴム銃があり、上の本を読んでフト思い出し、下のゴム銃を作ってみましたが、けっこう飛ぶもので、マッチ箱などに当てて半日遊んでおりました。
これが、多分ゴム銃の原点だと思うのですが・・・・

Dsc_0645

世の中には、ものを極める方がおられるもので、この作者の中村氏、多分この間TVに出演し、連発銃なるものを披露し、へ~、すごいな、と思っていたら、上の本が出ており、見たらビックリですね。

ちなみに、あの頃は子供もやんちゃで、小学校の私の同級生が、5寸釘を平たくし、ナイフを作ろうかと。で、平たくするため、長崎のチンチン電車の線路において、平たくしようかとしたら、事前に知れ事なきを得ましたが、がられた、がられた。今なら警察ものですよ。

さて、下の写真どこから見ても、競技用の拳銃ですが、「ゴム銃」です。東京オリンピックにもゴム銃の部も作ったらどうなんでしょう。

Photo_6

こちらは、プラモデルのカタログではありません。はやり、ゴム銃です。装弾数が6発ですから、6連発ですね。どうやって作るんでしょう?

Photo

こちらは、サブマシンガン。ですね。

Photo_3

下の銃は装弾数200発ですが、輪ゴムを装填するのに、どれくらい時間がかかるのでしょう?

Img_20160913_0005

この本に載せてあるのは、日本ゴム銃射撃協会会員約40名の作品だそうです。
ここまでくれば、おもちゃというより、工芸品、芸術品の域になるでしょう。

ゲームも良いけれど、頭と手を使い、どう輪ゴムを飛ばすか工夫をしていく方が良いと思うのですが・・・・とにかく、面白い本でした。あなたも、挑戦を。私は図工の成績が「2」でしたから、無理ですネ。





2016年9月12日 (月)

「唐比(からこ)温泉センター」~あら!閉館だよ!!

Photo

今日も、ローカル丸出しの記事ですが・・・・

以下の文章は金曜日に書いたものですが、アップするとき障害がおこり、全部パー。という事でまた書き直しました。

で、9日の金曜日というと、知る人ぞ知る。「7」の予約日。ええ、「iPhone7」ですね。ネット予約で、予約時間の開始が16時01分。今持っているのが「iPhone SE」で半年前に買い替えたもの。もっとも、その半年前に「iPhone 6S」から替えたものですが。替えるべきか、替えざるべきか・・・

さて、どうしたもんじゃろかな、と。時間も半日あるし、カミサンもいないので、温泉でも入って、飯食って、昼寝でもして考えようかと、お安くて、ゆっくりできる、いたって庶民的な、お近くの「唐比(からこ)温泉センター」へと。

ところが、ご覧の通り昨年の9月で閉館。という事で、せっかく来たし、ウォーキングがてら、ブラブラと。


4_2 3

一番上の写真は、雲仙岳方面です。一番手前に見えるのは、千々石の釜岳。
で、ここの前の広場、なんとなくトロピカルな感じ、好きだったのですが。棕櫚の実もなっていました。ただ、砂浜が無く、岩ゴロゴロの海岸です。


Photo_2 Photo_3

「唐比」というと、毎年「唐比はす祭」をご紹介していますが、この温泉センターも同じ唐比地区にあります。下の地図は伊能忠敬の地図。

Img_20140214_0005

こちらの地図は、天保8年(1837)、名古屋の「永楽堂」より出版された「国郡全図」。「唐頃」も読めば「カラコロ」とは読めるのですが、いつのころより「唐比」になったのか、残念ながら、郷土誌にも載っていませんでした。

「会津」とあるのが、勝海舟、坂本龍馬が江戸から長崎に行くときに一泊した所です。


Img_20160911_0001

この堤防と、後ろの方に小道があったのですが、今や荒れ放題。

Photo_4 Photo_5

せっかくのベンチも草に覆われて・・・

Photo_6 Photo_7

ただ、海水浴に来る方がいるのか、便所とシャワーは無事で、ちゃんと水も出ていました。

Photo_8 Photo_9

左は、諫早市と合併にする前に、森山町商工会青年部が作った、「水難防止祈願」のお地蔵様。で、ここは、長崎県が選定した「新観光百選の地」でもあるのですが。

Photo_12 Photo_13

唐比温泉センターは国道から少し入った所にあるのですが、バスは寄り道をしていきます。現在は「臨時バス停」があるばかりで、一日4便。今年の9月30日まで運行はするみたいですが、その後は多分廃線でしょう。左は昔のバス停。

Photo_10 2_2

Photo_11 2_3

と思っていたら、バスが入ってきました。ピカピカの大型バス、横に県営バスのマスコット「ポポル」君。なんか、ピカチュウみたい。乗る人も、降りる人もなく、ただ運転手さんがいるだけでした。

唐比は昔、沼地であったらしく、「くり舟」の残骸があちらこちらから発掘され、一隻、温泉センターの横に、水を張った入れ物を作り、腐らないようにしてあったのですが・・・


Photo_14

行ってみたら、更地になっており、ただ、説明文の看板が残っているだけでした。諫早には施設があるのでそちらに移したのかな?

2_4 3

国道沿いには、まだ看板が残されていて、なんとなく侘しい感じ。以前、月一回、カラオケ大会をやっており、その時は、お年寄りがたくさん集まっていたとは、運転手さんの話でした。

Photo_15

「7」の話ですね。結局、酒は飲まない、浮気はしない、パチンコはしない、一つくらいは楽しみがあって良いじゃないですか。「お宝鑑定団」を見ると、偽物の壺などに100万円も使っているじゃないか、ということで購入決定。

PCとタブレット2台とスマホ1台を用意してスタンバイ、どれが一番早くつながるか、16時01分にスタートしたら、「ネットが混んでいます」で、繋がらない。焦りましたが、16時10分11秒に申し込み完了。ところがですよ、S会社に確認したら、16日頃に本契約のメールが届くでしょう、とのこと。売り出しが16日ですよ。いつになったら手に入るのやら、トホホですね。受付番号から算定すると大体、2200~2600番の順になるようなのですが、各ショップ、家電店、ネットショップへの割り当てなどあり、また、手元に着いたらご報告を。ケースだけは買っているのですが・・・・






2016年9月11日 (日)

2016 「ロマンスウェディング」~雲仙市愛野町


Photo

先日、予告をし、昨年も書きましたが、今年の「ロマンスウェディング」。

プログラムの看板を見たら、あら!子どもさんが早くもいらっしゃるのですね。披露宴をまだ挙げていないらしく、雲仙市でこんなのしているよ、と聞いて応募されたみたいでした。最近は「新郎妊婦のご入場です」と司会するそうですから。

Photo_2 2

少し雲がかかって、時々、日差し。という感じで、けっこう暑い日でした。待つことしばし。愛野小学校合唱クラブの歌に合わせて、仲良く入場。

Photo_4 Photo_5

愛野中学校の音楽部も来ていましたが、帽子がすこし面白いので、見せてもたったら、「あいのん」ちゃんでした。

Dsc_0463 Photo_7

お互いに結婚宣誓書を読み上げ、署名。真ん前にへばりついて、VTRを撮っているのがNHKのカワユイお嬢さん。右が宣誓書で、「あいのん」のイラストが可愛い。

2_2 Photo_8

日本秘蜜(密ではありません)結社 日本ロマンティスト協会、波房会長から「結婚証明&ロマンスカップル認定書」の授与。わざわざ、東京から来られたそうです。

Photo_9 Photo_10

こちらは、雲仙市の市長さん。いつか新聞で、雲仙で結婚するか?婚姻届けをだせば?なんとか、かんとか、(詳しくは既婚者には関係ないので忘れましたが)と出ていたようですが、雲仙市からの「結婚証明」と「結婚届記念証」。


Photo_11 Photo_12

愛野小学校合唱クラブから、「あいのん」のイメージソング「らぶらぶ あいのん」の歌のご披露。写真を撮ろうと思ったら、「あいのん」、邪魔。その後、愛野中音楽部の演奏も。

2_3 Photo_13

なんか、あいのんが新婦みたい。

3

例によって、偽神父(島原鉄道の社長さん)からのお話。
あいのんも、中の人は蒸れて大変だったでしょう。後ろから写しましたが、二つの穴は、肛門ではありません、通気口です。

Photo_14 Photo_15

新婚夫婦の最初の共同作業というとケーキカットですが、こちらは、風船割です。大きな風船の中に、
右の風船が詰まっていますが・・・・

Dsc_0560 3_2

これを割ると、中の風船が空高く舞上がって、きれいでした。

2_4

もちまきもあり、合唱クラブ、音楽部に送られ出発。


Photo_16 Photo_17

3_3 2_6


Dsc_0633

親子3人仲良く、次の「吾妻駅」会場へ。「愛野(いとしの)」→「吾妻(わがつま)」ですね。吾妻駅でもイベントがあったようです。電車の下に書いてあるイラストは、島原半島各地のキャラクターです。
夜は、小浜町の「フラッとハワイアンフェスティバル」に合流するそうですから、かなりの強行軍になります。

さて、関係ありませんが、報道関係者の取材風景ですが、皆さんの服装、ずんだれてますね。火事、犯罪現場ならわかるのですが、結婚式で時間も分かっているし、仕事なので、せめてもはネクタイは絞めてきて祝って貰いたいものです。
わたくしも、負けずに、ずんだれていましたが・・・

4




« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ