« 2016年1月10日 - 2016年1月16日 | トップページ | 2016年1月24日 - 2016年1月30日 »

2016年1月17日 - 2016年1月23日

2016年1月23日 (土)

新刊「ペコロスの母の贈り物」~岡野雄一著

Img_20160123_0003

昨年12月、「みつえおばあちゃんと僕」が発行されたばかりだったのですが、今

日、本屋さんに行ったら「ペコロスの母の贈り物」が並んでいて、以前の本を並べ

たのかなと思ったら新刊でした。


中身は、週刊朝日連載の62話に新規書き下ろし+未収録作品を加えた88話だ

そうです(注:本書の帯の説明による)。


前にも書いたように、ペコロスさんと私が一つ違い、お父さんと、お母さんも、私

の父母と2,3歳違い。生まれも育ちも長崎市。という事で、何となく共感できる

話です。


今回も、お母さんのみつえさんとペコロスさんの、現実と夢とが交錯していく物語

です。


少し違うのは、いままで、幻想として現れていた、優しい父親の事が少しばかり、

出ているところで、酒乱、ペコロスさんに暴力を振るうところも出てきますが、どう

も、かなりの葛藤があった事を思わせます。


みつえさんも、この酒乱には、かなり苦労した事が描かれています。
ウチの父親

も、暴力こそ振るいませんでしたが、酒乱で、車道の真ん中で、友人と腕相撲を

取ったりしていました。爺様も酒乱の気があり、ドブの中に寝ていたそうです。も

っとも、あの頃はそのような男性が多かったのですが・・・今は、皆さん酒を飲ん

でも上品になりましたが・・・


なお、ペコロスさんのお父さんの事を「父に会う 若き日の、土屋文明
とのやり取

り」と言う事で、本書の中で書いていますが、これは、弟さんがネットで、お父さん

の文章を見つけたとの事で、「土屋文明 岡野覚」で検索すると二つばかり読む

事が出来ます。お父さんは斎藤茂吉の「アララギ」に属していたそうです。


認知症になったみつえさんの前に現れるのは、優しいお父さんで、お母さんもそ

のように話をしていたのですが、「実はそれは、母が、自分を通して父と僕との親

子の関係をやり直させてくれていた、僕のリハビリの時間だったのです。」と書か

れており、ペコロスさんが父親と、ちゃんと向き合う姿勢を持った事が分かりま

す。次回の作品が待たれます。


もちろん今回も読みながら、笑ったり、泣いたりの一日でした。皆さんも是非、ご

読を。私も、やっと親子の繋がりが分かったところですが、少し遅すぎました。



2016年1月22日 (金)

「六兵衛茶屋」~雲仙市千々石町

Photo_3

「ろくべえ」、「六兵衛」。私、長崎市という中途半端な小都市に生まれたので、こ

の料理、食べた事がありませんでした。対馬にも同じ「ろくべえ」があるらしいので

すが、対馬にいた四年間、食した事がありません、何故だったのかな?


千々石に「六兵衛茶屋」という食堂があります。

入口ですが、雰囲気ありますネ。食べるところは左の奥の方です。

Photo_7 Photo_5

何気なく、入口に、米の生産者が書いてありますが、これだけで、こだわりのお店

だと分かります。土産物が置いてありますが、懐かしき、はったい粉、「ろくべえ」

の原料の芋の粉。

Photo_9 Photo_10

メニューです。左が、ランチメニュー。「ランチ六兵衛定食」と「ランチ六ちゃん定

食」があり、「どう違うの?」と聞くと、「六兵衛」は、サツマイモ100%。「六ちゃん」

は、店のオリジナル商品で、六兵衛より癖が少ないという事でした。「六兵衛」

は、つなぎを入れていないので、ブツブツと切れています。多分「六ちゃん」は、つ

なぎが入っているのかな?

Photo_11 2

「ろくべえ」は、サツマイモを薄く切って、乾燥させ、それを粉にしておいて、食べる

時、水とこね合わせ丸めておいて、薄い鉄板、トタン等に穴を開けたもの上に、

し付ければ、ウドンのように出てきます。(下の右の写真)

これを、蒸すか、そのまま沸いたお湯の中に入れて茹であげます。


さて、「六兵衛」の由来ですが、メニューのうらには、「六兵衛とは、今から約220

年前の寛政4年(1792年)の島原普賢岳大噴火により、大飢饉にみまわれた際

島原の名主である六兵衛さんが、考案し作られました。」とあります。


「聞き書き 長崎の食事~農文協刊」には、「昔、島原一帯を襲った天保の大

饉(天保四年)のときに、名主であった六兵衛という人が考え出した保存食だとい

われている。」とあり、何れにしても、「六兵衛」という人が考えた保存食でしょう。

3 Photo_12

私が頼んだ「ランチ六兵衛定食」です。

Photo_15

ご飯は、当日は普通のご飯、わかめご飯、混ぜごはん。六兵衛の他に、ふっくら

卵焼き、ジャガイモの油揚げ、大根と椎茸の煮染め、なんとかお餅、おまけに、ご

飯のお供、柚ミソがついていて、これはおいしく、お土産に売ってあったので買っ

来ました。


食後のコーヒーですね。セルフサービスで無料。忙しい時は提供できないそうで

す。「ポーションは一個10円です」と書いてありましたが、ポーションとはナンデシ

ョウ・・・聞き忘れました。コーヒーの飲み残しは100円。ただし「自己申告で」。何

となく店主さんの人柄が分かります。

Photo_17 Photo_18

昼時か、お客さんが次々とやって来ました。


場所は、千々石町の橘神社から小浜方面へ少しいったところです。田んぼの中

にありますから、すぐに分かります。是非一度、島原の郷土食を味わってみてく

ださい。お味ですか?郷土料理の味で、おいしかったですよ。六兵衛は、ウドンと

も、蕎麦とも違って独特の感触です。


2016年1月21日 (木)

「津軽弁版★憲法第二章第九条第二項」~伊奈かっぺい

Img_20160121_0001 

なんとも素っ気ない表紙ですが、東北のシンガーソングライター・詩人の伊奈か

っぺいさんの本です。長崎では、ほとんど知られていないみたいですが・・・同名

で、CDも出ていますが中身はチト違うようです。2002年(平成14年)発売です

から、約14年前の出版になります。


「でったら」は津軽の方言で、「大きな」という意味です。前書きに、「今から35年

ほど前、大きな消しゴムを買いました。その大きな消ゴムにはー『大きな消しゴム

があれば大きな間違いを消す事が出来る』と印刷されていました。その通りだと

信じていました。『大きな消しゴム』つまり『大(でったら)だ消ゴム』です。


さて、現在、改憲問題が出ていますが第九条の改正に対しても、改正の意見が

段々と出て来ています。


現在、憲法に曲をつけ歌う方もおられるようですが、永六輔さんが、憲法をもっ

と分かりやすく書いたらどうだろう、と言っていた覚えがかすかにあるのですが・・

伊奈かっぺいさんは、その上をいき、方言で、憲法九条を津軽弁(多分)で書い

ています。


憲法第二章は「戦争の放棄」で、第九条第一項と第二項から成り立ちますが、

第二項だけ取り上げると、本文は・・・


「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国

交戦権は、これを認めない。」となっていますが、津軽弁では・・・( )内はルビ

ってありますが、ブログの文章ではルビが振れないので、( )内に書きます。


②(マルニ)斯様(こして)ちゃんと決定(き)めだ事(こど)だんだ由(はで)陸(りぐ)

だろうが海だろうが空コだろうが戦争(いくさ)サ使るんた武器(もの)ァ何んも所持

(も)だねぇ事(ごと)に為(す)べしやツ。

あ・・・忘えれば困(まいね)、由(はで)、もひとつ。

何ぁさて置ぎ、事程(なにが)左様(なんでも)他(ほが)の国ど戦争為(いくさす)

行為(だきゃ)、国民(わ)ぁ片意地(かだくら)に強情(ごじょぱ)てでも堪忍認無

由(カニさねはんで)なツ 念押(たな)ツ

※①②ー

津軽では(全国的にも)マルイチ、マルニと称(い)いますが、山形県人はイチマ

ル、ニマルと称います。片意地(かだくら)なまでに。


という事で、喋るのを長崎県人が聞くと分からないでしょうが、津軽の方には身近

に感じられると思い、憲法、法律、行政用語なども、身近な言葉を使ったほうが

馴染みがあり、ベターではないかと思ったりもします。


ちなみに、憲法九条については、昨日、週刊誌での大橋巨泉さんの事を書きまし

たが、「幸運な国になれなくても憲法九条をもつ『特殊な国』として世界に誇るべ

し」、「日本だけが持って来た最高の宝物は『憲法九条』だったはすだ。」というの

が正論だと思う者です。


お互いの宗教の違い、国の利益等で、きな臭い世界情勢ですが「でったらだ消ゴ

ム」があって、みんな消して、最初からやり直せたらと考えます。


(文引用:「でったらだ消しゴム」~伊奈かっぺい著より)




2016年1月20日 (水)

「有明海の塩珈琲」はいかが?~島原市大手原町★きた田物産

Photo_2

「塩珈琲」といっても、砂糖の代わりに塩を入れる、というわけではありません。


思えばその昔、私が若かりし頃、彼女と喫茶店に入り、砂糖を入れ飲んだら変な

味。ウェイトレスさんを呼んで、「味が変だよ」、「あ!又やったな」、「何を?」、「高

校生が、砂糖の中に塩を混ぜていくのがいるんですよ」と(悪い子の皆さんは真

似をしないように)。それで「塩珈琲」と聞いた途端、どんな味かなと思って、買っ

て来ました。


実をいえば、ここのお店屋さんの副社長さんが、美女、年齢不詳、以前紹介し

た、「島原親善人形の会」、「島原子ども狂言」のお世話をしており、私も少し知り

合いのため、どんなものかと病院の帰りに寄ったものです。


背の低い方が普通のレギュラーコーヒー、背の高い方がドリップコーヒー。ドリッ

プコーヒーは、五袋入り、一つ一つアルミの袋に入っています。

Photo_3

で、話を聞くと、他にも「平成新山雲仙溶岩焙煎珈琲」などもあり、コーヒーを焙煎

する時、平成新山・雲仙の溶岩を使うそうで・・・

Photo_4 Photo_5

塩珈琲は、有明海の海水で精製した塩を平成新山と雲仙岳の溶岩に塗布して、

遠赤外線の輻射熱で、低温焙煎をするそうです。


それで、思い出したのが、スコッチモルトウィスキー。ウィスキーは最初大麦を水

に浸し、発芽をさせますが、これが発芽し過ぎるとウィスキーとなるべき糖分が失

われてしまいます。


そこで、発芽を止めるためフロアの上に広げ(簀の子状)、下の部屋でピート(泥

炭)を焚いて発芽を止め、このピートの燻蒸がスコッチ独特のスモーキーフレー

バーになるわけです。


が、コーヒーの焙煎方法とは随分違ってますから、どうなのかと思って飲んでみ

たら・・・

ドリップコーヒーの後の説明に、「ミネラルたっぷりのまろやかな珈琲は、後味に

やわらかく塩味を感じる酸味やクセのない仕上がりです。少量の砂糖で塩と旨味

が響きあい、やさしい甘さの珈琲をお楽しみいただけます。」と書いてあり、目を

閉じ、ゆったりと飲むと有明海の潮の香りが・・・敏感な方には分かるでしょう・・・

そうで無い方には・・・

なお、パッケーッジ、包装の絵は、画家、版画家の小崎侃さんの作品です。


皆さんのお近くのお店屋さんには置いて無いと思いますが、通販をしていますか

ら、「島原きた田(北田)」とか、「島原塩コーヒー」あたりで検索すると分かると思

います。


店内です。囲炉まであって、多分、お客さんが買った物を包装する時間に待つと

ころでしょう。私も、ここでお茶と、お菓子が置いてあったので、ご馳走になってき

ました。いつもですが・・・

Photo_6 Photo_7

ところで、単に「塩コーヒー」で検索すると、本当に、コーヒーに塩を入れて飲む

人、意外と多いんですね。


(参考・引用:「モルトウィスキー大全」~土屋守著より)




2016年1月19日 (火)

「島根自虐伝」~島根勝手に応援会著

Img_20160119_0001

タレントの「はなわ」さんが昔作った歌に、「佐賀県」というのがあり、3番目の歌

詞が、「県にはそれぞれすばらしい/キャッチコピーがあるんだ/埼玉の場合は

『彩の国埼玉』/沖縄の場合は/『行こうよおいでよ沖縄県』/なのに佐賀の場合

は/『さがをさがそう!』/佐賀県の人間とってもネガティブラー」


佐賀県は「さがをさがそう!」ですが、日本地図を頭に描いて、島根県、どこにあ

るかご存じですか?

Img_20160119_0002_2

○印のところに、解説が申し分けなさそうに書いてあります。


これ、「マイナビスチューデント調べ・2015」となっていますが、gooランキングに

ありました。「実はどこにあるかわからない都道府県ランキング」。第1位が「島

県」、ついで「福井県」、「栃木県」、「佐賀県」が8位、ちなみに我が「長崎県」は

27位となんとも微妙な位置。


■しんかんせんがとまりません

昭和48年、山陰新幹線と中国横断新幹線の「基本計画」が決定されているみた

いですが、その後具体的な進展がないそうです。

長崎は、必ず止まります。それ以上行くと海に落ちるからです。もっとも、技術的

な問題で期限までに運行できるか分かりませんが。


■お昼に、まだ「いいとも!」と言っている。

■「今でしょう!」がいまだに流行らない。

■きっぷは箱に入れて出るだけ、ある意味、自動改札機。


■クラス写真じゃありません。全校生徒です。

■クラス対抗戦とかしてみたい。

30数年前、長崎の離島の小学校では、1年~6年まで全員出て、サッカーが

来ませんでした。


■バラといえば、花よりパン。

■他県の法事では、パンを配らないって本当ですか?

島根県には「バラパン」というのがあって、有名らしいなのですが、ネットで見ると

綺麗なパンで、通販で買おうと思っても、通販はやっておりませんでした。

なお、法事では本当に「パン」を配っているそうです。これもネットで「法事パン」で

調べると、出ています。


■けもの道の方が、往来が盛ん。

イノシシ、タヌキ、ツキノワグマ、ニホンザルが出てくるそうですが、こちらでも、イ

ノシシ、タヌキ、ニホンザルは出没します。私もすれ違いました。さすがに、ツキノ

ワグマは出ませんが。


■島根って鳥取のどこら辺?ってきかれた。

■いいえ、砂丘はありません。

ん~、私の頭でも、島根と鳥取の位置がよく分かりません。


■定休日じゃないんです。人がいないだけです。

■日本一の美肌県だけど、披露する相手がいない。

PAULA APEXで「美肌グランプリ」を行っているようですが、島根県4連覇です。

長崎は35位、これまた微妙な位置で、佐賀県40位には勝ちました。


と、まあ書いてありますが、島根県といえば、出雲大社があり、神話でも有名な

所ですが・・・

■県名より、出雲大社の方が有名。

「出雲大社の参拝者に『島根は行ったことない』と言った人が実際にいました。」

■また、庭から遺跡が出て来た。

■駅、徒歩古墳。

■古事記のロケ地です。


なお、石見銀山という世界遺産もあるのですが、どうして鳥取県は、存在感がな

いのでしょう?


と、まだまだ話はあるんですが、あとは本をお買い求めの上、お楽しみを。感想

として、「島根自虐伝」というより、「島根自虐愛」ですね。






2016年1月18日 (月)

病院帰りの「週刊誌」

Img_20160118_0001_2 Img_20160118_0002

先日書いたように、昨年暮れより不整脈が頻発し、かかりつけのお医者さんか

ら、カテーテルアブレーションの話を聞いていたので、「やりましょうか?」とお願い

したら、総合病院を紹介され、朝から病院へ。


今日は、問診程度で、心臓に他の病状がなければOK。他の症状があればNG。

という事で、改めて検査をし検討をするとか。で、手術は5日ほど入院すれば良

く、90パーセントが完治するとか。この病気(心房細動)については、該当する方

もおられると思いますので、医者の目ではなく、素人の患者の目で見た事をその

都度報告してみたいと思います。


で、今日はいつもの週刊誌が並んでいたので「病院帰りの『週刊誌』」。

■「暴騰する日本株 これからが本番だ」

■「2016『世界経済大異変』に備えよ 日本株大暴落のXデーは3・16」

はやり、ライバル誌ですね。この2冊どちらが正しいか、この号、来年まで保存。


■「仲居がビビってキムタクが筋を通した SMAP分裂騒動『全内幕』」

この数日、SMAP解散の報道が流れていますが、マネージャーに関わる問題み

たいですが、SMAPは私より良い男ばかりで、女にもてて嫌いなので、これはこ

こでパス。


■「血税1兆円をドブにすてた『住期ネット』 元祖マイナンバー」

マイナンバー制度が始まりましたが、数年前、家族全員宛、住基カードが来まし

た。あれ、どこに置いたんでしょう?なお、「昨年12月22日、住基基本台帳ネ

ットワーク(住期ネット)の更新手続きが誰に顧みられる事もなく終了した。」そう

す。要するに、住時ネットに関わる経費(税金)がドブに棄てられたという事で

す。

なお、行政とITの取材に携わっていた、ジャーナリストの佃氏が、住期ネットに批

的な記事を書き、総務省の担当者に呼び出され、「頭ごなしに批判するのは

どうかと思う。」といわれ、佃氏、「・・・・・『そんなにいい制度なら、当然あなた方

は全員住基カードを持っているんでしょうね』と聞いたら、室長以下、その場にい

た担当者が誰一人として持っていなかった」ということで、落語のマクラにも使え

ません。

「でも間違いは認めない」、「天下り組織は温存」、「責任は誰もとらない」。お近く

のどこかの国みたい。


■「2016阿倍の考え『消費税増税は延期⇒衆参ダブル選挙』

TV報道で、これからの日程をみていると、どうも可能性が大きいような。

これに関連して、「自民党から松下奈緒出馬の”もっともらし根拠”」、「なでしこ

か滝クリか自民党が『強い女』をほしがる理由。」

議席が多くなればそれで良い、と思っているのでしょうが、18歳からの新有権者

がどう評価するか、楽しみです。


■「NHK理事会のウラ議事録入手!」

籾井会長話題になりましたが、「子飼いだと信じていた理事たちにも見限られ、

いよいよ『裸の王様』となりつつある籾井氏。」という事で、任期満了まであと1年

で、次は誰になるのやら、誰かさんのお気に入りにならなければ良いのですが。


■「金正恩はまもなく殺される」

この手の記事は何回も出ましたが、どうも思い通りにならないような・・・・


■「73歳女性市議VS66歳男性市議 対馬のセクハラ騒動 『俺はブラは外し

 て』ない!」

お恥ずかしい話ですが、長崎の話です。したのしないのと争って裁判になりそ

うですが、73歳と66歳ですね。新聞記事を読んだ時には、「ソレ本当」と思いま

したが・・・


■「ベンチャー続々参入で『葬式革命』が始まった」

肉親が亡くなった時、悲しみで葬式どころではないのですが、やはり挙げなけれ

ばならないのが葬式。で、この時は普通の方なら、葬式代を計算するところでは

なく、大体、葬儀社等の勧める通りにするでしょうが、これが、不透明な部分が多

い会社が多いみたいで、「イオン」の参入、「ユニクエスト・オンライン」が運営する

「小さなお葬式」を開始。

たぶん、樹木葬とか、散骨とかも流行っており、田舎では無縁墓も増え、葬儀の

形式も段々と変わっていくでしょう。


■「子孫が明かす『真田丸の真実』」

松代14代当主・真田幸俊氏×徳川宗家・徳川家広氏の対談とあって、興味のあ

る方には面白い話が載っています。


■「宍戸錠伝説 1336人を抱いた男」

まだ生きていると思ったら、82歳ですね。「85歳までに子供を作って90歳であ

の世へ逝くぜ!」って、凄いパワー。

「ただ、1位のアメリカ監督、ウレンス・ベイティ(78)の1万2775人、2位で俳優

のチャーリー・シーン(50)の5000人」だそうです。私ですか・・(´・ω・`)ショボーン


■「死ぬまでS●X」

には、加藤鷹(元A●男優)9000人超、愛花(セ●●スカウンセラー)2万人以

上、溜池ゴロー(●V監督)500人、森林原人(●V男優)8000人、・・・と、まあ、

驚く数字が並んでいますが、「飲んだビールが五万本」という歌もありますから。


さて、近ごろ、この方面の話に興味が無くなり、飲んでいる前立腺
の薬を調べて

ると、「男性ホルモンの影響を低減させる・・・」、副作用として、「●欲減退、●

起力低下」とあり、どうりで近ごろ美女から言い寄られても、心ときめくことが無く

なりました。

ただ、秋吉久美子さんの19歳の時の未発表ヌード。カワユイですよ。




« 2016年1月10日 - 2016年1月16日 | トップページ | 2016年1月24日 - 2016年1月30日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ