« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

2016年1月10日 - 2016年1月16日

2016年1月16日 (土)

「iPhone6S」保護ガラスの張り替え~今日のお仕事

Photo

なんと言いますか、歳のせいか年末より調子が悪く、持病の心臓病で少し動く

と、不整脈、動悸、心拍数の上昇と、どうしようもなく臥せっているところですが・・


iPhone6Sを買った時、液晶画面の保護フィルムを貼ったのですが、どうにも指

になじます、強化ガラスの物に変えたのですが、これが全面保護ではなく、液晶

面のみの保護。おまけに、ラウンドエッジではなく、いつかヒビが入るなと思って

いたら、案の定。赤丸の所、ヒビが入りました。液晶画面ギリギリで、ラウンドエッ

ジでは無い事が分かると思います。

Photo_2

という事で、臥せってばかりいてもしかたがないので、先日頼んでおいた、保護

ガラスを張る事に・・・


選んだのは、Amazonから。条件は強化ガラスで、
全面保護のもの。ただ、iPho

ne6Sは端がRになっており、微妙な所があり、カスタマーレビューと値段を参考

に、マイクロソリューションから販売された物を購入。


値段も、千円台で、エッジの部分がシリコンになっており、これなら何かに引っか

けても、ひび割れはないかなと。


ただ、気になるのが、出品者からの、「商品の仕様」のところ。

「・・・はりつけに自信の無い方、事前にご依頼下さい。※器用な方でも、はり付け

に失敗する方もいます。(遠慮無くはり付けサービスにご相談ください。)」、という

事はそんなに難しいのか、と思いつつも注文。


到着した保護ガラスと梱包品で、マイクロファイバークロス、ごみ取りシールが2

枚。貼り付け方が書いてある紙が1枚、何やら英語で書いてある紙が1枚。普

通、液晶面を拭くアルコールを含ませた紙などが付いているのですが、これは無

し。自分で無水エタノールを持っているので、これにて、液晶をキレイキレイに。

Photo_4 Photo_5

これから、貼るところになるのですが、写真を撮りながらでは貼れないので、こ

部分はカット。とにかく、迅速が勝負です。


ただ、今回は小さなゴミがはいって、その度剥がしては、セロテープで除去。3回

ほど剥がして貼り直しました。2ヵ所ばかり小さなゴミが入りましたが、画面には

影響がない程度などで、これでOKとしました。あと、ケースを取り付けた時、保

護ガラスと干渉(触れ合って、浮き上がるなどの影響)が無いかですが、これも

OK。ケースによっては干渉する物があるそうです。

Photo_8

今日の反省です。保護ガラス(フィルム)を貼る時の敵は、空中に浮いているゴミ

です。特に、着ている服から、落ちて来ます。ですから、張り替える時は、暖かく

なってからで、上半身は裸(下半身は脱がなくてもOK、好みですが・・・)で、作業

をした方が良いみたいです。冬は着る物が多く、また、暖房機から風が来て、ゴ

ミが一緒に飛んで来ますから、冬は避けた方がベターです。


なお、風呂場がゴミが少なくて良いという方もいますが、プロによれば、液晶画面

とフィルムの間に水分が入る恐れがあり、避けた方が良いと言う事でした。

という事で、本日のお仕事は無事終了。





2016年1月15日 (金)

「ミミズ・フライの食べ方」~トマス・ロックウェル著

Img_20160115_0001_2

さて、皆さんはミミズを食べた事がありますか?昨日、ダーウィンのミミズの事を

書きましたが、なにか、ミミズの面白い本がないかと調べているとありました。


登場人物は、ビリー、トム、アラン、ジョー。小さい時からの仲間。ひょんなことか

ら、ビリーとアランは賭をします。ミミズを食べる事が出来るかどうか?お互いに

五十ドルをかけますが、トムはビリー側に、ジョーはアラン側につきます。


条件は、毎日一匹づつ15日間食べる事。ただし、ゆでても、煮ても、フライなど

にしても、OK。ただし、ミミズを選ぶのは、アランとジョー。1日目に持って来たの

が、なんと「大ミミズ」。


トムが、ケチャップとからしをかけ、塩とコショウをふり、わざびをつけ、レモン汁を

かけ、ビリーに食べさせます。そのうち、シナモン・シュガー、チーズ、クラッカー

を入れて無事1日目の終了。


これが、15日続きますが、途中。アランとジョーは形勢が悪いとみると、いろいろ

な手段を取って、妨害作戦に出ますが、果たして15日間乗り切れるのか・・・な

お、緊急のとき、生のミミズを食べる場面が2回ほどあります。


さて、話は少し本とはそれますが、おかあさんがビリーがミミズを食べているのを

って驚きますが、ビリーは、「母さんはウナギを食べたことがあるだろう。去年

の夏、ロングアイランドでウナギを食べたよね。こっちのほうがずっと小さいよ。ど

っちもおなじさ」


今でこそ世界中、日本食が定着していますが、この本が出版されたのが1973

年(昭和48年)。多分、この頃は日本食も良く知られてなく、寿司は寿司飯の上

に魚を載せて食べると聞いた外人さん、寿司飯の上に、丸のままの魚を載せ

た状態を想像したそうで、ウナギも、このころ、まだ気持ち悪い物として思われ

ていたのでしょう


食の材料は各国、地方によっても違い、タランチュラ、サソリ、ツバメの巣のスー

プ等々。前にも書いたとおり、開高健氏によると、蚊のメダマのスープもあるそう

です(蝙蝠が蚊を食べて、蚊の目玉だけ消化されず、糞に混ざって排出され、そ

を集めスープにする)。


が、私が東京に出てスーパーにいくと、イナゴの佃煮が売ってあり、これにはビッ

クリというか、カルチャーショックでした。長崎の人間は絶体に食べません。関東

の人間は残酷だと思ったのは事実です。


ミミズを食べる事については、YouTubeに画像がありますのでご覧下さい。投稿

者で、「心配していたミミズの味自体がかなりよかった。食感は劣化した輪ゴムみ

たいだけど、味は鶏肉に近かった」と書かれている方もおり、まずい、という方も

おり、これはミミズの処理をきちんとしているかどうかでしょう。ミミズの中には土

なども入っており、味が良かったという方は、きちんと処理をしています。


なお、俳句の秋の季語で、「蚯蚓(ミミズ)鳴く」というのがあり

蚯蚓鳴く六波羅密寺しんのやみ   川端茅舎

駅前の蚯蚓鳴くこと市史にあり    高山れおな

苦の娑婆に蚯蚓は泥を吐いて鳴く  深谷雄大

蚯蚓鳴く追伸に二行書きたしぬ    久行保徳

というような、しみじみとした句があります。ミミズの鳴き声はありませんが、それ

が聞こえるという、日本人の優れた感性でしょう。


最後に、この本のエピローグにこう書いてあります。

「ビリーは頭をかいた。お医者さんもしらないことって、なにかあると思う?ミミズ

にはまってやめられないなんて、ぼくが世界で最初かな?」


皆さんもミミズ料理に取り組んでは如何でしょう?ミミズが手に入らない方は、釣

具屋さんに売ってあります。ミミズのミート・スパゲティなんて、おいしそう restaurant


(参考・文引用:「ミミズ・フライの食べ方」「現代俳句協会(ネット)」、YouTube)




2016年1月14日 (木)

ダーウィンとミミズ

Img_20160114_0001_2 Img_20160114_0002_2

「種の起源」を書き、進化論で有名なダーウィンの最後の著作が、「ミミズの作用

による肥沃土の形成とミミズの習性の観察」。


日本語訳で、「ミミズと土」。この本、お近くの図書館には置いてないので、読ん

ではいませんが・・・

51nr8yc08gl_sx326_bo1204203200_1_3

ダーウィンは28歳の時から、途中、中断をしますが、亡くなるまでミミズの研究と

観察をしたそうです。


きっかけは、おじの家の牧草地に連れて行かれた時、「何年も
前に地面にまか

れた炭殻やレンガのかけらが、今では芝の下7~8センチの地中に埋もれている

ところを見せた。ミミズが糞を積み上げたせいで、長年のうちに、ここまで深く埋

没したのだとおじはいう。」という事だったそうです。


普通、ミミズというと釣りの餌か、ミミズが沢山いるから畑が肥えている。という程

度しか考えず、ミミズに頬ずりするほど可愛いと思う人は、まずいないでしょう。


「ダーウィンのミミズの研究は」、ダーウィンがどんな風にミミズを観察し、研究し

ていったかを書いていますが、作者は、なんとダーウィンが研究をした牧草地ま

で行って、実際に掘ったそうです。絵本ですが、少し大きな理科好きの子供な

味を持つと思います。


「ミミズの話」は、ダーウィンの話を紹介しながら、ミミズの生態、種類(なんと1メ

ートルのミミズもいるそうです)、外来種のミミズが森林に被害をもたらしたこと、

ユリの花の香の体腔液を持つミミズ等も書きながら、将来ミミズの商品化、家畜

の蓄糞処理、下水処理、環境浄化へのミミズの利用も紹介をしています。


が、作者は家庭菜園をやっており、「ミミズコンポスト」でミミズを飼って利用して

いますが、家庭菜園家としての目でミミズをよく観察しています。家庭菜園をして

いる方は、この本読めば、目からウロコでしょう。


なお、「ミミズコンポスト」は市販もあるようですが、ネットで検索すると自作の方

法がたくさん書いてあります。興味ある方は取り組みを。


私の家庭菜園も、ミカン畑だったところで、最初は掘るとミミズがイヤになるほど

出てきたのですが、だんだん少なくなってきたので、検討を考えています。ただ、

カミサンがですね、あれ見ると・・・


この本を読むと、木や花や草を見た時、その土の下にミミズがいる事を意識する

と思います。ネコや犬より、ミミズの方をペットにしようかな、と考えるでしょう。

ミミズは地球を救う!というのが感想でした。


(参考・文引用:「ダーウィンのミミズの研究」「ミミズの話」)








2016年1月13日 (水)

「福石様の祠」~雲仙市千々石町

Photo_10

毎度おなじみの福石様です。


左の矢印が恵比須様、いわれをザッと書けば、漁師の網に恵比須様に似た石が

っかかり、この大石の上に祀っていたそうです。

ある時、大津波が押し寄せ、恵比須様が海の中に落ちた途端、波が静まったそ

です。皆で元のところに祀って、「福石様の恵比須様」と名付けという事です。


前に、〆縄を十数年ぶりに張った事を書きましたが、今回は、右の赤○の祠の

事。この祠のいわれは、地元の人も知る人はなく、かろうじて、「八大竜王」と聞

いていたとの話。


〆縄を張る時、祠に苔がこびりついているからと、綺麗にしたら、

Photo_11 Photo_12

赤○印の所、字が書いてあるんですね。で、字を読もうと思っても、滑りやすい岩

の上、おじさん、体のバランスが悪くなって、落っこちたら大変ですから、写真で

撮る事に。裏、横には何も彫ってありません。

2_2 Photo_13

ただ、太陽の光線の加減でなかなか見えにくく、一週間ばかり通ってやっと読め

る程度に撮れ、ハッキリと文字が刻んである所だけをたどっていくと

Photo_14

何となく、分かる感じ、自信がないところは(?)を付けています。


右側は、「奉建造(?)福石辨財天」、左側は、「願主(?)千々岩(?)村(?)中

(?)」だと思います。


中の模様は、丸い円の中に文字が書き込まれていますが、多分、梵字だと思い

ます。ただ、辨財天をあらわす梵字は左で、どうにも似ていないようで、祠に刻ま

れている文字に似ているのを捜すと右の文字ですが、これは、弥勒菩薩をあら

わす梵字ですが、福石様とは関係ないような・・・梵字をご存じの方は、コメント欄

にてお教えください。なお、梵字の下の模様は多分、ハスを表現したものだと思

います。

Tattoo_so1501 9e908e9a81e90d489d41_2

さて、話変わって、犬も歩けば棒に当たる、私が歩けば美女にあたるの喩え通

り、「島原半島大概様子書」という文書があり、島原領の各村々の様子が書かれ

たもので、宝永四年(1707年・309年前です)に完成し、その後、度々改正され

たものを読んでいると、千々石村の事も書いてあり、これは、「文政六末改

(1823年・193年前)」としてあり、例えば、「一、家數千貳百五拾八件 人数

(男三千六拾壹人女貳千九百貳拾壹人) 牛六拾三疋馬七百拾四疋・・・一、鉄

砲 拾三挺(拾壹挺威筒三挺猟師筒)・・・」というようなことが書いてあり、最後の

所に、「一、船津名浜辺に大石有り福石と申此上に小さき石の禿倉内に梵字有」

とあり、この石祠、建て替えていなければ、少なくとも200年以上前の物だと思

われます。


さて、悩んだのが、「禿倉」。「はげくら」と読むのか、「かむろくら」と読むのか?

調べてみたら、PHP新書、「神社の由来が分かる小辞典」、「天神信仰」の所に、

「天慶五(942)年七月、多治比奇子(たじひのあやこ)という少女が天神の託宣

を受けて私宅に、その霊を祭る禿倉(注:「ほくら」のルビ有り)(小さな神社、ほこ

ら)を構えた。・・・」とあり、「禿倉」は「ほくら」と読み「小さな祠」のことである、とい

うことで、今回は勉強になりました。之にて一件落着。梵字を除いてですが、で

も、なんと読むのでしょう?






2016年1月12日 (火)

「妖女伝説」~星野之宣著

Img_20160112_0002 Img_20160112_0001

星野之宣氏は現在、ビッグコミックで、「レインマン」を連載中。


この作者の本は、雑誌で時々読みましたが、あまり興味が持てず、というところ

でしたが、この「レインマン」、主人公は「脳」のない男で、周囲に起こる超常現象

に巻き込まれ、これを解決すべく取り組んでいきます。


読んでいくとなかなか面白く、本屋さんへ行ったら、上の本が平積みで置いてあ

り、買って来ましたが、段々少なくなっていき、昨日は残部部数0でした。好きな

人が多いのかな?


さて、「妖女伝説1」は短編集で、月面探索に乗り組んだ、「ドクターサカキ」と「か

ぐや姫」の関係の「月夢」。

「ローレライ伝説」と「ヒットラー」の関係の「ローレライの歌」。

エーゲ海に沈む遺跡を引き上げる、アスパシアという女性と、日本から訪れた、

時子という女性の「メドゥサの首」。

あと、キリが無いので文楽、「道城寺」に関わる「日高川」。「吸血鬼」を取り扱った

「カミーラの長い眠り」。南極(?)基地と雪女の「挽歌」。ラスプーチン、アラビア

のローレンス、ドイツのスパイのマタハリ、そしてラスプーチンが持つロマノフ文

書、これが何とタイタニック号に乗り合わせる「歴史は夜作られる」。

ルネッサンス末期のボルジニア家、同時期、女傑として知られる、カテリーナ・ス

フォルツァ、レオナルド・ダ・ビンチ。そして、ボルジニア家に隠された毒薬カンタ

レッタ。ローマを中心として起こる疫病。はたして、その関係は・・・「ボルジニア家

の毒薬」。


「妖女伝説2」では、エジプト最後の王家を継ぐ、クレオパトラ七世の物語。

ご存じのように、クレオパトラは自死しますが、本の物語では、転生の法「バア転

生の秘法」をかけられ、サロメ、パルミアの女王ゼノビアと転生をしながら、ロー

マへの復讐を狙うのですが・・・あと、どんでん返しがありますが。


さて、こうして見ると、そんなバカな~、という声が聞こえますが、星野氏の描写

力で、リアリティーがあり、ひょっとしたら、ありかなとも思わせます。こういう力強

い漫画、どうかした小説より面白いですよ。





2016年1月11日 (月)

2016 今年の絵馬&鏡開き~千々石町橘神社

Photo

正月も大体落ち着き、いつもの絵馬でも見にいこうと思ったら、意外と参拝客が

多く、という状況でした。

絵馬も世相を反映するのか、昨年までは就活関係が多かったのですが、今年は

例年より少ないと感じた次第です。


さて、こんなの良いですね。「笑お」!「スタイリスト」も正月らしく、元気の良い文

字。

Photo_3 Photo_4

もちろん、入学合格の祈願は例年通り。

Photo_5 2_2

右は、橘神社横の千々石中学校3年生の先生たちから、多分全員合格でしょう。

4_2 3

お父さん、お母さんも心配なら、ジジ、ババも心配。

2_4  Photo_6

毎年の恋人が欲しいの絵馬。私も覚えがありますが・・・経験から言うと・・・×

Photo_7 2_5

漫画家志望ですが、右の人の絵、ウマイですね。

Photo_8 2_6

子供の絵馬で。「やる気が出ますように」は分かりますが、「ガチャでレアなのが

出ますように」ってなんでしょう?

右は、なわとび、べんきょう、すもう、ラグビー、さかだち、さかあがりと、神様だっ

て忙しいんだから、願い事は一つにしてよ。

Photo_10 Photo_11

友だち同士でしょうが、「嵐」って、そんなに人気あるんですか?

「のんべんだらりとした生活を」、「楽な人生が過ごせますように」ってなに。人生

は甘いもんじゃないんだよ。「ばれませんように」って何?神罰が当たるよ。

Photo_12 Photo_14

お二人とも心が広く、「安寧」なんて漢字を書けるのは、ご年配の方かな。「ここ

の絵馬全ての長いが叶いますように」。良い願いですね。

Photo_15 Photo_16

さて、境内では今日は鏡びらきで、昨年、20㎏搗(つ)いて作った、鏡餅の鏡開

き。

3_3

餅は食い放題で、砂糖醤油のタレがおいてありましたが、どこかみたいに、二度

漬ダメよ、なんてケチなことは言わないで、五度漬け、六度漬けで、昼食代わり

食してきました。

はやり、お餅はガスで焼くより、焚き火の残り火で焼くのが、一番おいしいく、しか

も、社にお供えした縁起物のお餅です。

Photo_17 2_7







« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ