« 2016年2月28日 - 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »

2016年3月6日 - 2016年3月12日

2016年3月12日 (土)

温泉神社屋根の「狛犬」と「桃の実」~雲仙市千々石町温泉神社

Photo

いつもお馴染みの千々石町の氏神様「温泉神社」です。


某日、ここを掃除している女性の方がおられ、女性といえば声を掛けるの
が、私

の病気で、リハビリがてら掃除をしておられるとか。で、話をしていると、意外に歴

史等に詳しく、私が、神社の裏に狛犬のようなのがあるということで、見にいくと、

「これ、下が屋根瓦じゃないですか?神社の屋根に『桃』はあるのですが」

Photo_3 2

という事で、二人で見にいくと、「あら、狛犬が」という事で、女性の方は「狛犬」の

方には気付かなかったみたいで・・・一番上の写真の下の○の所。

立派な「狛犬」さん。

Photo_6 2_3

上の○印は、「桃」。てっきり、ただの飾り物だと思っていたのですが・・・何でも、

良く見ることが必要ですね。

Photo_7 3

桃と言えば、中国では邪気を祓い、不良長寿の果実であり、日本の「古事記」に

もイザナギノミコトが黄泉比良坂(よもつひらさか)で、追ってくる悪霊に桃を投げ

つけ逃げ延びたことが書いてあります。「黄泉比良坂の坂本に到るときに、其の

坂本に在る桃子(もものみ)三箇を取り持ち撃てば、悉く扳(ひき)返りぬ。」

また、桃太郎とか、桃の節句などに、昔話、目出度い行事に関わりを持っていま

す。


さて、ここの神社の屋根については、明治8年の「神社明細帳」では、

Photo_8

上のようの、茅葺きになっていますが、「千々石郷土誌」によれば「社殿は大正

十二年十二月火災によって焼失したのでその後改築した。」とあり、下が昭和3

年、昭和御大典祝の時の写真で、この時には瓦葺きで、屋根の狛犬が、かすか

に分かると思います。「桃」はハッキリしません。

Photo_9

なお、先に書いたように神社裏に、古い瓦が廃棄されている事をみると、再度屋

根を葺き替えたという事が伺えますが、前の瓦に狛犬があるので、それを継承し

たのもだと思うのですが・・・


なお、瓦の細工については、地元に瓦屋さんがあり、表の方に

Photo_10 2_5

このような細工ものがあり、ひょっとしたら、ここの瓦屋さんが作ったのではない

かと思ったのですが、確認はできませんでした。


なお、他の神社も見て回ったのですが、

4 Photo_11

というような感じで、どこの屋根の上にも「狛犬」と「桃」はありませんでした。ま

た、「島原半島の神社を訪ねて~林田秀晴著」に、各神社の写真が載せてありま

したが、写真で見たかぎり、はやり「狛犬」と「桃」は見当たりませんでした。

でも、誰が何のために、「狛犬」と「桃」を考えたのでしょう。



2016年3月11日 (金)

「囲碁」★人間vsコンピューター~これからどうなるコンピューター 

Img_20160311_0003

とにかく、ビックリしました。


チェスでコンピューターと人間が対戦したのが1996年。伝説のチェスチャンピオ

ン、ガルリ・カスバロフ。相手はIBMコンピューターのディープ・ブルー。この時は

カスバロフが3勝1敗2引き分け。翌1997年はディープ・ブルーの2勝1敗3引き

分けで、コンピューターの勝利。


将棋界においては、昨年の第4回の「電王戦」において、やっと棋士側が3勝2敗

で勝利することができました。


チェスはマス目が8×8=64、将棋は9×9=81。チェスは相手の駒を取って

も、使えませんが、将棋は相手の駒を取ると、その駒を自分の駒として使える事

ができ、それだけソフトのプログラミングが複雑になるわけです。両方とも、相手

の王を取れば勝ちとなります。


これに比べ、囲碁は19×19=324の目があり、将棋、チェスに比べれば、かな

り盤面が広く、ルールも、簡単に言えば陣取り合戦で、お互いの石を戦わせつつ

自分の地を広く取った方が勝ちになりますが、自分の石が取られそうになって

も、「そっち上げるから、こちら僕貰うよ」と、非常に大局観が必要となり、コンピュ

ーターが人間に勝てるのは20年ばかりかかるかな、と言われていたのですが、

早くも危うい状況。


棋士は韓国人のトップクラスのプロ棋士、李世ドル(石の下に
乙、私のパソコンで

は出ません)、相手は米グーグル傘下の人工知能開発ベンチャー「ディープマイ

ンド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」。李棋士については→こちらを参照

5戦を戦うそうですが、李棋士の2連敗。あとがありません。


以前、私も少々碁をやっていて、囲碁のソフトを買ってみたら、弱いこと弱いこと。

これじゃ、囲碁ソフトは無理だなと思っていたら、今日の記事。まさに、ぎょぎょぎ

ょと言うか、じぇじぇじぇと言うか、ビックリポンと言うか、晴天の霹靂でした。李棋

士にはあと3戦あるので、勝ってもらいたいものです。


さて、ここに2冊の本があります。

Img_20160311_0001 Img_20160311_0002

「ロボットは東大に入れるか」は、まだ開発中のものであり、「全国センター模

試」の世界史B、日本史B、日本史B、政治・経済・国語(現代文・古文)、英語、

物理Ⅰ、数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学Bの解答の結果を、代々木ゼミナールの

先生が概評していますが、「東京大学合格には、センターは9割くらい欲しいとこ

ろですので、まだまだ勉強がたりません。」「東ロボくんの得点率は26,0パーセ

ントで、あまり出来はよくありませんでした。」「数学Ⅱ・Bは得点率が41パーセン

トで、出来はあまりよくありませんでした。」とか、まだまだみたいです。


「人工知能」はカバーに書いてあるように、「人類最悪にして最後の発明」というこ

とで、「最初に作られる賢い機械、およびそれに続いて作られる人間より賢い機

械は、最終的に我々の生活と融合することはなく、逆に我々を征服するというの

が本書の主張だ。」という厳しい観点から書かれています。


考えれば、人間がやることをロボットがやるようになり、株の取引もコンピュータ

ーで、コンマ何秒でおこなっており、まさに、人間が征服されているような感じがし

ます。デスクワークでは、PC無しでは考えられなくなりました。


「ロボット」というと、アイザック・アシモフの「われはロボット」に、ご存じの「ロボット

工学の三原則」というのがあり、第一条に「ロボットは人間に危害を加えてはなら

ない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならな

い。」というのがありますが、今や戦場において、人工知能を持ったロボットが敵

か味方を見分け攻撃する時代。「ロボット工学の三原則」は昔の話になりました。


コンピューター、ロボットが人類にバラ色の世界をもたらすか、人間世界を滅ぼし

ていくか、要は開発者の考えでどうなるかなのですが、見えない未来です。


(参考・文引用:「長崎新聞」「ロボットは東大に入れるか~新井紀子」「人工知能

 ~ジェイムス・バラット」、ウィキペディアより)




2016年3月10日 (木)

光陰矢の如し「週刊誌」

Img_20160310_0001 Img_20160310_0003

歳を取ると時間が早く過ぎると言いますが、昨日本屋さんを覗くと、いつもの週刊

誌の新しいのが並んでおりまして、本当に「光陰矢の如し『週刊誌』」であります。


■「税金、けしからん」

「一生のうちに取られる金額は5000万円以上 そして、こんなに無駄使いされ

ている」「『天引き』の額、ご存じですか」「ああ、止まらない『無駄使い』」「『公務員

天国』その財源は税金です」「あの一等地にも『公務員宿舎』がある」

サラリーマンの方、給与明細はあまり見た事が無いと思います。とくに、給与が

銀行振り込みの方はですね。一回良く見て計算して下さい。この税金がまともに

使われているなら言うこと無いんですが・・・ですから「保育園落ちた日本死ね!」

が反響を呼ぶということになるのですが。

長崎でも、新幹線が来るようですが、在来線と新幹線では線路の規格が違い、

「フリーゲージトレイン」なる方式をとるようですが、これが、実験中に異常が認め

られたそうで、結局、途中佐賀あたりで、乗り換え方式になりそうですが、佐賀

改修費がかかりそうです。

それより、乗り換えるということは、乗り換えるということで、いったん列車を降り、

在来線に乗り換えるということ?一人だったら良いですが、子供連れて、荷物を

持ってだったら大変ですよ。まして、盆、正月は座席の取り合いで・・・

だいたい、学校の授業と一緒で、手を挙げ、指名されて「出来ません」と言うのと

一緒。今まで、なにして来たんですかね。今までどれくらい税金使ってきたんでし

ょう。「返せ税金!ニッポン●●!」ですよ。


■「おかしくなったニッポン経済現場レポート」

■「『金』が上がり始めた

■「『金庫』バカ売れ!タンス預金の掟」

■「ソフトバンク全日空、近鉄ほかなんと年利14パーセントも!」

 「高利回りの『個人向け社債をねらえ』」

え~、なにがどうなるか分かりません。私たち棺桶に両足を突っ込んだ人間に

は、「社債」とか「株」とか「金の売買」とか分からないので、結局「タンス預金」に

なるでしょうが、若い方は今から勉強をしておいて下さい。

私の先輩にも、若い頃から株の勉強をして、一億ばかり儲けたのがいますから。

これ、本当の話です。但し、先輩の話では、毎日、地道にコツコツと勉強するの

が、儲かるコツだそうです。


■「民主に”出戻る”維新議員が『4年前』に吐き捨てた『離党宣言』採録」

野党の合併の話があるようですが、4年前の事を書くとは、さすが「週刊誌」。新

聞、TVには出ません。過去の反省があって、未来があるので、このような記事ど

んどん取り上げて欲しいと思います。


■つぎのアメリカ大統領に「DoYouKnow ミスタートランプ」

「バイ菌がうつるから庶民とは握手しない」「地球温暖化はただの『良い天気だ』」

「マスコミなど敵ではない。俺には美人の女がいる」「私にバイアグラは必要ない」

泡沫候補と見られたトランプ氏が、大統領になる可能性が出て来たみたいです。

アメリカ人も「ホワイトハウス」の政治に疑問を持ったのでしょう。そろそろ日本人

も、与党も野党も含めた政治に疑問を持って、選挙に臨むべきだと思うのです

が。まあ、日本人は、長いものに巻かれろ、だから無理かな?


■「『中国人は回転寿司にいけ!』で炎上した小林よしのりの大主張」

日本に来た中国人が高級寿司店を予約しておいて、キャンセルする事が相次い

でいるそうです。

氏自身も30年前フランスに行った時「日本人が集団で来て騒いでいることにフラ

ンス人からすごく侮蔑的な視線を感じたわけ。(略)以前は日本人観光客も海外

でマナーが悪いと見られていたんですよ。それで海外ではこんな風に見られてる

んだと学んで、日本人は国際標準のマナーを身に着けていったわけじゃない。」

と言うことで、お隣さんも、このように学習して貰えたら良いのですが・・・・

なお氏は、日本人が中国人に何も言えないこと、免税店が増え、外国人は免税

価格で買え、日本人が割高で買わないといけないこと等を怒っているわけで、こ

れ、至極当たり前の事で、炎上するほどの事はないじゃないですか。

小林氏は単に右翼だと思っていたのですが、昨今の意見を聞いて、この人、右

翼でも、左翼でもなく、正論翼じゃないかなと思い、もう少し見つめることにしまし

た。


「買い叩かれしゃぶられ捨てられる 日本企業シャープの落日」

シャープが鴻海参加に入って、経営再建を決めたニュースはご存じでしょうが、

なにやらまたゴタゴタしているようで、なにか、きな臭い感じ。


■「市川崑劇場 木枯らし紋次郎を語ろう」

いまや、映画はCG全盛で、何やら面白くなくなり、映画を見にいかなくなって数

年。

昔、「木枯らし紋次郎」という作品がヒットし、「あっしにゃあ関わりのねぇこって」と

いう文句が流行りましたが、市川崑監督、「小道具にも手をぬかなかった。例え

ば茶碗が入っている箱があったとしたら、画面には箱しか映らないのに、その中

にちゃんと茶碗をいれておかないといけない。」といった人で、映画は、やはり、

こうじゃないと面白くない。


■「京都人のウラとオモテを楽しむ」

現在、「京都ぎらい」という本がロングセラーだそうで、実は、私、この本を持って

まして(現在、積ん読状態)、いずれ読みましたら、ご紹介を。


■「ひと目でわかる全国ヤクザ勢力図」

「震源地」となるのが、愛知県、兵庫県、大阪府。その他、全国の地図と組の名

称が詳しく書かれておりますので、該当地区の方は参考までに。なお、長崎県は

なにもないようです。


■「毛髪の不思議」

■「あの資生堂が『あと2年でハゲが治る』『自家細胞移植』への期待」

前にも書きましたが、ハゲもかわゆくて良いと思うのですが・・・ちなみに私はロマ

ンスグレーでありますが。


■「あの素晴らしい●ック●をもう一度」シリーズ

「女子たちも知らない『女性●の秘密』」ということで、「奥の奥まで見られるのは

だけこんなに神秘的で美しい物はほかにない」「舐めて分かる『●●●●ス』」

(日本語で書けば、栗とリス、と何やら絵本風の表現になりますが・・・)「たまら

ん!女性●の『●い』の科学的調査」「一度でいいから『●吹き』を」と、まあ、皆さ

ん頑張ってください。


■「死ぬまで●E●」シリーズ

「22人の熟女がナマ証言」「ああ、●上手なあの男性が忘れられない」と、皆さん

楽しんでおられるようですが、そういえば、昨日、某モ●●ルの前を通ったら、い

い歳をした、爺様と婆さまが出てくるところを目撃しましたが・・・・「死ぬまで」でし

ょうか?「●上死」なさらないよう、後ろ姿に、お祈り申し上げました。




2016年3月 9日 (水)

「ポテそば」って、なに?

Dsc_0465

「ポテそば」ですね。秘かに流行っているみたいですが、まだ、長崎では聞きませ

ん。そばにフライドポテトを盛りつけたものです。


発祥地は、阪急十三駅構内の「阪急そば若菜 十三店」らしいのですが、東京に

も上陸し、「富士そば」でも食べられるとか。コンビニの「サークルKサンクス」(長

崎にはありません)でも発売しているとか、あ~!料理のレシピを紹介している

「cookpad」にも「フライドポテトそば」で紹介してあります。


考えてみれば、「いちご大福」が出た時も「まじ~」と思ったものですが、今や定

着。マヨラーなる人々もあり、まあ、人に迷惑をかけるものでもなく、人好き好き

で・・・と言うことで「ポテそば」もありかなと。しかし、見たからには試食しなくて

と思うところが、私の先進的なところなのですが。残念ながら長崎にはありま

ん。ということで、自分で作ることに。


ネットで見ると、ほとんどがフライドポテトをソバに載せたもので、若干ポテトチッ

プスを載せたものもあり、フライドポテトでは何となく味の予想もつき、という事

で、ポテトチップスで試してみました。


ソバは、生ソバか乾めんを茹でるか悩みましたが、めんどくさいので、「どん兵

衛」を使用。これ、天ぷらそばなので、天ぷらはスルー。ポテトチップスも作れば

かなと思えど、これも面倒なので標準的なポテトチップスを買って来て使用。


右は関係ありませんが、「かすて利休」。「カステラ」といえば「長崎」、「長崎」とい

えば「カステラ」で、見たからには買わないわけにはいかず、カステラステックでし

たが、ハチミツ味で、なかなかのお味でした。

Dsc_0450_2 Dsc_0453

さて、あとは「どん兵衛」にお湯を入れて待つこと3分。で、これにポテトチップスを

盛りつけ、一番上の写真のように出来上がり。


味ですね。このまま食べたのでは、ポテトチップスとソバと別々に食べることにな

ので、ポテトチップスをお汁に浸し、ぐちゃぐちゃにかき混ぜ食べましたが、しい

引に主観的にいえば、おソバに天かすをいっぱい入れて食べた、という感

な?これはこれで有りという味で、もう少し工夫すれば化けるかなう感触

を受けました。この次は、フライドポテトで試してみるつもりですが、なとなく癖

になりそうな味ではありました。手軽にできるので、皆さんも一回挑戦を。




2016年3月 8日 (火)

「異類婚姻譚」&「つまをめとらば」~誤読・曲解・感想文

Img_20160208_0004 Img_20160308_0003_2 Img_20160208_0002_2

芥川賞、直木賞の受賞作品は、昔は全部読んでいたのですが、何となく読まなく

なって数年。だいたい、半年に1回の受賞が、「え!また」という感じで、せわしな

く、1年に1回で良いんじゃないですか。もっとも、受賞作品は売れ、出版社の都

合、新人の発掘という事もあるのでしょうが・・・


今回受賞の作品、あと、芥川賞の「死んでいない者:滝口悠生(ゆうしょう)著」も

あるのですが、これは、読んでいないのでパス。


少し、呆けた頭で読んでいるので(なにせ、前のページに書いてある人物の名前

も忘れるくらい)、誤読、曲解がかなりあり、「批評」というまでいかず、小学生の

読書感想文みたいなもんで・・・・


■「異類婚姻譚」~本谷有希子著

「異類婚姻」は人間が、人間以外の者と婚姻をするということで、辞書で、「譚」は

「接尾語『・・・話』の意。」とあります。「異類婚姻譚」については、鶴と夫婦になる

「夕鶴」、馬と一緒になる「おしらさま」とかいろいろあるようですが、伝説とか、説

話になります。


小説では、顔が夫の顔とそっくりになるとか、蛇ボールとかは説話的な感じがし、

主人公の知り合い「キタヱ」さんが、家族同然のネコのサンショを手放し、山に放

し(捨てる)にいくところは、「姨捨山」を思い出したり、最後、主人公の亭主が山

芍薬になるところは「夕鶴」を思い出したり、多分、作者はこの説話あたりを現代

で書きたかったのでしょうが、選評にも「説話の形を借りることで、主人公の自

意識を上手にコントロールされているように思う。」とか、「説話の持つ『異界』へ

の感覚がどこまで描き出せているか、評者としてはどうしても考えてしまうわけ

で・・・」とか、評価が分かれているところです。


この小説読みながら、「異類婚姻」とは、この主人公夫婦のみだけではなく、ひょ

としたら、男と女自体が「異類婚姻」ではないかということを感じたわけで・・・


夫が、ケームに熱中し、揚げ物に凝り、最後に山芍薬になるのは、男が理想を追

うロマンティストであることの象徴であり、よくドラマで、「理想ばかり追って」とか「

アナタの理想の犠牲にはならないわよ!」とか言うのはほとんど女性であり、言

われるのは男性。本質的なところで、異なる生き物ではないかと思ったしだいで、

カミサンと一緒にいると、ふと、これ「異類婚姻」ではないかと感じ、どちらが、「人

間」のかは?でありますが。


ところで、選評を読むと、皆さん紳士淑女になったみたいで、昔の選評を読むと

「僕にはどうしても価値のある作品とは思えないから(略)一票はおろか半票さえ

惜しんだ」「むしろ世評の甘さに驚いた。」「文学的精神は高くないね。高くないと

いうより、僕は低いとおもうナ」「私一個としては、何ンらの感想もない。」「何か面

白い所もあるが、何かよくわからない作者のひとり合点のようなところもあった。」

「新風がない。小説的な野心もない思い出を語りつづけている。」(ブログ「芥川

賞のすべてのようなもの」より)など、作品より選評の方が面白かったのですが。


■「つまをめとらば」~青山文平著

「つまをめとらば」は、もちろん与謝野鉄幹の「人を恋うる歌」の「妻をめとらば才

たけて みめ美わしく情けある・・・・」からとったのでしょうが、ブログを書きなが

ら、チラと台所のカミサンを見ながら、こんな歌のような女性はいるのかな、と思

たのであります・・・もっとも、「友をえらばば書をよみて 六分の任侠四分の

熱」というような男性も、なくなっていることは事実ですが。


全6編の手だれた短編集ですが、女性の心の内は、私、男子なのでよくわからな

い所ですが、ラジオで二人の女性作家が対談をし、ある男性作家の事を次のよ

うに話していました。「女性の見方が甘いのよね、ロマンティストなのよ、あの作

家。」「そうよ、女ってもっもっとドロドロしたものなのよね。」ということで、男性

作家が女性の心のヒダを書くのは、なかなか難しいようで・・・


いずれにせよ、芥川賞、直木賞は作品の良し悪しより、作家の才能の将来性を

評価し、選考するものであり、上のお二人の今後の活躍を期待したいものであり

ます。


私も、芥川賞を最年少記録は無理なので、最年長受賞記録を狙っているのです

が、調べると2012年下半期の受賞者が黒田夏子さんで、75歳9ヶ月。というこ

とで、私の小説を読むのは、あと10年ばかりお待ち下さい。


2016年3月 7日 (月)

「春期全国火災予防運動」

Photo

今日、3月7日が何の日か、知っておられる方は少ないと思いますが、「春期全

国火災予防運動」の最後の日です。「春期全国火災予防運動」は3月1日~3月

7日までになります。


この間から、夜になると消防自動車が良く走ってるとか、防災のサイレンが鳴っ

たりで、何だろうと思っていたら、火災予防運動だったと言うわけで、てっきり火災

予防運動は冬季だけだと誤解をしていました。


で、昨日、中学校の横を通ったら、中学校に消防自動車と、消防団員の方が集

まって、消防署のほうから署員の方が来られ、訓練のようでした。

Photo_6

消防団員の方は、一般の市民の方で、職業を持っていて、火災の時に出動をし

ますが、その他、災害時にも住民の安全も守るのが任務で、出動手当はあって

も微々たるもので、「われらの町は、われらで守る」との心意気で、ほとんどボラ

ンティアと一緒です。


今日は見ていると、消防署の指導で「礼式訓練」のようで・・・左が、靴紐の結び

方、右がベルトの締め方。ほかに、気をつけの姿勢、号令等。

Photo_7 Photo_8

調べて見ると、「総務省消防庁」のホームページに「消防訓練礼式の基準」なるも

のがあって、「『歩幅』とは、徒歩行進の歩の長さをいい、各人のかかとから

かかとまでを測る。速歩はおおむね七十七センチメートルとし、かけ足はおおむ

ね八十センチメートルとする」とかで、私のように足の短い人間は、消防団員には

なれそうにもありません。


「『歩調』とは、一分間に行進する速度をいう。速歩はおおむね百二十歩、かけ足

はおおむね百八十歩とする。」ですから、とうてい、ついていけません。


昔から、覗き込むのが好きで、消防自動車を覗いたら・・・

消防ポンプですね。各分団の車で違っていました。あとで、私の車も洗ってくれた

ら良かったのですが・・・

Photo_14 2_5

ホースもたくさん積んでありますが、水源が遠いとこれくらいはないと。右の消防

車が一番新しいみたいで、これは運転したいナ。

Photo_17 Photo_18

ところで、これナンデショウ。どの車にも装備されていましたが、どう見ても自転車

の車輪にしか見えませんが、なんに使うんでしょう?

Photo_29 2_6

さて、昔は農業など町内で働く人が多く、消防団員も多かったのですが、少子

化、町外で働く人が多く、団員も減少しているそうです。


現在、女性団員も募集していますが、救急訓練もしますから、子供さん、おじいち

ゃん、おばあちゃんの家庭内事故が起こった時、対処ができ安心だと思うのです

が、あなたも入団しませんか。

Img_20160307_0001_3






« 2016年2月28日 - 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ