« 2016「第26回千々石少年の主張大会」~雲仙市千々石町 | トップページ | 一日遅れの「スーパームーン」 »

2016年11月14日 (月)

2016「千々石町文化祭演芸の部」~雲仙市千々石町

Photo

11月12日(土)は午前中が”少年の主張大会”、夜が”文化祭演芸の部”。お客さんは意外と多く、例によってスマホでの録画風景もチラホラと。

Photo_14 Photo_15

昨年も書いたと思いますが、昔は千々石でも踊りの師匠さんが多く、習う方も多く、文化祭の出演者も多かったのですが、本年は4名。オープニングは日舞の祝舞から始まっていたのですが。子供が2名で一名が男の子。未来の玉三郎か。

Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5

現在、各種イベントのオープニングは中学校吹奏楽部の”神楽舞”になりました。3年生が受験勉強のため、部活動を卒業。2年生の部員がいなく、1年生4名でしたが、舞台狭しと力一杯の舞でした。来年の新入生が吹奏楽部に大勢入ってくれればいいのですが。

Photo_6

最近、増えてきたのがカラオケですが、今年は少し遠慮気味か、4名の方の熱唱。

Photo_8 Photo_9

Photo_11 Photo_13

今はやりの、フラダンス。島原半島のほとんどの町で練習しているみたいです。お若くて、美人ばかりです。遠くから見ると。失礼しました、ご容赦のほどを (^-^; 
お三味線で、歌付きで3曲ほど。


Photo_16 Photo_17

温泉神社秋の例祭では、7地区順番に当番町になり、奉納の演芸会をしますが、文化祭にも出場。

”エビカニクス”、”じゃが畑”(千々石も、じゃがいもを沢山作っています)。


Photo_18 Photo_19

元気よく、”権兵衛さん”。

子どもも交えて、”長生きサンバ”。「まだまだ若いまだ若い100歳なんてまだ若い/ひょっとして迎えに来たならば頃見ていくよと言いなさい・・・・・」「まだまだ若いまだ若いいくつになってもまだわかい/ひょっとして迎えが来たならばあんたが行きなと言いなさい・・・・・」(原詩・梶尾忠司/作詞・荒木とよひさ/作曲・多梅稚/編曲・EDISON)と、昔から言われていた文句を取り入れた曲ですが、サンバのリズムに乗って舞台狭しと踊りまくりました。


Photo_20 Photo_21

最期は「千々石音頭」。来場者、出演者全員で踊って、お開きとなりました。

Photo_22

まったく、ローカルなイベントですが、毎年楽しく見に行っている、演芸会です。
ケーブルTVの「ひまわりテレビ」で放送があるそうですが、東京の方は見られなくて、残念ですね。



« 2016「第26回千々石少年の主張大会」~雲仙市千々石町 | トップページ | 一日遅れの「スーパームーン」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/64493288

この記事へのトラックバック一覧です: 2016「千々石町文化祭演芸の部」~雲仙市千々石町:

« 2016「第26回千々石少年の主張大会」~雲仙市千々石町 | トップページ | 一日遅れの「スーパームーン」 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ