« 千々石海岸に「ドローン」出現~雲仙市千々石海岸 | トップページ | 「センゴク権兵衛➌」発売~宮下英樹著 »

2016年9月26日 (月)

「天満宮」の神送り~雲仙市千々石町天満宮


Photo

昨日は地元の「天満宮」の「神送り」の神事がありました。毎年、紹介をしているところですが、最近は地域の行事などが薄れてきているので、再度取り上げてみました。今年は、自治会長さんが交代をし、初めてのことなので少し緊張気味。

左の写真が拝殿、奥の方が本殿になりますが、「天満宮」なので、御祭神は勿論「菅原道真朝臣(すがわらみちざねあそん)」になります。
本殿には三体の木造の像が安置されています。写真は恐れ多て撮れませんでした。本殿は、いつもは閉めてあります。

2 Photo_2

御幣ですが、これが慣れないと作りにくい。ちゃんと、裏と表があるそうです。

2_2 3

しめ縄にも飾ります。右は玉串奉奠(たまぐしほうてん)ですが、以前書いたように、作法がありますから、指名されたら、その場であわてないように、勉強しておきましょう。

Photo_3 Photo_4

ということで、無事神様をお送りしたのですが・・・

Photo_5

神主さんと話をしていると、今、町内の、あちらこちらの地区の神社でも「神送り」をしているとか。考えてみると、一緒に貸し切りバスで行ったほうが、安上がりな感じがするのですが・・・神送り、神無月については以前書いており、詳しくはウィクペディアにも書いてあるので、そちらを参照してください→こちらをクリック

なお、柳田国男「年中行事覚書」(青空文庫でロハで読めます)の「神送りの起源」のなかにも触れてあり、簡略して書きますが、越後の米山の神様は、12月8日に出雲へ旅立って、8月8日にお帰りになる。宮城県内の各地で聞いているのは、神のお立ちが12月8日、お帰りは2月8日、九州その他の神無月を中心とした、神の旅でも、土地により、日にちが違っており、「出発と帰還の日が全く同じではない。三日五日の差ならば遅刻早引の類とも見られようが、こんなに時日を異にしては、まず集会という説明は成立たぬのである。すなわち期間の神々の不在は、別に土地毎の理由に基づくことが考えられるのである。」ということですが、後は詳しく書いてありますので、お読みください。

さて、こちらの「神迎え」は11月23日(勤労感謝の日)、夜の7時から始めるそうですから、興味のある方は、是非お越しを。

【追伸】
確か最近、「成功する人は、なぜ神社へ行く」という本が出版されたようで、皆様も神社を見かけたら、お立ち寄りください。婚活、就活、必ず成功します。
わたくしも、ウチの神様(カミサン)と仲良くできるよう、お参りをしているところでありますが。ネ。




« 千々石海岸に「ドローン」出現~雲仙市千々石海岸 | トップページ | 「センゴク権兵衛➌」発売~宮下英樹著 »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/64262918

この記事へのトラックバック一覧です: 「天満宮」の神送り~雲仙市千々石町天満宮:

« 千々石海岸に「ドローン」出現~雲仙市千々石海岸 | トップページ | 「センゴク権兵衛➌」発売~宮下英樹著 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ