« 「子どもと声に出して読みたい『実語教』~齋藤孝著」&「寺子屋」&「寺子屋の月謝」 | トップページ | 2016「唐比(からこ)蓮(はす)祭り」~長崎県諫早市森山町唐比ハス園 »

2016年7月 2日 (土)

一日遅れの「ところの日」~雲仙市千々石町

Dsc04843

毎年の「ところ天」屋さんです。毎年、7月1日から9月30日までの営業。

この、ところ天屋さんがオープンすると、夏がきたな、と思うわけで、自分勝手に「7月1日はところ天の日」と決めているわけですが、今年は準備が間に合わなかったのか、昨日行ってみたら、まだオープンしていなく、今日からがオープンでした。

店の中も、壁の扇風機も、テーブルも、椅子も、ラムネを湧き水で冷やすのも、メニューも、ところ天とラムネのみというシンプルさ、まったく変わっていません。なんとなくホッとする風景です。


Dsc04857 Dsc04850

相変わらず、天突きで手際よく突いてもらって、最初の日で良く買っていくので、少しばかりオマケをしてもらいました。
庭の湧水も相変わらず綺麗に流れていました。近所の方がペットボトルを手に汲んでいく風景も時々見られます。


Dsc04847 Dsc04856

現代、なにもかにも変わっていくなか、何年も変わらないものを見るのも心安らぐものです。

家に買ってきていただきましたが、いつもと変わらない味でした。さて、去年だったか江戸時代の、ところ天屋さんの図を紹介しましたが、説明文を書き忘れていたので、ご紹介まで。


Dsc04860 Img_20160702_0001_2

■心太(ところてん)売り

心太、ところてんと訓ず。三都(注:江戸、京、大坂)ともに夏月これを売る。けだし京坂、心太を晒したるを水飩(すいとん)と号く。心太一箇一文、水飩二文。買ひて後に砂糖をかけこれを食す。江戸心太価二文。また、これを晒すを寒天と云ひ、価四文。あるひは白糖をかけ、あるいは醤油をかけてこれを食す。京坂は醤油を用ひず。またこれを晒し、乾きたるを寒天と云ひ、これを煮るを水飩と云ふ。江戸は乾物・煮物ともに寒天と云ふ。因みに曰く、江戸にては温飩粉(うどんこ)を団し、味噌汁をもって煮たるを水飩と云ふ。けだし二品ともに非なり。本は水をもって粉団を涼(さま)し食ふを水飩と云ふなり。今世冷し白玉と云ふ物、水飩に近し。(「近世風俗・守貞謾稿~岩波文庫刊」より)

さて、皆様も今日は、「日本の夏、ところ天」などを食されては如何でしょう。




« 「子どもと声に出して読みたい『実語教』~齋藤孝著」&「寺子屋」&「寺子屋の月謝」 | トップページ | 2016「唐比(からこ)蓮(はす)祭り」~長崎県諫早市森山町唐比ハス園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/63860201

この記事へのトラックバック一覧です: 一日遅れの「ところの日」~雲仙市千々石町:

« 「子どもと声に出して読みたい『実語教』~齋藤孝著」&「寺子屋」&「寺子屋の月謝」 | トップページ | 2016「唐比(からこ)蓮(はす)祭り」~長崎県諫早市森山町唐比ハス園 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ