« 「竹馬差止ノ事」~東京警視本署布達 | トップページ | 「島原街道について」~駄賃・特に千々石街道について »

2016年6月 2日 (木)

「芋を食い食い『週刊誌』」

Img_20160602_0001 Img_20160602_0002

最近、雑誌、新聞の広告を見ていると「お通じが良くなる」との宣伝が多いようで、多分、みなさんもお悩みの方が多いような。私も多少その気があり、一月前よりサツマイモを食し(アルミホイルに巻いて、魚焼の網にて焼く)ていると、意外に効き目が良いらしく、今日も「芋を食い食い『週刊誌』」。

■「安倍首相VS安倍以外全部 衆参ダブル選『最後の攻防戦』」
■「衆参ダブル選 安倍が見た『事前調査』の数字」

ダブル選挙が回避されるようですが、まだまだ油断はできません。なにせ、「笑点」の、あっと驚く司会者、出演者の交代がありましたから、ひょっとしたら、どんでん返しが。
といっても、今回の選挙は政策論争ではなく、どれだけ議席がとれるかの選挙になりそうで、20歳以下の若い人に、期待をしたいのですが・・・

■「『ドナルド・トランプ』を暗殺せよ」

「『殺害予告はもう出ている』『ウォール街が動き出した』『手榴弾搭載のドローンで』『共和党大会が危ない』」。
アメリカの大統領選挙、混沌としてきましたが、トランプさんの毒舌が最近少なくなったようで、過激な発言が各方面に影響を与えているようですが。もっとも、あの国は、平気でピストルを振り回しますから・・・

■「『笑点』新司会者『昇太』&新出演者決定の裏に何があったのか」
■「日本テレビ『笑点』人事を握る男」

あっと驚く司会者交代と、円楽さんの後釜が「三平」さんとは。マスコミさん、全部外れたみたいで。ポストの予想によると、立川志の輔さんを挙げています。「これが、本誌が導き出した最終結論であるー」とは書いてありましたが、残念でした。ポストは司会者円楽を後継者として、これまで記事にしてきましたが、「この発表(司会者、昇太)の瞬間、本誌担当デスクの表情は、みるみる青ざめ、頭を抱えてへたり込んだ。」そうですが、志の輔さん説まで外れて、あとポストの担当デスクさんどうするんでしょう?

■「新・都知事候補選び水面下の大迷走」
■「政治家秘書は見た!」

舛添都知事、まだ居直るようですが、ネットの産経ニュースによると、夏のボーナスが380万円、居直りでやめるとすると、退職金が8千万円超だそうです。
世論調査によると「辞めるべきだ」が79.2%だそうですが、あとの20.8%の方は何を考えているのでしょう。
なお、「政治家秘書は見た!『女性記者との合コン代に』『ハワイのゴルフ旅行も税金で』」、まあ読んだらひどいもんです。有権者の方はもっと人を見て投票を。

■「なるほど!思わず膝を打つ認知症当事者の『忘備録』」

認知症の方で、一人暮らしで約十年、「不便であっても不幸ではない」。
工夫次第で、ごく普通の生活ができることが分かります。前向きに生きましょう。
私事ですが、今日家に帰ると、初老の美女が玄関わきをウロウロしていたので、声をかけると、なんと私のカミサンでした。ボケを感じる瞬間でした。

■「10年以内に『心筋梗塞』『脳梗塞』『脳卒中』になる確率がわかる!」

心筋梗塞と脳梗塞の発症確率診断のみができるサイトが「http://www.fujita-hu
.ac.jp/~deppub/risk.html」。脳卒中の発症確率は、国立がん研究センターの「https://epi.ncc.go.,jp/riskcheck./str」で確率が分かるそうですから、ご利用を。
なお、上のアドレスは写し間違いがあるかもしれませんので、ご注意を。

■「医者に出されても飲み続けてはいけない薬」

お医者さんに行くと、薬をどっさり出すところと、あまり、出さないところがありますが、高血圧、糖尿病、不眠症等19の病気に対する「飲み続けてはいけない薬リスト」が載せてありますから、気になる方はチェックを。

■「波平が死んだ!」

「カツオが磯野家を片付ける」という新書が話題を呼んでいるそうです。
カツオ41歳、サザエ54歳、マスオ58歳、タラオ33歳。磯野家も大変そうで、哀しくなりますが、皆さんの家も、どうなるか分からないので、ご一読を。

■「『死ぬまで●E●』シリーズ」

「超高級●ロ・サービス 禁断の『悦楽園』」
「一脚で60万円!楽ちんで気持ちのいい『ス●ベ椅子』の快感」写真が載っていますが、なかなか面白そうな椅子。「2時間10万円で夢心地 吉原一の超高級●ープ体験」、取材費で落としていったんでしょうか?いい会社だな~。その他諸々で、読んでお楽しみを。

■「新シリーズ ●E●のない人生なんて!」

ネタがなくなったんで「新シリーズ」なのかな?
「60歳からの『耳でする●E●』」。耳の特集。「ただ●入するだけがセ●●スではない。音が、言葉が、女性を●頂へと誘うのだ。耳を駆使して未知の●感を手に入れよう。む~、その手がありましたか、あと30年早く知っておけば・・・

■「エロスVS権力 闘争の50年史」

そういえば、ありましたね。今はネットでなんでもありますが、あの頃の方が、●ロかったような。歳とったせいで、懐古趣味になったかな?








« 「竹馬差止ノ事」~東京警視本署布達 | トップページ | 「島原街道について」~駄賃・特に千々石街道について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/63721901

この記事へのトラックバック一覧です: 「芋を食い食い『週刊誌』」:

« 「竹馬差止ノ事」~東京警視本署布達 | トップページ | 「島原街道について」~駄賃・特に千々石街道について »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ