« 「疲れ果てて『週刊誌』」 | トップページ | 「電燈案内」~大正八年・島原水電株式會社(千々石発電所) »

2016年6月11日 (土)

「病院ロビーコンサート」~OMURA 室内合奏団ロビーコンサート&ギャリー展の事など

Photo

昨日は法事で、夜遅かったのですが、一昨日は病院に行った事を書きましたが、帰りがけ、どこからともなく、バイオリンの音がかすかに。

で、病院から帰ろうと思って、出口まで来ると「ロビーコンサートをします」との呼び込みがあって、昔、音楽をやっていたせいか、ふらふらと。

演奏は「OMURA 室内合奏団」のメンバーのバイオリニスト4名。「OMURA 室内合奏団」は、長崎のプロの合奏団で、大村市を中心に活動をしています。
曲は、クラシックからフォスター等。肩の凝らないもの。

誰だったか、指揮者はなぜあの場所に立っているか?答えは、あの場所が一番音が良くきこえるから、と言っていましたが、皆さんも音楽を聴くときは、なるべく指揮者の近くの場所へ。私は、二列目に座りましたが・・・・

場所は、一階の入り口近くのファーストフードのお店屋さん。会場は演奏会向けに椅子が並べてありましたが、天井が高く、演奏の場所が、ガラス窓の前で、音が響きすぎるかなと思っていたら、意外や意外、いい音でした。

西洋音楽は、民衆の音楽、上流社会でのサロン音楽等ありますが、サロン音楽は、楽器の改良、大編成化、複雑な音楽表現をたどり、いまや、大会場での演奏ばかりで、なんとなく堅苦しい音楽会になってきましたが、今回の音楽会は、昔は、こんな風な音楽会かな、と思わせるような素敵な演奏会でした。

途中、バイオリンの説明などあり、ドイツ製、フランス製等の説明があり、一台を除いては、百年以上の楽器です。お値段は言いませんでしたが、皆さんの高級自動車より高いことは確かです。

病院というと、昔は、なんとなく薄暗く、消毒液の匂いが漂っていたものですが、最近は患者さんの気持ちを和らげるためか、いろいろな催しものを実施しているようです。皆さんも、機会があったら、病気見舞いの時などお寄りください。


Photo_2 Photo_3

食堂の近くに小さいながらも、ギャリーがあり、写真とか、絵画とか開催していて、時々覗いていきますが、今回は、小品の絵が並んでいました。
多分、子供さんがこの病院にお世話になったような感じですが、下記のような言葉が紙に書いて貼られていました。

Photo_4 Dsc04739

この世に生まれてわずか15ケ月で
わたしの前を去った息子と、
息子の死の意味さえわからない
幼い娘のために明るく優しい母で
あろうとする自分が、
感情の扉を閉ざしていました。

自分が何を好きなのかさえわからなくなっていた時に、
唯一本当の自分と繋いでくれたものが”描く”ことでした。

無心に描くことの中で本当の自分といつしか向き合っていました。

無心に描くことでわたしはわたしをとり戻しました。




« 「疲れ果てて『週刊誌』」 | トップページ | 「電燈案内」~大正八年・島原水電株式會社(千々石発電所) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/63763500

この記事へのトラックバック一覧です: 「病院ロビーコンサート」~OMURA 室内合奏団ロビーコンサート&ギャリー展の事など:

« 「疲れ果てて『週刊誌』」 | トップページ | 「電燈案内」~大正八年・島原水電株式會社(千々石発電所) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ