« 「ポテそば」って、なに? | トップページ | 「囲碁」★人間vsコンピューター~これからどうなるコンピューター  »

2016年3月10日 (木)

光陰矢の如し「週刊誌」

Img_20160310_0001 Img_20160310_0003

歳を取ると時間が早く過ぎると言いますが、昨日本屋さんを覗くと、いつもの週刊

誌の新しいのが並んでおりまして、本当に「光陰矢の如し『週刊誌』」であります。


■「税金、けしからん」

「一生のうちに取られる金額は5000万円以上 そして、こんなに無駄使いされ

ている」「『天引き』の額、ご存じですか」「ああ、止まらない『無駄使い』」「『公務員

天国』その財源は税金です」「あの一等地にも『公務員宿舎』がある」

サラリーマンの方、給与明細はあまり見た事が無いと思います。とくに、給与が

銀行振り込みの方はですね。一回良く見て計算して下さい。この税金がまともに

使われているなら言うこと無いんですが・・・ですから「保育園落ちた日本死ね!」

が反響を呼ぶということになるのですが。

長崎でも、新幹線が来るようですが、在来線と新幹線では線路の規格が違い、

「フリーゲージトレイン」なる方式をとるようですが、これが、実験中に異常が認め

られたそうで、結局、途中佐賀あたりで、乗り換え方式になりそうですが、佐賀

改修費がかかりそうです。

それより、乗り換えるということは、乗り換えるということで、いったん列車を降り、

在来線に乗り換えるということ?一人だったら良いですが、子供連れて、荷物を

持ってだったら大変ですよ。まして、盆、正月は座席の取り合いで・・・

だいたい、学校の授業と一緒で、手を挙げ、指名されて「出来ません」と言うのと

一緒。今まで、なにして来たんですかね。今までどれくらい税金使ってきたんでし

ょう。「返せ税金!ニッポン●●!」ですよ。


■「おかしくなったニッポン経済現場レポート」

■「『金』が上がり始めた

■「『金庫』バカ売れ!タンス預金の掟」

■「ソフトバンク全日空、近鉄ほかなんと年利14パーセントも!」

 「高利回りの『個人向け社債をねらえ』」

え~、なにがどうなるか分かりません。私たち棺桶に両足を突っ込んだ人間に

は、「社債」とか「株」とか「金の売買」とか分からないので、結局「タンス預金」に

なるでしょうが、若い方は今から勉強をしておいて下さい。

私の先輩にも、若い頃から株の勉強をして、一億ばかり儲けたのがいますから。

これ、本当の話です。但し、先輩の話では、毎日、地道にコツコツと勉強するの

が、儲かるコツだそうです。


■「民主に”出戻る”維新議員が『4年前』に吐き捨てた『離党宣言』採録」

野党の合併の話があるようですが、4年前の事を書くとは、さすが「週刊誌」。新

聞、TVには出ません。過去の反省があって、未来があるので、このような記事ど

んどん取り上げて欲しいと思います。


■つぎのアメリカ大統領に「DoYouKnow ミスタートランプ」

「バイ菌がうつるから庶民とは握手しない」「地球温暖化はただの『良い天気だ』」

「マスコミなど敵ではない。俺には美人の女がいる」「私にバイアグラは必要ない」

泡沫候補と見られたトランプ氏が、大統領になる可能性が出て来たみたいです。

アメリカ人も「ホワイトハウス」の政治に疑問を持ったのでしょう。そろそろ日本人

も、与党も野党も含めた政治に疑問を持って、選挙に臨むべきだと思うのです

が。まあ、日本人は、長いものに巻かれろ、だから無理かな?


■「『中国人は回転寿司にいけ!』で炎上した小林よしのりの大主張」

日本に来た中国人が高級寿司店を予約しておいて、キャンセルする事が相次い

でいるそうです。

氏自身も30年前フランスに行った時「日本人が集団で来て騒いでいることにフラ

ンス人からすごく侮蔑的な視線を感じたわけ。(略)以前は日本人観光客も海外

でマナーが悪いと見られていたんですよ。それで海外ではこんな風に見られてる

んだと学んで、日本人は国際標準のマナーを身に着けていったわけじゃない。」

と言うことで、お隣さんも、このように学習して貰えたら良いのですが・・・・

なお氏は、日本人が中国人に何も言えないこと、免税店が増え、外国人は免税

価格で買え、日本人が割高で買わないといけないこと等を怒っているわけで、こ

れ、至極当たり前の事で、炎上するほどの事はないじゃないですか。

小林氏は単に右翼だと思っていたのですが、昨今の意見を聞いて、この人、右

翼でも、左翼でもなく、正論翼じゃないかなと思い、もう少し見つめることにしまし

た。


「買い叩かれしゃぶられ捨てられる 日本企業シャープの落日」

シャープが鴻海参加に入って、経営再建を決めたニュースはご存じでしょうが、

なにやらまたゴタゴタしているようで、なにか、きな臭い感じ。


■「市川崑劇場 木枯らし紋次郎を語ろう」

いまや、映画はCG全盛で、何やら面白くなくなり、映画を見にいかなくなって数

年。

昔、「木枯らし紋次郎」という作品がヒットし、「あっしにゃあ関わりのねぇこって」と

いう文句が流行りましたが、市川崑監督、「小道具にも手をぬかなかった。例え

ば茶碗が入っている箱があったとしたら、画面には箱しか映らないのに、その中

にちゃんと茶碗をいれておかないといけない。」といった人で、映画は、やはり、

こうじゃないと面白くない。


■「京都人のウラとオモテを楽しむ」

現在、「京都ぎらい」という本がロングセラーだそうで、実は、私、この本を持って

まして(現在、積ん読状態)、いずれ読みましたら、ご紹介を。


■「ひと目でわかる全国ヤクザ勢力図」

「震源地」となるのが、愛知県、兵庫県、大阪府。その他、全国の地図と組の名

称が詳しく書かれておりますので、該当地区の方は参考までに。なお、長崎県は

なにもないようです。


■「毛髪の不思議」

■「あの資生堂が『あと2年でハゲが治る』『自家細胞移植』への期待」

前にも書きましたが、ハゲもかわゆくて良いと思うのですが・・・ちなみに私はロマ

ンスグレーでありますが。


■「あの素晴らしい●ック●をもう一度」シリーズ

「女子たちも知らない『女性●の秘密』」ということで、「奥の奥まで見られるのは

だけこんなに神秘的で美しい物はほかにない」「舐めて分かる『●●●●ス』」

(日本語で書けば、栗とリス、と何やら絵本風の表現になりますが・・・)「たまら

ん!女性●の『●い』の科学的調査」「一度でいいから『●吹き』を」と、まあ、皆さ

ん頑張ってください。


■「死ぬまで●E●」シリーズ

「22人の熟女がナマ証言」「ああ、●上手なあの男性が忘れられない」と、皆さん

楽しんでおられるようですが、そういえば、昨日、某モ●●ルの前を通ったら、い

い歳をした、爺様と婆さまが出てくるところを目撃しましたが・・・・「死ぬまで」でし

ょうか?「●上死」なさらないよう、後ろ姿に、お祈り申し上げました。




« 「ポテそば」って、なに? | トップページ | 「囲碁」★人間vsコンピューター~これからどうなるコンピューター  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/63326476

この記事へのトラックバック一覧です: 光陰矢の如し「週刊誌」:

« 「ポテそば」って、なに? | トップページ | 「囲碁」★人間vsコンピューター~これからどうなるコンピューター  »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ