« あら! ホント!!~iPhone6Sの起動画面について | トップページ | 「ジョン万次郎の英会話★乾隆著」~Jリサーチ出版社刊 »

2016年1月 5日 (火)

頑張るいつもの「週刊誌」!

Img_20160105_0001 Img_20160105_0002

先日、「スペシャル」号が出ていたので、今週は休刊で、来週からかな、と思って

いたら本屋さんに並んでいたので買って来ました。正月の三が日が終わったば

かりで、頑張って発刊していていたので、「頑張るいつのも『週刊誌』」。いつもの

とおり、私の独断で、記事選び。


■「日本経済は絶好調 こんな『大相場』は2度とこないかもしれない」

「日経平均は2万5千円超え」、「3倍どころか10倍!投資のプロたちが選んだ

爆騰必死の大化け株」。と書いてありますが、新年そうそう、株価が下がりました

が・・・

「今年から上昇に転じる金は『買い』。それ以上に上がるプラチナは『もっと買

い』」。私も少し縮みましたが、金は2個ばかり持っているのですが・・・

「割安新築物件が『駆け込み供給』される4月~9月に不動産を買え」。といって

も、世論調査では景気が良くなったと思う方は少なく、買う人いるんですかね?


■「経営トップが明かす2016年のニッポン経済私はこう見ている」

「不確実とリスクがばら撒かれた世界の様相は、今年も変わらず続いていく。た

だし、この不透明な霧の世界に、段々と目は慣れてきた。先を読む者だけが勝

つ。戸惑いと迷いの2015年から、確信と決断の2016年へ。」。「ヒト、モノ、カ

ネがうごきだす」、「新しい消費市場が誕生する」、「中国で本当の闘いが始ま

る」、「これは第4次産業革命だ」。とまあ、明るい未来が待っているようですが。

「経営トップと専門家50人が読む『2016のニッポン経済』として、50名の方が

注目の会社、コメントをしていますが、株を取引の方は参考に。


■「古舘伊知郎『報ステ卒業』で局内に流れた『本当の後任』情報」

■「古舘伊知郎惜しまれずに退場 全内幕」

古舘アナについては、プロレス中継の印象が強く、「報道ステーション」のニュー

スキャスターが、久米さんから古舘さんに変わった時は、「え!」と思ったもの

ですが・・・後任については、両誌意見が違っていて、まだ未定でしょうが、この世

相の中、中立公平、言うべきことは言う、という人が欲しいのですが。


■「幸運な国になれなくても憲法9条をもつ『特殊な国』として、世界に誇るべし」

改憲の流れがでてきたみたいですが、大橋巨泉さんの連載コラムの標題です。

「日本だけが持って来た最高の宝物は『憲法9条』だった筈だ。」と書いています

が、大切なのは、「ナンバーワン」より「オンリーワン」ですね。


■「MEGA地震予測『2016年ついに首都圏が!』」

東京大学名誉教授の村井氏が顧問を務める、民間会社JSEA(地震科学探査機

構)で「MEGA地震予想」をメールマガジン(有料)で配信しています。私も、雲仙

の麓なので、登録をしています。「伊豆諸島がおかしい」、「熊本、鹿児島で顕著

な沈降現象」。気になる方は、登録を。


■「90過ぎて『幸せになる人』『不幸せになる人』」

「健康、カネ、そしてー」、そしての後は読んでください。「月収20万円が分かれ

目」、「『繰下げ受給』というワザも」、現在は年金は65から受け取事がるができ、

これを先延ばしにするのが、「繰下げ受給」。もちろん先延ばしにすれば、支給金

は増えます。私が仕事をやめる時、同期の者に聞いたら、「どうせ、いつ死ぬ

分からない」ということで、全員65歳から受給しました。どちらが徳か、役所に

いたら、「いつ亡くなるか分かるなら、計算できます」と、アタリマエの事で

が。


■「『正月ボケ』か『認知症』かその境界線がわかるチックリスト」

「『紅白の司会者忘れた』は要注意」、「『おせちがまずい』は記憶障害?」、チェッ

クリストが10項目ほどあり、「年賀状を同じ人に2通だしてしまった」、とあります

が、私にきた年賀状が、一通、名前も住所も書いて無く、結局、私に片想いの女

性からだと結論をつけました。


■「身近な人が亡くなった後に『しなきゃいけないこと』」

親が死んだ後、「死亡診断書・死体検案書を受け取る」、「死亡届・火葬許可申請

書を出す」、「国民健康保険の喪失届けをだす」、「戸籍謄本を取得する」とか、

私もしましたが、これ、大変でした。不動産がなかったので、これだけは助かりま

したが・・・早めに読んで、チェックしておいた方が経験上、良いかと思います。


■「『セ●●ス印象派』デビュー入門」

「60すぎて70すぎて、80すぎて90になっても『したい』」シリーズですが、昨年

は、解剖学的な記事が多かったのですが、路線を変更したみたいです。「印象

派」ってナンデショウ?分かったような、分からないような・・・・


■「死ぬまで●E●」

「2016 ●の新潮流」。どちらも週刊誌も新企画での勝負。

「ついに登場した『タイ語サイト』の無料・無修正が凄い」、これ後ほどチックしま

す。「40~60代熟女に特化した『完熟ばなな』の癒やしの気遣い、●遣い」。昨

年まで、「美熟女デ●●ル」が30代から40代がメインだったそうですが、2016

年は、40~60代になるそうです。来年は、60代~80代になるのかな?

私のも「完熟ばなな」ですが・・・少し腐れかけた・・・


■巻末グラビアですが、「憧れのブロンド女優 初めて見るヘ●ア●ード」

昔の映画は、大事な所にモザイクがかかっていました。「●アの色が何色だった

のか、今明らかになる」

シルビア・クリステル、パロマ・ピカソ、ジャクリーン・ビセット、ウルスラ・アンドレ

ス、コリンヌ・クレリー、等々ですが、あまりよく見えないのもあり、看板に偽りあ

り、と言ったところ。


■比べて、「A●美熟女総選挙 これが神7!」

の方が、●ア、モ●見えで、鑑賞するにはこちらを。もっとも、どちらも袋とじで、

立ち読みはできません。



« あら! ホント!!~iPhone6Sの起動画面について | トップページ | 「ジョン万次郎の英会話★乾隆著」~Jリサーチ出版社刊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/63009950

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張るいつもの「週刊誌」!:

« あら! ホント!!~iPhone6Sの起動画面について | トップページ | 「ジョン万次郎の英会話★乾隆著」~Jリサーチ出版社刊 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ