« 「津軽弁版★憲法第二章第九条第二項」~伊奈かっぺい | トップページ | 新刊「ペコロスの母の贈り物」~岡野雄一著 »

2016年1月22日 (金)

「六兵衛茶屋」~雲仙市千々石町

Photo_3

「ろくべえ」、「六兵衛」。私、長崎市という中途半端な小都市に生まれたので、こ

の料理、食べた事がありませんでした。対馬にも同じ「ろくべえ」があるらしいので

すが、対馬にいた四年間、食した事がありません、何故だったのかな?


千々石に「六兵衛茶屋」という食堂があります。

入口ですが、雰囲気ありますネ。食べるところは左の奥の方です。

Photo_7 Photo_5

何気なく、入口に、米の生産者が書いてありますが、これだけで、こだわりのお店

だと分かります。土産物が置いてありますが、懐かしき、はったい粉、「ろくべえ」

の原料の芋の粉。

Photo_9 Photo_10

メニューです。左が、ランチメニュー。「ランチ六兵衛定食」と「ランチ六ちゃん定

食」があり、「どう違うの?」と聞くと、「六兵衛」は、サツマイモ100%。「六ちゃん」

は、店のオリジナル商品で、六兵衛より癖が少ないという事でした。「六兵衛」

は、つなぎを入れていないので、ブツブツと切れています。多分「六ちゃん」は、つ

なぎが入っているのかな?

Photo_11 2

「ろくべえ」は、サツマイモを薄く切って、乾燥させ、それを粉にしておいて、食べる

時、水とこね合わせ丸めておいて、薄い鉄板、トタン等に穴を開けたもの上に、

し付ければ、ウドンのように出てきます。(下の右の写真)

これを、蒸すか、そのまま沸いたお湯の中に入れて茹であげます。


さて、「六兵衛」の由来ですが、メニューのうらには、「六兵衛とは、今から約220

年前の寛政4年(1792年)の島原普賢岳大噴火により、大飢饉にみまわれた際

島原の名主である六兵衛さんが、考案し作られました。」とあります。


「聞き書き 長崎の食事~農文協刊」には、「昔、島原一帯を襲った天保の大

饉(天保四年)のときに、名主であった六兵衛という人が考え出した保存食だとい

われている。」とあり、何れにしても、「六兵衛」という人が考えた保存食でしょう。

3 Photo_12

私が頼んだ「ランチ六兵衛定食」です。

Photo_15

ご飯は、当日は普通のご飯、わかめご飯、混ぜごはん。六兵衛の他に、ふっくら

卵焼き、ジャガイモの油揚げ、大根と椎茸の煮染め、なんとかお餅、おまけに、ご

飯のお供、柚ミソがついていて、これはおいしく、お土産に売ってあったので買っ

来ました。


食後のコーヒーですね。セルフサービスで無料。忙しい時は提供できないそうで

す。「ポーションは一個10円です」と書いてありましたが、ポーションとはナンデシ

ョウ・・・聞き忘れました。コーヒーの飲み残しは100円。ただし「自己申告で」。何

となく店主さんの人柄が分かります。

Photo_17 Photo_18

昼時か、お客さんが次々とやって来ました。


場所は、千々石町の橘神社から小浜方面へ少しいったところです。田んぼの中

にありますから、すぐに分かります。是非一度、島原の郷土食を味わってみてく

ださい。お味ですか?郷土料理の味で、おいしかったですよ。六兵衛は、ウドンと

も、蕎麦とも違って独特の感触です。


« 「津軽弁版★憲法第二章第九条第二項」~伊奈かっぺい | トップページ | 新刊「ペコロスの母の贈り物」~岡野雄一著 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/63103638

この記事へのトラックバック一覧です: 「六兵衛茶屋」~雲仙市千々石町:

« 「津軽弁版★憲法第二章第九条第二項」~伊奈かっぺい | トップページ | 新刊「ペコロスの母の贈り物」~岡野雄一著 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ