« 2015年2月8日 - 2015年2月14日 | トップページ | 2015年2月22日 - 2015年2月28日 »

2015年2月15日 - 2015年2月21日

2015年2月21日 (土)

矢上神社の天井絵・その他のこと~長崎市矢上町 その二(おしまい)

2

神社の向かって右手に、池があり、池の中には四角の石柱があり、この四面に、

このように、釈迦、彌陀、彌勒、不動だったかな?が彫ってあります。

Photo 4

ここで、おや?と思う方は歴史の授業を真面目に受けた方で、昔は寺も神社も

同じ所があり、神仏習合(混淆)の名残では?と訊いたところ、はやりそのようで

した。現在でも、お寺の入り口に、鳥居が建ててあるところもあるそうです。


ここから、一段登ったところ。左が「諫江八十八ヶ所」の、「第七十一番札所」。右

に「馬頭観音」が祀ってあります。

Photo_6

左が八十八ヵ所で、矢印の弘法大師の台座、右に「告文政八(1825年)酉三

月廿一日」、表に「七十一番讃岐國彌谷寺」と刻んであります。


「諫江八十八か所探訪記(昭和45年・諫早史談会発行)」には「七十一番 讃岐

国 弥谷寺 大王社内」と書いてありましたが、矢上神社は、昔は「大王社」とい

ってたそうです。


七十一番 讃岐國 彌谷寺のご詠歌

  いや谷じゃござらぬ町の広馬場へ

        立たせたもうも法の御利生

Photo_4 Photo_5

馬頭観音は立派なものですが、台座には「元禄十二(1699年)己○(多分、卯。

元禄十二年は、己卯の年です) 矢上札馬持衆中 十一月吉祥日」と刻んで

あります。


ここは、長崎街道で、馬で、人や物を運ぶので、馬を持った方が、多かったので

しょう。


まあ、ここまで書いて、写真を見直すと、「七十一番」の左隣の台座の表に「明

和七(1770年)寅 南無地蔵大菩薩 十一月吉祥日」。一番左には右側に

「文化六(1809年)己十月五日」。正面は「南無地蔵大菩薩」となっています。


と言うことは、左の写真で三体の中で、一番古いのが中央で(1770年)、次古い

のが、一番左側(1809年)、一番新しいのが「七十一番」の文字が刻んである

ものだと分かります。あと、右側にもあるのですが、撮すの忘れました。


なお、年号で、現在は「年」を使っていますが、ここでは、「年」「歳」「天」が使われ

ており、外に「季」「暦」「祀」「稔」があるそうで、神社の鳥居、墓等を見る時、こん

な所にもご注意を。


なお、「天」については、潜伏キリシタン(カクレキリシタン)の証だと言う人がいま

すが、関係無いしょ。


さて、もう一段上の方。

4_2

3_3 5

左は「五穀大明神」豊作を祈ったものでしょう。各地にあるものです。


右が「道祖神」。集落の境、村の中心などに建ててあり、村の守り神、子孫繁栄、

旅の安全の神様です。これもあちらこちらで、見かけます。


さて、ここに松尾大明神があり、はて?「松尾」がつけば「松尾神社」が有名で、

私の好きだった、(失礼)酒の守り神です。

Photo_9

あとで、宮司さんと話をしていたら、この神社の横に酒造りの店があったそうで、

分神社に奉納したか、酒屋さんに祀っていたものを持って来たのか?納得。

漏れ聞くところによれば、酒屋さんは長崎水害の時、流されたと聞きましたが・・


この、左側にプレハブの建物があり、覗いたら、五輪の塔碑等がびったりあり、

Photo_13

こちらから出土したものか、と思ったら、残念。看板を読んでください。

Photo_16

神主さんの話では、祭りの御輿がある事はあるが、ボロボロで使えないため、神

社新築になったのと合わせて、作れないかという事でした。


このあたり、旧住民と新しい住民の方がおられますが、祭りを旧住民の方、御輿

を新しい住民の方に担いでいただいて、神社を中心とした祭りで、地域作りがで

 きないかと、熱心に話しておられました。


さて、神社といえば、有名な神社、各地区の小さな神社ありますが、裏まで見て

いくと意外な発見があるかも。今度は「神女」が流行るかな?


なお、宮司様、神主様には、連絡を取らずに行きましたが、快く説明、見学をさせ

ていただきましたこと、ブログからですが、心より感謝いたします。



【余談

余談ですが、キリシタン研究者として、第一人者の松田毅一氏が「近世初期日本

関係 南蛮資料の研究」で、要約すれば、次の様に書いています。


禁教時代、イエズス会と他の托鉢修道会がもめますが、イエズス会が布教に努

めている事を、全国の信徒を代表し証言させたものに、コーロス徴文文書があ

り、これに矢上の信者の名前も書いてあり、長くなるので、関係の所だけ抜き書

きすれば、「・・・・こんはにや(門派・ここではイエズス会の事)乃伴天連衆此矢上

き里したん(注:キリシタン)に御合被成・・・・」という事で次の十名ばかりの名

が上がっています。現在、子孫がおられるかも知れませんので、分かるような所

は○で書きます。この文書はイエズス会トレド管区文書館、王立史学士院図書

館で採録したものだそうです。


「○○与兵衛・阿くすちの(花押)」「○○勝右衛門・ミける(墨印)」「○○清左衛

門・志門(墨印)」「○○久兵衛・寿庵(墨印)」「ミ年助左衛門・ミける(墨印)」

「○○次良兵へ・寿庵(墨印)」「ミそのえ監物・寿庵(墨印)」「○新兵へ・ちにす

(墨印)」「○○三介・安当仁(墨印)」「○○伊右衛門・ふ乱志すこ(墨印)」

「・」の後は、洗礼名で「ふ乱志すこ」は現在で言えば、「フランシスコ」。花押は言

 わば、手書きのサインで、(墨印)は印鑑を使ったものです。 


こうして見れば、「姓」「名」を持った人が多く、ある程度、裕福な人物だと思われ

ます。なお、ここに書かれた方は、代表者で、外にもキリシタンの方がいたと思わ

れます。


なお、この本に千々石にも潜伏キリシタン(カクレキリシタン)がいたことを示す文

書が載っていますが、現在、全く不明の状態です。こちらは、「姓」を持たない方

ばかりですが・・・・







2015年2月20日 (金)

矢上神社の天井絵・その他のこと~長崎市矢上町 その一

Photo_23

昨日は、パソコンが反抗期か、言うことを聞かずに、アップできませんでした

が・・・


さて、長崎街道の矢上宿の矢上神社に天井絵があり、なんと、小曽根乾堂(こぞ

ねけんどう)の絵があるとかで、出かけて見ました。


小曽根乾堂は、幕末から明治の人物で、NHKドラマ「龍馬伝」の長崎編で、坂本

龍馬、海援隊を援助した貿易商として描かれましたが、覚えておられる方もある

と思います。


小曽根乾堂は、同時に、書家・文人画家・篆刻家として有名で、明治政府より

璽・国璽を刻するよう命じられたことで有名です。


さて、矢上神社は長崎街道のすぐ横にあり、

Photo_3

神社入り口から見た、現在の街道。神社前に「矢上宿跡」の標柱があります。な

お、この道は一方通行ですから、行かれる方は要注意。

Photo_4 2

矢上神社は、近年建て替えをしていますが、右の看板に「矢上神社御鎮座七百

三十五年記念 社殿新築造営記念事業趣意書」が書いてあり、神社のいわれも

書いてありましたので・・・・


ざっと書くと、730年前、元寇の役の際、この地の守り神として「剣の箭(つるぎ

のや)」なって平野の平原の神奈備に天降りたまいしを鎮祠したのが始まり

上村の地名になったそうです。「箭」は、矢・矢の幹のことです。


一の鳥居の額束(がくづか)の一番上の字「箭」に見えます。二文字目は「神」な

のかな?

Photo_5

下の字、二の鳥居最初の「矢」を見てださい。矢の形をしていますが、それから、

3文字目、本来は「神」なのですが、この文字調べてもありませんでした。念の

ため、古文書専門の学芸員に聞いたところ、見た事が無く、異体字かな?とは言

っていました。

4_3

なお、調べて見ると「矢」はデザインで、洒落て書いたかと思ったら、篆刻事典に

「矢」が左のようにあり、「神」は右の字に似ているような、似てないような・・・・

Img_20150220_0001_3 Img_20150220_0002

入り口から、少し上がった所に「猿田彦大神」と、石柱が建っていまして、「猿田

彦」は、ご存じの通り、「古事記」「日本書紀」にも登場し、ニニギノミコトを道案内

した国津神で、後年、「庚申信仰」「道祖神」とも結びついています。というより、ゴ

チャゴチャになっていますが・・・旅の安全の神様とされ、旧街道を歩いていると、

良く見かけます。


祭りの先頭を行く天狗さん、あれが天狗さんではなく、猿田彦だそうです。

左が、「猿田彦大神」、右は左右に立ててある標柱ですが、片側には「矢神てふ

神の御號をば畏みて 里の標記を矢上の字とす」とあります。

Photo_7 2_2

これ見ると、「箭神」「矢神」「矢上」とあったみたいですが、調べましたが、よく分

かりません。ご存じの方は、コメント欄にご記入をお願いします。

Photo_9

参道に、変な石が埋めてあり、前に石造りの説明版があり、これによれば、「跨

ぎ石」といい、トンネル工事は大変困難があり、工事の貫通の時に出た石は、安

産、子授けに霊験あらかたという事だそうです。まあ、子供もお腹の中から、産

道を貫通して生まれてきますから・・・・


平成5年9月25日に、日見新トンネルが貫通しますが、その時の「貫通石」で、

(株)間組より奉納されたそうで、跨ぐことで、安産、子授けの願いが叶うそうで

す。私も、跨いではみましたが、まあ、歳が歳だし・・・・

Photo_10 Photo_11

神馬があったり、灯籠には可愛い鹿が彫ってあったり。奈良時代から、祈願のた

めに馬を(本物)を奉納していたらしいのですが、奉納する方も高価、貰う方も世

話が大変だと言うことで、「絵馬」とか、馬の像に変わっていったそうです。そう

ば、諏訪神社にも「神馬」の銅像がありますネ。


かの有名な、カワユイ狛犬さんです。

Photo_12 2_3

さて、ここで、神社の写真を入れたいのですが、正面から、5,6,枚撮したはず

が、写ってないんですね。これは、不思議。ひょっとしたら、お賽銭が少なかった

のかな?

かわりに、別の写真で、これなら神社の様子が、よく分かると思います。

2_4

ここを2日ほど訪れましたが、矢上神社、お父さんが宮司さん、息子さんが神主

さんのようです。宮司さんと神主さんは違いますから、お調べの程を。親切に案

内と説明をしていただきました。


この神社、本殿は宝暦3年。1753年です。拝殿が昭和14年、社務所は昭和

31年に建設され、ボロボロになっていたため、8年間をかけ、2億円を集め、再

建されたそうです。お金集めは大変だったそうです。


入り口が閉まっていたので、どうしようかと思っていたら、横に社務所があり、見

せていただき、ブログに載せたい旨お願いをしたら、快諾をいただきました。

本殿の中ですが

Photo_13

建物の材料はヒバを使っているそうですが、赤の矢印の所、明らかに他の部分

(青の所等)の材質とは違っていると思います。


この部分、立派な彫り物がしてありますが、床下に保存してあったそうで、戦

中、華美なものは避けるため、はずして保管してあったそうですが、再建する

あたり、せっかくだからということで、元のように取り付けたそうです。


外の方も、木鼻、本殿の一部も使えるものは、生かして、大切に使っていこうとい

うことで、使ってあります。

Photo_15 Photo_16

ここの天井絵は、180枚あり、一枚一枚異なった方が書いています(同じ人が何

枚も書いてもありますが)。


小曽根乾堂の絵です。「乾堂」と書いて、落款が押してあるのが分かると思いま

す。白菜ですね。

Photo_17

乾堂といえば、独特の書体を思っていましたが、下のは普通の書体でした。

2_7 3

あと、乾堂の絵が何枚かあるということでしたが、なぜ乾堂が?と思っていたら、

宮司さんの話では、乾堂は矢上に住んでいたそうです。納得。


その他、街道筋に当たるのでしょう、有名人、無名人、いろんな方が、天井絵を

飾っていました。


左は「馮鏡如」。清代の画家で、明治10年から20年にかけて長崎に往来。

右は、元長崎市長の諸谷氏の作品。

Photo_19 Photo_20

Photo_22 2_8

3_2 5

見て行くと、「和歌山縣士族従七位 三宅敏徳謹書」なんて、書いたのもありまし

たが、長崎には、外から沢山の人が来ていたことが分かります。


さて、天井絵は八坂神社を含め、3回ご紹介したわけですが、江の浦の熊野神

社の天井絵。明治39年改築時に奉納されたみたいですが、こちらも見ると面白

いですよ。こちらは、一人で(弟子ありか?)描いたみたいですが、天井絵も見る

と、興味が湧いてきますね。もう一つ、天井絵がある所を調べたので、許可があ

れば、また、載せてみたいと思います。


下は熊野神社の天井絵。

Dsc_0555

Dsc_0557_2 Dsc_0559_3

矢上神社には、まだ、面白いものがありますから、また、明日。


なお、矢上神社に行くについては、「心づくし」さんのブログで予習をしていきまし

た。ありがとうございました m(_ _)m 。→こちらをクリック




 

2015年2月18日 (水)

「今日も嫌がらせ弁当」~ttkk(Kaori)著

Photo

この本、ブログの「ttkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」に、掲載されたも

のを出版しています。


2月5日が第1刷発行、はやくも、第2刷が2月13日。この本、かなり売れている

みたいです。


弁当といって思い出すのが、前にも書きましたが、娘の卒業式の日、3年代表が

挨拶の中で、「お母さん、3年間弁当を作ってくれて、ありがとう」と言った言葉、

まだ、覚えています。


この、弁当、作るのが意外と面倒臭く、私のカミサンが病気の時、子供の弁当を

しばらく作りましたが、最後は面倒臭くなって、「日の丸弁当って知ってるか?」

「知らん」「そんなら、明日は日の丸弁当じゃ」と言って、ご飯の上に、梅干しを一

個載せて、持たしてやりましたが・・・


さて、最近キャラ弁が流行っているみたいですが、この本のキャラ弁、普通のと

違って「今日も嫌がらせ弁当」と題が付いています。もっと正確に言うと「反抗期

ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲 今日も嫌がらせ弁当」です。


キャラ弁作った動機は、高校生になった娘が、反抗を見せる場面もあり、それに

カチンときたため、仕返しの意味を込め、作り始めたそうです。


内容は、左ページに「嫌がらせ弁当」。右に、コメントが書いてありますが、このコ

メントも面白いこと。

Photo_5

左の弁当「祝」じゃなく「呪」で、上のお弁当箱、指みたいですが、ウィンナーソー

セージです。

右の写真、「早く起きろやannoy」。中・高生は黙っていれば、昼過ぎまで寝ています

が・・・頭にきたのでしょう。


娘さんも、最初はかなり抵抗があり、「ウザイウザイと呟きながらお弁当を持って

登校していましたが」、お母さんも「途中から、意地になって作り始めました。」

は言っても、3年も写真にあるようなキャラ弁作るんですよ、すごいな!

Photo_2 Photo_4

娘さんが、魚が嫌いようで、左の写真のように、豚の、しかも部位の名称まで書

いてあります。ホント嫌がらせ。


「嫌がらせ弁当とは書いてあっても、普通の弁当も作っていて、右の弁当の「さけ

茶づけ」。良く出来ていますね。赤、黄、緑の横縞は良く見ると、パブリカかな?

Photo_8 Photo_10

これが最後のお弁当ですが、「1」と書いてあるのは、弁当作りの最後の日まで

のカウントダウン。やることが、細かいですね。

Photo_12

このあと、2ページにわたって、写真が載せてあるのですが、あまり凄いので、ご

覧になりたい方は、本をお買いください。


「嫌がらせ弁当」と書いてはありますが、娘さんに対する、エール、忠告等も弁当

に書いてあり、ケンカしながらも、親子の愛情の繋がりが分かります。


最後に「反抗期ムスメより」とコメントがあり、これ読むと、母親に対する思いが分

かると思います。なお、コメントの最後の方に、




「最後に、3年間きっちりキャラ弁でしたが

お弁当ありがとうございました。


今でも私のためにやってくれたこと、すべてに感謝しています。」




と書いてあります。超推薦の本です。なお、キャラ弁のテクニックも書いてあるの

で、参考になると思います。



2015年2月17日 (火)

「初心者古文書講習会」~雲仙市愛野町

Dsc_0918

先日、初心者のための古文書講座に行ったのですが、これが二回目。一回目

は、数年前、県立図書館の初心者講座に行きましたが、これが難しい。おか

で、クーラーが良く効く涼しい部屋で、一日ゆっくり眠れましたが・・・


今回の、講座は想像したより、やさしいもので、本当に超初心者向けで、参考に

なりました。


講師は、松平文庫の吉田信也氏。

松平文庫は、島原藩主松平忠房収集のものが多くあり、前任地の知山より

移送し、日本最古の写本「蜻蛉日記」「夜半の目覚め」等、約一万冊の典籍、古

地図があり、昭和39年、松平氏から市へ寄贈されたものだそうです。


私も、以前2,3,回、見せてもらいましたが、その頃は全然興味が無く・・・

よく、大学、研究者などが調査に来ているところです。


松平文庫といっても、建物は無く、島原図書館の二階に間借りをしている状態

で、アーカイブズ(文書館・重要な記録等を保存・活用し未来に伝達する等の施

設)の必要性を言われていましたが、九州で無いのが長崎県のみ。


現在、長崎では「教会群 世界遺産」の推薦に、一生懸命で、水を差すわけでは

無いのですが、先日の新聞

Img_20150217_0004_2

これなんでしょう?世界遺産指定を何のためにするのか?これ読むと、経済効

果優先みたいですね。各教会は、経済効果抜きで、保存のために、いろいろ努

力しているのですが・・・・


もっとも長
崎県の一人当たり県民所得ランキング(出典:内閣府 県民経済計

算)で、40位ですから、無理もありませんが・・・


もっと、地道な文化保存面についも、考えて貰いたいものです。これが、いつし

か、経済効果をもたらすと思うのですが。


さて、講座で、こういう風に勉強したら、いいな、という事があったので、参考に。

最も、勉強にも、いろんなやり方がありますから、あとは、自分に合った方法で。


■くずし字を読む

「歴史」というジャンルにこだわらず、興味がある分野は何か。「書道」?「古典文

」?「歴史・日本史?地域史?古代?中世?近世?近現代?」を決めること。

ということで、一冊本を買ってきました。

Img_20150217_0002


■地域にゆかりのある古文書を読む

「土黒」と書いてあっても、島原半島外の方には、分からないと思いますが、「雲

市国見町土黒(ひじくろ)」の事で、これ、古文書に書いてあれば、島原半島の

方には、すぐに分かります。古文書であっても、自分の地域の事が書いてあれ

ば、分かる部分があるということです。

■ひらがなについて

古文書を読みとき、これが一番困難だそうで、漢字には意味がありますが、「ひ

がな」は意味を含んでいません。

また、変体仮名の存在、現在の48種のひらがな以外のひらがな、いわゆる「ゑ」

とか「ゐ」とかいう、ひらがなです。ひらがなから覚えるのは、経験上意外と難し

いそうです。

ひらがなの、くずし字を読むのは、双六、絵双紙等の読み物が良いそうで、

Dsc_0922

これ、徳川家継(?)だったかな、8歳で亡くなった、将軍ですが、そこの墓から見

つかった双六で、修復して、現在印刷をして売ってあるそうです。これで、皆で

イコロを振りつつ、遊びながら勉強しました。


御家流(おいえりゅう・武家の公式文書に採用)は、決まった文字のくずし
方があ

るそうで、形が簡素、楷書より覚えやすいそうです。


あと、キーワードを拾い上げるために、斜め読み。昔の人も、一字一字読んでい

る事ではないらしいのです。大意を推測する力を養う事。


とにかく、本物の古文書を、たくさん読むことが必要でしょう。最後に、この間、紹

介した、南串山町の「古記録抜書帳」より、コピーしてみます。クリックすると、少

し大きくなります。

Img_20150217_0003_4

赤字は右から、「日本」「死罪」「日本」「死罪」「切支丹」「切支丹」「伴天連」「江戸

江」「大村」「伴天連」{大村」「伴天連」「南蛮人」。


「切支丹」はすぐに分かりますね。緑の線は、すべて「事」、灰色の線はすべて

「之」です。


こうして見れば、「切支丹」についての文書だということが分かります。「事」「之」

は、すべて同じ書体と分かります。


あと、読むのが上手になるコツは、グループなどを作って、お互いに勉強するこ

とだそうです。皆さん方も、一緒に勉強を。読めるようになると、意外に面白いで

すよ。私?ほとんど、読めません weep



 

2015年2月16日 (月)

「山本美術館」~Valentine's Concert:(雲仙市愛野町)

Dsc02358_3

「ねえ、行かない?」と美女(カミサンとはちがいます)に誘われまして、久しぶり

に、コンサートに出かけてみました。しかも、「Valentine's  Concert」ですよ。

もっとも、美女の方、前売り券の割り当てがあったみたいですが・・・・


演奏者は、トロンボーンが柴田健一氏。元来、ジャズ奏者でNHKビッグバンド

コンテストでベストプレーヤー賞を受賞。エルビンジョーンズなどとも共演してい

るそうです。


ピアノが、九大出身で、イギリス王立音楽院ディプロマ取得で、各種コンクールで

も入賞といった、豪華コラボ。


場所は、山本美術館。できてから10年目の美術館です。

Photo

おぼろげな記憶ですが、館長さんが浮世絵が好きで、在勤中から浮世絵を集

め、定年を迎えるに当たって、念願の美術館を作られ、娘さんも学芸員の資格を

取られたそうですが、専門が浮世絵だったそうで、珍しいですね。考古学の学芸

員さんは多いのですが。

右の方が、展示室で、左のガラス張りの所が喫茶ルーム。さすが、美術館の喫

茶ルームで、コーヒー茶碗等、洒落たものが揃ってます。

2 Photo_2

夜の喫茶室も、雰囲気があって良いですよ。二人なら。

Photo_4

会場を、コンサートホールに変えたせいか、美術作品は、会場の周りに置かれて

いましたが、本来は、中央にも展示用のパネルを作ってあるようでした。

常設展示は、小崎侃(かん)さん、臥牛(がきゅう)窯(現川焼)の作品ですが、季

節展示として、広重等の浮世絵、新版画等があるようです。


なお、特別企画展として、過去に、伊東深水、栄泉、岩田専太郎、ヒロ・ヤマガ

タ、国芳、北斎、広重も実施しているようです。

2_2 Photo_5

Photo_8 Photo_9

ミュージアムショップですが、良い物がありますよ。お客さんが少ないかと思った

ら、意外と多くて、ビックリしました。

Photo_10 Photo_11

音楽も、いろんな所で聴きましたが、この程度の広さ、良いですね、何となくサロ

的で、アットホーム。演奏者がお客さんに楽器を吹かしているところです。子供

は音が出ましたが、大人は出ませんでした。これには、みんな大笑い。

Photo_12 2_3

演奏者は片やバリバリのジャズ奏者、片やバリバリのクラシック演奏家。何を演

奏するかと思っていたら、皆さんご存じの「サウンドオブミュージック」「愛の挨拶」

「翼を下さい」等、肩の凝らない、楽しい演奏会でした。


山本美術館はウチから15分程度ですが、来たのが初めてで、これくらいの大き

さと、作品の数ならゆっくり鑑賞できて良いですね。


以前、東京で「ピカソ展」があったので、行った時は、200点くらいかな、展示して

あって、人は多いし、結局、見るというより、眺めただけでした。はやり、美術品は

じっくりと、見るものですね。


現在、十周年特別企画展として「竹久夢二木版画展」を開催中で、3月29日まで

です。9月26日(土)は「あいの丘 秋の名月コンサート」を開催するそうです。山

口修さんのギターと、奥様の歌。小崎侃さんが、即興絵をするそうですから、聴き

もの、見ものですよ。一人では淋しいので、どなたかご一緒に(もちろん、私好み

の女性に限りますが) heart04


美術館の場所は、愛野町から千々石町の峠の一番高いところにあります。お隣

が、斎場になっており、葬儀がある時は、看板が出ていますから(ほとんど毎

日)、すぐに分かります。







« 2015年2月8日 - 2015年2月14日 | トップページ | 2015年2月22日 - 2015年2月28日 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ