« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2015年12月27日 - 2016年1月2日 »

2015年12月20日 - 2015年12月26日

2015年12月26日 (土)

「マイナンバーがわかる本」~週刊文春臨時増刊

Img_20151226_0002_2

皆さんの所にも、マイナンバーの「通知カード」が届いたと思います。


長崎県では、新聞によると、「県内、1割が市町に返送」という事で、理由は、「保

管期間超過」「受取人なし」、なお、「受け取り拒否」が322件だったそうです。


この本、メリット、デメリットも冷静に書いてありますが、マイナンバーがこれから

どう拡大利用されるか、読んでみて、どうも、不透明です。


本の方は、Q(質問)、A(答え)、POINT、説明、から成り立っていますが、簡単

に抜き書きすると


Q1 そもそもマイナンバー制度って何?

A1 国民の所得・資産を正確に把握し、課税逃れを防ぐための「納税者番号制

   度」

だそうで、政府は、行政サービスが、簡単に受けられると宣伝していますが、実

際は、答えに書いてあるとおりだそうです。


なお、一番心配なのが

Q4 マイナンバーにどこまで個人情報が集約されるのか?

A4 当面は住所・氏名・性別・生年月日・給与額・扶養家族の人数など。将来は

   拡大

この、「拡大」が問題で、将来的には、預貯金口座とのひも付きは、2018年から

任意で、21年から義務化されるそうで、医療記録、健康保険証と個人番号カー

ドの一体化も検討中だそうですが、もっと拡大される怖れもあり、国民生活丸裸

の状態も考えられるでしょう。


「制度導入で副業がバレてこまることも?」は「副収入は透明化され申告せざる

を得なくなる」

「『ヤオフク』『YouTube』の収入もバレる?」は「効率的な調査が可能になり、調

査されればアウト」

「OLのホステスバイトが会社にバレてしまう?」は「副収入は会社にバレる可能

性がある。だがバレない裏技も」、だそうで、身に覚えのある方は是非お読みを。

「主婦の大問題『へそくり』『パート収入』どうなる?」は「銀行口座の『へそくり』は

いずれバレる。パートの総収入も一発で把握される」

とまあ、世知辛い世の中になっていく予感が・・・


なお、個人として注意する事は、「マイナンバーの提示を求めることが出来るの

は、行政機関や勤務先」など決まっており、お店屋さんの会員、スポーツジムの

会員カードを作る時など、提示を求められたら、「きちんと断りましょう」だそうで

す。もちろん、電話での問い合わせも同様です。そろそろ、マイナンバーを利用し

た詐欺も始まっているようで、お互いに注意しましょう。


また、他人にも見せない方が良いということで、私、カミサンにも見せていませ

ん。


なお、個人カードは申請書を提出するか、インターネットで申請するのも可能だ

そうですが、「現在は利便性に比べて紛失時のリスクが大きい」という事で、「とり

あえずは様子見でいい」


腹が立つのが

Q25 マイナンバー制度の導入の費用対効果は?

A25 三千四百億円を使い行政効率をうたうが、公務員の削減はない

このお金、皆さんの税金で、めんどくさい事をして、行政改革もしないとは、国民

をバカにしているのか。


Q28 万一情報が漏れて実害がでたら、政府は補償してくれる?

A28 「今のところは考えていない」(内閣官房社会保障改革担当室)

情報が漏れて実害が出たら、一般会社では社長辞任問題ですよ。まして、サイ

バー攻撃でなく、内部流失も実際過去にあったことだし、こんな無責任な制度

ら無い方がましでしょう。


ところで、結婚式の「祝い金」、どうするんでしょう?やる方も確定申告するわけ

ではなし、もらう方も領収書をだすわけではなし。銀行に預けると税金対象になり

ますから、こっそりと、タンス預金にでも。


で、「個人カード」には写真もいるようで、免許証みたいに更新については書いて

ないようですが、マイナンバーは生まれた時から付いてくるみたいですが、赤ち

んの時撮った写真を、「個人カード」に貼るとしたら、大人になっても、そのまま

使って良いんでしょうか?


と、まあ、マイナンバーについて、分からない、心配、不安がある方は御一読を。

ところで、私の「通知カード」、どこに保管したっけ。




2015年12月25日 (金)

ぶらり千々石

Photo

ひょっと、昨年の上塩浜のクリスマス・イルミネーションの事を思い出し、夜に行

ってみたら、点灯は昨日までだったらしく、残念ながら夜の風景は見られません

でしたが、昼に写真を取っておいたので・・・


昨年の分ですが、夜の風景は→こちらをクリック

5 4

いろいろ工夫をしてあって、夜に見られなかったのが残念。来年は、クリスマス

イブの日にでも・・・

Photo_2 3_3

この間から書いていた福石様ですが、行ってみると3名ほどのカメラマン。

近所の人に聞いたら、最近、写真を撮る人が増えているとか。はやり、〆縄のご

利益か。

ただ、夕方になると水平線に雲がでる時があって、運が良ければ、大きな夕日が

撮れるのですが。今日も、夕方から雲が出て・・・

Photo_3 2

神社の大門松はライトアップ。昼の風情とは違います。寒いので、お二人で・・・

Photo_4

都会では、家にクリスマス・イルミネーションを飾る家が多いようですが、こちらも

にもありました。もちろん、個人宅です。不況で、なんとなく町が元気がなくなって

いるなか、明るくなって良いですね。

Photo_5

今日は朝から餅つき(もちろん家庭用の機械で)。昼から年賀状の印刷。今か

ら、宛名書きと、ざっとしたブログでした m(_ _)m


2015年12月24日 (木)

今年最後の「週刊誌」

Img_20151224_0001 Img_20151224_0002

週刊誌外のニュースですが、報道ステーションの古舘伊知郎氏が、来年春降板

するそうです。理由はまだハッキリしていないみたいですが、古舘氏は良くも言

われ、悪くも言われましたが、ひよっと、ブツダの言葉を思い出し、メモしていた

ものを書いてみます。                                          


アツラよ。これは昔からおこなわれていることであり、いまに始まることではない

のである。

沈黙せる者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。

世に少しも非難されない者などいないのである。

また、ただ誹(そし)られるのみの人、あるいは、ただ褒められるのみの人、という

ような人は、過去にもなかったし、未来にもないであろう。現在にもいない。


さて、本日週刊ポストと、週刊現代が発売され、ポストは2016年1月1・8日、現

代は1月2・9日合併号となっていますから、今度の発売は来年で、今日が「今年

最後の『週刊誌』」でしょう。


■「株8月に暴落?日本経済『急ブレーキ』は本当か、ウソか」

「景気はこんな感じに流れるー不動産が大変なことになるようです」、「株価1万

5000円割れ、1ドル100円と読む専門家もいるが、実際のところは」、「中国

済はドツボに、アメリカはどうなる」


■「2016年。もしかしたら日本の景気は21世紀最高になるかも」

「パフェット指数でわかる日経平均株価」、「1足3万円のランニングシューズがバ

カ売れ」、「世界経済で、いまの日本ほど安心な国はない 株価は下がる。でも

大丈夫!残念ながら(?)アベノミクスは100点満点」、「GDP兆円達成のカラ

リ」、「バブル期以上に儲けている人は多い」


ざっと、両誌の標題を拾ってみましたが、どちらが当たっているのでしょう。来年

が楽しみ。


■「あと5年頑張れば死なずに済む病気」

「特効薬、IPS細胞手術、検査機器、医療ロボットー臨床試験はもうそこまできて

いる」ということで、「肺がん、肝臓がん、膵臓がん、脳卒中、大動脈解離、心筋

梗塞ほか」について、各々説明が書いてありますが、皆さんも、あと5年頑張りま

しょう。


■「『ロゴを変えれば人気はでるかも』絶望的にズレている民主党」

執行部で、党の名前を変えようとか、シンボルマークを変えようという人がいるそ

うですが、変えたって無駄、無駄。と思ったら・・・


■「参院選『自民圧勝』大異変 共産党が『大衆党』に党名変更」

「共産党」と言えば、「共産主義」のイメージが強かったのですが、欧州において

現実路線に転換し党名を変え、それなりの成果を挙げているようですが、さて、

日本では如何に、といったところ、かな?


■「役所に申請すれば『もらえるおカネ』、『戻ってくるお金』」

「家族が認知症になった」、「家族ががんになった」、「息子・娘が失業した」、「最

近、身体の調子が不安」等々、書ききれないくらいありますから、該当の方は役

所等へご相談を。役所の人も、現在は親切に教えてくれますから気楽にご相談

を。


■「『宅配の新聞』だけに軽減税率ー大手新聞は政権に借りを作った」

新聞を自宅で取っている人は、新聞の消費者税が7%、駅のスタンド、コンビニ

で新聞を買うと10%の消費税がかかってくるわけで、新聞は「宅配」を利用した

が安くつくから、「宅配」を使った方が良いよ、という事でしょうが・・・ところで、雑

誌、本は一体どうなったんでしょう?


■「60すぎて70すぎて、80すぎて90になっても『し●い』」

「『●門』の構造・開発・刺激・液体・および●気の研究ー男よ、まずは門から入

れ」。何となく、最近、このシリーズ、医学研究書になって来たみたい。


■美熟女●V女優20名大集合『今年一番感じたプライベートS●X』

20名の●V女優の告白が書いてありますが、「やっぱり『セ●●スのプロ』との

体のぶつけ合いが一番気持ちいい」。

なにをぶつけ合うのか知りませんが、こう言われては、素人としては出る幕無し。


■「大場久美子 55歳、グアムでビキニになちゃった」

グラビアですが、55歳のビキニ姿ですよ。とても、このお歳とは思えません。オタ

クの奥様も50歳代ですか?だったら、これ見ない方が良いです。比較したら、絶

望します・・・





2015年12月23日 (水)

2015「橘神社大門松竣工祭」&「子ども会ミニ門松作り」~雲仙市千々石町

Dsc_0132_3

今日は、午前中が子ども会の、「ミニ門松作り」、昼から、「橘神社大門松竣工

祭」。


あいにくと、朝から小雨で門松の所へ行ったら、御神楽は中止、肥前千々石鉄

砲隊は協議中だとか。火縄銃ですから、雨の中では使えません。


という事で、昼から出かけたら、残念ながら鉄砲隊も中止で、お祓いだけでした。

玉串奉奠をしておられるのが、橘中佐のお孫さん、神官さんは曾孫さんです。


来年も頑張ろうと「弥栄(いやさか・今ままでよりも栄えること)」のかけ声と共に

気合いをいれて・・・また、来年。


追伸です。今年の正式な高さは、14.5m。昨年より、50㎝高いそうです。お正月

は、是非、初詣に。

Dsc_0102_2 Dsc_0135

さて、午前中の子ども会の「ミニ門松作り」です。

私の所の自治会長さんが熱心で、最近は子供たちの顔もよく分からなくなった

ということで、子ども会と老人クラブのコミュニケーションを図ろうと、一緒になっ

て、数年前から、子ども会のクリスマス会の時、ミニ門松作りをしていす。


といっても、子供が少なくなって、約60世帯の所ですが、小学生が8,9名。本日

は、サッカーの試合があるとかで、子供の参加者5名。もっとも、もっと子供が少

ない自治会もありますが・・・

Photo_2

うまくいかないところは、老人クラブの方と力を合わせて。

Photo_7 Photo_8

門松は竹を切るのが大変なのですが、ここは、自治会長さんの電動ノコギリの

登場。子供に竹を切るところも体験させたかったのですが、時間の都合もあり、

といったところで、これがあるとはかどります。

Photo_9 Photo_11

昨年よりできが良いようで、ミニ門松は小さいので、そのままでは少し寂しくもあ

り、100円ショップで買ってきた飾り物をつけて、出来上がり。

Photo_13 Photo_14

門松作りの後は、子ども会の方でケーキを作って、久しぶりに、おいしいケーキ

をいただきました。

Photo_15 Photo_16

竹の準備が、自治会長さんと老人クラブ、私が飾り物、檜の葉の準備。そして、

作り方を教えるのが、頼りない私。出来映えが心配だったのですが、子供たち

も意外と要領が良く、良いミニ門松ができ、安心しました。

Photo_18

ケーキを食べながら、普段話したこともない子供、保護者の方とお話しができ、

良いクリスマス会、ミニ門松作りでした。皆さんの所も機会があったら、是非どう

ぞ。

2015年12月22日 (火)

「おやすみ、ロジャー★魔法のぐっすり絵本」~カール=ヨハン・エリーン著

Img_20151222_0004

この本の最初、「本書の読み方の手引き」にこう書いてあります。

「【注意】運転をしている人のそばで絶体に音読しないこと」。


すぐに寝る子もいますが、なかなか寝ないで、苦労している保護者の方もいる

思います。この本、表紙の帯に書いてあるように、「たった10分で、寝かしつ

け!」と書いてあるので、買って来ましたが、考えると、我が家には小さい子供

がいるわけじゃなし・・・


あらすじは、ロジャーの兄弟が、いつもより早く眠ってしまいますが、ロジャーだ

けは眠たくなりません。そこで、おかあさんうさぎは、「あくびおじさん」に会いに行

くことを提案します。


途中、「おねむのカタツムリさん」とか、「ウトウトフクロウさん」に会いますが、「あ

くびおじさん」の所へ行って。また、帰りがけに、「おねむのカタツムリさん」や「ウ

トウトフクロウ」に会い、家に帰って無事眠る事ができます。


本は絵も描いてありますが、絵を見せるより、お話しを聞かせるほうが良いとの

ことです。

Img_20151222_0003

本には、普通の文字、色文字、太字がありますが、太字は、言葉や文を強調して

読む所。色文字は、ゆっくり、静かな声で読む所。


で、読み方の手引きを読むと、「内容はリラクゼーションを目的とした心理学のテ

クニックに基づいて・・・・」とあり、作者の経歴を見ると、「行動心理学者。スウェ

ーデンの大学で講師を務める。心理学と行動科学の知識をいかして本書『お

すみ、ロジャー』を執筆」したそうで、普通の絵本とは少し異色だと言えます。


訳者の、三橋美穂さんは「快眠セラピスト。日本睡眠学会正会員」で、寝具メーカ

ーの研究部長を経て独立をされています。


読んでいると、「足首を楽にして」、「足全部を楽にして」、「おなかと背中を楽にし

て」、「両手を楽にして。ほら、どんどん両手が石みたいにおもくなってきたわ

よ」。という所などは、催眠術のテクニック、また、自律性の訓練の時に使う技術

で、作者の経歴からすると納得出来るところです。


さて、せっかく買ったものの、どうして試してみようかと・・・思いついたのが、自分

で、指示通りに読んでみて録音し、寝る時に聞いてみてどうなるか?


で、どうなったかというと、録音している途中で、寝てしまいました。この本、どうも

子供より、大人の方が先に眠ってしまうのではないかと・・・・・gawk






2015年12月21日 (月)

2015 橘神社「日本一の大門松」竣工祭のお知らせ~雲仙市千々石町橘神社

Dsc_0025

昨日、神社の近くを通っていたら、例年の大門松の最終の仕上げ中。何しろ竹

の準備、飾りの松、檜等々を集めるだけで大変で、先月の23日、大門松建方安

全祈願祭を行い、休日毎に作業。今日見に行ったら、見事出来上がっまし

た。約1ヶ月かかったわけです。


今は、重機があるので便利ですが、

Dsc_0987_2

とは言っても、高所で竹の先を切りそろえたり、くくりつけたりの仕事で、いつ見て

も大変です。高所恐怖症の方には無理。

Dsc_0998_3

さて、今月23日(水曜日・天皇誕生日)、「大門松の竣工祭」が行われます。


昨年通り、お祓い、中学生による御神楽、肥前千々石鉄砲隊による演武が行わ

る予定です。昨年は、ゆるキャラの、あいのん、ジーオくん、ジーナちゃんも駆

つけてくれたのですが、今年はどうでしょう?餅配りもありましたが・・・


去年が、約14メートルでしたが、非公式に聞いたところ、今年は14.5メートル

で、昨年より少し高いそうですが、正式には当日測定をします。


時間は、関係者は午前10時集合、最終の飾り付けや、下に巻いている縄も締

め直すそうですから、興味のある方はお手伝いを。


本番の、お祓い等が午後2時
からになります。去年も、マスコミ関係の方がかな

り来られていたので、写真を撮られる方は少し早めに来て、準備を。

去年の分の参考です→こちらをクリック。


当日は、私の方はといえば、大門松ならぬ、子ども会での、「ミニ門松」作りのお

手伝いです。こちらはカワユイですよ。



« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2015年12月27日 - 2016年1月2日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ