« 2015年11月15日 - 2015年11月21日 | トップページ | 2015年11月29日 - 2015年12月5日 »

2015年11月22日 - 2015年11月28日

2015年11月27日 (金)

いつもでない「週刊誌」

Img_20151127_0001 Img_20151127_0002

え~、いつもは、可愛い子がグラビアに載っている週刊誌を買って来ているので

が、本屋さんに並んでなく、多分、連休で前号が合体号、スミマセン、合併号だ

たのかな?

で、今日は「いつもでない『週刊誌』」。多少、色気はありませんが・・・・


■「巷にはびこる『怪しい健康法』の真贋判定」

本屋さんにいくと、「健康法」の本がズラリと並び、どれ買う。という状態ですが、

選んだ本が本当に効果があるのか、心配なもの。

この記事で、取り上げられている本に、ベストセラー本もあり、どれが本当の事

か、ウソのことかよく分かりません。

「高血圧ならみそ汁を飲みなさい!」、「高血圧はほっとくのが一番」、「長生きし

たけりゃふくらはぎをもみなさい」、「首は絶体にもんではいけない」、「病気治療

は血液クレンジングから」、「断薬セラピー」、「『病気しらず』の体をつくるビール

健康法」、「やってみて驚いた!ココナッツオイルお口クチュクチュ健康法」、「『平

熱37℃』で病気知らずの体をつくる」。

判断はあなた次第。


■「言わんこっちゃないマイナンバー破綻前夜」

マイナンバーを送り返している方があるとか、ネットのニュースで流れていまし

た。届くのが、11月中だったはずですが、新聞によると、長崎県では島原市、東

彼杵町、川棚町が12月になるとか。このような状態では、実施が始まると、どん

な状態になるのか?

「郵便局はブラック企業化 年賀状とお歳暮の三重苦」

先日、私の所にもマイナンバーが夜遅く配達され、私、優しい性格なので、「夜ま

で大変ですね」と声をかけましたが、「通知カードの簡易書留は、普通郵便と一

緒に配達はせず、通常の配達を終えた夕方から配り始めます。・・・」だそうで、こ

れ、郵便配達の方、冬の夜の寒いのに大変ですよ。

内容を読むと、官庁の無責任さが分かります。以前の国民番号制だったか?を

考えた、アホな官僚がヒマだから考えた事でしょうが・・・


■「男にもある『更年期障害』への正しい対処方」

私、更年期障害は過ぎたのでパス。ただ、私にはあったのかな?


■「『侍ジャパン』小久保監督よもう辞めてくれ!」

■「采配ミス『小久保』株急落で”俺の出番”と笑う人」

韓国戦での逆転負け、見ていて本当に残念でした。大谷投手が85球で交替、そ

の後の逆転。もっとも、メージャーリーグが出ていませんから、金田正一氏が言う

ように、「プレミアム12」自体どうなんでしょう。


■「W先勝勝利『橋下徹』の虎視眈々」

まだ、やるつもりでしょうか?でも、

■「大阪W戦圧勝でもTVレギュラーゼロ 橋下徹のわびしい懐具合」

子供7名の9名家族ですから、家計のやりくりだけでも大変でしょう。もとのタレン

ト業の時は年収3億とも言われたそうですから、タレントに戻った方が良いので

は。


■「イスラム国『10の真実』」

■「『イスラム国』大規模テロの不穏な幕間」

■「『イスラム国と話し合え』という綺麗事文化人」

人種間、宗教間、国の利害、貧困の問題、なかなか解決しない問題。「イスラム

国と話し合え」といっても、話しあえる相手でもなし。まして、小型の核兵器を持つ

怖れもあり、日本人も被害者が出ているし、島国といっても国際社会の一員で、

知らないフリをしている場合ではないし・・・


■「腹筋が割れている ミス東大」

グラビアのページですが、割れている腹筋が載せてあるかとおもったら、普通の

服を着て踊っている写真のみ。割れている腹筋、見えません。これ、絶体詐欺で

よ。「週刊新潮」、このページの金返せ。

と、今日は色気抜きの週刊誌でした。





2015年11月26日 (木)

妻の「ごめんなさい」~リノベーション12月号「アマニズム」 

Dsc_0402

例によって、写真と今日の記事とは関係ありません。写真は千々石の氏神様、

温泉神社の正月の様子。茅の輪の前に鳥居がありますが、これは天保四年

(1833年)ですから、182年前の鳥居です。この鳥居の右側にチョットした発見

をしたのですが、これは後日。


さて、今日は木曜日で、いつもの週刊誌が発行され、いつものように週刊誌ネタ

も、と思っていたのですが、本屋さんにまだ並んでなく、メールを見ると、全国

主関白協会 天野周一会長からのコラムが届いていたので、ご紹介を。


天野会長さんの奥様と、ウチのカミサン、何となく似ているところがあり、会長の

お話には、いつも泣かされております。



★リノベーション12月号「アマニズム」

妻の「ごめんなさい」を聞いた亭主はまだいない。

「あなただけには謝りたくないっ」がその理由(笑)


最近は、コメンテイターなど、ちょくちょくテレビ出演をしている。見苦しい面体をさ

らしているが、ご容赦願いたい。過去にもテレビ、ラジオと沢山の番組に出てきた

が、愛妻は一度も見た事がない、とおっしゃる。


理由を恐る恐る聞いたが、「家でもウザイ顔をみてるのに、テレビまで何で見なき

ゃいけないの」とおっしゃった。「そりゃそうだ」と妙に納得した(笑)。妻という生き

物は、実にしなやかで強い。


全亭協(注:全国亭主関白協会、っていうか、全国恐妻協会の色が強いが・・)の

2万3千人の会員にアンケートをとったら、妻の「ごめんなさい」を聞いた亭主は

皆無であった。そう、妻は亭主に絶体に謝らない(笑)。


ある時、その理由を恐る恐る聞いたことがあるが、「あなたにだけは謝りたくな

い」とキッパリ。意味不明だが、何故か説得力のある解答であった。よそでは「ご

めんなさい」を使っているようなのだ。


そういえば、夜遅くご帰還なさった時、聞いたことがあった。「ごめんなさい、お腹

すいたでしょう」と、玄関を開けるなりおしゃる。「いいよ、いいよ、そこまではすい

な、」い、まで言わなくて良かった。


恥をかくところであった。玄関に迎えに来た飼いネコにおしゃっていたのだ。って

いうか、やっぱり本当は優しいのだ。亭主に対して厳しくあたるのは、真っ当な人

間になりなさいという、叱咤激励なのだ。


亭主よ、出来るだけ多くの人に愛を伝える人間になりなさい、という神の声だと思

わねばならない。


神は毎日試練を与え続け、それをどう乗り越えられるかを優しく見守っていらっし

ゃる。って、天野は神父様かいっ(笑)。外ではエラそうな事を言ってはいるが、家

では、「はい、奥様わかりましたっ」と言っている自分が結構好きなのだ(笑)。



さて、皆様の奥様は如何ですか、「ごめんなさい」って、言ってますか?え!言っ

てる、ウチのカミサンと替えませんか。カミサンも新婚3日目くらいまでは言って

たんですが、今では私が、「ごめんなさい」を言ってます。



2015年11月25日 (水)

「神迎え神事」~雲仙市千々石町天満宮&「古文書研究会」の算数問題&公開講座「島原ふしぎ発見」

Photo_2

昨日は、ブログをサボりました。


朝から病院、昼から、口之津の潜伏キリシタン
の「口之津連判状」がバチカン図

書館にあり、その原寸大の写真が、南島市の口之津歴史民俗資料館と、有馬キ

リシタン遺産記念館に最近展示され、後者には2回ほど見に行ったのですが、何

となくモヤモヤするものがあり、昨日は、口之津歴史民俗資料館に出かけ、館長

さんに話を聞くことができたのですが、大体の事は分かりました。


が、帰りがけ、?、がでてきて、調べていると夜。この事は、少しまとめて、来週

頃書くつもりです。多分。


夜は、9月23日に出雲へとお送りした神様をお迎えする神事。神事が終わると

直会(なおらい・神事の参加者で神事の終わりに、お神酒をいただき、飲食をす

る事)があり、帰ってきたのが夜の11時過ぎで、ブログどころではなくではな

く・・・

Dsc_0590 Dsc_0594

で、実は一昨日は、島原の公開講座「島原のふしぎ発見」を聴きに行き、その中

で、京都を中心に大学で日本仏教文化史を教えられていた、根井浄先生の「島

原の寺院と神社ー忘れられた寺院と明治初期の神社祭祀」という、話を聞くこと

ができ、やはり、専門は専門ですね。千々石にも多少関係する話もあり、勉強に

なりました。


近ごろ、歴史に興味を持つ方が多くなったのか、会場は一杯でした。

Dsc_0550_2

という事で、ここ2日間で、仏教のことを勉強し、キリスト教のことを調べ、神事に

参加したという事で、私、なにをやっているのでしょう?という感じ。


今日は今日とて、古文書研究会に参加、まあ、メソポタミア文字か、甲骨文字

いったところで、なかなか思ったように、読めませんが、今日のところで、どういう

わけか、庄屋日記にも関わらず、算術の割り算のことが書いてあり、これ、何だ

ろうと、みんなで言っていたのですが、次回にと言うことになりましたが、家に帰

って一時間くらい考えたら、分かりました。もう一度書くと、割り算です。

Img_20151125_0002_3

上の行が問題、下の行が回答です。正解は教えません。ヒントは、「和算」の事

を調べれば分かります。


と、ここまでは良いのですが、明日は病院に行って、前立腺を切るか、放射線で

すか返事をしなければならないのですが、まだ、悩んでいます。カミサンに相

談したら、「切れば」の一言。どうしたら、いいんでしょう。


【追伸】

古語辞典(全訳古語例解辞典・小学館刊)で、「神無月(かみなづき)」を調べて

いたら、「参考」所にこう書いてありました。


(参考)「な」は上代の格助詞で、今の「の」に相当し、「神の月」の意からという。

また、新酒を醸(か)み成す月とする説もある。「な」を「無」と解し、出雲に全国の

神が集まり、各地を留守にするからとする俗説は、平安時代末から生じた。な

お、この俗説により、近世以後、出雲地方では十月を、「神あり月」とも呼ぶよう

になった。


なお、蛇足ですが、神主さんの話では、早く帰ってくる神様、遅く帰ってくる神様

がいるそうですが、下っ端の神様は、後片付け等のため、遅く帰られるそうで、

ウチの神様は早いので、偉い神様だそうです。ホントかな?






2015年11月23日 (月)

「福石様しめ縄」復活!準備編~雲仙市千々石町

Photo_3

Photo_4

先日、写真を載せましたが、福石様のしめ縄がなくなって、十数年。見るたびに

寂しい思いをしていたのですが、このたび、有志が集まって、しめ縄の復活をす

ることになりました。


何でも、段取り八分ということで、昨日は準備関係で、何人来るだろうかと思って

いたら、世話役の方が頑張ったせいか、四十数名の方が集合。で、今日はなに

をやるかというと、藁をまとめる仕事。


以前、大しめ縄を作った時は、藁をよって縄を作り、それをまた、ねじり合わせ、

しめ縄を作ったのですが、この作り方は初めての経験。


なお、右の写真の左3本は失敗作。右が正解。しめ縄を作る時、これを、差し入

れていくらしいのですが、先端が、左の様に開いていると、しめ縄をギュウと絞

めますから、これでは奥まで挿入、失礼、奥まで差し入れる事が出来ず、うまい

具合に、しまっていかないそうです。先を、なるだけ細くと言うことです。

Photo_5 Photo_6

さて、これする前に、「囲炉裏(いろり)のはたに 縄なう父は」という唄があります

が、藁を細工する時、柔らかく、強くするため、藁を台の上に置いてトントンと、木

で叩きますが、この分量じゃ、何日かかることやら、ということで、道路を作る

に使う、転圧機のランマーが登場。はやり、近代の機械は早いもの。

Photo_8

という事で、半日、仕事というか、遊んで来たというか、楽しい日でありました。

帰りがけは、船人さんから、サワラを4匹もいただき、さすが、釣れたては旨いで

すね。


でもこれで、どうやってしめ縄を作るのか?十数年ぶりですから、知っている人い

るのかな?


なお、しめ縄は20メートルだそうで、人手がいるので、興味ある方は遠くの方か

らでもお越しを。なお、しめ縄作りは縁起が良く、特に、婚活、就活の方は、

いが必ずかないますから、是非ご参加を。


「かっちぇて(注:長崎弁で「加われせて」の意)」といえば、参加できます。本番は

11月29日(日)午前9時頃から、福石様付近です。なお、完成したら、またブロ

グに載せますので、お楽しみを。写真愛好家の方には、絶好の被写体ですよ。

« 2015年11月15日 - 2015年11月21日 | トップページ | 2015年11月29日 - 2015年12月5日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ