« 2015年11月8日 - 2015年11月14日 | トップページ | 2015年11月22日 - 2015年11月28日 »

2015年11月15日 - 2015年11月21日

2015年11月21日 (土)

「沙流譚」~石ノ森章太郎著★「一勝百敗の皇帝」~板野博行著

Img_20151121_0002 Img_20151121_0001

先日は、横山光輝氏の「殷周伝説」の事を書きましたが、今日は、石ノ森章太郎

氏の事です。


昨日、古本屋さんに寄ったら、左の漫画本(上下二巻)
が置いてあり、石ノ森

太郎さんといえば、私たちの時代には、「サイボーグ009」でしたが、こんな本あ

ったけと、本の帯を見ると「項羽と劉邦」とあり、なお、「『石ノ森章太郎ふるさと記

念会館』開館記念」と書いてあったので買ってきてしまいました。石ノ森章太郎氏

は1998年、満60歳で逝去されています。


この本は、1979年4月から1984年まで、小学館の「ビッグコミックゴールド」に

連載されたそうですが、発行日が不定期で、「沙流譚」は№2から№10まで連載

され、途中2年の休刊状態があるものの、9回分を発行するのに5年間かかった

そうです。


ただ、横山光輝氏「項羽と劉邦」(潮漫画文庫版)では、全12巻、こちらの方は、

上下二巻。如何にも短すぎますが、後書き(福田淳一氏・石ノ森ファンクラブ)に

よれば、「連載時に”筆者入魂のライフワーク連作”と記されたことから、綿々と続

くこの長大な『漢書』全部をマンガ化する予定だったのかもしれない。」とありま

す。


最後の所も、「ーやがては両雄(注:項羽と劉邦)相立たずの諺通りに激突して

・・・・勝者が時代の漢を築くのだがーそれはもう読者のご存じのところであろう」

と書いてありますが、最後の所が面白い部分なのですが・・・・


といっても、やはり石ノ森章太郎氏の画だけあって

Img_20151121_0003

この余白の処理なんてうまいですね。ここ、普通の漫画家なら、ゴチャゴチャ描き

込むですけれど・・・


右の本は、まだ全部読んでいませんが、最初の前書きが、秦の始皇帝、項羽、

劉邦を、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に例えて、秦の始皇帝を信長、項羽

を秀吉、劉邦を家康に例えていますが、なかなか分かりやすいです。


有名な句があるそうで、

「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 喰うは徳川」

これをもじって、

「始皇帝がつき 項羽がこねし 天下餅 喰うは劉邦」

まあ、ナルホドというところ。


石ノ森章太郎氏の漫画は、項羽と劉邦について、本で読まれた方には、物足り

ない(石ノ森章太郎さんのファンの方は別として・・・・)感があると思いますが、ま

だ読んでない方には入門書として、ちょうど良いのではないかと・・・思います。

その後、各種の本を読まれたが、分かりやすいと思う次第です。


【追伸】

確か、ボクシングか何かの選手だったかな?勝負は9回負けても、最後の1戦に

勝てば、それが勝者だといった記憶があるのですが、「一勝百敗の皇帝」です

ね。就活も、婚活も100回失敗しても、最後に一勝すれば良いんです。







2015年11月20日 (金)

「”幸せおゆっぴ~”(ハート型 湯せんぺい)」はいかが~雲仙市小浜町

Dsc_0540

小浜の「湯煎餅」は「ゆせんぺい」です。辞書には「せんべい」となっていますが、

小浜では「せんぺい」です。 


小浜の湯せんぺいについては、以前書いたことがありますが、昭和40年ころ、

角い湯せんぺいを出したところ、煎餅は丸いという先入観があるせいか、売れ

かったそうです。


今回は、ハート型の湯せんぺい。時代に合ったのか、新聞にも載ったせいか、売

れていて、カミサンが夕方行った時には残りが3個。私は午前中行ってきました

が、ドンドン作っているみたいですが、私の前にも買っている人があって、残りが

3個。


中を開けてみたら・・・左が普通の湯せんぺい、右がハート方の湯せんぺい。

Dsc_0544 Dsc_0542

包装の箱と、湯せんぺいの図柄は、小浜温泉のキャラクターマスコット、「おゆっ

ぴ~」。


 
909ae1a2



原材料は、小麦粉、砂糖、鶏卵、そして、ちゃんと入ってますね、「小浜温泉(食

塩泉)」。温泉水だから、体にもいいですよ。


ハート型の湯せんぺい、かわゆいですね。バレンタインの贈りもの、チョコレート

ばかりなので、こんなんも良いでしょう。「ねえ、わたしのハート囓って」。男子は

胸キュンです。


手をかけるなら、チョコレートを溶かして、ハートの湯せんぺいをくぐらせ、適当な

トッピングをすれば、人とは違ったプレゼントができると思います。なお、ハートは

大きいので、見栄えがしますよ。箱にⓈと書いてあるので、ⓂとかⓁもあるのか

な?


売ってある場所ですね。小浜バス停のすぐ裏の、せんぺい屋さんです。すぐに分

かります。


2015年11月19日 (木)

「その痛みやモヤモヤは『気象病』が原因だった」~渡邊章範著

Img_20151119_0001 Dsc_0531

先日のNHKの「あさイチ」で、天気と体調の話をしていたようです。用事があった

ので、最初だけしか見ていませんが・・・・と思い出したのが、上の本。

私の父も、「今日は頭が痛いから、雨が降るな」と言って、良く当たっていました。


女性の方も、天候によって体調が悪い方もあるようですが、私も低気圧の時は

体調が崩れる時があるので、スマホにアプリの気圧計をいれて、時々チェックを

しています。「頭痛予測アプリ」というのもあるそうで、これも、気圧を利用してい

るそうですが。


気象といえば、気温、湿度、気圧がありますが、この変化が厳しいと、体の調整

が追いつかなくなり、自律神経が乱れ、体に悪影響が出るそうです。


著者は、専門が高血圧で、内科、整形外科、皮膚科、心療内科、小児科、リハビ

リテーション科などの総合診療医だそうですが、この本は5章から成り立ち、


第1章 その痛みやモヤモヤは、天気のせいかもしれない

第2章 なぜ、気象の変化で痛みやモヤモヤが起こるのか

第3章 「気象病」を引き起こす気象条件とは

第4章 痛みやモヤモヤを緩和する、症状別の対処方

第5章 気象の変化に負けない、自律神経の整え方・鍛え方


第4章では、痛みの気象病、モヤモヤ症状の気象病、気をつけたい症状の気象

病、気になる症状の気象病、と症状別の対処方などが書いてあります。


第5章では、著者のクリニックで行っている、「はあとリハ」という自律神経を整え

える、リハビリ・プグラムを自宅でもできるように、アレンジしたものが紹介されて

ますが、簡単なので、皆さんも良かったら試して見てください。


ただし、健康については、持続が大切なので、私みたいに3日坊主に終わらない

ように。

非常に分かりやすい本ですが、あまり気象、気象と言っているとストレスになり、

自律神経がみだれるので、まあ、こんなものかと参考書として、気楽に読んだ方

が良いかと思います。





2015年11月18日 (水)

飲みくたびれて「週刊誌」 付録:造影検査体験

Img_20151118_0002 Img_20151118_0003

「飲みくたびれて」は、酒の事ではありません。これは、付録の方で説明します。


週刊誌というくらいですから、一週間に1度発行されます。週刊ポストと週刊現代

は水曜日同時発売ですが、連休などの時は合併号になりズレる事もあります

が・・・ブログネタも、そうそうあるわけじゃなし、今日も週刊誌をネタに・・・


■「あなたの知らないケータイ料金 不公平で不透明なカラクリ」

ケータイ電話の料金、本当に分かりにくいですね。契約をするとき、しつこく聞く

のですが、請求書を見ると?というところがあり、また、買ったときに、必要でない

有料アプリが付いていたり(すぐ削除しました)で、黙っていると、料金を取られま

す。もっと、ケータイ料金、分かりやすくならないんですかね。


■「医者が選んだ『胃カメラの名医』120人」

「あれ?『オェッ!』とならない」、「『口から』より『鼻から』のほうが楽」。

胃の検査には、バリュームを飲むのと、胃カメラを呑むのがありますが、以前書

いたように、私は胃カメラを呑みます。以前は胃カメラの管が太く、苦しかったの

ですが、今は細くなって楽になりました。

なお、鼻から入れる胃カメラもできたとか、何となく、気持ち悪いようですが、意外

と楽ということで、お近くの病院にも入ったそうで、今度、それで検査しようと思っ

ています。

「名医」ですね。長崎県のお医者さんは載ってないかと思ったら、3名載っていま

した。これは、雑誌で各自確認して下さい。


■「ジェネリックを使わない医師の『意見』と『根拠』」

最近、医者、薬剤薬局にいくと「ジェネリック」を勧められますが、国民医療費を

削減するためでもあるようですが、厚生労働省の意識調査では、病院勤務の医

者のうち54.9%がジェネリックに対し「不信感がある」と回答しているそうです。

どちらを選ぶかはあなた次第。


■「もし『生まれ変わったら、絶体入りたい会社』」

見たら、ほとんど一流会社ばかり、これじゃ就活やっても無駄でしょう。それに対

して、


■「大企業のイジメに負けなかった『町工場の物語』に落涙」

中小企業、町工場でも素晴らしいところがあります。就活している方は、是非お

読みを・・・


■「今度は橋下と急接近の安倍総理の『支持率ほしい病』」

おや?橋下さん、まだ政界にいたんですか?要するに、この次の選挙のため

「橋下パンダ」が欲しいのでしょう。


■「予算別『入りたい老人ホーム』ベスト100」

私も、どうせ老人ホームに入る身でしょうが、ベスト100の中に長崎県の施設は

入っていませんでした。やはり、自分で探さなくっちゃ、ですかね。


■宣伝の所ですが・・・

「ヘンリー塚本作品 人生は卑しき○ル○ドラマ 熟女傑作三部作」。

謳い文句はどうでも良いのですが、宣伝の女性、凄い熟女ですよ。「三十路」、

「四十路」、「五十路」合わせて、全39話。10,000円。

この宣伝の女性が出演しているなら、買ってもいいな。「完全梱包にて中身が分

からないようお届けします」。如何ですかご同輩。ただ、モザイク入りでしょうが。


■「大好評シリーズ第4弾 60すぎて70すぎて、80すぎて90になっても『した

  い』」

「まさに迷宮そこは神秘の宝箱」、「新発見!女性外○○の『奥と裏側』をたのし

む」、「『奥』はこんなふうになっていた」、「『裏側』をどう攻めるか」、「見たことの

ない『ミステリアゾーン』に踏み込む」。何となく大人の「○教育」の教科書みた

い。


■「死ぬまで○E○ 新・○生活の知恵 2016」

「完全無修正、無料○ロ動画の最新情報」、「こんな美女が!?進化する美熟女○

Vの世界」、「『60歳でも仁王立ち』の人が飲んでいる○倫サプリ」、「妻には内

で『○室ビ○オ』の快楽」。

なお、60歳の方は現役のA○男優さんだそうですが、「マカ」を飲んでいるそうで

す。お医者さんと相談の上、お試しください。


■巻末グラビアですが

「五月みどり『34歳の初ヌード』。34歳ですね。良いですよ。

「アテネ『新体操代表メンバー』奇跡のフルヌード」。はやり、鍛えている方は、体

の線が違います。

「『日本一の○首』をもつ女」。まあ、好み次第でしょう。

「今では見られない『幻のテレカ』を発見!」。一時、テレカ時代がありましたが、

そのテレカに女優さんが印刷されていますが、鈴木京香さんがカネボウ。夏川

結衣さんがユニチカ。松嶋菜々子さんが朝日化成。当時は「松嶋菜菜子」。設楽

りさ子さんが三菱重工。面白いのが、由美かおるさん。「露出度の高い衣裳と発

行元のギャップが話題となった」。発行元は「北海道漁港協会」。横に「漁港愛護

運動10周年記念」となっています。中古市場では高価でやりとりされているそう

です。


【付録】

今日、前立腺ガンの位置を調べるため、「造影検査」を受けてきました。CT検査

になりますが、途中「ヨード造影剤」という注射液を打ちます。


ただ、副作用に個人差があり、全く症状がない人も多いそうですが、人によ
って

は、軽くは、吐き気、ジンマシン、かゆみ、クシャミ。重いと、呼吸困難、血圧

下、ショック、意識消失等あるそうです。最初、少しばかり注射液を打ち、様子

を見て全部入れます。一応説明は受けましたが、全身これ熱ぽくなり、これな

ら、真冬でもカイロはいらないなと。


あと、30分ばかり状況を見て帰宅しましたが、上の症状は数日後に現れること

もあるとか。「あまり神経質になることはありませんよ。小便で薬が体の外に出る

ので水分を沢山とって下さい」。とのことで、家に帰ってから、週刊誌をチェックし

ながら、水を大量にのみ、便所に行ったり来たりで、今日のお題は(水)を「飲みく

れたので『週刊誌』」でした。おそまつさまでした (*゚▽゚)ノ





2015年11月17日 (火)

爆読!「殷周伝説」~横山光輝著

Dsc_0528_2_4

横山光輝さんといえば、私たちの世代では「鉄人28号」の時代でした。


たしか少年雑
誌の「少年」に連載されていたと思いますが、その横山光輝さん

が、「三国志」、「項羽と劉邦」、「水滸伝」など、中国の歴史に関するものを描こう

とは思っていなかったのですが・・・


私の偏見から、まあ、そうたいしたものではないな、と思っており、「三国志」、「項

羽と劉邦」、「水滸伝」などは、数種類読んでいるし、と思っていたのですが、「殷

周伝説」については、聞いた事がなく、店頭で第1巻を読んだら面白く、全12巻

(潮漫画文庫)を買って爆読。


話は、ざっくり書くと、殷の紂王が妲己という妖怪に取りつかれた女性の色香に

惑い、言われるままに残虐な行為をおこない、政をおこない、民は貧困に泣き、

これを、商が滅ぼすという物語ですが、12巻もある事を見れば分かるとおり、山

あり、谷ありの物語で、ご存じ、「太公望」が軍師として迎えられ、妖術、幻術あり

で、面白く爆読してしまいました。


さて、この本が面白いのが、もう一つ。後書き。これは、「編集部」が書いたもの

ですが、横山光輝氏が参考にした本など、多少内幕なども書いてありますが、簡

潔に良く書かれたもので参考になると思います。この中で、さかんに「封神演義」

とやらの本が出て来ており、さっそく買いました。今から読むところですが・・・


太公望については、宮城谷昌光氏の本も面白く、上下3巻ですが、太公望の描

き方も違っておりますので、合わせてお読みください。
       
Img_20151117_0002 Img_20151117_0001

なお、他にも各種の本が出ていますが、後書きにいろいろ出てきますので、ご参

考に。






« 2015年11月8日 - 2015年11月14日 | トップページ | 2015年11月22日 - 2015年11月28日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ