« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »

2015年8月30日 - 2015年9月5日

2015年9月 5日 (土)

「ひとつの言葉」覚書⑤~まとめ(最終回)

Dsc_0837


今日の話とは、関係ありませんが、寅さんで思い出したので。第20作「男はつら

いよ寅次郎頑張れ!」の大竹しのぶさん。1977年作ですから、20歳の時で

す。


今まで書いた事で、少しまとめたいと思います。


①「一つの言葉」の原形は、Aパターン?Bパターン?

第一回で、二つのパターンの詩を紹介しました。

その折、ネットの学校関係、一般の方のブログの事を紹介しましたが、合計20

のうち、に分けると、


Aパター
ン。一般の方が、平成20年、平成22年、平成23年、24年(2名)。

校関係が、平成24年(2校)。


Bパターンが、一般の方が、平成
23年、平成24年(3名)、平成27年。学校関係

が、平成18年(但し、ネットからの引用)、平成21年、平成24年(3校)、平成25

年(3校)。


一昨日書いたように、これは大体の推定ですが。伊奈教男氏の本から考えると

昭和35年~昭和45年の間。藤田渓山氏の本と淀川長治さんの出会いから考

えると、昭和40年~42年以前に、この詩の存在が考えられ、もちろんAパター

ンの方が先に作られたことが分かります。


なお、私が聞いた、お坊さんは大学が45回生で「45(死後?)の会」を作ってい

ると話されて、自死された方は、そんなに昔の事ではない、という感じのお話でし

たから、これは少し無理のある話かと思います。


なお、ネット、ブロブの利用者の増加も関係すると思いますが、大体、平成20

年過ぎから、学校関係を中心にBパターンが現れてきたのではないかと推察出

ます。


②誰が作ったか?

これについては、全く分かりませんが、「レファレンス協同データーベース」を見る

と、調べた本が、「淀川長治の遺言」「風の声・竹の声」「詩歌全集」「谷川俊太郎

詩集」「白秋全集」「日本名言名句の辞典」「現代仏教法話大辞典」「鳥の歌ふた

たび」「秋田人名辞典」「秋田大百科」「秋田県紳士録」「名言名句集成 日本編」

「世界慣用句辞典」「世界の故事・名言ことわざ総解説」「世界慣用句辞典」「秋

田県の名僧」「仏教名言辞典」「実用解説布教名言大辞典」等々で、まあ、これだ

け調べても分からないということでした。


ただ、伊奈教男氏、藤田渓山氏、そして私が話を聞いたのも、お坊さん。なに

か、お坊さん繋がりみたいですね。ただ、宗派、学校は違っていますが・・・・・

藤田渓山氏。「若い男」が誰か書いて欲しかったナ。


③「男はつらいよ」

ブログを見ると、「男はつらいよ」に出ているという話が、あちらこちらのブログに

載せてありますが、作品名までハッキリ書いたものはありませんでしたが、昨日

書いるので、これは省略します。


さて、今回いろいろブログなどを読んでみて、はやり他のブログの引用が多いで

すね(私も時々やりますが・・)。ネットは便利なようで、誤りを拡散します。この詩

の「北原白秋作」がそうで、手はかかっても、出来るだけ、自分で調べる癖をつけ

ましょう。「一つの言葉」の作者は「北原白秋」ではありません。絶体に!


お寺で聞いた話から、調べ始めたことですが、
「男はつらいよ」のDVDを数十本

見たり、秋田県立図書館から、藤田渓山氏の本を借りて(郵送ですが)調べました

が、ここらあたりが限界でしょう。今回はハッキリした結論、特に作者が誰か分か

らなかったことが心残りですが・・・・


最初書いたように、「一つの言葉」について、細切れの情報ばかりなので、調べ

て一応まとめたつもりです。今回はここらあたりで終わりにしたいと思います。た

だ、細々とでも調べ続けるつもりですが・・・・





2015年9月 4日 (金)

「ひとつの言葉」覚書④~淀川長治さん・山田洋次監督そして「男はつらいよ」

Photo

昨日は中途半端に終わって、ゴメンチャイ。


さて、「淀川長治の遺言~荒井魏(たかし)著」で、淀川長治さんが山田洋次監督

に好きな言葉がある、という所まで書きましたが。


「ある時、僕が『好きな言葉があるんだよ』と言ったら、山田さんが『どんな言葉で

すか』と言うから、『秋田のお坊さんから聞いた言葉なんだよ』と言って話しまし

た。それは『一つの言葉でけんかして、一つの言葉で仲直り。一つの言葉でお

じぎして、一つの言葉で泣かされた』というのね。・・・・そんな話をしてしばらくし

から、寅さんの映画を見て驚いた。あのダンゴ屋さんの突き当たりのところの額

に、『一つの言葉でけんかして・・・・』と、僕の言ったことが書いてあるのね。」


この「秋田のお坊さん」が、昨日の藤田渓山氏のことですが、他に「映画少年・淀

川長治~荒井巍著」にも、同様な事が書いてあり、淀川氏は昭和23年(1948)

に「東京映画友の会」を作り、今でも活躍しているみたいですが、この中に・・・


「『友
の会』で、しばしば長治が子どもたちに語って聞かせた言葉があった。秋田

の蒔田渓山という人の詩であった」という事で、「一つの言葉」が書いてあり、「あ

るとき、映画を見て長治は驚いた。そのセットの家の奥の壁に、この詩が書かれ

た額が飾ってあって、それが映し出されたのだ。」


とありますが、昨日書いたとおり、「蒔田渓山」ではなく、「藤田渓山」。多分、同じ

ような字だから、「藤田」を「蒔田」と勘違いしたものでしょう。


なお、「淀川長治自
伝」にも、「私は秋田の蒔田渓山というお人の言葉の詩を知

った。」と書いてあります。が、残念ながら、藤田渓山氏の詩でもありません。


さて、この藤田渓山氏と
淀川長治さんが、いつ頃出会ったかについては、どこに

も書いてありませんが、同「淀川長治自伝下」に「今から二十年くらい前の事だ

が」と言うことで「一つの言葉」を紹介しています。


この本が出版されたのが、1985年。この言葉通り
だと、1985年-20年です

から1965年(昭和40年)頃のことだと思われます。


また、「『友の会』でも、これ(注:一つ
言葉)を伝えた。今日まで二十年ちかくこ

の詩を若い人に伝えた。」ともありますから、伝えたはじめも、昭和40年くらいだ

と思われ、この頃、藤田渓山氏と出会ったのでは?


藤田渓山氏は、昨日書いたとおり、映画界にもいた形跡があり、また肩書きを見

ると秋田の名士であり、淀川氏は全国で講演をしていますから、秋田での講演

会のときに出会ったのでは・・・・?


さて、「男はつらいよ」の話です。

映画にこの言葉が出ているというので、「男はつらいよ」を初めから見ていって、

第9作、昭和47年(1972)「男はつらいよ柴又慕情」に初めて出ており、次作「男

はつらいよ寅次郎夢枕」、「男はつらいよわすれな草」には貼ってなく、その後、

「男はつらいよ私の寅さん」、「男はつらいよ寅次郎恋やつれ」には貼ってあり、こ

のあたりまで見ると、もういささかゲンナリして、後は全部貼ってあることにし

て・・・・


上の写真、映画で見ると、字がよく読めなく、「寅さん記念館」にセットがそのまま

あるとかで、東京まで確認に行くわけないでしょう。ネットで調べるとありました。

Img_02681_2

で、この貼り紙については、淀川氏が、「ビックリして山田監督にそれを聞くと、あ

れはセット係か小道具係がいつのまにか貼っていたのですよ、という事だった

が、しかし山田監督があの詩を好きだったからに違いない。」(淀川長治自伝

下)。というのが真相だったという事です。題が「言葉は心」で異なっていますが。


この、「中國のある僧侶の言葉より」と「東和会」「東和同友会」「東和協賛会」が

気になり、「東和会」なるものに訊けば「一つの言葉」について何か分かるのかと

ネットで調べると、ほとんどが、医療法人。これは関係無いなと。


仕方なく、寅さん記念館へと電話

「あいよ寅さんだよ、私生まれも育ちも葛飾柴又です、帝釈天で産湯をつかい、

は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と発します。ところで用事はなんだ

い?」という事もなく、ごく普通に、「セットに一つの言葉が貼ってあり、東和会と

書いてあるが、東和会について知りませんか?」と尋ねると、残念ながらでした。


ここで、調べたり、悩んだりで、再度「男はつらいよ」を見ていたら、ありました。

Photo_5

「東京和生菓子商工業協同組合員」。ネットで、東京和菓子協会があるので調べ

ると、「東京和菓子協会(東京和生菓子商工業組合)」とあり、これなら「東和会」

になりますが、この看板、本物かどうか?


の画面は、寅さんが不動産に部屋を探しに行く部分ですが、「同組会」の文字

はほとんど一緒です。多分、映画の小道具さんが書いたのでしょうが・・・・


という事で本当に、「男はつらいよ」に「一つの言葉」出てくるんですね。

Photo_7

さて、書き忘れがあり、また、くどくど書きすぎて、分かりにくかったかと思います

で、明日は少しまとめてみたいと思います。

Photo_8


2015年9月 3日 (木)

「ひとつの言葉」覚書③各種の本より

Img_20150903_0003 Img_20150903_0002

さて、前回は、国立国会図書館の「レファレンス協同データーサービス」の事を書

ましたが、その中で、キーワードとなる言葉を元にいろいろと調べたわけです

が。


まず、

■伊奈教雄氏

大正6年9月(1917)、愛知県西尾市生まれ。大谷大学専門部卒業。

安楽寺の住職(この本では前住職)、保護司、教誨師。


著作が3冊有り、「一つの言葉」はこの「風の声・竹の声」(昭和61年・1986年

出版)に載せてあり、昨日のリファレスと同じ事ですが、「人間疎外」という題で、


「息子たちが大谷大学の学生
の頃、夏休みに村の子供たちを集めて、寺の本堂

で子ども会をしたことがありました。

一つの言葉で 喧嘩して

一つの言葉で 仲直り

(以下略しますが、第一回目に書いた、Aパターンの詩です)・・・・・・」


伊奈氏は大正6年(1917)生まれですから、結婚が大体27歳くらいとすると、息

子が「大谷大学の学生」で、これも大体20歳の頃とすると、

1917(生まれ)+27(結婚)+20(息子・大学)とすると、1964年(昭和39年)

余裕をもって、昭和35年~昭和45年頃には、この詩が存在していたと推定でき

ます。


なお、ご自分で作られたのか、人の言葉かは書いてありませんが、後書き
で、

「・・・私が今日まで読んだ本の中から、特に記憶に残ったことや、教えられたこと

などこのまま紹介しました。あるいは多くの方々からお聞きしたことなどそのまま

頂きました。また、私自身経験したことなども自由に書かせて頂きました。」

とありますから、どちらとも言えないですね。


YouTubeで、江原啓之さんの「あなたが感動した言葉」のコーナーで、この詩を朗

読していますが、投稿者は石巻にボランティアで小学校に行った時、この言葉を

掲示板で見たそうですが、画面のタイトルは、「伊奈教雄『一つの言葉』を江原啓

之が朗読」となっており、もちろん学校関係ですから、Bパターンの詩でしたが、

一寸気になる所でした。


■藤田渓山氏

明治36年(1903)秋田市土﨑港生れ。

臨済宗大学(現花園大学)卒業。臨済宗海禅寺住職。秋田県演劇文化協会長。

秋田県社会教育講師。秋田市社会教育講師。秋田市会議員。秋田県公害審査

会委員長。秋田市交通事業運営協議会委員長。秋田ヒューマン・クラブ会長を

歴任


なお、昨日のリファレンスにおいて、「秋田人名大辞典 第2版」の中に、「京都の

大学で学んだ後、日活映画に入社していたこともあり、映画とも無縁ではなさ

うであること・・・・」とあります。


この詩は、氏の著作「鳥の歌ふたたび」(昭和48年・1973年)に載っており、「秋

田県民性と接人態度」とあり、秋田県人(今は違っているでしょうが)が他人に接

する時、ヘタなところがあり、「秋田市のタクシー協会が、どうかして運転士の無

返事くらいはなおさなければならないと」、講習会に呼ばれたそうですが、そのお

り、この詩の事を話し


一つの言葉で喧嘩して

一つの言葉で仲直り

一つの言葉にお辞儀して

一つの言葉に泣かされた

一つの言葉はそれぞれに

一つの心を持っている

というだれか若い人の詩があったとおもいます。』と、私は話を結んだように覚え

ている。」という事で、「若い人」が誰なのかは、ハッキリしていません。


ただ、一番最初に「・・・・どんなことを話したのか、かたっぱしから忘れてしまって

いるが、思い出すままここに書きとめて置くことにする。」と書いていますが、前文

の「秋田市のタクシー協会・・・」の後の方に「六年前だったが、その講師として私

に出てほしいと・・・・」とあり、この本の出版が昭和48年(1973)ですから、額面

どおりならば、講演会が開催されたのが昭和42年(1967)になりますから、これ

前に、この詩が存在したことになります。


■丸山浩路氏

昭和16年(1941)新潟県長岡市生まれ。明治大学卒業。平成22年没。

日本で初のプロの手話通訳者で、NHK「手話ニュース」のキャスター。もみあげを

のばして、独特の手話をしていましたから、覚えている方もあるかと思います。


氏の著作「本気で生きよう!なにかがかわる」の中にこの詩がでてきます。た

だ、これが自分で作ったものかどうかは明記してありません。


「言葉は人を殺すこともあります。だからこそ大事に扱いたいじゃありませんか。

ひとつの言葉で喧嘩して、ひとつの言葉で仲直り。(以下略しますが、Aパターン

の詩です)・・・・・・」


作者が丸山氏は、少し無理な線かな?これだけ有名で素晴らしい詩だったら、

丸山氏の名前が出て来ると思うのですが・・・・・何か気になる存在です。

Img_20150124_0001 Img_20150128_0005

■淀川長治氏

言わずとしれた、淀川長治氏です。

この詩については数冊の本に見られる事ができ、「淀川長治の遺言~荒井魏

著」。


「ある時、僕が『好きな言葉があるんだよ』と言ったら、山田(注:山田洋次監督)

さんが『どんな言葉ですか』と言うから・・・・


スミマセン o(_ _)oペコッ 今から、通夜があるので、続きは次回・・・・・いよいよ、

寅さんの登場です。





2015年9月 2日 (水)

「ひとつの言葉」覚書②~国立国会図書館「レファレンス協同データーベース」より

Photo Photo_2

さて、昨日に続いてですが、この「ひとつの言葉」を誰が書いたのか?


ネットを見ていたら、国立国会図書館の「オンラインサービス」の中の、「レファレ

ンス協同データーサービス」で、この「ひとつの言葉」がひっかかり・・・・・


「レファレンスサービス」は以前にも書きましたが、図書館で、「こんな事書いてあ

る本ありますか?」と尋ねると、図書館の司書さんが、該当の本を探し、紹介して

くれるサービスですが、国立国会図書館で公立図書館、大学図書館、学校図

館等のレファレンス事例を検索できるようにしたらしく、上がその画面です。


興味ある方は、国立国会図書館のホームページから、電子図書館を選べば、オ

ンラインサービスが出てきますから、その中で、「レファレンス協同データーベー

ス」をクリックして検索に「一つの言葉」で検索をすると、一番上から2つに該当

る事例が出て、上の写真になります。ちなみに「ひとつの言葉」では見つかりま

せん。「一つの言葉」です。に良く調べたなというくらい調べてあります。


まず、一つ目です。関係の所だけ、「一つの言葉(谷川俊太郎の作だと思う)と

いう詩をさがしている・・・・・教育関係の本で見た。」という質問ですが、それに対

しての回答ですが、クリックすると少し大きくなります。


要点は、ネットで掲載は多いが、出典、作者は分からないか、ふれてないのが大

半。映画の「寅さん」のセットにあった。「淀川長治の遺言」に「秋田のお坊さんか

ら聞いた言葉だよ」と言って、「一つの言葉を紹介した」。伊奈教雄の「風の声・竹

声」のなかで、夏休み子供を教えた事がある、と言うのが概略です。こちら

市川市の中央図書館の回答になります。

Photo_3

もう一つの質問は、「淀川長治の評伝『映画少年・淀川長治』の中に『秋田の蒔

田渓山というひとの詩であった』と書いてあり」、という事で、原著者の正確な情

を知りたいというもの。


回答としては、「蒔田」ではなく「藤田」ではないかということ、また、タクシー協会

の講演会で、この詩を紹介し、それは「誰か若い人」の詩である事が、藤田氏の

書著「鳥の歌ふたたび」に書いてあるということ。


なお、この藤田
渓山は、淀川長治の「秋田のお坊さんから聞いた言葉だよ」の、

お坊さんの事になるのですが・・・・下は回答の部分だけ載せました。

Photo_5

ここらあたりをヒントに、調べていったわけですが・・・・・


リファレンスの回答については、全くその通りなのですが、
明日は、今日出て来

た、伊奈教雄氏、藤田渓山氏、淀川長治氏について、もう少し詳しく検証など

を・・・・ホント、しつこい私。




「ひとつの言葉」覚書①~2種類の詩

Photo

今日のブログとは、全く関係ありませんが、愛野駅でもうすぐ「ロマンティク・ウエ

ディング」がありそうなので、一応写真を載せました。昨年の分です。


さて、「ひとつの言葉」という、詩or言葉があります。皆さんも、読めば思い出すと

思います。


この言葉について、以前触れたことがあります。自死した方の日記の最後に、こ

の言葉が書いてあったということです。→こちらをクリック


で、何でも調べないと気がすまない私。すると、いろいろありまして、少し情報が

綜し、ネットでみると情報が細切れになっているので、半年ばかり調べ分かっ

た事を書いてみたいと思います。結局詳細は分からなかったので、調べた分で、

「覚書」としました。


この「ひとつの言葉」には、2種類あり、Aパターン、Bパターンとします。



Aパターン

ひとつの言葉で 喧嘩して

ひとつの言葉で 仲直り

ひとつの言葉で 泣かされて

ひとつの言葉で あやまった

ひとつの言葉は それぞれに

ひとつの言葉を もっている


Bバターン

ひとつの言葉で 喧嘩して

ひとつの言葉で 仲直り

ひとつの言葉で 頭が下がり

ひとつの言葉で 心が痛む

ひとつの言葉で 楽しく笑い

ひとつの言葉で 泣かされる

ひとつの言葉は それぞれに

ひとつの心をもっている

きれいな言葉は きれいな心

やさしい言葉は やさしい心

ひいとつの言葉を 大切に

言葉を 美しく



ネットで、調べると、学校関係が授業、研修会、学校だより等
で、使っているのが

が分かります。


学校関係を10校ばかり調べると、Aパターンが2校、Bパターンが8校。

一般の方のブログでは、10人のうち、Aパターンが5名、Bバターンが5名。た

だし、一般の方の中には、学校の授業参観で聞いた方もおられます。


地域は、一般の方は分かりませんが、学校関係は、福岡、長野、大坂(2校)、山

梨、山口(2校)、あと不明と、どちらかというと西日本が多いみたい。


で、作者が「北原白秋」としているのが、14名。圧倒的に多いのですが、何という

詩集に出ているのか、記載してあるのは一つもありません。あと、谷川俊太郎1

名。残りは不明。


学校では一校のみ、「白秋とあるが、白秋には同じタイトルの別の詩があり、寅

さんの映画(男はつらいよ)、淀川長治さんの『好きな言葉』に挙げられている」と

いうのがあり、淀川長治さん、寅さんのことは、後で触れますが、これは一つの

キーポイントになります。


一般の方では、作者不明とし、「白秋に同じタイトルがある。宗教家伊奈教雄『風

の声 竹の声』にでている 映画の評論家淀川長治さんの『好きな言葉』にでてく

る」とありましたが、これも後で触れます。


さて、北原白秋作との記事が多いのですが、調べようにも、田舎の図書館には、

「白秋全集」も置いて無く、何という題の詩集かも分からず、結局は「北原白秋記

念館に電話。


「『ひとつの言葉』について調べているのですが、白秋が書いたという話なのです

が・・・・」

「以前にも何回か問い合わせがあり、調べましたが、その詩はありませんでし

た。」

「同じような題『一つのことば』というのはありませんか?」

「調べてみます」、ということで、待っていると翌日、丁寧なメールが届き、「今まで

何回か問い合わせがありました詩で、北原白秋の詩ではない事は確かです・・

一時かなり調べましたが、やはり分からず今日に至っております。

お尋ねの件ですが、北原白秋の詩に『言葉』という詩があります。


「言葉」

言葉かわい

綺麗な魔物

小さな魔物・・・・・・

※詩の一部ですが、結構長く続きます


収録は、童謡集「祭りの笛」。大正16年10月 アルス刊」、ということでした。


さて、Bパターンの詩は説明的で、冗長的すぎるのでは?ただ、学校で教えるに

はわかりやすいと思いますが。多分どこかの先生が付け加えたものでしょう。


学校関係は、研修会が多く、どこかの講師の先生がそれを教え、特に学校関係

に広がっていったと思います。


ネットで「ひとつの言葉」と検索すると、最初に「Yahoo!知恵袋!」がヒットし、「北

白秋の詩でしょうか。教科書にも載っているらしいですね。」と詩を引用してい

ますが、よく見ると、これも別のブログからの転用。


ネットを見ると、あちらこちらで、他のブログからの転用が多いようで・・・転用する

にしても、一応自分でお調べのほどを。私のブログも、時々間違っていますか

ら、ご注意を。


以前にも書きましたが、私の知人(学芸員)が大学の授業の最初に、いわれた

言葉が、「すべての学説は信用するな」だそうで、特にネットで調べ物をするとき

は、ご注意を。


多分「『ひとつの言葉』
覚書」は、3,4回に分けて書きますので、よろしければお

合いのほどを・・・「男はつらいよ」もでてきます。





2015年8月31日 (月)

「親父衆」★大友克洋・寺田克也外~青少年は読まない方が・・・

Img_20150831_0001_2 Img_20150831_0002


「親父衆」であって、「親父臭」ではありません。


最近、「親父臭」に萌える若い女性が増えているとか。「親父臭」がした途端、「あ

なたが望むなら~私何をされてもいいわ~」という感じになるそうで。残念ながら

私、無味、無臭、無趣味で、その恩恵にはあずかった事はありません。できれば

すこしお裾分けを・・・


さて、「親父衆」、33名のイラストレーター、漫画家が参加し、各々2ページ分を

担当して書いています。以前「おじさん図鑑」を紹介しましたが、おじさん図鑑は

どちらかというと、カワユイおじさんでしたが、「親父衆」は現役のオヤジが書いて

いるので、実感が伴ってリアルです。女性(おばさん?)作家もいますが・・・


題に「青少年は読まない方が・・・・」と書きましたが、これ、私が言った事ではな

く、最初のページに次のように書いてあります。


「賢明なる読者諸君へ。ここから続く頁は読まない方がいいと思います。

なぜならここに書かれたエッセイと絵には、あなた達若者、青少年が大嫌いな親

父の話が載っているからです。腹の出た親父。スケベな親父。ゴルフ親父。ビー

ルを飲む親父。ゲップをする親父。酔っ払い親父。屁をたれる親父。煙草臭い親

父。親父ギャクの親父。水虫親父。ハゲ親父にメダマの親父。カミナリ親父に説

教親父。演歌親父がいるかとおもうとロック親父にカラオケ親父。次から次へと

ワサワサ湧いてくる親父にオヤジと、おやじばかりです。・・・」とまだまだ続きま

すが。


私も、近所の自動販売機にジュースを買いに行くのに、ステテコと下着で行くよう

になりました。若い頃は、恥ずかしくて、きちんとズボンを着て行ったのですが、

どうして、こうも変わったのでしょう。若い方も、すぐに私みたいなオヤジになるの

でしょうが。


さて、この「親父衆」。カッコイイ親父も出て来ます・・・
漫画風、イラスト各種ありま

すが、少しだけ・・・・


右のイラストは、なんと、美少女を描かせたら世界一の「江口寿史」の絵。美少女

を書かせたら、「モナ・リザ」より素晴らしいですよ。「モナ・リザ」は、おばさんだけ

ど・・・・


江口氏も「そもそも、この世界で可愛い女の子を描かせたら右に出るものはいな

い(左にでる者はいる)といわれているこのワタシにジジイを描かせようとは、どう

いう企画なんだ。・・・」とは言いながら、良い絵ですね。

Img_20150831_0004_2 Img_20150831_0005

この本で、大友克洋氏が37会(と書いてありました)担当をして、イラストとエッセ

イを書いていますが、この文章の面白いこと。


今日一日、カミサンの事を忘れて、一日笑い転げていました。今年中期の一押し

の本です。なお、33名の作者は、裏表紙に名前が書いてありましたので、一番

上に載せております。ご参考に、どれ読んでも面白ですよ。大型本で、少しお高

ですけど・・・・


でも、私も他から見たら、こんな「親父」なのかな?・・・weep






« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ