« 2015年8月2日 - 2015年8月8日 | トップページ | 2015年8月16日 - 2015年8月22日 »

2015年8月9日 - 2015年8月15日

2015年8月15日 (土)

「江戸川乱歩猟奇漫画館」~江戸川乱歩没後50年企画

Img_20150815_0002_2 Img_20150815_0001


先日、「江戸川乱歩妖美劇画館」を紹介しましたが、本屋を覗くと、「江戸川乱歩

猟奇漫画館」というのが置いてあり、こちらも「江戸川乱歩50周年企画」です。


「江戸川乱歩妖美劇画館」が8月7日発行で、「少年画報社」。「江戸川乱歩猟奇

漫画館 第2弾」が8月24日(今日は8月15日ですが・・)発行で、こちらは「(株)

実業之日本社」。第1弾は1月24日に発行になっているようですから、こちらが、

第一弾は少し早いという事になります。


「江戸川乱歩猟奇館」は、2冊発刊されていましたが、第1弾は誰かが買っていっ

たのか、第2弾しか置いてなく、右の写真になりますが、第1弾は「屋根裏の散歩

者」、「陰獣」、「ひとでなしの恋」が含まれているようですが、作画が、なんと、あ

「エコエコアザラク」の古賀新一氏。後日、入手する予定ですが・・早く読みた

い。


第2弾が「地獄の道化師」と「黄金仮面」。こちらは、「明智小五郎」が出て来きま

すが、「江戸川乱歩妖美劇画館」ほどは猟奇的でなく・・・・

 
明智小五郎といえば、「少年探偵団」ですが、まだ、「黄金仮面」に、「小林少年」

がチラッと出てくるくらいです。


「黄金仮面」は江戸川乱歩によれば、「フランスの侠盗アルセーヌ・リュパンを日

本の東京に引っぱって来て、我が明智小五郎と戦わせてみたいと思った」という

ことで、書いたものだそうです。なお、リュパンは「ルパン」のことであり、「ルパン

三世」とは関係ありません gawk 。


「地獄の道化師」は、作画が関谷ひさし氏。えらく、車が描き込んであるなと思っ

ら、「趣味の車をテーマにした『少年NO.1』、『イナズマ野郎』などでレーサー

漫画を・・・」とあるので、お手のものでしょう。


「青空文庫」をいつも利用し、これ、著作権(没後50年だったかな)フリーになっ

たのを、掲載していますが、絶版で入手できない本も読めて、便利にしていま

が、「海野十三」、「坂口安吾」、「久生十蘭」、「夢野久作」とか、たくさん入って

いるのですが、「江戸川乱歩」が入ってないので、なぜかな、と思ったら、今年が

没後50年で、著作権がまだ切れてなかったんですね。今後、多分どっと掲載さ

れると思いますので、期待をしている次第です。


ただ、漫画以外の書籍で「江戸川乱歩没後50周年記念」という企画は、見かけ

ないようで、なぜでしょう。亡くなられたのが、7月28日だから、今からかな?


お、Kindleが使える方は、そちらの方がお安いようで・・・・




2015年8月14日 (金)

皇居の防空壕「御文庫附属室」をミュージアムに★立花隆

Img_20150814_0001_8

先日、「玉音放送」の録音原盤と、皇居内地下の防空壕「御文書庫附属室」の撮

影画面が公開されました。


の部屋で、8月10日と8月14日に御前会議がおこなわれ、ここで昭和天皇

戰争終結の「聖断」を示したわけです。この絵については、「御前会議」でネット

検索すると、すぐに見られます。

Img_20150814_0003_4


「芥川賞」の、又吉直樹氏が書いた「火花」が載っているので買ったのではなく、

「芥川龍之介追悼號」が当時の「文藝春秋」そのまま一冊分付録として載ってお

り、それが読みたくて、買ったわけですが、巻頭の文に「日本再生・五二  あの

夏の記録  立花隆」とあり、再映画化された、「日本のいちばん長い日」につい

て書いてあり、少ご不満らしく・・・


「現場の映画制作者たちのほぼ全員が、戦争を知らない世代であることを知り、

大丈夫かいななどと思いつつ見た。・・・役者にしても役所広司、山崎努、堤真一

には努力賞が与えられるが、木元(失礼catfaceコメントが入りまして、木元ではなく、

本木だそうです。最近の俳優は誰が誰か分からなくて・・・)雅弘の昭和天皇と松

原(これも、松坂だそうで、本当歳は取りたくないもので・・・weep桃李の青年将校に

疑問続出だ。・・・」


もっとも、前回の映画の出演者は、三船敏郎、笠智衆、志村喬、伊藤雄之助、加

藤大輔とか、本当の戦争体験者ばかりでしたから、演技は真に迫るのが、当たり

前で・・・


この「御文庫附属室」は、前回の映画の御前会議の部分も出て来ます。

Dsc_0827

立花氏の話は、ここで一番上の絵を描いた、白川一郎氏の話に変わり、上の絵

は、戦後17年たって、あの時の御前会議を公式には誰も記録していないという

事で、出席者の聞き取り、宮内庁の協力で現場の記録(絨毯の繊維の採取分

析まで)と、徹底して調べ描いたものだそうです。


その描かれたプロセスが、「文藝春秋」一九六九年一二月号に九ページの手記

として書いてあるそうですが、残念ながら、この本は入手出来ませんでした。


さて、立花氏はこの部屋を、「日本という国はあそこで完全に生まれ変わったの

である。天皇制も生まれ変わったのである。明治憲法国家はある意味であそこ

で滅び、昭和憲法国家への移行があの御前会議の御聖断とともにはじまってい

る。現代日本の出発点はすべてあの御前会議の天皇の決断とともにある。・・・」


その歴史的瞬間を記念するため、この文庫附属室と、玉音放送がなされた内務

政務室をミュージアムとして完全公開すべきだと考えている、という事です。

Photo

ここが、御前会議がおこなわれた部屋です。すっかり荒れ果ててしまっています

が、手入れも、補修もしないとTVで言っていたみたいです。


この内部の模様は宮内庁がビデオで撮ったものが、多分毎日新聞社からでしょ

うが、YouTubeで「宮内庁提供:皇居内『聖断』の防空壕 ほぼノーカット版」で

見られます。→こちらをクリック


確かに、これだけ歴史的な意義を持ったものなら、戦争を知らない世代が多くな

っていますから、ミュージアムにして、一般公開をと思うものです。


明日は「終戦記念日」。「敗戦記念日」ではないかという意見もありますが、正式

には、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。


【余談】

余談ですが、旧作の映画で「詔書」、「御名御璽」を写した部分がありますが、本

物とは少し違っているような・・・

Dsc_0837 Img_20150814_0004

左が映画の画面から取ったもの、右が本物です。


「御名御璽」は天皇陛下自ら押印されますが、「詔書」の文字の所に、印がかか

っているのが分かると思います。本来は文字にはかからないように押印します。

当時の昭和天皇の心情が分かるような気がしてくる「詔書」です。


なお、「詔書」に、書き込みがあったり、紙を貼って、その紙に別の文書を書いた

り、考えられないことをしていますが、旧作の映画をDVDで見て、その経過が

よく分かりました。


「日本のいちばん長い日」はノンフィクションとして出版され、映画化されたもの

で、私も読みはしたのですが、すっかり忘れていました。


なお、「最後の御前会議」の絵は「鈴木貫太郎
記念館」に所蔵してあるそうです。




2015年8月13日 (木)

「ビールで小説」~アサヒビール スーパードライ

Photo

ビール、懐かしいですね。ドクターストップで飲めなくなって数年。飲まないのに

慣れたら、「麦茶」の方が旨い。


先日、キャラメルに小説が書いてあるのを紹介しましたが、新聞を読んでいた

ら、ビールで小説が読めるとか。キャラメルは箱の裏側に小説が書いてありまし

たが、ビール缶の回りにでも小説が書いてあるのかと・・・


探したら、対象商品は、アサヒビールのスーパードライ系統のビール。


ラベルが貼ってあり、裏にバーコード。これを読み取れば、小説が読めるのかと

思いきや、世の中そんな甘いものでなく。

Photo_4 2

バーコードを読み込むと、メインページ。下にスクロール。出ました。「今すぐに無

料登録」。

Photo_6 3

で、もう面倒臭いので止めようかと思って、もう少し下にスクロールすると、小説

家の紹介。「朝井リュウ」、「乾くるみ」、「誉田哲也」、「山口恵似子」、そしてなん

と「夢枕獏」。これじゃ止められないじゃないですか。でも、夢枕先生、こんな所に

書くより、「新餓狼伝説」、「東天の獅子」、「キライマ」、早く書いて下さいよ。


と、少し下を見ると。

「無料登録!わずか3スッテップ」の「2」の所、「対象商品を購入したレシートを撮

影し、専用アドレスへ画像を送信」


「え!」。だって、コンビニでビール買って、レシートを持って帰りますか、その場

で、捨てますよ。

2_3 4

もう少し下を見ると、「マイページにログイン」の文字。下に、メルアドとパスワード

の入力画面。と言う事で、もう一度、ビールを買ってきて、レシートをゲット。もち

ろん、大切に持ち帰りました。

5 Photo_7

そんでもって、面倒な登録。メルアド、男女の確認、生年月日、ニックネーム

生年月日は、「1500年1月32日」、ニックネームは「光源氏ちゃん」。

送信したら、「メールを送信しました」の文章。

Photo_10 Photo_11

で、「メールを送信しました」の画面。で、メールが来るから、それで、パスワード

を設定してだど。で、メールを開けたら、パスワードの設定画面。下の所をクリ

ック

Photo_13 Photo_20

そんでもって、パスワードの設定。そしたら、登録設定完了で、トップページから

ログインしてくれだど。あ~もうヤダ。ヤダ。めんどくさい。

2_4 Photo_22

そいから(それからの長崎弁)、小説の選び間違いがないかの確認画面があ

って、やっとたどり着きました、「夢枕獏先生」の「空手屋稼業」。

Photo_23

あと、どこだったかな、レシートを使ったんですが、忘れました。


やってみて、とにかく面倒臭い。ビール飲む間に、酔いが覚めちゃいますよ。キャ

ラメル小説みたいに、簡単にできないんですかね。


さて、この小説、四回からの話になっているので、あと、3本ばかり、飲めないビ

ール買って来ました。もちろん、レシートは大事に運搬しましたが・・・



二回目からの方法ですね。


まず、最初にレシートの写真を撮っておいてください。

試しに、昨日のレシート送った時に、「審査OK」、で下の方にメルアドがあったの

で、ポチすると、画面が変わり、「レシートの画像を送信する」。

Photo_26 2_5

これも、ポチすると、いろいろレシートの撮影の注意事項が出て来ますが、無視

して、下までスクロール。

3_4 4_2

「ファイルを選択」が出て来ますから、これをポチ
すると・・・映像選択画面が出て

来ます。レシートの画面を選択すると、確認画面に変わり、「送信する」をポチ。

5_3 6

待つことしばし、「審査OK」のメールが届き、昨日と同じように、下のメルアドを

ポチ。すると、小説の選択が間違っていないかどうかの確認画面。確認して「次

へ進む」

Photo_27 Photo_28

その後、「一回を読む」、「二回を読む」等の確認画面が出て来ますので、お好き

なのをクリックすると、お望みの所が出て来ます。

Photo_35

小説の方ですか?夢枕先生専門の空手物で、レンガとか、石とか、ビール瓶を

る場面があり、特に、ビール瓶割りではそんな方法もあったのか、これなら

でも、と思いそうですが、夢枕先生次のように書いています。


「よい子も、よい大人も、むろんおれの真似をしてはいけない。おれだからできた

ことだからだ。」


なお、これを担当した「文藝春秋メディア事業部」。


(おことわり)

本作品中で、ビール瓶を素手で割るシーンがありましたが、こちらはあくまで小

説内の表現です。ビール瓶を割る行為、また、割れたビール瓶は大変危険で

す。絶体真似をしないでください。


という事なので、絶体真似をしないように・・・なお、上に書いた手順については、

少し間違っている所があるかもしれないので、参考程度にしてください。


ところで、レシートの使い回し~同じ物で使えないかと試したら、メールで、「レシ

ートのご登録ありがとうございました。/審査結果をお知らせいたします。/審査結

果 NG/送付いただいたレシート画面は、すでに登録済です。」と返事がきまし

たので、皆さんも、私みたいにセコイことはしないように。






2015年8月12日 (水)

「江戸川乱歩妖美劇画館」~とにかく面白い!

Img_20150812_0001 Img_20150812_0002

小学校の頃、「少年画報」、「漫画少年」と読んでいたのですが、長ずるにつれ

て、「少年マガジン」、「少年サンデー」、「少年ジャンプ」、「少年チャンピオン」、

「少年キング」、いわゆる五大少年週刊誌と変わり、その後、ビッグ・コミック系統

と変わりましたが、この歳になっても、漫画とは手が切れません。


五大少年週刊誌で、少し低迷気味だったのが「少年キング」。
「柔道一直線」、

「怪物くん」、「ワイルド7」、「銀河鉄道999」、「サイボーグ009」、「月光仮面」

(もだったかな?)など、結構、良いものを掲載していたのですが・・・・


上の本は、「江戸川乱歩没後50年」と書いてあります。全作、江戸川乱歩作品を

劇画化したもので「少年キング」に掲載されたものです。現在、二巻まで出版され

ていますが、第3巻は8月28日刊行予定。


とにかく作者がすごく、上村一夫、桑田次郎、石川球太、真崎守、池上遼一。第

3巻は横山光輝。


内容は

上村一夫・・・・「パノラマ島奇談」

桑田次郎・・・・「地獄風景」

石川球太・・・・「白昼夢」、「人間椅子」、「お勢地獄(「お勢登場)より」、「芋虫」

         「押絵と旅する男」

真崎 守・・・・「巡礼万華鏡(「鏡地獄」より)

池上遼一・・・「お勢登場」


石川球太は、「お勢地獄」を描いていますが、これは、原作が「お勢登場」で、

作とはラストの部分が違っており、池上遼一も同じ原作で描いていますが、ラ

は原作に忠実で、どちらの方が面白いのか考えますね・・・


真崎守の「巡礼万華鏡」も「鏡地獄」が原作ですが、原作とは少し違った描き方

です。そのため、題名も変えたのでしょうが。


読んでみて、あの、乱歩独特の世界と一番ピッタリなのが、石川球太なのかなと

いう感じ。


「白昼夢」の、いわゆる縁日などで薬を売る時のタンカ。薬を売る時、見物人が近

づかないように、線をひきながら、「・・ただーし、この線まで!この線から入った

ら罰金取るよ法律で決めたの蛇屋の法律で!蛇屋の法律で、男の人は全部30

円、女の人は20円、なんで男と女と違うかというと、片足入ると10円、両足で

20円・・・女は両足で20円だけど、男は足が一本多いから30円!」など、この

タンカの部分だけでも、面白い。昔は縁日で、ガマの油の薬売りが実際やって

ましたが。


ただし、この漫画ではそのタンカの最後の部分の不気味なこと、果たし
て真実の

ことなのか?


江戸川乱歩と言えば、「猟奇的」とか、「エログロナンセンス」とか言われますが、

読んでみれば、引きずり込まれます。


いま、文化面で行き詰まりがあるのか、昭和時代の文化が見直されています。

江戸川乱歩は、根強い人気を持っていますが、若い方は名前を知っているくらい

で、本を読んだ方は少ないと思いますが、漫画で読みやすいので、入門書として

読んでは如何?夏向きにピッタリの本です。原作との読み比べも面白いですよ。






2015年8月11日 (火)

「立秋」について~大チョンボ!

Photo

      (「国立天文台ホームページ」より)


8月9日に「立秋」ついて書いたのですが、これが、大チョンボ。下のような「コメン

ト」をいただきました。関係の所のみですが・・・




>さて、「立秋」の件ですが

>立秋とは、太陽の黄経が135度になる瞬間を含む日のことです

>今年は、8月8日です

>旧暦とは関係がありません

>テレビで こよみの上では今日から。。。です

>を聞いて 勘違いをされる方が多いようです


>「立秋」とは これから徐々に秋の気配がしてくるという意味です

>逆に言うと 今頃が一番暑い季節だということです



まったく、その通りで、ついでに少し暦の勉強でもと・・・・

実は、「七夕・旧七夕」「針供養・旧針供養」「七草・旧七草」と、旧暦と新暦があ

り、「立秋」についても同じかと思って書いたのですが、「立秋」は、「旧」も「新」に

も関係なく二四節気の一つでした。


一番上の図は地球が太陽を回っている図。真ん中の赤が太陽。太陽が地球を

回ってはいません。下図は黄道面を北から見た図です。

Photo_2

  (「国立天文台ホームページ」より)


季節が春夏秋冬とありますが、この各季節を各々6つずつに分けると、計24に

なりますから、これが24節気で、季節を把握するために使います。


春分を起点として、15度回って「清明」、15度回って
「穀雨」と、15度ずつ回

って、一年を24に分け、二四節気となるわけです。


これを、季節で見ると、このような感じになるわけです。

Photo_3

(「にっぽんの七十二侯~枻(えい)出版社刊」より)


上の図では、冬至が一番上になっていますが、起点は「春分」の0°になります。


「国立天文台」のホームページでは、「二十四節気の定め方」として「定気法」が

書いてあり、

 


太陽の視黄経を角度で24等分する方法

  ・視黄経が0°、15°、30° ・・・・・となる瞬間

  ・黄道面を(地球の北極があるほう)から見たときの地球の自転軸の向きと太    

   陽の位置関係、ともいえます。



ただ、地球は真ん丸く回るわけでもなく、楕円に回っていますから、遠心力の関

係で速度に違いがあり、また、365日ジャストで、一周するわけではなく、「立秋」

についても、その年々で、若干の違いが出て来ます。


「立秋」は四節気でいえば、太陽の視黄経が135°になるときですが、今年は

「8月8日・5時1分」でこれが「視黄経が0°、15°、30° ・・・・・となる瞬間」に

なるわけで、コメントの「立秋とは、太陽の黄経が135度になる瞬間を含む日」

ということ事になるわけです。昨年は「8月7日・23時02分」でした。


さて、「定気法」と書きましたが、これに対し「平気法(恒気法・常気法)」があり、

ざっくり書くと、一年の長さを時間で24等分する方法です。太陽の動きは無視で

す。山本健吉著「最新俳句歳時記」、 「立秋」には、次のように書いてあります。


「二十四気の一、陰暦七月の節で、大暑の後十五日、すなわち八月八日ごろに

あたる。」これが、「平気法」にあたるのでしょう。あと、暦についてはいろいろある

のですが、書けばきりが無いので・・・・



コメントの

>テレビで こよみの上では今日から。。。です

>を聞いて 勘違いをされる方が多いようです

>「立秋」とは これから徐々に秋の気配がしてくるという意味です

>逆に言うと 今頃が一番暑い季節だということです


これはどうでしょう?ウィキペディアにも同じようなことが書いてありましたが・・

「立秋」の前に「大暑」があり、これが一番暑い季節では?


有名な「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」という

和歌が、「古今和歌集・巻第4」の「秋の歌・上」の一番最初に書いてあり「詞書」

として「秋立つ日読める」とあり、「和漢朗詠集抄巻三」、「秋」の「立秋」の所にも

り、明らかに「立秋」を歌ったものですが・・・


「『立秋』とは、これから徐々
に秋の気配がしてくるという意味です/逆に言うと 

今頃が一番暑い季節だということです」ではなく、「秋が来たとは分からないが、

風の音を聞くと秋が来たと感じる」というように、「立秋」を「暑さの中にも、秋の気

配を感じる」というほうが、日本人的な感覚で、自然なのではないと思います。

「今頃が一番暑い季節」だというと、暑=夏が主になり、「立秋」の場合は、涼=

秋が主役だと思うのですが。


もっとも、歌人の感性は、我々一般人と違っているし、夏の暑さも異常季節で、変

わってしまっているので、その時分とは、季節感が変わって来ているのかも知れ

ませんが・・・


コメントをいただきありがとうございました。おかげで、少しばかり暦について、勉

強する事が出来ました。


最後に一言です。私の尊敬している方が言った言葉です。


「私、嘘は言わない、でも、間違いはある。」



(参考・図・引用:「
国立天文台ホームページ」 「七十二侯~枻出版社刊}」より

  ※各図はクリックすると、少し拡大すると思います

2015年8月10日 (月)

「除霊」について 追記:「おなじ枝をわきて木の葉のうつろうは西こそ秋のはじめなりけれ」の解釈について

Dsc_0678

毎日、暑いので今日は夏向きの話でも・・・・


昨日、TVのチャンネルを変えたら、多分「ざわつく!?」、ではなかったかと思い

ますが、心霊にについて放映しており、某アイドル(アイドルの名前を全然知らな

くなりまた。知っているのは山口百恵様くらいまで・・・)が、ある心霊スポットに

五名で行ったところ、一名が右手、一名が左手、一名が右足、一名が左足が痛く

なり、もう一名が連絡不能。


翌日除霊に行ったら、除霊師から、「もう一人は?」と言われたそうで、その一人

は、まだ、連絡が取れていないそうです。


その後、他のタレントが、「心霊スポット
なんかに行ったら、まっすぐ家に帰らない

で、他に寄って帰った方が、良いんだって」、「そうそう、そうなんだってよ」、なん

て言っていました。


心霊スポットに行
かれた場合、喫茶店なり、食堂で食事をしたり、彼氏と○ーテ

○などに寄ってみるとかしてみたほうが良いみたい。


さてその後、「私、お風呂に入る時、お風呂に塩とお酒を入れて、身を清めて寝

るのよ」、「それ、私もやってる」という話。


私も、いろいろ、調べものであちらこちら行って、何か少し変かな?と思う時があ

るので、上写真の様に、お酒と塩を買ってきて、今夜から、身を清めて眠る事に

しました。


効くか、効かないかは分かりませんが・・・何しろ、お酒の方は、一番安いのを買

ってきたので・・・



さて、一つ前のブログ、「立秋」に書いた和歌、古今集の藤原勝臣の和歌が、「和

漢三才図会」では違っていると書きました。


「おなじ枝をわきて木の葉のうつろふは西こそ秋のはじめなりけれ」

「おなじ枝をわきて木の葉のうつろふは物こそ秋のはじめなりけれ」


3,4冊調べて見ると、まず、「藤原勝臣」は「ふじわらかつおん」が多いようです。

和歌については上の「同じ枝をわきて木の葉のうつろふは西こそ秋のはじめなり

けれ」が正解です


なお、この和歌の意味を読んでいると、小学館発行「古今和歌集~日本古典文

学全集」に、興味ある事が書いてあり、まず、詞書きとして、


「貞観御時、綾綺殿の前に梅の木ありけり。西のかたにさせりける枝のもみぢは

じめたりけるを、うへにさぶらう男どものよみけるついでによめる」


とあり、注で、「うへにさぶらう」は「綾綺殿は清和天皇の御座所だったので、蔵人

や殿上人の出入りも多かったのである」とあり、「よみけるついでによめる」は、


「歌の作者の勝臣は殿上人より身分が低かったが、特に歌を詠むことを許された

ので、『ついで』という表現がとられている」とあり、和歌の解釈として、


「同じ一本のから出た枝なのに、西の枝の葉が特に紅葉したわけは秋は西を支

配し、西の方から下界に訪れてくるからだったのだ。」とあり続けて、


「身分の低い者が特別に求められて詠んだ歌はこの集(注:古今和歌集)の中に

しばしばみられるが、そのような時には軽いユーモア、ちょっとした故事出典を取

り入れたものが喜ばれた。この歌の成功も『秋は西からくるのだな』という思いつ

きが、中国の学問によって裏打ちされているところであった。」とあります。


なお、「殿上人」は、官位の五位以上の者が、天皇の日常生活の所に許されて

昇っていますから、「うへにさぶらう者」は、当然五位以上のものであり、「勝臣」さ

ん、調らべてみたら、正体良くが分からず、五位、と書いてあったり、五位下と書

いてあたりで、多分、上に書いてあることから察するに、五位下ではあったの

かと思います。


さて「秋は西を支
配し」とか、「中国の学問によって」とか書いてありますが、これ

は、中国の五行思想で、万物は木・火・土・金・水から成り立っていると考え、木

が東で春、火が南で夏、土が中で土用、金が西で秋、水が北で冬と推移してくる

くるわけで。「西こそ秋のはじめなりけれ」が「ちょっとした故事出典を取り入れた

ものが喜ばれた。」という事が分かるわけです。


和歌って難しいですね。これなら学生時代、古典の時間は昼寝の時間でなく、し

っかり勉強していればと反省。もう、遅いか。







2015年8月 9日 (日)

立秋

Dsc_0666_2

「今日の最高気温は・・・」とテレビで放送している毎日。


あなた変わりはないですか 日ごと暑さがつのります・・」という日が続きます。

「着てはもらえぬセーターを」といわれても、この暑さで、セータなんか着られます

か。おまけに、雨が全く降らないので、ミニトマトもきゅうりも枯れ果てて、元気な

のは雑草ばかり・・・・

Dsc_0660 Dsc_0661

といっても、今日、8月8日は「立秋」。今日から秋になり、俳句をされる方は、歳

時記を「夏の部」から「秋の部」に持ち替えなければならないのですが、この暑さ

じゃ、秋の俳句なんて書けないでしょう。


大体、新暦と旧暦の違いで、旧暦の8日が、新暦の21日なります。(なお新暦、

旧暦は月がずれますから、旧暦の7月8日になり、立秋は旧暦7月申の月の正

節になります、少しピントこないけれど・・・)新暦で21日というと、お盆が終わり、

何となく秋めいた季節になり、「秋きぬと目にはさやかに見えねども・・・」という感

じになるわけです。季節をあらわす言葉が、時代に合わなくなってきているという

事です。残念なことですが。


なお、「秋」の語源については、以前書いた「七十二侯」によれば、「収穫が飽(あ

き)満ちる」、「空が清明(あきらか)」、「草木が紅く(あかく)」なる、という言葉から

きているそうです。


なお、最初の「収穫が飽き満ちる」の「飽き」については、古語辞典で調べると

「①望みなどが満ち足り十分だと思う、②望みなどが満たされすぎていやにな

る。あきあきする。」と書いてありますが、②については、「近世後期頃から江戸

で使われるようになったもので、①の意はない。」(古語・例解・辞典~小学館)、

ということで、「飽き」は①の方でしょう。


さて、調べていると、いやに気になった事があって、「和漢三才図会」(江戸中期

に編纂された百科事典)の、秋の所に和歌が書いてあり、

Photo
これには、「古今」(古今和歌集)として、藤原勝臣(ふじわらのかちおん・む?)の

歌。


「同し枝をわきて木の葉のうつろふは物こそ秋のはしめなりけれ」となっているの

すが、古今和歌集を見ると、

「同じ枝をわきて木の葉のうつろふは西こそ秋のはじめなりけれ」となっており、

「物」と「西」どちらが本当なんでしょう。暑い日が、また暑くなりそう。


今日は暑さで、頭がヘロヘロになっているので、分かりにくい文章になりました。

いつもの事ですが・・・間違いがあったらゴメンチャイ。一番上の写真は、今日の

話とは全く無関係です。


(「和漢三才図会」はいつもの、国立国会図書館デジタルコレクションより)


※この記事の「立秋」については、勘違いで、大チョンボしております。

  8月11日のブログ「『立秋について』~大チョンボ!」で書き直しましたので、

  そちらをご覧下さい。→こちらをクリック


« 2015年8月2日 - 2015年8月8日 | トップページ | 2015年8月16日 - 2015年8月22日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ