« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »

2015年1月4日 - 2015年1月10日

2015年1月10日 (土)

「超辛口先生の赤ペン俳句教室」~夏井いつき著

Dsc02137_5

俳句の本、多いですね。俳句人口も、100万人とも、300万人とも、ひどいのに

なると1000万人とも言われていますが、どうなんでしょう?


私も昔、俳句をやっており、結構良いところいって、新聞、TV、専門雑誌、週刊誌

等にも載っていたのですが、いつの間にやら止めていました。上の本は、私が持

っている俳句関係の本の一部ですが・・・・


さて、TVのバレエティ番組で「プレバト」というのが、木曜7時から放映しており、

その中で、俳句コーナーがあり、タレントさんの俳句を、夏井いつき氏がズバリズ

バリと切って、添削していくコーナーがあり、見ていて、この俳句、添削なんかで

るのか?と思っていたら、さすがプロ。うまいですね。


夏井いつき氏は昭和32年生まれ、8年間の教職のあと、俳人になり、俳句集団


「いつき組」を結成しています。

Img_20150110_0001_2

中味は、初心者向けに書いてありますが、


右は市毛良子さんの句ですが、意外と赤字が少ないですね。市毛さんの作句


どこが悪いのか説明してあり、最後に夏井さんの添削句が書いてあり、こうし

てあると、初心者にも、分かりやすいですね。

Img_20150110_0002_3

右は、田原総一朗さんの句ですが、弁舌巧みな割には、赤字が多いようです

が・
・・

Img_20150110_0003_4

俳句をやろうかと思っている方に、私の経験から・・・


俳句といっても、お茶、お花と一緒で、いろんな流派が有り、伝統俳句、現代俳

句、前衛俳句、無季俳句、自由律等とあります。


これなんか、分かりやすいですね。

今日何も彼もなにもかも春らしく   稲畑汀子

成人の夜を家継がぬ子が泊まる   萩原麦草


自由律の句、有名な山頭火。昨年、どこかのCMで使っていました。

分け入っても分け入っても青い山

うしろすがたのしぐれてゆくか (一時有名な句でした)

咲いて一りんほんに一りん


前衛句は少し難しく

国家よりワタクシ大事さくらんぼ   攝津幸彦

少年ありピカソの青のなかに病む  三橋敏雄


あまり難しく考えず

旧名に戻りましたと秋めく日  柳家小三治

餅つきや爺っちゃ止めとけほうれみろ  小沢変哲(小沢昭一)

春の昼美容院とは眠るとこ  中田玲子

秋愁や逆さでもよきピカソの絵  近藤三枝子

と、気楽なのもあるし・・・・・


公民館に行けば、俳句サークルを紹介してくれますから、ご入会を。ただし、お近

の人が多いと、なかなか止めにくいところがあり、私は、長崎の句会に二つば

かり入っていましたが、おばさま方が多く、肌合いが合わないので、脱走しまし

た。

本当は、句会で勉強した方が良いのですが、どうしても、人と付き合うのが嫌な

方は、新聞等に投稿する方法もあります。なお、TV、雑誌では賞金・記念品をい

ただきましたが、地元のN新聞では、なにも無しでした。



本格的に取り組みたい方は、専門の俳人が主宰者として、それぞれ、俳誌を出

しておりますので、それに入会されたらと思います。なお、上に紹介したように、

様々な傾向の俳句がありますので、ご自分に合ったのをお選びください。


二,三
年勉強してみて、肌合いが合わなかったら、脱会をして、別の所にご入会

を。


なお、ネットでも句会をしていますが、やはり、俳句は人と人とが出会い、勉強し

ていくのが面白いですね。

上の本は、入門書として、分かりやすいので、興味のある方は、お読み下さい。



息白し分校生徒十二名
 sugikan (息白しは冬の季語です) おそまつでした coldsweats01







2015年1月 9日 (金)

映画「第三の男」★「読み比べ」「見比べ」~原作を読む

Photo Img_20150109_0001

「第三の男」と言えば、知らない方はいないでしょうね。


本も出版されているので、見比べ、読み比べをしてみました。やはり、どう比べて

みても、映画が良いですね、本の方が面白い所は、作者、グレアム・グリーンに

よる「序」と、評論家、川本三郎氏の解説、「黄昏の維納(ウィーン)」ですね。


映画といえば、最初、原作があり、それを元に脚本が書かれ、撮影に入るわけで

すが、この映画、最初に、イギリスのプロデューサ、アレクサンダー・コルダが企

し、監督キャロル・リードのために脚本をグレアム・グリーンに依頼してます。


グレアムグリーンは「序」で「先ず物語を書いてからでないと、シナリオを書くこと

は私にはほとんど不可能だ。」と書いていますが、ところが、この物語、「残りあと

三日という時にも、何のストーリーも浮かんでこなかった。」


残り二日目になった時、「イギリスの情報組織の若い将校と昼食を共にする幸運

に恵まれ」その時、「地下警察」の事を知ったのですが、「地下警察」は、いわゆ

る「秘密警察」等の事ではなく、ウィーンの地下には巨大な下水道があります。


当時、戦後下のウィーンは、英、米、仏、ソ連の占領下に分割されていましたが、

「地下警察」とは、文字どうり下水道の中で働く「地下警察」。下水道は四大国の

管理下になく、各国の情報部員は自由に行き来でき、また、ペニシリンの裏取

引(後、分量を増やすため、混ぜ物を入れ犠牲者が多数でる。)の事を聞き、地

下道を回りながら、物語の全体像が形をなして来たそうです。


さて、映画は左のような感じで出ますが、分かる方には分かるし、分からない方

には分からないし・・・これ、映画全編に流れる、チターと(ツィター)いう楽器で

す。


アントン・カラスのチター、モノクロの光と影、そして、最後のシーンがなければ、

この映画は成り立たなかったでしょう。

Photo_21 Photo_22

主人公は、ホリー・マーチンス。アメリカ人で、ベンジャミン・ベクスターという

名で、本を書いている三文作家。


この、マーチンスがかっての悪友、ハリー・ライムにウィーンに呼ばれますが、着

いてみると、ハリーは、ついさっき交通事故で死んだとのこと。葬式に間に合いま

すが、その中に、アリダ・ヴァリ扮する、ハリー・ライムの恋人、アンナ・シュミット

がいます、あとで、ホリー・マーチンスはアンナに恋心を抱きますが・・・ウチのカ

ミサンの方が美人だな・・・失敬・・本では「美しい顔じゃなかったーそれがいけな

かったんですよ。毎日毎日一緒に暮らしたい、そんな顔でした。飽きのこない顔

でした。・・・・」という感じの女性です(美人は三日見ると、飽きるか)。職業は、三

流劇場の女優。


そのうち、マーチンスはライムの死に疑惑を持つようになりますが、自動車には

ねられた時、運んだのが二人、にも関わらず、それを目撃していた、宿の門衛

は、人の男がいたと、即ち「第三の男」がいたことをきき、いよいよ疑問をいだ

きます。


そのうちキャロウェイというロンドン警視庁の警察官が、ハリーについて、彼がペ

ニシリンの密売をしていた事を打ち明け、協力を求めますが、最初は拒否をしま

す。


さて、映画では、「ホリー・マーチンス」になっていますが、本では「ロロ・マーチ

ス」になっており、最初はイギリス人の俳優を予定していたみたいですが、「イ

ギリス人ではなくアメリカのスターを選んだ結果いくらかの変更を余儀なくされた

ーハリーもアメリカ人に変えねばならなかったことだ。ジョセフ・コットン氏は、きわ

めて当然な理由によって、ロロという名前に反対した。アメリカ人には、ホモセク

シャルの含みがあるように聞こえるからである。」


なお、アンナもハンガリー人からチェコ人に変更されています。アンナの身分証

明書はハリー・ライムが偽造をしています。もちろん、分かれば、ハンガリーに強

制送還です。


ホリー・マーチンスは、キャロウェイ大佐に、偽造ペニシリンの被害者を見せら

れ、アンナの正式な身分証明書を作ることを条件に、ハリー・ライムの逮捕に協

力する事を引き受けますが、事情を知ったアンナはこれを破り捨ててしまいま

す。


アンナのハリー・ライムに対する気持ちは、「思ってるわけじゃありませんが、あ

たしの中にいるんです。それは事実ですわー友情と言うものじゃありません。だ

って、恋愛の夢を見る時は、いつも相手は彼なんですもの」

Photo_6 2

有名な、観覧車のシーンですが、ここで、ハリー・ライムはホリー・マーチンスを仲

間に誘いますが、もちろん断り、ハリー・ライムは悪事を止めることを断ります。


ここで、ハリー・ライムは、なぜアンナがソ連に連行されたかを話します。

「この地区(ソ連地区)に住まわせてもらうには、サービスしなきゃならんのだ。お

れはときどきちょっとした情報を提供しなきゃならんのさ」

・・・・・・・・

「彼女はどうなるはずだったんだ?」

「たいしたことじゃないよ。ハンガリーへ送還されただろうな。実際、罪はおかして

ないんだからな。まあ、一年の強制労働か。イギリスの警察にこづきまわされて

いるよりも、自分の国へ帰った方がずっといい」

「彼女は警察にきみのことは何もいってないぞ」

・・・・・・・・・この部分は、映画も、本も同じ。


観覧車から降りて、ハリー・ライムは、あの名言を吐きます。

「ボルジア家支配のイタリアでの30年間は戦争、テロ、殺人、流血に満ちていた

が、結局はミケランジェロ、ダヴィンチ、ルネッサンスを生んだ。スイスの同胞愛、

そして500年の平和と民主主義はいったい何をもたらした?鳩時計だよ」。なお、

この台詞は、本には載ってなく、ハリー・ライム役のオーソンウェルズの発案であ

ったそうです。

Photo_8

ハリー・ライムは、ホリー・マーティンズの罠にはまり、待ち合わせのカフェに行き

ます。


映画ではアンナが現れ、危険を知らせますが、ここ、本の方では、ハリー・ライム

が気づいて逃げる設定です。ハリー・ライムは下水道へ逃げ込み、逃げ回ります

が、どうにもできません。


最後、必死にあがいて、格子状になった、マンホールの空いた穴から指をさしだ

し、必死に持ち上げようとしますが、もちろん上がりません。


下水道側だけでなく、地上からも撮ったカメラワーク、凄いですね。地上に突き出

された指。生への執念がヒシヒシと伝わります。

ハリー・ライムはホリーマーティンズの銃弾に倒れます。

Photo_14

問題のシーンです。ハリー・ライムの葬儀の後、本では


「・・・・彼が長い脚で彼女のあとを追って行くのを見守っていた。追いつくと、二人

は肩を並べてあるきだした。彼は一言も話しかけなかったようだった。物語の終

わりのように見えていたが、私(キャロウェイ大佐)の視野から消える前に、彼女

の手は彼の腕に通されたー物語はふつうこんなふにして始まるのだ。」


映画では、ご存じの通り、アンナはホリー・マーティンズに目もむけず、通り過り

すぎていきます。男は「未練」を持って、女はこれからの人生の「決意」を持って

のすれ違い。


この場面に関しては、グレアムグリーンがかなり、心配したようでしたが、「ごく少

数の重要な論点の一つは、結末に関するものだったが、結果は彼のみごとな勝

利であった」。と書いています。


ただ、私としては気になるのが、最後の部分。アンナがまっすぐ来て、少しばか

右の方へ曲がります。これ、カメラとの関係でしょうが、できれば曲がらずに、ク

レーンを使うなりで、まっすぐ歩いた方がより感動的だったのでは・・・・?

Photo_17

なお、撮影はロバート・クラスカーになっていますが、川本三郎氏の解説では、

「映画史上最高といっていいラストシーンのカメラをまわしたのは”additional

photography"とクレジットされているハンス・シュニバーガー。かって、あのナチス

のプロパガンダ映画『民族の祭典』を作った女性監督・カメラマン、レニ・リーフェ

シュタールの恋人だった人物である。・・・・」と書かれています。



(参考・引用:「第三の男」~グレアム・グリーン著・小津次郎訳)







2015年1月 8日 (木)

後妻業~黒川博行著★暴走老人~藤原知美著

Img_20150108_0001

世の中、高齢化社会と共に、人間も社会も変わってきました。


昔、結婚詐欺といえば、男が女を騙したもの。それが、今や、女が男を騙す時

代。それも高齢者。


男性も妻を亡くし、高齢者になると淋しいものか、伴侶を探しますが、高齢者の

男性には、なかなか機会が無く、頼るのは、結婚相談所。


結婚相談所も、ちゃんとした所もありますが、本書に出てくるのは、悪徳結婚相

所。犠牲者は91歳の老人、中瀬耕造、もと高校の校長、退職後、短大の教

授。死んだ妻も高校教諭。


加害者は小夜子(数回の離婚があり名前がいろいろ変ります)。

この、加害者と、結婚相談所の経営者が組み、金目のありそうな老人とを結びつ

かせ、財産を巻き
げ、それだけならまだしも、殺してしまうという残虐さ。


耕造には、二人の娘があり、何となく、財産につき納得がいかない。末娘は建設

で、高校のクラスメートに弁護士がおり、相談をし、弁護士は調査を、元警察

官、本多(町金に業者に犯歴データーを流し、依願退職)に依頼。


本多は、調べるうちに、小夜子が結婚した相手が、次々に死亡したのに、疑惑を

持ち、これは金になるなと。後は、本多の友人(現警察官)から、情報を集めなが

ら調査を続けます・・・・・


さて、昨年末でしたか、結婚・交際していた男性数名が、死亡したとの報道があ 

りましたが、あれも、67歳の女性。


考えれば、結婚詐欺については85歳(当時)の、安岡正篤(陽明学者)と、数十

歳年の離れた、占いで有名な(全然当たらない)、某女史との結婚についても、

安岡氏に認知症があるとして、騒ぎになりました。


ちかくは、ごぞんじのとおり、昨年末亡くなられた「やしきたかじん」さんについて

も、週刊誌を賑わせている所です。


本の帯に書いてあるように、「似たような事件はたくさんある。・・・」、多分本当の

事でしょう。「事実は小説よりも奇なり(注:バイロンの言葉)と申しまして・・・・」と

いう言葉を、高橋圭三氏がNHK「私の秘密」で言っていましたが、現実が小説を

越えていく時代のようです。


この、小説の怖さは、犠牲者が高齢者であること、殺されること、そして、それ 

「職業」であること。男性の独身高齢の方は、ご一読の上、ご注意を。私?カミ

ンが、まだまだ頑張っています。

Img_20150108_0002

この本2007年の本で、8年前の本になります。


このあいだ、NHK「あさいイチ」で、高齢者がキレやすくなった、との放送がありま

たが、確かに自分のことを考えてみると、歳取ると、丸くなるかと思ったら、最

四角どころか、とんがって来たような感じ。


特に、コンビニの雑誌の立ち読み。若い人、こちらが、読みたい雑誌を取ろうとし

ても、よけてくれません。


まあ、キレても良いのですが、警察沙汰になるので、立ち読みをしている若い人

に、そっと近づいて、うなじあたりに、優しく、ふ~、と息を吹きかけてやると、ほと

んどげ出していきますね。


これ、厳格にいうとセクハラになりますから、皆さん
らないように。男性から

男性に対して、セクハラで訴えられた人は、いないそうですが・・・(私のいうこと

本気にしないように。いい加減な老人です。本当だったりして (happy01



2015年1月 7日 (水)

七草(七種)粥・鬼火焚き~雲仙市千々石町

Photo_3

今日は、正月七日。


平日なので、参拝客が少ないかと思ったら、ボチボチでした。


今日は、各神社で「七草(七種)粥」の振る舞いがあったみたいですが、ここ、橘

神社でも、「七草粥」の振る舞いがありました。



いろんな本に「七種」と書いてあったり、「七草」と書いてあったりで、一回調べて


ブログにしてみたのですが→こちらをクリック


後で、読み見返してみたら、分かりにくく、自分でも納得できないところがあり、ま

た、
時間があったら、調べ直しを・・・・

Photo_6

300食作るので、大変です。


ちゃんと「唐土の鳥が日本の鳥
と渡らぬ先に、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、

ほとけのざ、すずな、すずしろ」と、おまじないを唱えな
がら、七草を刻ざんでいま

した。
この、文句、各地でいろいろあるようです。


お、「唐土の鳥」は山本健吉氏の歳時記によると、「もと鳥追いの文句であろ

う」と書いてありますが、その他、異説があるようです。
梅干しは、多分、神社の

梅の木になった実から作った、無農薬、減塩梅干しかな?

Photo_8 Photo_9

意外とお客さんが多く、カミサンが留守だったので、腹一杯食べようと思ったので

すが、お代わりはできませんでした・・・・ weep

2 Photo_11

良い絵馬ですね。「ひつじ年」と「筆字」。これ、駄洒落で無く、ここまでいくと、掛

詞かな?

Photo_13

帰りがけちょうど、鬼火焚き。こちらでは、鬼火焚きといいます。九州ではこのよう

にいう所が多いようです。


左義長、どんど焚き、どんど正月、飾り焚き、鬼の骨等。地方によって、いろいろ

呼び方があるみたいです。急いで、家に帰って、注連飾りを持って来て、一緒に

焼いてもらいました。


こちらでは、子どもが中心になっていたのですが、子どもが、全然いない。聞いて

みたら、この地区、子どもはたった一人だとか。少子化ですね。話を聞くと、隣の

地区では、子どもが一人もいなく、少子化所では無く、無子化時代になりはしな

いでしょうね・・・・

Photo_15

七種に更に嫁菜を加へけり      虚子 

畑のもの足して七草揃へけり     澁江 


とけそめし七草粥の薺かな       立子 

児の清書火の鳥となり田へ落つる  十風 

左義長や婆が跨ぎて火の終(しまひ) 桂郎 

どんどとて道祖神にも米と酒      蓼汀



2015年1月 6日 (火)

2015 「全国亭主関白協会」スローガン決まる

さて、正月気分も抜けてきた頃と思います。


前にも書いたように、私、「全日本亭主関白協会」の一員であり、メー
ルマガジン

が時々届いており、昨年12月29日届いたのがあり、思い出したので、ご亭主、

愛妻の方に参考になり、きっと、家庭の平和に役立つと思いますので、ご紹介

を・・・・

なお、この記事は、福岡のフリーマガジン「Rino(リノベーション)に執筆されている

そうですが、手に入らない方のために、そのまま写してみます。



内容は、「コラム」「アマニズム」「お悩み相談室」の3つです。



リノコラム


相手の気に入らぬ所を受け入れ許す広い心になるのだ。

 

夫婦円満の道は遠く険しい。だが天野は諦めない(笑)。

 

 明けましておめでとうございます。本年もリノコラムを宜しく御愛読下

さいませ。

って何がめでたいんだか(笑)。

 



 愛妻はどんどん強くじゃなかった、進化なさるし、迫力が増してきた。


おそらく武田信玄の末裔に違いない。まさに風林火山を地でいかれてい


る。「手の早きこと風の如し、二人っきりの食事の静かなること林の如


し、ちょっとした事で怒ること火の如し、何を頼んでも動かざること山の


如く。」である(笑)。私を含め、全亭協会員の殆どは足軽の末裔である


から、到底、敵う相手ではあるまい。とりわけ第六感の鋭さが年々研ぎ澄


まされており、「ただいま」から、「行って来ます」まで、ひとときも気


が休まる暇がない(笑)。

 

 先月、TBSラジオの久米宏氏の番組に出演させて頂いたが、「一体ど


んな夫婦がいい夫婦なのか」と、デヘヘ、で終わった。はっきりわかって


いるのは、赤の他人を思いやり、どれだけ受け入れることが出来るのか


の、最初の試練が夫婦であることぐらいだ。相手の気に入らないところを


受け入れ、許すことが夫婦円満の道で、お互いにそれが出来さえすれば、


世の中も愛と平和に満ちてくる。



 世界中から争い事を無くす為には、全亭協の会員を百万人に増やさねば

ならない。2015年は、その一里塚と気合いを入れている。ただ、同じ


事を創立以来、15年言い続けているが後ろに誰もついてこない(笑)。読


者の奥様方、亭主の尻を引っぱたいてでも、全亭協への入会を促して頂け


まいか。って待てよ、尻をひっぱたかれる亭主って、既に全亭協の会員か


も知れないなあ(笑)。亭主諸君、本年もご自愛召されい。




アマニズム

 


2015年、全亭協のスローガンが決まった。

 

「夫婦円満、この道しかない。」又は、「妻の機嫌が第一」トホホ


(笑)。



 毎年、全亭協はその年のスローガンを発表する。2015年は「夫婦円


満、この道しかない」に決定した。どこかで聞いたフレーズだが、「妻の


機嫌が第一」であるから仕方あるまい(笑)。


 さて、数年来、愛妻と二人っきりの正月を過ごしている。三が日を過ぎ


る頃から、必ず夫婦喧嘩が勃発するのが不思議でたまらない。その原因は


様々だが、実に些細な事である事は間違いない。去年は、確か3日の朝で


あった。おせちの黒マメにシワがあるとか、ないとかで論争になり、「あ


の時だってそうよ!」と、25年も前の私の小さな失敗を「一生忘れない」


と掴みかからんばかりの勢いになった(笑)。こうなると劣勢は明らか


で、自室に立てこもった。「卑怯者ー。」という罵声が遠くから聞こえて


いたが、「黒マメはツルンが正解だっ」と、聞こえない程度に吐き捨てた


のだった。エヘッ。



 話はゴロリンと変わるが、ノーベル平和賞をとったマララさんの受賞ス


ピーチを聞いて感動した。17歳という若さで世界の平和を説き、命を懸け


て実践している。それに引き替え、こっちは黒マメ紛争である。だが、そ


んな私にもひとつの信念がある。世界が夢と平和に満ち溢れる為には、社


会の最小単位である夫婦が円満である事が大切だ。子供たちの未来は夫婦


円満が作っていくものだ。今年も、「いかに上手に妻の尻に敷かれるか」


を極め、それを発信していく。さて、全亭協が提唱している「継婚式」


は、夫婦が今までの道のりを見つめ合い、許し合い、そして夫婦円満を誓


うセレモニー。子供たちも仲の良い両親が嬉しいはずだ。全国に波及し、


世界中に広めたいものだ。本年も「リノ」と共に全亭協の活動を温かく見


守って頂きたい。相変わらず、言うことは大きく、やる事は小さいが


(笑)。





お悩み相談室



結婚24年目、これからも仲良くの秘訣を教えて。

 

 旦那さんと結婚して、24年目に入るところですが、末永くずっと、仲良


くできる秘訣を教えて下さい。




悩みなら、もう少し長く書いてね(笑)。




 仲良くする秘訣を教えて下さい。との事ですが、こちらが教えて欲しい


くらいです(笑)。

 


 さて、夫婦とは、人の成長に一番大切な、赤の他人にどれだけ大きな愛


や思いやりを抱けるかの最初の試練だと思います。天野の場合も、全亭協


を設立するまでは、とんでもない亭主でした。しかし、ある時気がついた


のです。自分が正しい。相手が悪い。相手を変えようとしてきた日々だっ


たことに。ところが、ようやく分かったのです。妻は変わらない生き物で


ある事を(笑)。それなら自分が変わろうと思ったのです。

 


 その時から、会話も増え、愛妻の笑顔が増えてきました。そう、夫婦と


は合わせ鏡のようなもので、自分が相手にした事しか跳ね返ってこないの


です。簡単に言えば、優しくすれば優しく、褒めれば褒められる。つま


り、愛すれば愛されるという訳です。今でも時たま、「あなたの存在自体


がウザイ!」と言われますが、それを平気で口に出せるって事は、私はど


れだけ愛されているんだと思っています。って、いい性格でしょー


(笑)。

 

 貴女は今のままで、ありのままでいいのです。お悩みの内容に愛を感じ


ますし、ご主人も変わらぬ愛を持ち続けられると思います。楽しい正月を


お迎え下さい。




どうです、天野会長の良い御言葉でしょう。「全亭協」に入会ご希望の
方は、ネッ


トで、「全国亭主関白協会」で検索すれば、出てきます。



その中に、入会案内、検定試験が載せてありますので、検定を受けて、ご入会


会ください。入会金はわずか800円です。



なお、これから御結婚される(特に男性)は、是非ご入会を。結婚、数十年


後の
女性の姿が良く分かります。

 

2015年1月 5日 (月)

2015 「雲仙市消防出初め式」~会場:小浜マリンパーク

Photo

雲仙市は、1月4日が成人式、5日が消防出初め式になります。7ヶ町合併市ですから、旧

7ヶ町の消防団が集まりますが、全部集合したのでは、場所が無く、万一火事があったりし

た時の場合にそなえて、各町、何分団かのみが参加をします。

2

こうして、消防自動車が何十台も揃うと、凄いですね。

主催者挨拶、表彰、来賓祝辞。長いこと。一時間半ほどかかりましたが、可哀想なのが、消

防団員。この時間、ずっと立ちっぱなし。さすが、学校の運動会と違って、倒れる団員はい

ませんでした。


この、出初め式、どういうわけか、雨、雪が降ったり、強風だったりが多く、この間、立ちっぱ

なしでは、辛い。今日は、例年になく、暖かく、助かったようなものの・・・・

Photo_2 Photo_3

珍しく、ラッパ隊。日本一の足湯は、会場の所にあるため、今日は開店休業。

Photo_5 Photo_7

機械点検ですが、偉い人が前を通るだけで、いちいち、機械点検はしません。

子ども消防(保育所?幼稚園?)。勢いよく出てますね。私も、若い頃は、こんなに元気よく

オ○○コが出ていたのですが、今や、チョロチョロ。

Photo_9 Photo_10

そのうち、準備が終り、放水、3ヵ所からの放水でしたが、意外と水圧、強いもんですね。

Photo_14 Dsc_0573

Photo_11 2_2

消防車の上に、纏を持った人がいましたが、い組、とか、ろ組ではなく、「消」と書いてありま

した。右の写真、何の機械かと思ったら

3_3 Photo_15

梯子車の上のホースに水を送る、送水機でした。これくらいないと、上までは水が行かない

のでしょう。

Photo_17

出初め式とは関係ありませんが、左の写真の建造物。昔は、ここから、お湯を噴き出させ

て、ライトを当て「湯の虹」だったかな?といっていたそうですが、パイプが硫黄などで詰ま

り、現在、使われていないと言う話でした。


右は、賞状盆ですが、そのまま賞状用紙を置いたのでは、取りにくいので、鉛筆が貼ってあ

りました。こうすれば、間が空いて、取りやすくなります。

Photo_18 Photo_19 

赤いものを見たら、消防自動車かと思って、シャッターを切ったら、コカコーラの車。

終わって、帰りがけ、12時過ぎで、遠くの町から来た、消防自動車もあったので、コンビニ

に弁当買いに。あちらこちら、立ち寄っていました。


現在、消防団員の減少が問題になっているようです。少子化、又、勤め先が町内で無いた

め、いざ、という時駆けつけられません。町内に職を持っている若い方、消防団員になっ

て、町の安全を守って欲しいものです。

Photo_24 Photo_25

最後に、目の保養を。会場近くの、海上露天風呂の宣伝です。残念ながら、海の方から女

性は風呂は見えません。




Photo_22




« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ