« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »

2015年3月29日 - 2015年4月4日

2015年4月 4日 (土)

「七十二侯」について~枻(えい)出版社刊

Img_20150403_0001_3

「二十四節季」については以前書いたと思いますが→こちらをクリック


よくTVで、「今日は大寒ですが、暖かい日が続き・・・」という、「大寒」です。ちな

みに、前に書いたように、私、「たいかん」と思っていたのですが、「だいかん」

。TVのアナウンサーが「たいかん」と言ってないか、要チェックしてみてくださ

い。


一年を、立春、立夏、立秋、立冬と区切り、それぞれの季節を六つに分けると、

4×6=24で、「二十四節季」になるわけで、それぞれに名前をつけ、「立春」「雨

水」「啓蟄(けいちつ)」「春分」「清明」・・・あとは前のブログを読んでください。


さて、今は太陽暦を使っていますが、昔の旧暦とは、季節のずれがあり、ピントこ

ないところもあります。


例えば7月7日は七夕で、ちょうど梅雨時ですから、おりひめさんと、ひこぼしさん

が一年に一度のデートで、無事、××できるかなと、心配ですが、旧暦の7月7

日は、今年は新暦の8月20日ですから、この頃は大体晴れていますから、心配

くデートができる季節です。


某日、コンビニで例の本を立ち読みし、横を見ると「七十二侯」とあり、何だろうと

思って読んでみると、二十四節季をさらに5日ずつに分け、それぞれに、初侯、

次侯、末侯とし、気象、植物等の自然の変化を表現したらしいのです。


元来、中国にあったものが、日本に入ってきて、中国と日本とは気候が違うの

で、日本の気候に合うよう、何回か変わって来たそうです。


今月は4月5日。明日ですが、二十四節気の「清明」にあたりますが、

Img_20150404_0002_2

この清明の次、今月20日が「穀雨」になり、この間、初侯が「玄鳥至(つばめ、き

たる)」、次侯が「鴻雁北(こうがん、かえる)」、末侯が「虹始見(にじ、はじめてあ

らわれる」の3つに分けます。

いいですね。本当に気節が感じられる言葉です。


全部は書ききれませんが、ウイキペディアにありますのでご覧下さい。

こちらをクリック

こちらのホームページも参考になるので→こちらをクリック


七十二侯は、何回か変わったと書きましたが、「現在では、1874年(明治7年)

の『略本暦』に掲載された七十二候が主に使われている。」とウイキペディアには

書いてありますが、こちらの図書館には無いので、東京の国立国会図書館まで

行って、というわけないでしょう bleah 。いつも、お世話になっている「国立国会図

書館デジタルコレクション」で捜したら、ありました。


明治7年の「略本暦」です。

Photo_8

ちゃんと、「玄鳥至」「鴻雁北」「虹始見」、ありますネ。右側の赤線です。


念のために明治6年の「略本暦」。こちらには載っていません。

Photo_5

ところが、この七十二侯、明治17年までは載っていて、明治18年からは載せて

ありません。


明治17年の「略本暦」です。ちゃんと載せてあります。

17

明治18年の分です。載せてありません。全部同じ四月の分を載せています。

Photo_9

手持ちの、小辞典、「神社廳暦」、「神宮館百彩暦」にも載せてありません。ほと

んど死語なのでしょうか?


「広辞苑」にやっと載っていて、「・・・『季候』の語は四季七十二侯から出た。・・・」

とあり、こんな所に、かろうじて命を保っているんですね。良い表現が沢山あるん

ですが・・・・・

2015年4月 2日 (木)

「稲荷鬼塚古墳」★え!ここが!~雲仙市愛野町

Photo

3年ほど前でしたか、愛野町の古墳の事を書きましたが、→こちらをクリック

その折、「稲荷鬼塚古墳」の場所が分からなかったのですが、やっと分かりまし

た。


実は、ここ、いつも通っていたのですが、お稲荷さんの赤い鳥居があるので、お

稲荷さんかと、てっきり思っていたのですが・・・・

愛野町から島原に至る、グリーンロードの、愛野側です。


某日、通りかかると登り旗が立っていたので、なにかあるのかなと思って行って

みると、

Photo_2 Photo_3

横から見たところ。正面には階段があり、上がると、一番上の写真。

Photo_5 Photo_6

なんか変。と思って良く見ると

Photo_8

下までコンクリートで固められていましたが、どうにも、石室ぽっい。

Photo_14 2

ひょっとしたら、ここがと思って、郷土誌を見ても、名前はあれど写真は無し。

という事で、郷土研究家のO氏に聞いて見たら、やはり、ここが「稲荷鬼塚古墳」

でした。


古墳というと、TV等で大きな立派な古墳が紹介されますが、こちらは、あまり大

きな古墳はなく、このような規模の古墳が点在しています。


この付近の古墳は、見晴らしが良く、海からもよく見えるところに造ってあり、海

人集団の首長のものではないかと推察されています。


愛野町郷土誌によれば、「海人集団の首長墓ならば、船上の人間に『あれは我

らの先の首長の墓だ。我らの船の安全を見守ってくれる。』とか、入津あるいは

通過する他の海人たちに、『あれがこのあたりの首長墓だ』と印象付けなければ

意味がないのである。」と書いてあります。


ところが、この古墳は、緩斜面の中の丘の先端を利用して造られた小円墳で、海

の方からは見えません。


と言って、この地は耕作には向いていません。郷土誌によると、「この古墳が群

集墳の小円墳程度であることから、一応小農耕集団が存在したということにして

こう。」と書いてあります。「ということにしておこう。」です。


なお、横穴式古墳ですが、むき出しになっていますが、昔は、もっと土が盛り上

がっていたそうで、その上で遊んでいたそうですが、雨等で土が流れ、今のよう

なったそうです。なお、正式の調査もなされてなく、遺物も残っておらず、多分

掘されたのでしょう。


「ということにしておこう。」の古墳ですが、遠い昔、ここにも、人間の足跡が残っ

ていることを考えると、感慨深いものでした。まったく、こんな所にあるとは思いま

せんでした。




2015年4月 1日 (水)

「本能寺の変の変」~黒鉄ヒロシ著

Img_20150331_0001

黒鉄ヒロシさんといえば、漫画家なんですが、「本能寺の変」なら、読まなかった

のですが、「本能寺の変の変」と言えば、少し「変」なので、読んでみたら、イヤ、

によく調べていること。


もっとも、キャバレー太郎と言われた、福富太郎氏は浮世絵に興味を持ち、本を

書いているし、フランキー堺氏も写楽の研究をしているし、黒金氏が「本能寺の

変」に興味を持って、マンガで描いても不思議はなしと。もちろん、中味はマンガ

で描いていますが、真面目な中にも少しユーモアをこめて

Img_20150331_0002_2

さて、話は「藤田家伝来」「大徳寺伝来」「稲葉家伝来」の、わずか三点(MIHO 

MUSEUMにも所蔵されているみたいですが、これは異論もあるとか)の「曜変天

目茶碗」がこれ以外に、もう一点あったのではないかとの話から始まります。


あと、「『四国国分』朱印状」「本能寺でおじゃりまする」「凶変目撃三足の蛙」「斎

籐利三切腹命令」「溷濁本能寺」「本城惣左右衛門覚書」「秀光霊面会」「秀光裁

判」「本能寺三途の川」「逆転本能寺の変」と続きますが、資料を吟味しながら、

作者の考えも述べながら話は進みます。


もちろん、昨年だったか発見された、長宗我部元親から、明智光秀の重臣斎籐

利三宛の文書、もう一通が斎籐利三が、兄の義父石橋光政に宛てたたもの。

これについても触れてあります。


ここで、歴史に詳しい方はご存じでしょうが、信長、光秀、利三、元親の関係が描

いてありますが、最後に行く着くところが、何と、徳川家光の乳母、かの有名な春

日局とは。


と、まあ書けばキリが無いのですが、信長の遺体が見つかっていません。火薬

を爆発させ、粉々にという説もあるようですが、この本には、「信長公阿弥陀仏

由緒之記録」説を取っており、後はお読みください。


光秀は通説によると、京都郊外の小栗栖村で、土民の竹槍で刺されたとなって

いますが、果たして、竹槍で鎧を突き通せることができるのか?


面白いのが「光秀裁判」の所。光秀が被告人で、光秀について、文書(もんじょ)

等がありますが、これを検証して、裁判するもの。


「総見記」は本能寺から百年後に書かれたもので却下、「川角太閤記」は秀吉の

死後で関ヶ原から20年経ってから書かれたもので証拠としては、弱い。「祖父物

語」は、爺さまから聞いた話を、関ヶ原が終わった数年後に書いたもの。秀光が

家康を信長の命で、饗応し、その料理内容が悪いと叱咤した話は、国書「続群書

類從」には、接待は素晴らしかったとあるそうです。という事で、噂話、作り話、俗

説、風説がかなりあるそうで、ズバリズバリ斬っていきます。なお、この件に関し

ては、異論もかなりありそうですが・・・一応裁判は一審差し戻しになりました。


さて、作者、黒金氏は、信長と石山本願と和議が成立したあと、信長の考えに変

化が生じ、織田一族による、領地の独占。

すなわち、「石山本願寺」との和議が「本能寺の変」を引き起こす原因かと。


三男の信孝には四国を。ただ、ここには光秀と通じている元親がおり、ここで、信

長と元親の板挟み、という事で、光秀の反乱が起こったかと。


ただ、この「本能寺の変」には、風評、伝承、デマ、思い違い等のため、多説有

り、どれが本当なのか、よく読み込まないと分かりません。ご興味のある方は、こ

の本に、参考となる文書が、たくさん載せてありますので、参考にお読みくださ

い。


私ですか?織田信長は常に見知らぬ世界、特に西欧に興味を持っていたみた

いですから、「本能寺の変」をきっかけに、抜けだし、世俗を絶って、何らかの手

で西欧に渡ったと・・・・・その方が夢があるでしょう。昔、義経がチンギスハー

ンだったという説も昔ありました。


本当は、どうだったんでしょう?私、その頃、まだ生まれてませんでしたから、詳

しい事は分かりません。まして、片田舎に住んでいますから。


なお、原資料については、「国立国会図書館デジタルコレクション」にあるかも、

です。あったら、PCでも読まれます。ただし、現代語訳ではなく、古文書です。




2015年3月31日 (火)

「橘公園の桜」&「花祭り演芸会」~雲仙市千々石町

Photo

TVでは橘公園の桜が満開と言ってましたが、夕方から雨が降り出し、あまり激し

い雨でなければ良いのですが。


ローカルなニュースで、少し遅くなりました、二日前の日曜日のことです。この日

は、日曜日でもあり、天気も良く、桜も8,9分咲きというところで、人出も多く・・・

Photo_2 Photo_3

土曜日の「観櫻火宴」に続いて、日曜日は、文化協会主催による「花祭り演芸

会。


もちろん、最初は、千々石中学校吹奏楽部の「御神楽」。いまでは、イベントに欠

かせません。昨日の「観櫻火宴」に続いての出演ですが、中学生、パワーがあり

ますね。私も、あんな時代があったかと思うと・・・・

Photo_4

最近は日舞も高齢化か、以前、踊っていた方もめっきり減りましたが

Photo_7 2

光っていたのが、この子。小学校四年生で、踊りが好きだという、男の子です

よ!お花まで、いただいていましたが、本当に上手かった。

Photo_9 2_2

元気があるのが、カラオケの皆さん。気持ちよさそう・・・

Photo_10 2_3

先ほど「御神楽」に出演した、千々石中学校吹奏楽部の皆さん。あっという間に

着替えして。新年度、部に入る新入生が多いと良いのですが。

指揮は隣町のS氏。今年、定年だそうですが、ボランティアでの指導です。

Photo_12

ウラ若き美女のフラフラ失礼 m(_ _)m フラダンス。チームワークピッタリ。

千々石の「ちぢわ舞華連」と、隣町、愛野町の「愛やあ連」合同の、「南中ソーラ

ンよっちゃれ」

Photo_14 Photo_15

最後は全員と一般の人も加わって「千々石音頭」。これ、千々石の方、ほとんど

踊れますヨ。

Photo_17

この日のために、皆さん練習してこられたと思います。花見客の方も、喜んで見

ていました。又来年のために、楽しみながら、練習をして下さい。


まだ他にも写真を撮っていたのですが、本日は病院やら、お客さんやらで、お疲

れ気味で、簡単な紹介でした。おやすみなさい night


【おまけ】

昨日も、同じような写真を出しましたが、橋の下の桜が、河川公園とピッタリ、マ

ッチしています。ここが、一番の見どころでしょう。写真で見るより、はるかに綺麗

です。

Photo_18



 

2015年3月30日 (月)

2015 「観櫻火宴★日本一の松明武者行列」~雲仙市千々石町

Photo_5

土曜日に「観櫻火宴」が開催されました、少し遅くなりましたが・・・


今年の「観櫻火宴」は、19年目だそうで、最初は少なかったものの、段々と参加

者、観客の人が増えてきています。遠くは奈良あたりからの参加者もおられたと

か。


武者の集合ですが、カメラには全員入れきれません。

右の写真、後が、千々石海岸の「福石様」(左にもう一つあります)。この写真は

「ヤラセ」で5,6回走らせて撮ったものです。

Photo_7 Photo_9

大分県竹田市岡城武者揃えの方々。

Photo_10

稚児武者VS極悪軍団。勝敗や如何に。なお、稚児武者のスポーツチャンバラ用

の刀は、おみやげです。

2 Photo_15

いつもの、御神楽の皆さん。今年は、「平成27年度 島原半島文化賞」を受賞.

町内に限らず、「全国棚田サミット」「長崎ランタンン祭」等、県内外でも活躍中。

全員、吹奏楽部の子ですから、掛け持ちは大変。

Photo_16 2_2

昨年だったかな?できたばかりの、肥前千々石鉄砲隊、県外の人、女の子もい

るそうです。

Photo_18

佐賀だったかな?のアームストロング砲。出発の時と、宴の終了に号砲一発。

3 4

海岸の福石様から、橘公園まで歩き、全員の武者で、元服武者のお出迎え。

3_3

舞台では、「御神楽」。寸劇ですが、「遣欧使節四少年物語」。ヨーロッパに派遣

された、四人の少年のうち一人は、千々石に生まれた「千々石ミゲル」です。

3_4 Photo

元服立志式。各々、自分の名前と、夢をかたります。私だったら、「金持ちで、女

にもてる男になりたい」と言うんですが、みんな真面目な子ばかりでした。今年、

中学校に入学する子ども達です。

Photo_3

さて、今年も無事終わりましたが、来年が20年。良く続いたと思います。関係者

一同、初めは、20代だったのですが・・・・・来年も続くことを願います。お疲れさ

までした。


【おまけ】

帰りがけの夜桜、八部咲きくらいですか。今週の中頃雨が降りそうで、早めにご

覧下さい。

Dsc_0203_3

Dsc_0315




« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ