« 「福石様 しめ縄作り」完成編~雲仙市千々石町海岸 | トップページ | 「毎日読みたい 美智子さま」~松崎敏弥著 »

2015年12月 1日 (火)

「決戦!本能寺」~伊東潤・他著

Img_20151201_0001_2

このシリーズ、第3弾になります。「決戦!関ヶ原」、「決戦!大坂城」、今回は

「決戦!本能寺」。


作者は、伊東潤氏が「覇王の血」で「織田信房」、矢野隆氏が「焔の首級」で「森

丸」、天野純希氏が「宗室の器」で「島井宗室」、宮本昌孝氏が「水魚の心」で

「徳川家康」、木下昌輝氏が「幽斎の悪采」で「細川幽斎」、葉室麟氏が「鷹、翔け

る」で「斎籐利三」、沖方丁氏が「純白(しろ)き鬼札」で「明智光秀」を書いていま

す。


本能寺の変はご存じだと思いますが、日本の歴史の謎の一つで、なぜ明智光秀

が織田信長に謀反をおこしたのか。


ウィキペディアを見ても、怨恨説、野望説、恐怖心説、理想相違説、将軍指令説

/室町幕府再興説、朝廷説、四国説、イエズス会説、諸将軍黒幕説等諸説あ

あり、何と、明智光秀は生き延び、徳川家康の幕僚、「南光坊天海」になったとい

う説まであり、ここまで来ると、何が何だか分かりません。


小説の方は、この諸説に沿ったものもありますが、読んでみて自分で考えるのも

楽しみの一つ。


ちゃんと分かりやすく、付録に図面もつけてありますから、これ分かりやすくて良

いですね。

Img_20151201_0002_2

さて、第四作目は、「川中島の戦い」で「山本勘助」が主人公になるみたいです

が、これは募集小説になる様子で、自作未発表、四百字詰め原稿60枚以内、

賞は「2016年5月刊行予定の『決戦!川中島』に掲載。当該作の著作分

税。」だそうです。皆さんも応募されては如何。〆切りは2016年1月末日。

「第1回『決戦!小説大賞』」だそうです。詳しくは本の巻末をご覧下さい。


数年前、ウチもカミサンに謀反を起こそうと思っていたのですが、既に見透かさ

れ、処分を受けました。謀反を起こすのは難しいですよ。






« 「福石様 しめ縄作り」完成編~雲仙市千々石町海岸 | トップページ | 「毎日読みたい 美智子さま」~松崎敏弥著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62787932

この記事へのトラックバック一覧です: 「決戦!本能寺」~伊東潤・他著:

« 「福石様 しめ縄作り」完成編~雲仙市千々石町海岸 | トップページ | 「毎日読みたい 美智子さま」~松崎敏弥著 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ