« 「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の四 | トップページ | 「みつえばあちゃんとボク」(ペコロス第3弾)~岡野雄一著 »

2015年12月12日 (土)

「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の五(おしまい)

Photo

Photo_3

長い文書なので、二つに分かれています。PC画面を、そのままコンパクトカメラ

撮っているので、見にくいと思いますが、バチカンにある「口之津連判状」で

す。


あちらこちら調べること一カ月あまりでしたが、ある日、ネットで調べていると、「N

T DATA」の所に、「バチカン教皇庁デジタルアーカイビング」というのがあり、

こちらを→クリック


バチカン教皇庁図書館の約3000冊の手書き文献を、4年間でデジタル化する

ためNTTデーターが参加しているそうで、将来的には約8万冊、約4千万ページ

をデジタル化するそうです。その一部が現在ネットで公開され、その中に、この連

判状が公開されています。


クリックした後、上の方に「代表的な文献」がありますからクリックすると、9つば

かりの文書が出ています。「口之津のキリシタン教徒の連判状」がありますから、

それをクリックし、「閲覧する」をクリックすると、表紙から中身まで、上の写真の

ようにみることができ、拡大、縮小出来ますから、文字の細部まで見る事が

き、また、裏側から見た部分も見る事が出来ます。


あちらこちら、クリックしまく
ると、他の文書も沢山見られますが、日本のものは、

まだ、数点しかありません。


さて、この中に、この連判状が何故バチカンにあるかも書いてあり、解説を読む

と実にあっけないものでした。


「3段からなる封と署名付きの文書(かな、アルファベットでそれぞれ名を表記し、

さらに日本氏名を記載)。

折りたたまれた文書の中には、密着した一葉(22.9×211㎜)のドイツ語の翻訳が

あり、「J.loseph Dahlman S.J. 8 nov, 1923 with the collaboration of

Prof.Anesaki」とサインされている。

この連判状はイタリア人の学者かつ収集家および通訳、後に20世紀初頭の在

中国イタリア領事にもなるCav.Giuseppe Ros(1888-1948)によって京都の古物商

から購入された。そして彼の手によりローマ教皇の中国使節団である司祭

Celos Constantiniにもたらされた。その後、図書館かバチカン秘密文書館に保

存されていたが、1923年6月4日にバチカン図書館に納入された。

日本では、1614年徳川幕府の将軍がキリスト教信仰を禁止し、17世紀中頃か

ら250年の間キリスト教徒は自らの信仰を秘匿することを強いられた。この文章

は、最初の迫害(1597年の日本の26聖人の殉教死)の後、日本キリスト教徒

の信念を表している。」


ということで、この連判状が古物商経由でバチカンに行ったとは、夢にも考えて

なく、あぜんとしたものでした。


なお、松田毅一氏「キリシタン研究 第二部論攷編」によれば、松田毅一氏がこ

れを見たのが、1960年。「イエズス会員ダールマン氏の添え書きがあり、姉

教授の協力を得たとか、本年来訪された新村出教授が完訳されることを期待

る、と記されていたので」、日本の学会で発表がされたと思い込んで、すぐに返

却されたそうです。


なお、1970年にヴァチカン図書館を訪れた際、本書の閲覧と、写真版を入手し

たという事です。なお、「ダールマン氏によるドイツ語の解釈は誤って居り・・・」と

書いてあります。


こちらが、公開されている「ダールマン氏」の添え書きでしょうが、

Dsc03329

良く見ると、一番下の方に、新村とか、姉崎の文字が見え、ダールマン氏の署名

があり、「8 nov.1923」これが、解説にある「密着した一葉」で間違いないでしょ

う。

Photo_2

良く見ると「42」、「Kuchinohsu」の文字が読め、口之津の連判状の42名の事な

かな?ドイツ語、全然読めません。

2_4

さて、この公開された文書を拡大して見ていって、気になるのが

Photo_3

筆頭に書かれた人名ですが、「まん所 Mancio 峯彦兵衛」。


普通、連判状などには、上位の者から書いていくのですが、○印の所、最初は

食いかなと思ったのですが、ここには印影があるはずなのですが・・・全部虫

の所を見ていったのですが、このような形の虫食いはなく、何となく人為的

なもを感じます。


さて、今回で「口之津連判状」を終わりますが、私が興味を持ったのは、なぜ、こ

の連判状がバチカンにあるかということでしたが、これは解決。ただ、何のために

写真版にし、マリア観音の中に入れてあったのかは謎のまま残りました。

                            
                             (「口之津連判状」おしまい)






« 「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の四 | トップページ | 「みつえばあちゃんとボク」(ペコロス第3弾)~岡野雄一著 »

キリシタン関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62851267

この記事へのトラックバック一覧です: 「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の五(おしまい):

« 「口之津連判状(キリシタン文書)」覚書 其の四 | トップページ | 「みつえばあちゃんとボク」(ペコロス第3弾)~岡野雄一著 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ