« 「トルコで私も考えた 成長編」~高橋由佳利著 | トップページ | 病院の話など~ご参考までに »

2015年12月16日 (水)

いつもの「週刊誌」

Img_20151216_0001 Img_20151216_0002

いつもの「週刊誌」ばかりでは飽きるので、今日は、いつもでない「女性週刊誌」

を買って読んでみたのですが、玉木宏とか、君島十和子とか、赤坂晃とか、膳場

貴子とか、吉田鋼太郎とか、ぜ~んぜ~ん分んないので、今日も「いつもの『週

誌』」。


でも、女性週刊誌に二つばかり面白いのがあったので・・・

■「赤いパンツで福をよぶ」

申年(さるどし)に赤い下着をつけると、「災いが去る」、「病が去る」等の言い伝

えはあったそうですが、サルにかけた”病がサル””災いがサル”ということで、古

い言い伝えは、日本各地にあり、縄文時代から赤いものは病気や魔よけとして

使われていたそうです。ただ、申年と赤い下着の組合せは、比較的新しい風習

だそうです。私も、赤フンで頑張るか。


■「売るのは週でこの本だけ!」

東京中央区銀座一丁目、歌舞伎座の裏の裏(裏の裏といえば表のことかな?)

レンガ造りの鈴木ビル1F、5坪の「森岡書店」だそうで、注目を集めているそうで

すが、できれば、行ってみたいな。各週で一種類の本だけしか売っていないそう

です。


さて、「いつもの『週刊誌』」

■「衆参ダブル選挙 自民党なんと 衆参323議席!」

あたりまえでしょう。対戦相手が弱すぎるから。民社党もあのザマで、どうにも

らないでしょう。当確予想が出ていますが、長崎、あの人が当選予想ですか。

では評判悪いんですがね・・・

あとは、18歳から選挙ができるようになりますが、この世代がどう動くかが大き

な争点になるでしょう。


■「ついに『外出禁止令』PM2.5で人が死ぬ」

いわずと知れた、中国のことですが、対策を十分取らないと、一流国の仲間入り

は出来ないでしょう。なにせ、日本まで流れていていますから、ご近所迷惑は止

めてほしいものです。


■「広岡浅子だけじゃない『明治・大正・昭和』とつくった女傑たち」

そう、女性は優秀です。私も東京で営業関係をしていて、いろいろな会社を訪

れ、優秀な女性がお茶くみをやらされ、もったいないなと思ったことが、再三再

四。


■「『女性課長7%』国家公務員の目標は低すぎないか」

政府は、「’20年までに国家公務員の女性率を局長以上で5%、課長級で7%

にする」という目標を掲げたそうですが、一方、社会全体について「’20年までに

指導的地位に占める女性の割合を30%にする」だそうですが、この中には、研

究者、医者なども含まれるそうです。なんか、また数字あわせじゃないんです

か。こういうことを決める男子だから、社会制度が良くならないんですヨ。


■「知らないと損する『遺族年金』 『妻が死んだら』 『夫が死んだら』」

これは、夫の仕事、妻の仕事等で各自違って来ますから、参考にお読みくださ

い。


■「お墓選びの常識が変わった!」

特に、都会に住み、田舎にお墓がある方が増え、こちらでも無縁墓地がボチボ

チ増えています。都会にお住まいの方は、お読みください。


■「ついにAmazonが始めた『お坊さん便』の勝算」

イオンが、葬儀の仲介業を初めていますが、Amazonでは都会で、菩提寺がな

かったり、お坊さんのお布施をいくら包めば良いか、分からない方が多いと思い

ます。法事等の時、Amazonでは、自宅など手配先への訪問のみなら3万5000

円、自宅から墓地への異動を含む場合は4万5000円になるそうで、全国手配

可。12月8日から実施しているそうで、Amazonで「お坊さん便」と検索すると、ち

ゃんと載っていました。


■「チャーリー・シーンのせい!? 実は大阪でエイズが大爆発していた」

日本エイズ学会で、大阪府でHIV患者が激増と発表されたそうです。チャーリー・

シーンが大阪でばらまいていったとか。大阪府在住、近隣の方、大阪旅行の予

定の方ご注意を。国政に出るの出ないので騒いでいる某氏、こちらの方が大変

なのでは?対策はしているのかな?


■「死ぬまでS○X エ○小説の『女体』『女○器』『○接』」

官能小説の紹介です。「ぼっこり若○○さん」、「俺の地元は近ごろ○れまくり」、

「僕の新生活」、「ふたつ巴」、「機内サービス」等々。お暇な方はどうぞ。


■「大好評シリーズ 60すぎて、80すぎて90になっても『し○い』」

「女性が悦ぶ『新・ラーゲの研究』。ところで、「ラーゲ」ってナンデショウ?今回は

図解入りで分かりやすいので、寒くて長い夜。興味のある方は、お試しを・・・heart04






« 「トルコで私も考えた 成長編」~高橋由佳利著 | トップページ | 病院の話など~ご参考までに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62882189

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの「週刊誌」:

« 「トルコで私も考えた 成長編」~高橋由佳利著 | トップページ | 病院の話など~ご参考までに »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ