« いつもでない「週刊誌」 | トップページ | 「決戦!本能寺」~伊東潤・他著 »

2015年11月30日 (月)

「福石様 しめ縄作り」完成編~雲仙市千々石町海岸

Photo

「福石様」のしめ縄、以前から書いていますが、先週の日曜日と、前日の日曜日

と二日がかりで作りましたが、やっと完成しました。


なにしろ、十数年ぶりで、藁の量、手順等分からなく、慎重に二日間かけました

が、一度作って方法が分かったということで、来年は一日で作ろうと。なお、真ん

中あたりも、少しふくらみをもたせようということでした。右の鳥居も、ボロボロだ

ったのですが、今回新調。


この鳥居が立つ石も、潮で滑りやすく、大変な作業。

Photo_2 2

こちらが、縄を組んでいくところですが、この方法は初めて見ました。

4

右に、「よいこの」(悪い子ではありません)のかけ声で、右に力一杯ねじって、そ

を隣の人に渡して、組んでいく手順です。

3

この日も、沢山の方が集まり、思い出しながらの作業。藁が足りない時に、組み

込んでいく藁の束を作る人、飾り物を作る人。

Photo_3 Photo_4

午前9時頃からはじめ、出来上がりが昼程度。20メートルといえば、はやり長い

ですね。

Photo_10

あと、しめ縄をはり、神事、マスコミ関係のインタビューなど。インタビューに答え

ているのが、福石様しめ縄保存会の会長さん。なお、神事をおこなっているは橘

神社の神官さんですが、橘中佐の曾孫さんです。

Photo_11 Photo_12

という事で、有志の皆さんのおかげで、無事終了。はやり、しめ縄があるのと無

いのでは、風景が全く違います。

Photo_13

なお、写真を撮りに来られる方、干潮の時では、福石様にいく道が海の上に出ま

から、満潮の時が良いかと思います。まあ、好き好きもあるでしょうが・・・

Photo_15 2_2

なお、これからは福石様方向に夕日が沈みますから、これは、綺麗ですよ。

Photo_18

なお、会長がインタビューに答えて、普段あまり付き合いのない人と一緒にしめ

縄を作り、コミュニケーションが出来たことが良かったのではないか、と話を

いました。


私も、住んでいる地区が全く違い、ほとんど知らない人ばかりだ
ったのですが、

馬鹿話をしたりで、このような事が地域作りになっていくのだ、という事を実感し

た次第です。有志の皆さん本当にお疲れ様でした。来年も楽しみにしています。


今から、夕日が綺麗になる季節なので、皆さんも是非お越しを。ただ、一人で来

るより、二人の方が良いですね。老婆心ながら。





« いつもでない「週刊誌」 | トップページ | 「決戦!本能寺」~伊東潤・他著 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62780537

この記事へのトラックバック一覧です: 「福石様 しめ縄作り」完成編~雲仙市千々石町海岸:

« いつもでない「週刊誌」 | トップページ | 「決戦!本能寺」~伊東潤・他著 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ