« 「わが心のジェニファー」~浅田次郎著 | トップページ | 勉強帰りの「週刊誌」 »

2015年11月10日 (火)

「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え」★ジェンマ・エルウィン・ハリス(編):西田美緒子(訳):タイマタカシ(絵)

Img_20151110_0001_2

この本、子供たちの質問に、それぞれの専門家が真面目答えている本です。ホ

ントに真面目に。「世界一素朴な質問、世界一美しい答え」の続編になるらしい

のですが。答えの部分が長いので、はしょって書きますが・・・・


質問 「おならはなぜもえるの?」(ルーク、九歳)

回答 「・・・おならは、いくつかの異なる気体でできている。・・・おならが燃えるの

    はこの水素とメタンのせいだよ。たしかに、おならは黄色か青い炎を出し

    てもえる・・・・」(グレッグ・フット、科学番組のプレゼンター)

と、これについては、以前TVで実験をしていて、本当に燃えました。「でも、絶体

に試してみてはだめだよ。じっさいにやって、ひどくやけどした人を知っているか

らね。」


質問 「どうすれば目から牛乳を出せるの?」(ベン、10歳)

回答 「ぼくは目から牛乳を遠くまで飛ばす世界記録を持っている。どうやってい

    るかって?(注:悪い子が真似するので方法は書きません)・・・」

記録は2メートル79センチだそうです。(目から牛乳を飛ばすチャンピオン)


質問 「科学で一番たいせつなことは?」(ルイーズ、7歳)

回答 「科学は、人の暮らしの質を、たゆみなく向上させる」

                 (ジョン・ガートン卿、ノーベル賞を受賞した生物学者)


質問 「イアン・フレミングはどうやってジェームス・ボンドを考えだしたの?」

                                      (ファーガス、9歳)

回答 イアンフレミングは、第2次大戦中イギリスのスパイの将校として、海軍情

    報局で働いていたそうで、スパイ小説を書いて、スパイの名前を思いつか

    なく「・・・何気なくバードウォッチングの本を手にとった(イアンフレミングは

    バードウォッチングが大好きだったんだ)。本を書いたのは鳥類学者の 

    ジェームスボンドだった。その瞬間フレミングの心は決まった・・・・」

                          (ウィリアム・ボイド、小説家、脚本家)


質問 どんなものからでも歌は作れるの?(イーサン、10歳)

回答 作れる、どんな歌だってね!「踊るゴミ箱」っていうのはどうかな?

回答者が(ポール・マッカートニー卿、ミュージッシャン、シングライター)となって

たので調べたら、1997年、英国のナイトの爵位を授与となっていますから、

ール・マッカートニー卿は、あのポールでしょう)


質問 「おしっこをのめないのはなぜ?」(イソベル、4歳、リア12歳)

回答 「・・・もし砂漠のまんなかで急に手持ちの水がなくなってしまったなら、自

    分のおしっこを飲めばまちがいなくいきのべられる。おいしいとは思えない

    けどね!・・・砂漠で迷った人や救命ボートで海を漂流した人が、のどがか

    わいてたまらずに自分のおしっこをのんで命拾いをした話は、たくさんある

    んだよ。」(ベア・グリルス、冒険家、サバイバルの達人)


質問 世界一長い曲は(ジャスミン、8歳)

    a)クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」

    b)ジェム・ファイナーの「ロングプレイヤ-」

    c)アボリジニの民謡

正解は、b)ジェム・ファイナーの「ロングプレヤー」だそうです。ジョン・ケージの

「オルガン/ASLSP」の演奏は2001年にドイツの教会ではじまり、639年つづ

けて2640年におわる予定だそうですが、「ロングプレ-ヤー」は2000年1月1

日の午前零時にはじまり、くりかえしなしで2999年の最後の瞬間まで続く予定

だそうです、それからまた、演奏を繰り返すそうです。

ただ、仏具の鈴(りん)で演奏するために作曲され、人でも、機械でも演奏できる

そうですが、お客さんはどうするんでしょう?


この本ほかに、「宇宙には行き止まりがある?」、「人間はなんのために生きてい

るの?」、「お金はどんどん印刷できるのに、どうして不景気があるの?」、「雷が

海に落ちても魚が死なないのはなぜ?」、「どうして右と左があるの?」、「ニュー

スがなにもないとき、新聞はどうする?」、「くしゃみするとき、どうして目をつぶっ

ちゃうの?」、「死んだ人の髪の毛はのびる?」「タコもおならをする?」等々、

131の質問が並んでいますが、大人は何と答えたら良いのでしょう?


ところで、「私はどうして、カミサンから、いじめられるの?」









« 「わが心のジェニファー」~浅田次郎著 | トップページ | 勉強帰りの「週刊誌」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62653390

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え」★ジェンマ・エルウィン・ハリス(編):西田美緒子(訳):タイマタカシ(絵):

« 「わが心のジェニファー」~浅田次郎著 | トップページ | 勉強帰りの「週刊誌」 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ