« 「神迎え神事」~雲仙市千々石町天満宮&「古文書研究会」の算数問題&公開講座「島原ふしぎ発見」 | トップページ | いつもでない「週刊誌」 »

2015年11月26日 (木)

妻の「ごめんなさい」~リノベーション12月号「アマニズム」 

Dsc_0402

例によって、写真と今日の記事とは関係ありません。写真は千々石の氏神様、

温泉神社の正月の様子。茅の輪の前に鳥居がありますが、これは天保四年

(1833年)ですから、182年前の鳥居です。この鳥居の右側にチョットした発見

をしたのですが、これは後日。


さて、今日は木曜日で、いつもの週刊誌が発行され、いつものように週刊誌ネタ

も、と思っていたのですが、本屋さんにまだ並んでなく、メールを見ると、全国

主関白協会 天野周一会長からのコラムが届いていたので、ご紹介を。


天野会長さんの奥様と、ウチのカミサン、何となく似ているところがあり、会長の

お話には、いつも泣かされております。



★リノベーション12月号「アマニズム」

妻の「ごめんなさい」を聞いた亭主はまだいない。

「あなただけには謝りたくないっ」がその理由(笑)


最近は、コメンテイターなど、ちょくちょくテレビ出演をしている。見苦しい面体をさ

らしているが、ご容赦願いたい。過去にもテレビ、ラジオと沢山の番組に出てきた

が、愛妻は一度も見た事がない、とおっしゃる。


理由を恐る恐る聞いたが、「家でもウザイ顔をみてるのに、テレビまで何で見なき

ゃいけないの」とおっしゃった。「そりゃそうだ」と妙に納得した(笑)。妻という生き

物は、実にしなやかで強い。


全亭協(注:全国亭主関白協会、っていうか、全国恐妻協会の色が強いが・・)の

2万3千人の会員にアンケートをとったら、妻の「ごめんなさい」を聞いた亭主は

皆無であった。そう、妻は亭主に絶体に謝らない(笑)。


ある時、その理由を恐る恐る聞いたことがあるが、「あなたにだけは謝りたくな

い」とキッパリ。意味不明だが、何故か説得力のある解答であった。よそでは「ご

めんなさい」を使っているようなのだ。


そういえば、夜遅くご帰還なさった時、聞いたことがあった。「ごめんなさい、お腹

すいたでしょう」と、玄関を開けるなりおしゃる。「いいよ、いいよ、そこまではすい

な、」い、まで言わなくて良かった。


恥をかくところであった。玄関に迎えに来た飼いネコにおしゃっていたのだ。って

いうか、やっぱり本当は優しいのだ。亭主に対して厳しくあたるのは、真っ当な人

間になりなさいという、叱咤激励なのだ。


亭主よ、出来るだけ多くの人に愛を伝える人間になりなさい、という神の声だと思

わねばならない。


神は毎日試練を与え続け、それをどう乗り越えられるかを優しく見守っていらっし

ゃる。って、天野は神父様かいっ(笑)。外ではエラそうな事を言ってはいるが、家

では、「はい、奥様わかりましたっ」と言っている自分が結構好きなのだ(笑)。



さて、皆様の奥様は如何ですか、「ごめんなさい」って、言ってますか?え!言っ

てる、ウチのカミサンと替えませんか。カミサンも新婚3日目くらいまでは言って

たんですが、今では私が、「ごめんなさい」を言ってます。



« 「神迎え神事」~雲仙市千々石町天満宮&「古文書研究会」の算数問題&公開講座「島原ふしぎ発見」 | トップページ | いつもでない「週刊誌」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62755682

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の「ごめんなさい」~リノベーション12月号「アマニズム」 :

« 「神迎え神事」~雲仙市千々石町天満宮&「古文書研究会」の算数問題&公開講座「島原ふしぎ発見」 | トップページ | いつもでない「週刊誌」 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ