« とりあえず「雑誌」 | トップページ | 「神々の山嶺(いただき)」~夢枕漠作・谷口ジロー画 »

2015年10月17日 (土)

2015 「温泉神社秋の大祭」~雲仙市千々石町

Photo

今日は、千々石町の氏神様「温泉神社」の秋の大祭。千々石には、七つの名(み

う)があり、持ち回りで祭りを運営します。


最初に「大太鼓」「小太鼓:おっぱら」「鉦:チッカンカン」「謡:短い短歌」「ササラ:

竹踊り」の奉納踊りと、「いかがれ:赤ちゃんおんぶ」があり、その後、海岸の御旅

所まで、途中、奉納踊りを披露しながら行列巡行。


奉納踊りの様子です。以前は、子どもが多く、神殿前の広場は、いっぱいだった

そうでだったそうです。女の子の一年生が「鉦」を叩いていましたが、重くてもてな

いので、小さな鉦を使ったそうです。

Photo_4

「ささら」

Photo_7

「ささら」出演の皆さん、男子ですが、薄化粧。なんとなく、男にはもったいない

な、とう男子も。ささらの棒も各地違うようですが、竹を二つに割って、ギザギ

ザをつけ、飾りをつけ、短い棒で擦り、音をだします。

2_2 Photo_8

「いがかれ」。こちら方面では、子どもの事を「イガ」と言いますから、「あかちゃん

おんぶ」。昔は、男の人が一杯機嫌でやっていて、面白かったそうです。

その間、神社では神事。

Photo_9 Photo_10

最後に、巫女さん、といっても当番名の女の子ですが・・・

最近、増えました。タブレットでの撮影。

Photo_16 Photo_17

子どもの履きものですが、昔は「ワラジ」を履いていたとか。多分、今のように舗

装してなかったのでしょう。御旅所まで行くのに、足が痛かったそうです。ただ、こ

履き物では、カカトの部分が浮き上がり、やりにくいだろうな、と。


右は、宮司さんと、神官さんの履き物です。行儀のいい方は、履き物は反対にし

て上がりますが、それでは、神様に尻を向けることになり、失礼にあたるので、そ

のまま、上がっていいと、神社の総代さんから言われました。以前書きましたが。

Photo_13 Photo_15

という事で、出発ですが。拝殿の入口が狭いので、御輿をだすのも、一仕事。賽

銭箱も、御旅所まで運びます。

Photo_18 Photo_19

やっと出発。猿田彦さんもいます。

Photo_21

日本一の「桃太郎」さん。女の子でしたが・・・

御神輿は、現在、台車に載せ引っ張っていきますが・・・

Photo_22 Photo_23

昔は、神馬に御幣を載せ、御輿も担いでいたのですが・・・・

Pict0005

途中、奉納踊りを披露しながら。

2_3 3

昔は、御旅所まで写真を撮りながらついて行ったのですが、天気がよすぎ、歳の

せいか、ここらあたりまで付いて行くのが精一杯で、来年は、私が住んでいる名

の当番で、体力をつけなくちゃ!というところです。





« とりあえず「雑誌」 | トップページ | 「神々の山嶺(いただき)」~夢枕漠作・谷口ジロー画 »

神社」カテゴリの記事

祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/62494631

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 「温泉神社秋の大祭」~雲仙市千々石町:

« とりあえず「雑誌」 | トップページ | 「神々の山嶺(いただき)」~夢枕漠作・谷口ジロー画 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ