« いつもの「週刊誌」 | トップページ | 「勾玉」作りはいかが? »

2015年7月30日 (木)

「女神たちと」~河井克夫他★夏はマンガで

Img_20150730_0004 Img_20150730_0005

マンガ本、「女神たちと」の表表紙と、裏表紙です。この、裏表紙の赤の矢印の

所、最初は意味がよく分からず、書き写すと。


「俳優・演出家・ミュージッシャンと、華麗でマルチな活躍をつづける漫画界きって

の才人・河井克夫が、六人の個性豊かな女性漫画家に原作を執筆し、気鋭の

性映画監督の書き下ろし脚本を自ら漫画化。日本人の宗教観やジェンダー問

にさざ波を起こし、漫画界に地平をまったりと拓く、前代未聞の物語集。」


この「六人の個性豊かな女性漫画家に原作を執筆し」と「気鋭の
性映画監督

の書き下ろし脚本を自ら漫画化」が夏ボケのためか、文章が繋がらない。前半は

分かるものの、後半「書き下ろし脚本を・・・」。普通、マンガなら、「脚本」ではな

く、「原作」でしょう。


で、読んで見て、ようやく分かりました、「横浜聡子」さん、映画監督だったんです

。それで、「書き下ろし脚本」ですね。もっとも中は、「原作:横浜聡子」となって

いますが・・・・


さて、このマンガ、六名の女性と、横浜聡子さん「原作」を、「河井克夫」さんが描

いた7編の短編マンガからなっています。


中身は、河井克夫氏が原作で


「蛍の僧都のこと 近藤ようこ・作画」

これが、一番秀逸かなと思いますが、何となく、今昔物語とか、説話を思い出し

ます。最近紹介した、説経節「小栗判官」を出版していますから、お手の物のスト

ーリーといったところか。


「五人いた 二宮亜子:作画」

推理小説仕立てですが、ウ~ン、この手もあったか。


「アムステルダム 安永知澄:作画」

最初と、最後の絵を見比べてください。これから先、描いたとしたら、どう展開す

るのかな?


「米の回路 原百合子:作画」

京都精華大学在学中。この作品がデビュー作だそうですが、原作の、河井克夫

氏にまだ助けられている、という感じかな?


「猫又 おくやまゆか:作画」

これも、伝説、説話を感じさせますが、途中「NASAで開発された人工皮膚」と、最

後の、どんでん返しには、笑いますネ。


「サンクチュアリ やまじえびね:作画」

「サンクチュアリ」は「聖域・神聖な場所」のことですが、こんな、サンクチュアリも

アリか。


「片岡一郎の一日 横浜聡子:原作 河井克夫:作画」

この作品のみ、原作が横浜聡子監督ですが、老俳優の撮影スタジオの一日を

「まったり」と描いています。


中身が分かると、読む時面白くないので、詳しい事は書きませんでしたが、夏は

「まったり」とマンガでも・・・・・あ、そういえば、河井克夫氏「あまちゃん」にも出て

いましたね。


なお、「Kindle」が使える方でしたら、196円お安く読めます。





« いつもの「週刊誌」 | トップページ | 「勾玉」作りはいかが? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61987484

この記事へのトラックバック一覧です: 「女神たちと」~河井克夫他★夏はマンガで:

« いつもの「週刊誌」 | トップページ | 「勾玉」作りはいかが? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ