« 結婚は、「顔」?「性格」? | トップページ | 「劉邦 中巻」発売~宮城谷昌光著★ついでに「史記」へのすすめ »

2015年7月 1日 (水)

「センゴク一統記 第13巻」★発売~宮下英樹著

Img_20150701_0001

今日、本屋さんに行ってみたら、置いてありました。平積みですから、少しは売れ

ているのかな?発売日が6月23日、第1刷ですから、少し遅れて来たみたいで

すが・・・・


信長が討ち死にした所で、買うの止めようかと思ったのですが、まあ、世界史を

取って、日本史がよく分からないので、お勉強のために続けて買う事に。


信長が本能寺で討たれた後、秀吉が中国大返しをおこない、明智光秀を討ちま

すが、その後、信長の後継者を決める「清須会議」。家督を継ぐのは、長男が基

本ですが、長男の信忠も討ち死。あと、次男の信雄、三男の信孝どちらかが、跡

継ぐはずが、亡き長男・信忠の子、「三法師」ちゃんが跡を継ぎます。信長の

です。


秀吉に不満を持つ、「三男・信孝=柴田勝家」VS「次男・信雄=豊臣
吉」の戦

いがありますが、この間書いたように、信雄=豊臣秀吉の勝利。


我らの主人公も「仙石権兵衛ら 晴れて淡路統治の宛行状(あてがいじょう)が

送られる」ということで、目出度く、淡路国五万石を拝領して、大名になります。


これで、目出度し、目出度しなら、いいのですが、三法師の後見人として、次男

信雄が安土城に入りますが、こちらも妻が懐妊、名前をなんと「三法師」(三介が

信雄の通称、吉法師は信長の幼名、両方の字をとって「三法師」)と名付けます。

(漫画によると・・・)


ここにおいて、織田信雄は安土城から追放されます。なお、親秀吉派だった三名

の家臣・津川玄蕃允・岡田長門守・浅井田宮丸が斬殺されます。


ここで、大大名となった家康と信雄が手を組み、天下を狙いますが、そこは、秀

吉。よもやと思った、池田恒興など、諸大名は秀吉になびきつつあります。いよ

いよ、「小牧・長久手の合戦」の始まりです。


面倒臭い話みたいですが、漫画で読むとよく分かりますネ。歴史のお勉強は、漫

画で。なお、信長と子供の関係には、いろいろな説があるようです。


さて、今日WEBのニュースを見ていたら、「自民党の現役議員が覚せい剤使用で

逮捕、両腕に注射痕で常習の疑いも」というニュースが入っていて、容疑者は、

自民党北海道の青年局長で、石狩市会議員。このニュース、NHKの7時と9時の

ニュース、報道ステーションでもやってませんネ。新聞にも載ってません。昨日、

報道されたのかな?ひょっとしたら、報道への圧力かナ?確認中かな?芸能人

の時は、すぐに大きなニュースになるのですが・・・?



« 結婚は、「顔」?「性格」? | トップページ | 「劉邦 中巻」発売~宮城谷昌光著★ついでに「史記」へのすすめ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61822881

この記事へのトラックバック一覧です: 「センゴク一統記 第13巻」★発売~宮下英樹著:

« 結婚は、「顔」?「性格」? | トップページ | 「劉邦 中巻」発売~宮城谷昌光著★ついでに「史記」へのすすめ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ