« 「ある小さなスズメの記録」人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯~クレア・キップス著 梨木香步訳 | トップページ | "妻をいかに愛するかが亭主の本分”~天野周一の読む、クスリ。 »

2015年6月 1日 (月)

「劉邦 上巻」~宮城谷昌光著★出すなら一緒に出してよ!

Img_20150601_0001

宮城谷昌光氏の本は、以前何冊か読んだ事があり、三国志も読みましたが、吉

川英治の三国志は、「三国志演義」を基にしたもので、宮城谷氏は精子(失礼

coldsweats01)正史の立場をとって書いてあるので、面白さは吉川英治、手応えは宮城谷

な、と思っていたのですが・・・


司馬遼太郎にも「項羽と劉邦」があり、これも読んだのですが、何年も前で、ほと

んど忘れていました。劉邦と言えば項羽なのですが、この本の題が「劉邦」という

ところをみると、劉邦にかなりスッポットライトをあてている感じです。


宮城谷氏といえば、やたら難しい漢字を使っていますが、この本、随分と角が取

れて来たみたいで、辞書を引きながらでなく、意外とすんなりと読めました。


物語は、不良少年である劉邦が、運良く泗水亭(しすいてい)の亭長になるあた

りから始まり(ただし、この時30歳過ぎ)ます。


「亭長」とは、「亭は最小の行政区であると同時に最小の警察署である。亭の建

物は二階建てで、二階の座敷は、旅行する官吏の休息所にあてられる。それゆ

え亭長は、行政官であり、駅長でもあった。」と、まあ、いわば当時の下級官吏に

なるのでしょう。「ここの長に任命され14年が経った。」とありますから、もう四十

過ぎで、「万年亭長」という事になります。


が、ある事をきっかけに、劉邦の元に人が集まり、人におされて沛県の「県令」に

までなります。「県令」とは秦・漢の時代、一万個戸以上の県の長のことです。


この時分、秦の始皇帝が亡くなっており、各地乱れていますが、劉邦は他の臣下

の進言により、他県に遠征に行くわけですが、劉邦は「『孫子』という兵法書を読

んでいれば、こいうまずい行軍をしなかっただろう。」というくらい戦術にも通じて

いませんが・・・・というところが、上巻で、まだ、「項羽」は出てきません。


この本の発行が5月20日で、下旬に買い、読み終わって、中巻を買いに行った

のですが、「上巻」は置いてあるものの「中巻」がない。


田舎だから、本屋にまだ届いていないと思って、Amazonをみたら、何と出版が、

6月16日。予約は入れましたが、本屋さんにもないはず。


「中巻」というと「下巻」もあるわけで、「毎日新聞」で連載されたもののようです

が、「下巻」をいつ出版するのか、こういう本は「上・中・下巻」、一緒に出してよ!

とにかく、年寄りは気が短いんだから!annoy ということでした。


« 「ある小さなスズメの記録」人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯~クレア・キップス著 梨木香步訳 | トップページ | "妻をいかに愛するかが亭主の本分”~天野周一の読む、クスリ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61680118

この記事へのトラックバック一覧です: 「劉邦 上巻」~宮城谷昌光著★出すなら一緒に出してよ!:

« 「ある小さなスズメの記録」人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯~クレア・キップス著 梨木香步訳 | トップページ | "妻をいかに愛するかが亭主の本分”~天野周一の読む、クスリ。 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ