« 弥勒寺跡線刻不動明王~大村市弥勒寺町 | トップページ | 「説経 小栗判官」~近藤ようこ著 »

2015年6月13日 (土)

「五色の舟」~漫画・近藤ようこ 原作・津原泰水

Img_20150613_0001 Img_20150613_0003_2

「五色の舟」。「文化庁メディア芸術祭漫画部門・大賞受賞」と書いてあり、文化庁

が漫画とは、まあ、時代は変わったなと思いつつ買ってしまいました。


昔は、漫画を読んでいると、「そんなもんばかり読んで」と怒られたのですが・・・

読んでみて、まあ、なんと言いますか、独特の画風と話の展開ですが。


時代は戦中。5人家族の旅芸人。ただし、血の繋がりはありません。

父と母は足に、兄は力があるが背が低く、姉は体に、そして主人公は手に、各々

障碍を持っていますが、それを売り物に、見世物にしているわけです。この5人、

普通の家庭より、お互いに助けあって生活をしています。


これに、5人の保護者とも言うべき、医者の犬飼先生がからみ。そして、5人は岩

国まで、人と牛のあいのこの「くだん」を買いに行きますが、この「くだん」が、5人

の運命を変える能力を持っていると、まあ、説明だけでは、分かりにくいのです

が、普通の漫画と違い、はやり「文化庁」の大賞を受賞した漫画ですね。


この絵を見て、思い出したのが、つげ義春。一時、ブームになりましたが、これも

なんともいえない漫画でしたが・・・・「無能の人」は、私がモデルみたいですが・・


近藤ようこさん、何となく気になる漫画家なので、もう一冊、説教節で有名な、「説

教 小栗判官」を頼んでみました。少し変わった漫画が読みたい方は、ご一読

を。折口信夫×近藤ようこで「死者の書」を、描いているようですが、これも、出版

されたら、読んで見ようかな?






« 弥勒寺跡線刻不動明王~大村市弥勒寺町 | トップページ | 「説経 小栗判官」~近藤ようこ著 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「五色の舟」~漫画・近藤ようこ 原作・津原泰水:

« 弥勒寺跡線刻不動明王~大村市弥勒寺町 | トップページ | 「説経 小栗判官」~近藤ようこ著 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ