« 「劉邦 上巻」~宮城谷昌光著★出すなら一緒に出してよ! | トップページ | 歴史の真実とは? »

2015年6月 2日 (火)

"妻をいかに愛するかが亭主の本分”~天野周一の読む、クスリ。

Photo_3

いつも、ご紹介をしている、「全国亭主関白協会」会長の天野周一様です。


妻の迫害、罵詈雑言、シカトにもめげず、「亭主が変われば日本が変わる!」と

の思いで、妻を愛し、頑張っておられます。


さて、いつものように、会員の所に会長の言葉のメールが届きましたので、いつ

ものように皆さんに、ご紹介します。


会長の涙ぐましい努力。涙なくしては読めません。ウチも会長に見習って、努力

はしているのですが・・・・なお、行替え等は私の方でしています。




リノベーション6月号「アマニズム」


”妻をいかに愛するか”が亭主の本分。

たとえ妻が亭主を愛せないとしても(笑)



若い頃の夫婦喧嘩の口癖は、「おまえが…」という枕詞から始まっていた気がす

る。今では、「オーマイ、ガッ」と、天を仰ぎながら、英語に変わっているのはの

何ともし難い(笑)。


 こうなれば最近の「オーマイガッ」を披露せねばなるまい。「いかに上手に妻の

尻に敷かれるか」の研究を、15年の長きに渡って世の中に発信し続けている。


「亭主が変われば日本が変わる!」との思いは、今もブレない。作家の端くれと

して、夫婦円満の新方程式の本を出版し、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌と、様々な

メディアに、恥を忍んで出演している。しかも、「愛の三原則」「非勝三原則」「お返

事三原則」など、何の役にも立たない事を真剣に発表し続けている(笑)。


それが効を奏したのか、偶然かは分からないが、最近では、家族の絆、夫婦の

問題など、全てのメディアが、私が言いたかった事を代弁してくれているような特

集や特番が増えてきている。日本は良い方向に歩み出した。


こうなれば世界へ発信しなければと思っていた矢先、ドイツの国営テレビが、全

亭協の安心婚や継婚式などの活動をドキュメンタリー番組にしたいとの話があ

り、「ダンケ」と受けてしまった(笑)。


 で、本題はここから。先日判明したが、愛妻は、私が出演したテレビ番組など

を、「ただの一度も見た事がない」とおっしゃった。


その都度、「今度、こういうテレビやラジオ番組に出るよ」とそれとなく伝えてきた

つもりであった。「いや、それはないだろう、10数年の間、何百回と出てるよ、ただ

の一度も見た事ないなんて」


「だからぁ、毎日家で見ている顔を何でテレビでまで見なきゃいけないのよっ。ウ

ザすぎっ」「そりゃそうだね。オーマイ、ガッ」(笑)。



「愛の三原則」、「非勝三原則」、「お返事三原則」を載せておきます。心して、実

践して下さい。奥方に対する、ご主人の心構えです。




Photo_5

Photo_8

Photo_11

ついでに

Photo_15






« 「劉邦 上巻」~宮城谷昌光著★出すなら一緒に出してよ! | トップページ | 歴史の真実とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61685222

この記事へのトラックバック一覧です: "妻をいかに愛するかが亭主の本分”~天野周一の読む、クスリ。:

« 「劉邦 上巻」~宮城谷昌光著★出すなら一緒に出してよ! | トップページ | 歴史の真実とは? »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ