« 神社を遊ぶ~千々石町天満宮 その二 | トップページ | 「週刊誌」つまみ読み »

2015年5月26日 (火)

「サンチャゴ」~円城寺真己著

Img_20150526_0001_2 Img_20150526_0002

某日、本屋に寄ったら上の本が平積みされており、イヤでも「島原の乱」という文

字が、目に入ってくるじゃありませんか。特に、島原半島に住む者にはですね。


マンガだから、買おうかどうか迷いましたが、例によって、マンガ本はガッチリとビ

ニールカバーで覆われて、中身が確かめられません。まあ、酒を飲むわけでもな

し、煙草を吸うわけでもなし、バクチをするわけでもなし、女遊びをするわけでも

なし、本ぐらいは好きに買っても良いかと。


島原半島では「島原・天草の乱」で、天草では「天草・島原の乱」になりますが・・・

「乱」なのか「一揆」なのか「宗教戦争」なのか、見方によって違いもあり、難しい

面があり、関係の本も、昨年、五野井隆史氏の「敗者の日本史 島原の乱とキリ

シタン」、今年は、吉井豊雄氏の「天草四郎の正体」が出版で、鶴田倉造氏の「Q

&A 天草四郎と島原の乱」に「乱研究の経過と関係史『資』料」として、二百数十

冊の本があげられていました。もちろん、手に入らない本もあるみたいですが、

持っている本も数冊あるので、いずれ、ご紹介を。


さて、マンガだからと思って読んだら、以外と良く調べて描いてあって、もちろん、

マンガですから、架空の人物、物語もありますが、まだ、2巻目で、島原・天草の

をこれからどう描いていくか、しばらくは続刊を読んでいきたいと思います。


題の「サンチャゴ」。何の事かと思ったら、

Img_20150526_0003_2

乱が起こった時、「サンチャゴ」と叫びながら、襲撃をしますが、この「サンチャゴ」

については、第2巻目の最後の方に「聖ヤコブのスペイン名。戦争の最中にあっ

たスペインを、白馬に乗って現れ勝利に導いたとされる。スペインの守護聖人で

あり、戦うキリスト教徒の象徴としても崇められた」とあり、ホントかな?と思って

調べると


「天草四郎の正体」には「『叛乱軍』が、雄叫びをあげた、『サンチャゴ』とい
う鬨の

とは、キリスト教において、その昔、西暦997年、イスラム軍に占領されたスペ

ンを救った、国土回復戦争『キスタ』の若き指導者、軍神・聖ヤコブのスペイン

である。この聖ヤコブに一揆=『叛乱軍』の総大将天草四郎が擬せられている

とはいうまでもない」。


「Q&A 天草四郎と島原の乱」にも「『サン
チャゴ』は、チリの首都名にもなってい

ますが、キリスト教ではかって異教徒と戦った十二使徒の一人、軍神ヤコブの

語名でもあるのです。彼らはこの戦いを異教徒との戦いである『レコンキスタ』に

対比し、四郎を異教徒と戦った聖ヤコブになぞらえて、『サンチャゴ』と叫んだの

でしょう」とあり、なおしつこく調べると・・・


「ニコラス・クーケバッケル日記(平戸オランダ商館の日記 寛永14年11月23

日)」。日記の日付は1月8日付ですが、これは、西洋暦と旧暦の違いでしょう。


乱を起こした服装も書いてあり、有馬からの報告として
「彼らは白い麻の着物を

着て、髪を十字の形に剃り、ときの声は、『サンチャゴ』である。これはポルトガル

人が戦陣で叫ぶのと同じで戦争の神である。・・・」(原資料で綴る天草島原の

~本渡市・現天草市発行 鶴田倉造編集)


四郎は

Img_20150526_0004

という格好をしていますが、手にしているのに瓢箪をくくりつけていますが、「天草

四郎の正体」では、「その天草四郎が、総大将としての『指物』にさしている『金

の瓢箪の馬印』の『金の瓢箪』とは、これも聖ヤコブが瓢箪のついた杖をさしてい

たという伝承に由来するものともされている」


「Q&A 天草四郎と島原の乱」にも、「原城陣図には、本丸の部分に瓢箪の馬験

 (うまじるし)が描かれた旗があり、千成り瓢箪を馬験に用いた秀吉と四郎を関

者のように考える向きもありますが、これも聖ヤコブが瓢箪のついた杖をつい

いたと考えらていたためで、秀吉とはなんの関係もありません。」


「Q&A 天草四郎と島原の乱」に

Img_20150526_0005_2

このような絵が載せてあり、注釈は「益田四郎肖像 図中央はひょうたんの馬験

(三上参次『島原城矢文付益田四郎肖像画』より)」とあり、この図は、明治32年

に三上参次氏が「史学会雑誌」に紹介をしているそうですが、「板倉内膳正重昌

に従って出陣した備中上房郡高梁村(岡山県高梁市)の野村家に伝存のものだ

とのことで、資料的価値の高いものとおもいます。」とあります。

板倉重昌は島原の乱鎮圧の総大将として派遣され、戦死をしています。


こうして見ると、「サンチャゴ」「天草四郎のひょうたんの馬験」にしても、よく調べ

たものだと思います。マンガですから読みやすく、島原・天草の乱の入門書とし

て、良いかも・・・次号も、検証をしてみたいと思います。ホント、近頃の時代物の

マンガ、良く時代検証をしてますね。









« 神社を遊ぶ~千々石町天満宮 その二 | トップページ | 「週刊誌」つまみ読み »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61649646

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンチャゴ」~円城寺真己著:

« 神社を遊ぶ~千々石町天満宮 その二 | トップページ | 「週刊誌」つまみ読み »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ