« 「稲荷鬼塚古墳」★え!ここが!~雲仙市愛野町 | トップページ | 「タニタ(監修)弁当」はいかが? »

2015年4月 4日 (土)

「七十二侯」について~枻(えい)出版社刊

Img_20150403_0001_3

「二十四節季」については以前書いたと思いますが→こちらをクリック


よくTVで、「今日は大寒ですが、暖かい日が続き・・・」という、「大寒」です。ちな

みに、前に書いたように、私、「たいかん」と思っていたのですが、「だいかん」

。TVのアナウンサーが「たいかん」と言ってないか、要チェックしてみてくださ

い。


一年を、立春、立夏、立秋、立冬と区切り、それぞれの季節を六つに分けると、

4×6=24で、「二十四節季」になるわけで、それぞれに名前をつけ、「立春」「雨

水」「啓蟄(けいちつ)」「春分」「清明」・・・あとは前のブログを読んでください。


さて、今は太陽暦を使っていますが、昔の旧暦とは、季節のずれがあり、ピントこ

ないところもあります。


例えば7月7日は七夕で、ちょうど梅雨時ですから、おりひめさんと、ひこぼしさん

が一年に一度のデートで、無事、××できるかなと、心配ですが、旧暦の7月7

日は、今年は新暦の8月20日ですから、この頃は大体晴れていますから、心配

くデートができる季節です。


某日、コンビニで例の本を立ち読みし、横を見ると「七十二侯」とあり、何だろうと

思って読んでみると、二十四節季をさらに5日ずつに分け、それぞれに、初侯、

次侯、末侯とし、気象、植物等の自然の変化を表現したらしいのです。


元来、中国にあったものが、日本に入ってきて、中国と日本とは気候が違うの

で、日本の気候に合うよう、何回か変わって来たそうです。


今月は4月5日。明日ですが、二十四節気の「清明」にあたりますが、

Img_20150404_0002_2

この清明の次、今月20日が「穀雨」になり、この間、初侯が「玄鳥至(つばめ、き

たる)」、次侯が「鴻雁北(こうがん、かえる)」、末侯が「虹始見(にじ、はじめてあ

らわれる」の3つに分けます。

いいですね。本当に気節が感じられる言葉です。


全部は書ききれませんが、ウイキペディアにありますのでご覧下さい。

こちらをクリック

こちらのホームページも参考になるので→こちらをクリック


七十二侯は、何回か変わったと書きましたが、「現在では、1874年(明治7年)

の『略本暦』に掲載された七十二候が主に使われている。」とウイキペディアには

書いてありますが、こちらの図書館には無いので、東京の国立国会図書館まで

行って、というわけないでしょう bleah 。いつも、お世話になっている「国立国会図

書館デジタルコレクション」で捜したら、ありました。


明治7年の「略本暦」です。

Photo_8

ちゃんと、「玄鳥至」「鴻雁北」「虹始見」、ありますネ。右側の赤線です。


念のために明治6年の「略本暦」。こちらには載っていません。

Photo_5

ところが、この七十二侯、明治17年までは載っていて、明治18年からは載せて

ありません。


明治17年の「略本暦」です。ちゃんと載せてあります。

17

明治18年の分です。載せてありません。全部同じ四月の分を載せています。

Photo_9

手持ちの、小辞典、「神社廳暦」、「神宮館百彩暦」にも載せてありません。ほと

んど死語なのでしょうか?


「広辞苑」にやっと載っていて、「・・・『季候』の語は四季七十二侯から出た。・・・」

とあり、こんな所に、かろうじて命を保っているんですね。良い表現が沢山あるん

ですが・・・・・

« 「稲荷鬼塚古墳」★え!ここが!~雲仙市愛野町 | トップページ | 「タニタ(監修)弁当」はいかが? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61387761

この記事へのトラックバック一覧です: 「七十二侯」について~枻(えい)出版社刊:

« 「稲荷鬼塚古墳」★え!ここが!~雲仙市愛野町 | トップページ | 「タニタ(監修)弁当」はいかが? »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ