« 2015 「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち・日米親善人形交流と島原展」・「春うらら茶会」~島原市 | トップページ | ガンバレ高校生~長崎県立島原農業高校 »

2015年3月23日 (月)

「一フク イカガ 茶モ忘レテ」~「心偈(こころうた)~柳宗悦(やなぎむねよし)著」より

Dsc_0699

先週、土曜日に 「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち・日米親善人形交

流と島原展」・「春うらら茶会」に行ったことを書きましたが、そのおり、小学生によ

るお茶の接待があり、もちろん野点で、堅苦しいものものではありませんでした

が。


もっとも、私、正式の茶室で、正式の茶道で、なんて経験はありませんが・・・

TVなどで見ていて、まあ、招待されても、行きたくないな、と。


ところで、今回は気楽なものだったので、ふと、柳宗悦の「一フク イカガ 茶モ忘

レテ」の言葉を思い出しました。以前、「心偈」については書いていますが

こちらをクリック

Img_20150321_0001 Img_20150322_0001

「心偈」には、「佛偈」、「茶偈」、「道偈」、「法偈」とあるありますが、その「茶偈」

なかの一節に、「一フク イカガ 茶モ忘レテ」と言うのがあり、長くなりますが、以

下のような文章です。



廿五、 一フク イカガ 茶モ忘レテ


  讀んで文字のままで、平明な眞理を述べてゐるに過ぎないのだが、茶人がと

くに巧者氣取ったり、型を大行(おほぎょう)に扱ったり、趣味を露はにだしたりす

るので、こんな言葉も一役を背負ふ。茶をたしなむのはよいが、到り得ずば、ま

だ態らしきが殘ろう。そんな澱が取れると、茶を忘れて茶が點てられよう。茶三昧

には、茶の意識は殘らぬ。茶をどうのこうのと云うのは、茶が末に沈んでゐる證

據である。ここで「忘れる」とは、茶を去るのではなくして、茶に在って茶に囚われ

ぬことを意味する。この境地からこそ、活きた茶がおのずから輝きでるのである。

「茶を心得る」のはよいが、心得が意識の域に止まっては、眞に茶を心得たとは

云えぬ。茶を忘れた茶となって、初めて茶を識る茶となろう。




さて、茶については、まったく無知でありますが、青空のもと、子ども達が、運ん

でくれた、茶菓子とお茶は、すがすがしいもので、これが、本当のお茶ではない

かと思った次第です。「一フク イカガ 茶モ忘レテ」。



【おまけ】

橘神社の桜が咲き始めました。暖かさが続けば、今年は少し早いかな?

Dsc_0808










« 2015 「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち・日米親善人形交流と島原展」・「春うらら茶会」~島原市 | トップページ | ガンバレ高校生~長崎県立島原農業高校 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61322481

この記事へのトラックバック一覧です: 「一フク イカガ 茶モ忘レテ」~「心偈(こころうた)~柳宗悦(やなぎむねよし)著」より:

« 2015 「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち・日米親善人形交流と島原展」・「春うらら茶会」~島原市 | トップページ | ガンバレ高校生~長崎県立島原農業高校 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ