« 「藩」の名称について~常識とは? | トップページ | 推理小説で遊ぶ~「上を見るな~島田一男著」 »

2015年3月14日 (土)

「バーマジック」~ヒロ・サカイ著

Img_20150314_0001

今日は、カミサンがお泊まりとかで、消えたので、「鬼の居ぬ間の夜遊び」という

事で、お出かけするので、簡単に。


戦後、マジックブームが何回かあり、デパートのおもちゃ売り場の一角に、マジッ

クコーナーがあり、実演などをしていたものです。


現在は、TVでスマートな手品をやっていますが、私も、一時かなり練習したので

すが、指が硬くて、止めました。女の子にもてたいという、下心はあったのです

が・・・・


さて、上の本、ステージでやるのではなく、気楽に友だちとか、家族に見せるよう

なマジックが載っています。もちろん若干の練習は必要ですが・・・・


マジックではなく、頭の体操などのようなものも載って
いるので、二つばかりご紹

介を。



■ネズミのしっぽ


鏡文字というのがあり、普通に書いた文字をひっくりかえしたやつですが。

さて、下の文字を読んでください。

Img_20150314_0003

「ねずみのしっぽ」「ねこのみみ」。良いですね。「いぬのちんぽ」、誰ですか、「ち

ぽ」って読んだのは。


この字、鏡文字ですから、本当の文字は

Img_20150314_0003_2_6

ではなく、

Img_20150314_0003_7

の文字が正解で、「いぬのちんぽ」ではなく「いぬのさんぽ」が正解でした。

いま、パソコンで鏡文字すぐに作れますから、試して見てください。要領は「さ」の

字を上のように、くっつけて書くことだそうです。


もう一つおまけに・・・


■三男の名前は?


100円と10円玉と1円玉を用意します。相手に手の平を出してもらって、(まだ、手

を握ったったことがない男性の方はチャンスです)次のように言います。



「3枚のコインを人だと考えてください。彼らは3人兄弟です。すべて男の子

でした。太郎君のお母さんには3人の息子がいます。」


手の上に100円玉をおいて

「これは、長男で名前を『ひゃくえん』と言います」

次に10円玉をおいて

「これは、次男で名前を『じゅうえん』と言います。

最後に、一円玉をおき

「これは、三男です。名前は?」と聞きます。


多分皆さん、「いちえん」と答えるでしょう。

残念ながら×です。



これ、実は、私も分からず、一時間ほど考えて、やっと分かりました。とにかく、上

の文句をきちんと言いながら、やってみると、分かります。


答えは「太郎」です。


ちゃんと、説明の文句に「太郎君のお母さんには3人の息子がいます。」と

「太郎君」と言っています。


3人兄弟で、長男が「ひゃくえん」、次男が「じゅうえん」なら、残る一人の名前は

「太郎」が正解でしょう。これ、100人以上の方に演じて、一回で正解した方はい

なかったそうです。


とまあ、少し知っていると、場所をなごやかにできますから、読んで見てはいかが

でしょう。



(参考・文引用:「バーマジック~ヒロ・サカイ著」より)




« 「藩」の名称について~常識とは? | トップページ | 推理小説で遊ぶ~「上を見るな~島田一男著」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61280819

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーマジック」~ヒロ・サカイ著:

« 「藩」の名称について~常識とは? | トップページ | 推理小説で遊ぶ~「上を見るな~島田一男著」 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ