« 2015 「有馬ひょうたん展」~雲仙岳災害記念館(がまだすドーム) | トップページ | 「一フク イカガ 茶モ忘レテ」~「心偈(こころうた)~柳宗悦(やなぎむねよし)著」より »

2015年3月21日 (土)

2015 「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち・日米親善人形交流と島原展」・「春うらら茶会」~島原市

Dsc_0719_2

毎年、書いていますが、やはり、こういう歴史があったという事を、忘れてはいけ

いな、という事で、また、去年と同じ事ですが、書いてみます。


日米関係が悪化していくなか、日米の子ども達の友好を願い、親日家、シドニ

 ー・ギューリックさんが昭和2年、日本に12,700体ほどの人形を日本の幼稚

園、学校等に送りますが、戦争が起こり、敵国の人形だということで、焼かれた

り、破棄され、現在、全国で300体、長崎では2体しか残っていないそうです。


今見れば、なんの変哲もない人形みたいですが、当時、昭和2年ということを考

えれば、外国の人形で珍しくもあり、貴重でもあり、高価でもあったのでしょう。


真ん中のリトルメリーさんは、島原第一小学校の雛人形と一緒に、箱の中に入っ

ていたそうです。


だれかが、隠したか、たまたま人形ということで、一緒の箱に入れられていたの

かは分かりませんが・・・


アメリカからのお人形のお礼に、日本からは日本人形47体を贈りましたが

崎からは、答礼人形「長崎瓊子」が贈られ、行方不明のところ、ニューヨーク

州ロチェスター市科学博物館に保存されいて、2003年に、里帰りをしていま

す。

Dsc_0694

一番左は、人形でなく本物の人間です。

「島原親善人形の会」のお世話をしている、Kさんです。スラリとした美人で、年齢

は若く、独身です。島原の「子ども狂言」のお世話もしている方です。


話をしていると、真ん中の、リトルメリーちゃん、何となく元気がないようで・・・


リトルメリーちゃんの右側は、某小学校から借りてきたものだそうですが、顔が何

となく生き生きしていますね。この小学校では、人形を自由に触らせれたり、抱っ

させたりしているそうです。リトルメリーちゃんは、大事なものとして、ケース

れて飾ってあるそうです。


「人形は、抱っこしたり、触ってあげた方が良いんじゃないかしら。」という話など

をしてきました。まあ、夫婦も一緒の事ですが・・・


会場では、ボランティアの方による「リトルメリー物語」の紙芝居(手作り)と、お茶

のお接待。

Dsc_0697 Dsc_0705

Dsc_0713_2

なお、お茶の接待は「森岳婦人会茶道教室&モリモリ広場茶道教室の子ども

達」で、以外と沢山のお客さんが来られていました。


会場は、「御馬見所」。島原城三の丸にあったそうです(建物は、現在、本丸にあ

ります)が、幕末藩主、松平忠和公の時代、藩士の訓練状況を見るのに使われ

たそうです。


「リトルメリー俱楽部」の活動等、詳しくはFacebookにも掲載されています。

こちらをクリック


昼からは、子ども達の紙芝居、「しまばら半島国際交流クラブ」の「春を外国語で

歌おう会」があったのですが、用事があったので、午前中だけの参加で、残念で

た。来年の開催もまた楽しみにしています。





 

 

« 2015 「有馬ひょうたん展」~雲仙岳災害記念館(がまだすドーム) | トップページ | 「一フク イカガ 茶モ忘レテ」~「心偈(こころうた)~柳宗悦(やなぎむねよし)著」より »

イベント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61316266

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 「~青い目の人形~リトルメリーと仲間たち・日米親善人形交流と島原展」・「春うらら茶会」~島原市:

« 2015 「有馬ひょうたん展」~雲仙岳災害記念館(がまだすドーム) | トップページ | 「一フク イカガ 茶モ忘レテ」~「心偈(こころうた)~柳宗悦(やなぎむねよし)著」より »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ